諦めろ。おまえは俺のモノなんだから。

恋の名前

koi no namae

恋の名前
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
20
評価数
8件
平均
2.9 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784829623930

あらすじ

もう馨の我が儘はきかない!! 四年間音信不通の彼が帰ってきて昔のように主人然と振る舞うのに、真雪は思う。なのに。彼に命じられると、全部叶えてあげたくなる。玩ぶようにまさぐられても、綿菓子みたいな甘い声が出てしまう。悶々としてたら、トラブル・ディスポーザー(もめ事解決屋)の馨の元にカップルが、別々に相談を持ってきた。金に目が眩んだ馨は、両方を引き受けたけれど、復縁と破局、真逆の依頼を高校生がどう解決するのか。心配してるのに、彼は軽口ばかりで…!?
出版社より

表題作恋の名前

九条馨 高2
北原真雪 高2

同時収録作品恋のおねがい

九条馨
北原真雪

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

幼馴染み、再会、俺様攻め×健気受け、上下関係、切ない

上記キーワードに反応する人にオススメ。
過去を断ち切ろうと思ってがんばっている受けのところへ俺様な攻めが帰ってきて、受けの子は「もう思い通りにはならない!」と一生懸命反抗する…という流れ。

俺様攻め×健気受けだと大抵受けがチョロいんですが、この作品の受けも押し切られたり流されたりはするものの、チョロく感じさせないのがうまいなと思います。
結果的に流されたとしても、攻めにそれなりの精神的打撃を与えているのだということを、受け←→攻めの視点を換えることによってうまく表現していると思いました。
また、切ない展開のところはサラリと流さずきちっと切なくさせてくれるので、受けの子に共感しやすいのも魅力の一つかと。

また、ミステリ的展開があるので、先へ先へと読み進められて飽きないです。

0

幼稚な攻にイライラするんですが、

それでも好きなシリーズです。

私はとにかく『俺様・傲慢攻』が大キライです。ここに『言葉が足りない』とか『幼稚』とかが加わると最悪です。読むのがツラくなる。

でもこのシリーズは、馨(攻)にイライライライラはしつつも、好きで何度も読み返しています。多分高校生同士だからでしょう。
『若いんだから青くて(アホで)当然』と自分を必死で説得し、なんとか誤魔化しながら読んでます。

実際、馨は幼稚でアホでどうしようもないヤツなんですが、コドモだからと思えば可愛いと言えなくもない。それに、真雪にベタ惚れなのはわかってるし、だんだん表にも甘さが出て来るので。

それに、三人称で受視点が中心なんですが、時折攻視点が入るんですね。こういう『ダメ攻』の場合は特に、心情がハッキリわかる攻視点は私は好きなんです。あ~、鬼畜ぶってるただのアホなお子さまか、と。

Hも多いし、ストーリーもこれといったものはないし、自分でもなんでと思うくらいなんですが、結構好きなんですよ。真雪のキャラクターかな。馨には読むたびにハラ立つんですが。

すごくいい・堪らなく好き、というわけじゃな続きいんですが、時々引っ張り出して読んでしまう作品です。

3

盗んだバイクで走り出す♪ (違)

なんというか 早熟な子だなぁ 馨(攻)ホントに高校生?
つか、タバコはやめろ、タバコは。お肌が荒れるぞ。

真雪の母は九条家の住み込みメイド。真雪は馨の小間使いで遊び相手だった。
その延長のように、馨に抱かれる真雪。しかし九条夫人に見つかってしまい、馨はアメリカへ真雪は山奥の学園へとひき離されてしまう。
で、馨が転入してきて、4年ぶりの再会。
4年前の関係を続けられると思っていた俺様な馨。
馨の母から彼の婚約を聞かされ、自分は遊ばれているだけだと離れたがる真雪。
そこに、真雪にちょっかいを出す上倉と、馨の彼女と噂の彩里ちゃんが絡んですったもんだ。そして、最後はらぶらぶ♪

山奥の学校っていう舞台設定がおもしろい。寮生活。駅前までの交通手段は、1時間に1本あるかないかのバス。高校生だけの閉じた世界です。
もっとも、馨くんにはバイクがあるんですが。
当て馬?の上倉くん、登場の仕方はひどかったけど、そんんなに悪い子じゃないのね。おバカなほど愛情表現が下手で不器用だけど。
彩里ちゃん、BLにはめずらしい準主役級の女の子です。かわいいです♪

馨が真雪を呼ぶときの「続きまゆ」が、妙に印象に残ってます。ほかの子は姓で呼んでますから、彼だけは幼馴染で特別って感じで可愛いです。

イラスト:彩里ちゃんがかわいかった♪

0

好きなのに、信じられない

恋の名前シリーズの1巻です。
以前、新書版で出ていたものの文庫化で、雑誌に収録されていた書き下ろしショート『恋のおねがい』が新たに収録されています。
俺様で酷い事を言っているのに無邪気で憎めない馨と、そんな馨が好きだけど自分はメイドだし、遊びかもしれないしと意地をはっちゃう健気な受け真雪が出てくるシリーズです。
お金を稼ぐ為になんでも屋をやっているので、シリーズ中で事件を依頼され解決していきます。
そこに2人の恋愛がからみにからんで、引き離されていた過去の出来事も途中で出てきます。
旧版では3巻までしか出ていなかったんですが、文庫化を機会にシリーズ4巻で完結予定みたいです。
既に古い物を所有している方は、4巻だけというのもありです。
このシリーズが気にいっている私は古い本も所持しつつ、また文庫で集めなおしています。

なんでも屋・馨(星峰学園3年)無邪気マイペース俺様攻め×真雪(星峰学園3年)意地っ張り健気受け
真雪は馨の屋敷のメイドの息子で、馨から自分のもの、オモチャ扱いで好きなようにされている。
馨としている所を見つかって、馨と真雪は離ればなれにされた。
続きその間、四年もずっと音信不通だった癖に、再会後なにもなかったように当り前のように真雪に触れる。
奥様から馨の監視を頼まれている真雪は、世話を焼いて叱るのだが馨はどこ吹く風で。
メイドだから好きに出来ると思って、馨の気持ちが見えなくて真雪は不安で。
馨の元に別々の依頼が舞い込んで、馨の恋人だという彩里のことも気になって。

1巻では、真雪はメガネ受けでした。途中からコンタクトに馨がさせるのですが、自分の知っている真雪じゃないみたいで嫌だからという可愛い理由なんです。
俺様で超勝手で自己中なんですが、真雪が可愛くて可愛くて好きでたまらない面がしっかり感じられるから、憎めないのです。
それをあらわしてはいるんですが、ふざけがちで本気に見えない。
真面目な真雪には真剣に言っているとは思えなくて、メイドだし、遊びかもしれないと取ってしまって、仲がこんがらがります。
昔から真雪は馨に弱くて、馨の言う事ならなんでも聞いてしまって。
自分ばかりが好きだと思っていて、馨の事が信じられない。
すれ違い片思いが大好きなので、たまらないカップルです。

『恋のおねがい』
馨とのHを夢にみちゃう真雪です。顔射など、ちょっとフェチ的な感じでした。短めな話です。

エロ:★4 拘束、体育倉庫H
総合:★5 本気かどうかわからなくて切なく悩む健気受けな真雪と俺様攻めの馨の組み合わせがとにかく好きです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ