上手な男の落とし方(表題作 小雨降ル歩道橋)

jouzu na otoko no otoshikata

上手な男の落とし方(表題作 小雨降ル歩道橋)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
松文館
シリーズ
ダイヤモンドコミックス(コミック・松文館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784790120759

あらすじ

雨の中、裕一は「あの男」を待っていた。やってきた男は、意外なことを話しはじめる。
裕一が男に伝えたかったのは、好きだという想いなのか?
歩道橋での幻想的な出会いとその後を描く作品はじめ、メガネや白衣をテーマに描かれた傑作作品集!!

表題作上手な男の落とし方(表題作 小雨降ル歩道橋)

保坂
祐一

同時収録作品クールじゃいられない

金城 転職してきたばかりだがデキる新人
土屋 会社の先輩

同時収録作品Break Through

耶麻 刑事
九十九璃瑠 会社社長

同時収録作品永遠の安息

法女木尋泰 組を抜けてきた男
芳哉 牧師

同時収録作品恋のキ・セ・キ

梅崎千畝 大学生 18才
雫 大学教授のアシスタント

同時収録作品試験管・恋人育成法

和美弥 DNA操作で欠点なく生まれたはずだが失敗?
安堂 遺伝子研究者

同時収録作品アフター5はAM4;00

堅井 毎晩8時にバーにやってくる男
水樹 バーの店員

その他の収録作品

  • 小雨降ル歩道橋~Side B
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

設定が凝ってました

全部で7組のカップルのお話が収録されています。
この本のタイトルに当たる作品はないのですが、裏表紙に紹介されているお話は最初に収録されている「小雨降ル歩道橋」のシリーズ(これだけ2話もの)になります。
はっきり言って、どの作品も甲乙つけがたいくらいでしたが、あえて気に入った作品を挙げれば、「小雨降ル歩道橋」シリーズ、刑事ものの「Break Through」、裏社会を扱った「 永遠の安息」でしょうか(私の趣味が全面に出ているような気がしないでもないですが^^;)。
警官の制服もカッコよかったです。^^
細かい所で気になる所もあったんですが、ページ数が少ないお話ばかりなのに、ストーリーがそれぞれ凝ってるのはすごいなぁと思いました。
シリアスで硬派な雰囲気漂う男たちもよかったし、ちょっと天然入っているほのぼの系のお話も楽しめました。

0

年下攻率ちょい多め

表題作の他に短編が6作で合計7作収録、内5作は年下攻と年下攻率多め。
リーマン、警察、チンピラ、博士、バーテンと色々。

天野さんはクールビューティ受や男前受も好きですが、ちと天然入ってるぽやっとした感じの受も可愛いんですよね。
今回だと2作がそのぽやっと系受。
「恋のキ・セ・キ」は考古学大学員で30歳だけど童顔受、攻は大学生で18歳オンナ好きワンコタイプ。
「試験管・恋人育成法」はメガネ博士受で、かつて彼が産み出した試験管ベビーの青年攻。
これはどちらのキャラも可愛い~話も可愛いです。

話的にちょっと引っかかったのは「アフター5はAM4;00」あの規模のお店で警備員置くかなーとか思っちゃいました。
臨時とかなら分かるんですけどね。
ママの設定とかは悪くなかったのになー、ちと残念。

全体的としては悪くない短編集だと思います。
天野さんはどの本も平均点はクリアして来るけどガツーンと飛び抜けたのが無いんだよなー、っていうそんな印象です。

0

ずっと待ってる想い人

誰なのかも解らないのに、ずっと同じ場所で誰かを待っている。
ただ解っているのは、そこで誰かに会わなければいけないということだけ・・・。

非常に上手い構成になってますね。
そこで事故に合い。
そしてお互いに意識しあっていた。故に~な流れ。
全体的に絵柄がオトナの雰囲気なので、微妙に読みにくいかも~な印象のあった作品ではあったんですが、存外おもしろかった。
大人のBLという感じ( ・∀・)ノ
記憶を失ってもやっぱり惹かれてしまうというのは良いです。
いっそのこと、病院のベッドでやっちゃってるなら誰か乱入すればいい。

他短編いくつか。
試験管で生まれたベビーが、不良品として博士たちの下に返される。
一緒に暮らしてみるとそれはそれはひどい有様。
しかし本当は・・・!?
このハナシ、最初の話の次に好きです。
めちゃくちゃ~、本当はのギャップがあったのもそう感じた要因かも

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ