これもいわゆる愛だから

これもいわゆる愛だから
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784775511312

あらすじ

芸能プロダクション勤務の聖は、元モデルで現在人気作曲家である片桐の担当を任せられることになった。
片桐はわがままで、奔放な交友関係を持ち、歴代のマネージャーの中には三日で胃に穴を開けた者もいるという逸話さえある。
着任早々、さっそく片桐の傍若無人ぶりを目の当たりにした聖だが、仕事を優先してやる代わりに、身体を差しだせと要求されてしまう。
だけど、聖はバージンで。

表題作これもいわゆる愛だから

元モデルで作曲家・片桐仁哉
マネージャー・津田聖

評価・レビューする

レビュー投稿数1

まず仕事をしっかりしてから、話はそれから

俺様攻めも傲慢攻めもそれだけの無体をするのなら、それに適う位凄い男であるべき。
そんな個人的な主義もあって、攻めに嫌な感じに俺様傲慢振りが出ていて、この話では萌えられませんでした。

人気作曲家片桐×マネージャー聖
自ら愛情を示さない癖に無理矢理身体を繋いで気に入ったからと自分の物気どりで、勝手に聖の男に嫉妬を燃やす。
似たような男の貴方に、そんなことを言う権利がないだろと、たまたま受けのピンチを救ったラッキーで、上手くいったりとか……。
いつもは頼りになるホモに理解力のある異性の存在が、芸能プロダクションの社長も酷い目にあっている聖を心配するどころか、人身御供扱いで積極的に推進するしで、マイナスがマイナスを呼びました。
片桐にあまりにも都合がよすぎて、萎えました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ