最後のテロリスト 2~鼓動~

saigo no terrorist

最後のテロリスト 2~鼓動~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
39
評価数
9件
平均
4.3 / 5
神率
55.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784576070865

あらすじ

氷川の指示で警察庁幹部・唐沢の養子になり、東京の大学に進んだ蓮、良家の子息を演じながららも、内面は渇き、飢えていた。そんな時、耳に入ってきた故買屋・セキの存在。ヤクザとクスリを嫌い、決して人前に姿を現さない慎重な仕事の手腕に興味を覚えた蓮は、セキの正体を突き止めようと画策する。果たしてセキは蓮の欲望を満たすにふさわしい、極上の獲物だった。
追いつめ、身体を征服し、心を奪うー。抑圧されてきた蓮の激しい本性が迸る、シリーズ第二弾、蓮とセキの出会い編!
(出版社より)

表題作最後のテロリスト 2~鼓動~

蓮,興津組ヤクザで今は警察庁幹部の養子
セキ,故買屋

評価・レビューする

レビュー投稿数2

BLの枠は超えてます

『最後のテロリスト』の二巻です。
今回は表紙が蓮ですので、主人公は彼。
そして表紙は一巻と違って、乙女でも手にしやすい仕様です(笑
前作も数年単位で時間経過がありましたが、今回もその傾向ありです。

攻めの蓮(昌也)は都内の大学生。
受けのセキはヤクザ嫌いの故買屋。

前作は、興津組金庫番の一人息子・威士と政治家の息子・凪のお話でした。
その威士の家へ養子として迎え入れられていた蓮。
しかし前作のラストで蓮は、命を助けられたことで縛られている興津組直系宗興会総長の氷川の命で他家の養子となり、そこから、都内の大学へ通うようになっていました。
舞台も京都から東京へ。
養子先は、警察庁のキャリアである夫と精神を病んだ妻。
そんな家で息子として暮らす蓮ですが、そんな折にセキの存在を耳にし興味を覚えたことで話が進みます。

蓮は執着というものを持たないように見えますが、セキに対しては絶対に逃さないという感情が湧き出しています。
ハッキリとは語られませんが、生きてきた境遇が似た者同士だからかな?
それともやはり、根っこの考えが真逆だからでしょうか。
手に入らない続きものに憧れるような。
蓮自体がなんとも寡黙なもので、あまりその辺りの心情が語られません。

前作登場時、蓮は15歳。
その頃から達観していましたが、大人になっても変わりません。
相変わらず大人たちに人生を翻弄され、セキとの間も今後が見えませんが、自分で望んだものを一瞬でも手に入れることが出来たのは蓮にとっては大きかったと思います。

次巻がラストですね。
BLとしてはかなりハードめの作品です。
わたしなんて、未だにタイトルの意味がわからないという体たらくです。
甘々BLとは180度路線が違います。
でも男くさい彼らが血生臭いことを繰り広げていても、やっぱりこの作品はBLなんだなあと感じました。

2

「逃げるくらいなら死んだ方がマシだ!」

谷崎先生2冊め。ヤクザものです。

主キャラの若者3人が、関東関西同系組の権力抗争の波に揉まれて、人間的に地位的に上がっていくストーリーと言えば良いのでしょうね。
でも、脇役達もとても魅力的で、3人だけの狭いBL話になっていないところが、ホント好みです!
1行1行に新たな発見があり、そこから想像するその人物の思惑、主キャラにあっては嫉妬や思いやりとか見えてくる!
だから、のめり込んで読んでしまうんだろうな!

2巻【~鼓動~】は、大学進学と組の含みで上京した菅生(唐沢)蓮・編。
組と自分の欲望の狭間で葛藤しながらも、自分の生い立ちも知らず、いつ死ぬか分からない爆弾を抱えた体に、どこか諦めていて根無草を思わせる蓮。
そんな蓮が、故買屋・セキの存在を知る。

この巻は、蓮の父親が判明したり、京都にいる菅生や凪の事を思い遣ったり、セキのくだりではセキへの半端ない激情を見せたりと、冷めている蓮に、生きていく為の希望を与えてくれています。
蓮は1番若いけど強いんです。賢さも体も気性も。
それに、体のハンデから「いつ死んでも構わない強さ」も見えていて、それが何とも寂しくて続き悲しく受け取ってしまっていたのだけど、蓮自身が欲望を知って諦められないものが出来たから、今までと違う意味でもっと強くなったのが嬉しかったっ!

「セキ」の全部が蓮の欲望で、自分的には「(威士+凪+蓮)÷3」♪
その、蓮×セキのHは濃厚だったぁ!
蓮のSに見せかけて~の優しさ全開な前戯と、反抗しつつも初々しさが可愛いセキの、もう堪らなかったですっ!

ヤクザ話の割に痛い部分はあまり感じないから、そのテがお好きな人には物足りないかも。
でも、小説自体が練り込まれていて、これだけ多い登場人物達をしっかり動かせていること自体、感服でした!
3巻めも超楽しみです~っ♪

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ