恋の雫

koi no shizuku

恋の雫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌13
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
15
得点
56
評価数
22件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862522351

あらすじ

「俺だけが、好きなんて くやしい。」
大学で知り合った成沢と肌を重ねるようになった麻耶。 
カラダの関係が自分だけ深く、熱くなってしまうことに焦燥を感じた麻耶は──…?好きだからうまくいかない。 
恋に悩む青年たちの、甘くて苦しい青春ラブストーリー。

表題作恋の雫

成沢亘 大学生
麻耶 大学生

同時収録作品きみの声が届く距離

ツカサ
宮川

同時収録作品抱きしめたい

高瀬 高校生
練馬奏良 高校生

同時収録作品シェイク

宮守 サラリーマン
菊水 カフェのウェイター

その他の収録作品

  • よせて かえす言葉

評価・レビューする

レビュー投稿数15

“これから”を期待させる4つの恋物語

まさに表題となっている
「恋の雫」というタイトルがピッタリ合う4つの恋物語。
雫はどんどん膨らんで、
海のように大きく深い愛に成長していくはず!
どの話もそんな“これから”を期待させる
甘酸っぱいストーリーです。

短編集なのでそれぞれの物語が短く
どうしてもライトに感じてしまいますが、
それでもどのカップルも“未来”を感じることができて
読み終わった後にほんわかした気持ちになれました。

スッキリとした絵で読みやすいですし、
エッチシーンもキレイに描かれているので、
BL漫画の入門としてはオススメ。

「恋の雫」「抱きしめたい」「シェイク」が収録された
CDドラマも発売されています。
キャストもかなり豪華ですので、
ぜひそちらも聴いてみて下さい!



2

指の第一関節がグニャリ

初・香坂あきほさん。
私にとっても香坂さんにとっても「初」のコミックス。
こちらのドラマCDをおすすめして頂いて、それならば原作も読んでみよう!と思い購入致しました♪

線が細く繊細そうで、表紙画も綺麗で期待値が上がります。
中も表紙を裏切る事無く期待通り。可愛らしく私は好きです。
そして何と言っても、私の勝手な予想ですが香坂さん。
手を描くの、お好きなのかしら…? とても意識して描かれているように感じるのです。
時折必要以上に大きく見える事もありますが、手フェチ傾向のある私としては、この第一関節がギュッと曲がり気味に描かれている事に興奮。
とても好きな手です。漫画で「好きな手」というのには初めて出会ったかも。

◆『恋の雫』
大学の友達同士。気付けば体を重ねる仲になっていた成沢と麻耶。
麻耶視点で話は展開していきますが、自分ばかりが成沢を好きなんじゃないかと気持ちがモヤモヤしています。
態度的には、明らかに成沢の方が素直だと思うのですが、麻耶はそうは受け取らない。
此方の作品は全2話。話の展開が速めで、麻耶の納得も「悩んでいた割にはそんな簡単?」と思う物続きのそこまで気にならず。
それは多分、「とっくに両想いなんだから、変に考えなくていいのに」と思える位、成沢の気持ちが素直に伝わって来たからかなと思います。
どこででも麻耶に触りたがる成沢だけれど、優しい気持ちが溢れている子。
弟が2人もいる面倒見のいいお兄ちゃんだから、麻耶と二人でいる時は甘えたになるのかなぁと、描き下ろしを読んでほんわかしました。

◆『きみの声が届く距離』
マンションの部屋が上下の住人。年上の宮川と、年下で宮川にちょっかいをかけるツカサ。
ツカサは宮川に会いたくて、わざとベランダから物を落として届けさせます。
そうでもしなくちゃ会いに来てくれない。そんな気持ちからそういう行動に出るのですが、宮川にしたら、もっと真っ向から来いよ、とも思う訳で。
子供かよ、なんてツカサに対して思いつつ、じりじりとした気持ちがうずうずする。
その理由はたった一つで…と進んでいきます。
相手の気持ちを考えると真正面からいけないツカサが可愛く、それに少し苛つく宮川に対しても、好かれてる余裕?惚れられたモン勝ち?な雰囲気を持ちつつ結局焦る姿にふふふと笑みが零れました。

◆『抱きしめたい』
目で追って居た自分とアイツ。気付けば仲良くなっていた高校生の高瀬と練馬。
一緒に居る事で徐々に抑えが利かなくなる高瀬の焦りと、その焦りのせいで少し態度が可笑しくなる高瀬に微妙な気持ちになる練馬がとにかく可愛い!
体育の授業中にモメて怪我をする練馬を見つけ、ダッシュで助けにいっちゃう高瀬にきゅん。
そして、高瀬の態度の変化にモヤモヤしてる内に授業に集中出来なくなっていた自分が情けない、なんて言っちゃう練馬にもきゅん。
体育館倉庫で致しちゃう二人の若さに一瞬こちらが焦るも(笑)、ノリとイキオイで楽しめました。

◆『シェイク』
カフェの店員と突如常連となった黒スーツの男。美人店員・菊水と、目を惹く宮守。
偶然コンビニで会い話しかけられ、そして食事に誘われる。
一度店内で握られた手に怪しさを感じつつも、何となく自分への好意に気付きつつあった菊水は邪険にはしません。
「自分のことを好きなのか」と問うと真っ向から認めるストレートさ。そして触れてくる手の熱さ。
これだけで翻弄されていく菊水の方が、実は熱に浮かされている!?と思えてドキドキ。
部屋に誘われて、でも最後までは無理で途中でやめて、そんな宮守は自身の手をペロリ。
菊水、これは心臓止まりそうになります(笑)
いいです、宮守みたいにストレートな男!見ていてときめくし気持ちがいい♪


展開が速かったりは有りますが、読み切りの頁数を考えると気になりません。
画が綺麗だし、オトし方も上手だなぁと思います。初コミックスとして考えると尚更目を惹くなぁと。

画も綺麗だし、何せ指の第一関節の曲げ具合が相当好みだという発見♡
それだけで自分の中での評価がグンと上がりました♪

0

香坂さんの初コミック

表紙の絵に惹かれて読んでみました。
軽めの短編集です。
他の方も仰っているように、所々に絵の崩れはあるように見受けられましたが、元々綺麗な絵柄なので私はそれ程気にはなりませんでした。
4組のカップルのお話が収録されているのですが、どれも可愛いお話でした。
表題作はもうカップルになった2人のお話ですが、攻めがあまあまで受けが大好きというのがダダ漏れで、どちらかというと攻めが受けの尻にひかれている感じがよかったです。
ツンデレな受けに振り回されてる感じで(笑)。

短編ばかりでお話の深みはどれもあまりなかったので、今度は長編でじっくり読んでみたいかなと思いました。

0

恋の雫

香坂先生の本が好きです
読んでいるとき繊細な画風が気に入りました!

私はドラマCDについてコミックを読んでました
ストーリのスピードがちょっと早いかな~と思う
恋に落ちるのが早いです
もう少しせつないブームを開いたらよかったと思う~
でも一つが気に入った~
それはお互い名前を呼ぶこと
この点で拗ねるのも可愛い☆
恋人同士なら名前を呼ぶって素晴らしいですわ★
だから亘さんの気持ちが分かる!
いい作品ですからお薦めですよ!
香坂先生の本をいつも期待してます☆

0

受けがかわいい

最初絵にほれてみてみました。

受けがすごくヵわいくて、
せつなぃ感じもありました。



絵は全体的におとなっぽぃんですが
つぃ読んでるとキャーっってさけびたくなリマスw

1

なかなかに可愛い

きっちり基本を押さえつつエロも入れつつ…と言う感じで、テンプレートだと思います。
その分盛り上がりに欠けるしドキドキ感もないんですが、これはこれで充分萌えました。
ただ、できれば、付き合っている2人のあれこれよりも、このカプに関しては想いを通わせる過程や初エッチを見たかったかなぁ。

表題作以外は、私的には微妙でした。
展開があれれ?って感じ過ぎる。
とりあえず「なにかひと波乱起こして⇒エッチして⇒一件落着」という、これまたテンプレートを、いろんな組み合わせでなぞってる感じで。

皆さん仰ってますが、絵が時々崩れますね。
「あれ?この肩はどこから生えてんの?耳から?」みたいな;
けど、「雑だから」ってわけではなく、「とても丁寧に一生懸命描いてはいるんだけどただ単に上手くないだけ」って感じなんで、私は気になりませんでした。
これからドンドン上手くなられるでしょうから、楽しみにしたいと思います。

0

なかなか

香坂さんの初コミックスです。
中立な意見が多いみたいですが、なかなか楽しめます。
絵柄は確かに安定していない感があります。今後に期待!
お話は無難なストーリーと、王道的な展開が多かったです。それゆえ読みやすい。BL入りたての方におすすめです。
表題作である、恋の雫は微妙だったなぁ~。ページ数の関係でなのかエッチになだれ込むのが急です。受けがツンデレなのは可愛いです。

表題作はイマイチだと思ったのですが、その他のお話は楽しめました。
「抱きしめたい」が私は好きです。このめっちゃ王道!な感じが安心できる~。そして、奏良がかわいい!続編読みたいくらい好きです。

0

結構お気に入り

表題作の麻耶ちゃんがかわいかった。
とっても分かりやすいツンデレでしたw
成沢は俺様って感じではなかったかなー
なんかかわいい麻耶ちゃんが見たくてからかってるだけ~みたいな。
普段はヘラヘラしててちゃらけてるけど
自分の気持ちは素直に表現してて
そういうとこに麻耶ちゃんは惹かれたのかなーと。

確かに既に二人がそういう関係になってて
どんなきっかけで好きになっていったのかとか
もっとあって欲しかった。

というかこの二人の話もっと見たいって
思っちゃうくらい個人的にはツボでした。

自分がまだこっちの世界に踏み出したばかりの頃に
読んだってのもあるのかなー?
単純でありきたりかもだけど
すごく読みやすくて良かったです。

0

印象に残りにくいのが残念

短編集だし、
絵も、割と今風のすっきりきれいな絵だし
どこが、どうと、可もなく不可もない感じ。
っていうか、改めて表紙を見て、
「あれ?こんな表紙だっけ?
えっと、じゃあ、アレとは違う作品?」
って、自分の記憶力の低下にしばし……

読んでみれば、するっと読めて、絵も、丁寧に作業してあるし、
それなりに、いいなって思うシーンもある。

この作品、CDの方がオススメ。
3カップル、全部違うキャスティングで、それぞれ典型的な役なので、声優さんのショーケース的に、BLCD入門版としてお買い得です。

0

青春ラブストーリー

何がきっかけで買ったかは忘れてしまったし、あまり高評価は受けていないようですが…個人的には結構表題作がお気に入りです。
まず成沢がそんな俺様キャラに見えないんですよねぇ。麻耶はツンデレだなぁとは思いますが。
どっちも不器用で言葉にしないで一人で悩んだり、不安になったり。自分だけが好きって勘違いしたり。
私から見ると成沢の方が好かれてないんじゃ…って不安になるんじゃないの!?って思ったけど。
あとはまぁエッチシーンもそれなりに、というか隙あらば持ってこうみたいな感じですが、それもお年頃なんだと思えば気にならないし。
全体を通して好きというよりは部分部分のシーンで好きなところが多々ある作品といった感じです。

0

恋の雫レビュー。

香坂あきほさんの初コミックス。
絵柄が好みです。たまに崩れるけど基本的にあきほさんの描く少年の体っつーか細いラインが滅法好みなんだ。絵は今風の、売れセンな絵柄なので今後が凄く楽しみ。
ただ、無難な設定なので記憶に残り難いのが残念。折角綺麗な絵を描くんだからもっとパンチ効かせたキャラを…!Hまでの流れが早いのでサラッとして尚且つピュアなBLが読みたい方には合うかなと思います。

表題作は大学生同士のお話。
なんとなーく一緒に居る、Hの関係もある、微妙な関係。
お互い好きなんだけど、麻耶の方が成沢に対して好きの度合いが大きいと思って悶々。
「俺だけが、好きなんて くやしい。」
相手にも同じだけ自分の事好きになって欲しいって思っているけど巧く伝えられないツンデレさん。
ほんわかな日常がメインです。

手の大きさの違和感さえ気にしなけりゃ凄く楽しかった。
ドラマCDも発売しております。近藤さんの声…!良いなぁ、良いなぁ。声優陣豪華だよ。神谷さんも居るよ。

0

Hするのが早い……。

全体的に甘い展開で、ほのぼのとした作風。なので、安心していたのも束の間、展開が突然急いている印象がある。あとHが多い?二人の絆をHだけで終わらせないでほしいかなぁ。Hしたくなるほど好き!ってのは可愛い時は可愛いけど、そこまで行くプロセスが早い。キャラの気持ちが伝わって来ない。
ドラマCDが何故出たのかとても不思議。売れさせる為だろうか?
絵のバランスが乱れてしまうのが残念。

1

乙女ちっくも悪くない

香坂さんのデビューコミックスになる。
表題作は俺様×ツンデレの大学生カップル。
とても読みやすいストーリーなのだとは思うのだが、読みやす過ぎて記憶に残りにくい作品だった。
恋愛を描きたいという意思は伝わってくるんだけども、その恋愛にガツンとくるものがないというか、気持ちがシンクロしてこないというか。
受けに少女漫画的な乙女ちっくを感じるので、そこが私とは合わなかった原因なのかもしれない。
このすーっと流れてゆくような読了感は、爽やかだというべきなのか(笑)
すぐにドラマCD化したようだが、これが意外と巷では好評だったようで少々驚いた(スミマセン・・・)。
きっと・・・声メディアにはシンプルな作品が合うんだろう。

個人的には同時収録されている「きみの声が届く距離」が好み。
はっきりとした表現はないものの、恐らく年下攻めとみた。
洗濯物をわざと落として気を引くなんて、なんて乙女ちっくなんだろう。
それを文句言いつつ、いそいそと持って行く方も行く方だ。
ああなんて可愛いんだろう。

と言うか、結局のところ表題作がイマイチだったのは、ベタ設定云々の問題続きではなく、単に同級生萌えしなかっただけなのでは・・・と、今になってはたと気がついた。
全く個人の感想なんていい加減なものである(自戒の念をこめて)。

3

ツンデレ萌え

香坂あきほさん初コミック。
表題作の2人には萌えました。人なつっこい攻めとツンデレ受け、良いと思います。
中立評価した理由は、あまりストーリー性がないのとたまに絵が崩れてしまったのが残念だなあと(^_^;)あと手が少し大きいかなと感じました。
でも表紙もとても良いと思いますし、これからに期待したいと思います。

1

恋の雫

ん~、絵は下手ではない(ちょっと時々乱れるけど、気になるほどでもない…が、苦手な人には苦手なタイプの乱れかも?)し、特に悪い話じゃないけど、どうもこう・・・しっくりこなかったですね、どのお話も。
本屋で「大量入荷!」って書いてあったんで、おもろいの?と思って、表紙もいいし!って買ったんですけどね~。う~ん。
私はツンデレスキーなんで、本来なら麻耶が気に入ってもいいはずなんですけど・・・どうもかわいく感じなくて・・・。
多分、何で相手が好きなのかという、根本の何やらを感じられなかったせいだったと思います。
お互い、好きだと言うけれど、なんで? どこが?というのに、納得行かなかったと言うか。
私はエロなしでもお話で萌えさせてくれればOKなタイプなんで、そういう意味では満足させてもらえませんでした。
他のお話には、あ、このシチュいいなと思える場面もあったんですけどね。
エロ度は普通レベルだと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ