身勝手なあなた

migatte na anata

身勝手なあなた
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×211
  • 萌15
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
114
評価数
35件
平均
3.4 / 5
神率
11.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862633309

あらすじ

「彼氏と別れたから慰めて」可愛い顔をしてフラリと辰雄のアパートにやってくる夏目先輩。
辰雄は彼に美味しいゴハンと、ちょっと乱暴なHを与える役目。
本当は夏目先輩を愛しているのに…。
平気な顔をして心には切ない気持ちを抱え込んでいる、そんな読み切りを6編収録した初単行本★
描き下ろし14Pはとっても幸せな4コマ♪

表題作身勝手なあなた

辰雄 高校時代の後輩
夏目 高校時代の先輩

同時収録作品知らなくていい

上野 飲食店店長
梨田 10年前に攻をふった会社員

同時収録作品夕暮れにはまだ早い

時江 高校生
橋沢 高校生

同時収録作品甘くない

吉村 大学生
岸田三昭 大学生

同時収録作品全部君のせい

昭太郎 三善家放蕩息子
滝 下宿人

その他の収録作品

  • 幸せな人たち
  • 夏みかんの話

評価・レビューする

レビュー投稿数13

6作品入り

全部で6つの別々の作品が入っている短編集。

どれもこれもかわいかった!
でも特に・・・最後のお話が好みでしたね~。
時代背景がちょっぴり昔。
現代では無いので袴姿などが、より色気を感じました~。

基本的に、どれもこれもちょっぴりのせつなさが入っています。
でもハッピーエンドなので悲しくなっちゃうような
ストーリー展開ではありませんでしたね。
しかも、結構クスッと笑える部分も。

一番最後には、4コマ漫画が付いているのですが
これが、先の6つの作品のカップルが
2作品ずつくらいですかね。
これも良かったです♪

0

らしさが詰まっているデビュー作

まさお三月さんにしては外したかな?と一瞬思ったのですが、
2、3回読んで、腑に落ちました。
ちょっとストーリー展開が性急なものもあるけど、前後がしっかりしているので納得です。

絵柄ですが、今と大分違うんですね。
今の絵も作風に合っていていいと思うのですが、個人的にはこの頃の少ししっかりめの線の絵が大好きです。


表題作の受け役・夏目先輩が当初あまり好みでなかったのです。
でもですね、、何ですかこの小動物的可愛さはっ!?
好きだからウソついて振り回し、我が儘言っちゃう。
どこまで平気?許してくれる?と探っているような彼に、長男気質であろう辰雄が落ちないわけないですねw

2話めは、過去に手酷く振ってしまった男との再会話。
私は受けの梨田の気持ちが痛いほどわかってしまうのです。
ずるいのだけど、相手が忘れてくれているなら許されるんじゃないかと思ってしまう…錯覚なのにね。
短いけれど、彼らの気持ちの変化がつぶさに表現されている作品でした。
まさおさんのサラリーマン受け、もっと見たいです!

3話めは高校生。
これは少し展開早いと思いましたが、若さと続きいうことで(笑)
失恋の痛みと自分を見て欲しい気持ちのすれ違いから、徐々に交わっていく変化が面白かったです。

4話めは大学生。
どんなに好きでも相手の気持ちを汲み取ってあげないとね♪

5話めは、突然できた男のお母さん話。
たった8ページという短さだけど、非常に面白い!っていうか、可笑しい!

6話めは、放蕩息子と書生。
受けである書生がずっと後ろ向きで悩むのですが、実際は彼が振り回してたというのがよかったです。

ラストは全話の4コマ後日談があり、まさお三月さんの笑いのセンスが炸裂しております。
特に「剥いてくれ!!」って…(笑)
面白すぎ!
大好きです、まさお三月さん♪

2

住んでる部屋が好き

メガネ率高いなと何気に思う。
メガネも王道に入るのだろう。

メガネがあってもなくても
このメガネかけている辰雄は
好きです。

無口で黒髪、背が高い、無愛想、好きな要素満載です。

高校時代からの先輩後輩である2人。

先輩である夏目は、連絡もせずに辰雄の部屋にやってくる。
彼氏にふられたとかそういいながら体とお腹をみたしにくる。

そんな夏目先輩が大好きな辰雄は
いつ夏目がきてもいいように
料理も作っている待っている。

実は夏目も辰雄が好きで
男にフラレたというのは口実で
そういえば抱てくれるから

わかってる。そんなのわかっていた設定だったけどそれでも、
やはり気持ちが動く。
まさお三月さん好きだな。

わがまま放題とみえた夏目先輩は実はとっても真面目でモジモジくん。

合鍵を渡してもそれを使って部屋に入ることができない。

電話をするのも緊張する。

かわいい。

1

インパクトがない。

まさお三月サン、好きです。
優しいタッチと表現が好き。
でもこれはちょっと、、パッとしない話ばかりだった(><)

本当は好きなのに、性欲満たしに来てるだけなそぶりをする先輩と
本当は好きなのに、相手をしてあげるだけの後輩。(いいおとな。)
のお話がまず最初。
本とは好きだとわかるシーンもなぜかこう、
パッとしないというか。「ああそう」みたいな感想しか抱けませんでした…。
別に先輩に可愛げも感じなかった…

他にも色々あるのですが、個人的に少し面白かったのは
男と再婚した父親をもつ子供目線のお話(笑)
できた子供ですよ^^;
その再婚相手の男性ってのがなかなかの中性美人!なんですが
のんきというか天然というか…
なかなかお母さんと呼んでくれない…と夫に相談したりw
父親も父親でツッコミいれるどころか「そのうち…」
いやいやいや!
たとえ打ち解けきっても言わんだろ!www
子供が空気読みマスターになるのが目に見えましたw

明るいお話とうわけでもなく、
気持ちよく終わる話が多いわけでもない。
あんまりスッキリしない一冊でした。



続き





0

良作品が揃ってます

まさおさんのデビュー作収録の一冊です。
片思いの切ない作品とか、恋人同士なんだけどお互いの気持ちのすれ違いとか、再会ものとか、男性と再婚した父親を持つ息子のお話とか、色々つまってます。

どのお話も私は楽しめたんですが、やっぱり片思いの切ない物語が好きなので、表題作や「知らなくていい」、「全部君のせい」が特に気に入りました。
「夏みかんの話」はタイトル通り夏みかんがお話に登場するのですが、それぞれのカップルの特徴が出てて、とてもほのぼのして面白かったです。

1

ちょっぴりキュン+せつなかわいい。

まさおさんの本読むの2冊目です(若干、読む順番間違えた感アリ。いや、繋がってるお話ではないんですが、どうせなら発行順に読めば良かったかなって)
今回もちょっぴりキュンとせつなさが漂うかわいさでした。

「身勝手なあなた」
とりあえず、基本的に自己完結的な人というか相手のことを考え過ぎちゃったりして負担にならないようにとか、軽く行こうとか考えちゃう人って好きなんですよね。
この受もそう。
好きなんだけど、それを素直に表現できなくてフラれた時に慰めろー的な。
ホントはフラれてもいないし、慰めでもなく、ただ好きな人に抱いて欲しいだけなんだけども。
身体を欲しいとこはすぐ言えるのに、本人(攻)自身の心まで欲しいことは言えないんだよな。
そういうところもかわいい。

「全部君のせい」
素直に「好き」と言えないから関係はこじれて捻じれる。
身分も違えば気質も違う。
ただ同じ時を過ごすことに小さな充足感を感じながら。
見え隠れする自分の知らない彼の所業に、焦れて。
身を焦がされて。
いっぱいに膨らんだ感情はやがて自棄のように暴発し自滅する。
けれど、その先にまだ光続きが残っていたとしたら、それを望んでもいいだろう。

そして、お約束?のギャグ小ネタ集「夏みかんの話」
「まだ早いの場合」の攻の沸点が低すぎる件!!
若さゆえ…なんだろうか。
ラストのコマの受に哀愁すら感じるのですが。
沸点が低すぎる恋人を持つと身体がもたないよね☆

1

意外と切ない。

実は両想いなのに、お互い気持ちに気付かず
セフレ状態の2人。
辰雄(攻)は気まぐれに時々ふらりとやってくる先輩・夏目(受)の為に
実は毎日自炊をして待っちゃったりして、切ないです。
"自分は単なる都合のいいセフレか?"と思っているところに
現れる夏目を可愛さあまってのイキオイで問い詰めてします。
それが功を労して?ついに夏目も告白!
気持ちが通じて仲直りのH。

他短編の「幸せなひとたち」
男と再婚した父親と、中学生の息子のお話。
8ページの短編ですが、息子視点と言うのが面白い。
息子に気に入られようと努力してる奥さん(男)もいじらしくて可愛いv

「人の気も知らないで」
昭和初期とかそのくらいでしょうか?
道楽息子と書生さんのお話。
禁欲的な書生さんとかそれだけで激ツボです!

書き下ろしの4コマもほのぼのしていて可愛いです。
あと、「知らなくていい」に出てくるお店のオムライスがおいしそう…(笑)

萌度は少し低めだったので、萌よりの中立ですが、
ほのぼのと楽しく読めました。

0

未だに購入検討中

『身勝手なあなた』 萌に近い中立
『知らなくていい』 萌
『夕暮れにはまだ早い』 中立
『甘くない』 中立
『幸せな人たち』 しゅみじゃない
といった評価ですので、収録作が以上ならごめんなさい、とっくにコミックスを処分していることでしょう。

『全部君のせい』
これは神評価です。

放蕩息子×書生。
遊び人の昭太郎に密かに思いを寄せる滝。
女性に嫉妬して誘いをかけるが・・・。

八方美人で軽薄そうな攻×真面目で健気な受。
受は気付いていないけれど、攻は受に対して深い愛情がある。
ものすごーく好みの話です。
私のために描いてくれたんですか?と思えるくらいツボにはまりました。


かなり偏りのある評価となったので、次のコミックスを買おうかどうしようかと迷ってしまい、早1年が過ぎました・・・。

1

メガネ率高し

絵はキレイと言えばキレイです。
ただ、手書きの文字がいかにも下手で……
そのせいで絵柄も悪く思えてきました。
攻の目がなんだか変質者ぽい(失礼;)
絵も字も、丁寧に描/書いていることが伝わってきて、好感がもてますが、やはり描/書きなれた感じがしません。

ストーリーは面白いと言えば面白いです。
ただ、全体に仄暗い空気がただよっていて、読後しこりが残りました。晴れた日がなくて、いつも曇ってるような印象です。

帯には「BLの物語のちから」とありますが、何のことやら、よくわかりませんでした。

1

顔が好き

 ついこの前、新刊が出たところなので、手持ちの既刊本を読み返しています。

 私、この方の描く顔が好きです。自分自身がのっぺりした顔のせいか、あっさりしているけど綺麗な顔に憧れがあるようです。目と眉毛が離れていて、スッキリとした目元が印象的ですね。
 お話もドラマチックというわけではないのですが、キュンがいっぱい詰まっていて、萌えまくります。
 片思い(実は両思いだったりするのですが)で我慢しちゃったりする切なさと、それがかなった時の萌えはハンパじゃありません。

 そして、描き下ろしの4コマが、また面白いのです。どれもそれぞれのカップルの特徴が出ていて、読んでいて笑ったり……。

 著作数も少ないのですが、絶対作家買いの漫画家さんですね。

3

身勝手なあなたレビュー。

まさお三月さんの初コミックス。
短編集+4コマです。私は年下攻贔屓なので、年下攻の話が特にキュンとした。作風としてはアッサリ系なんだけど、投稿作品の「全部君のせい」の完成度の高さに鳥肌が立った。
凄かった、巧かった。
え?新人でこのレベルの高さ…?今後が凄く楽しみな作家さんです。絶対凄い作品を生み出すと思う。話を作るセンスが良い。

読切が6作収録されていますが、どの作品も登場人物が必死に自分の悩みと戦っていた。でも、重苦しい雰囲気はなくてグルグルしているんだけど読んでいて暗い印象は受けなかった。どの話も設定が全く違っていて、ネタの目の付け所が違うというか視野が広い。

切ない話から軽いコメディまで描ける力がある。ジャンルが広いのも魅力だと思う。さらっと読めて読後感が良かった。気軽に読めるライトBLっぽさが素敵。

3

ツンデレ天国

「まさお三月」などという奇天烈なペンネームの持ち主だが、中身は意外と地味で、それでいて味わい深いモノを描く方であった。
これでデビューコミックスとは恐れ入る。
二次の方面ではきっと人気があったのだろうなあと推測。

表題作は雑誌で読んでいる時から好きなお話だった。
まあ要するに、両方ともツンデレである。
なのでとにかく素直じゃない。
素直に好きとも言えず、抱いてとも言えず、抱きたいとも言えず、両思いなのに何故か余所余所しい関係。
他の短編にもそんなじれったさが随所に見られる。
本当にどいつもこいつも怒りっぽいったら( ・3・)

そんな中、異色だったのが「幸せな人たち」。
父の再婚相手が若い男だったという、これまた笑えるような笑えないシュールなお話。
主人公の彼は中学生くらいだろうか。
子供っぽい風貌とは打って変わって、全てを悟りきっており、このコミックスに登場する誰よりも冷静で大人だった。
これだけ理解があるのなら、きっと近い将来彼氏ができるに違いないだろう。
ゲイのDNAをなめちゃいけない。

またレトロな雰囲気がたまらない「全部君のせい」は、な続きんと投稿作であると言うし、書き下ろしの「夏みかんの話」も全てのカップルたちの後日談を可愛く描いている。
あまり期待しないで読み始めたためか、そのクオリティの高さに正直ちょっと驚かされた。
次回作が非常に楽しみな作家のひとりである。

4

眼鏡いっぱい

表題の『身勝手なあなた』は、

年下攻めで誘い受けで、
遊び人受けっっかと思いきや、
健気で、可愛いんです。


中でも『甘くない』が一番すきで、

すっごい幸せなかっぷるの吉村と三昭のはなしです。

三昭はすごい周りを気にしていて、誕生日にペアリングをプレゼントしてもらった、バレるからつけれないといって、吉村と仲が悪くなってしまうはなしで、

ワンコ×ツンデレだと思います。

是非読んでみてください

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ