遊覧船

遊覧船
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
76
評価数
19件
平均
4 / 5
神率
31.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403662089

あらすじ

遊覧船乗り場の売店でバイトをする日和は、物書きの間宮のことが気になっていた。間宮は何故か大変気前がよく、日和にことあるごとに高額な駄賃をくれる。それはふたりが初めて寝た日もそうだった。日和は激怒するが、実は間宮はお金でした愛を得る術を知らない人で……。表題シリーズ四遍を収録。間宮と日和のプレシャス・デイズ。

表題作遊覧船

大富豪小説家・間宮
遊覧船乗り場の売店バイト(高専休学中)・日和

その他の収録作品

  • 無常?ミストレス
  • 長い休暇
  • ローディング

評価・レビューする

レビュー投稿数9

しみじみと萌える

どなたかのレビューを読んで、
『お金でしか人との繋がりかたを知らない攻め』というのが気になって読んでみた作品です。

なんというか…読後感がめちゃくちゃよかった!
好きだからお金をあげたい攻め×お金でつながりたくない受け
自分的に新鮮な作品でした。よくありそうなのに…

藤たまき先生の漫画はあまり読んだことがなかったのですが
他の作品にも手を出したくなるような
とても温かい1冊でした。

受けの日和くんが攻めの間宮さんに甘えるのではなく
ちゃんと自分の人生を考えて行動してるところがまた好きでした。
間宮さんが日和くんの一挙一動に一喜一憂してる姿がたまらんかったです!

3

価値観の違う2人

裏表紙のあらすじを読んで「お金でしか愛を得る術を知らない」だなんて…高慢で冷血な攻めな俺様攻めかと思いきや、間宮さん可愛い~(*´∀`)♪
でも何でもかんでも金頼りで、お金を受け取って貰えないと不安になる…そんな風になってしまった環境を思うと悲しいし、寂しい(´・ω・`)
お金で懐柔しようとか偉そうに支配しようとかそんなんじゃなくて…日和のことが大好きで喜ばせたくて、繋がりを確実なものとして感じたくて…だから余計に切なくなる。
日和からしたら「え…(゚Д゚;)」でしょうけどね。
最初なんて援交扱いかと思っちゃうしね…。
…周りに金目当ての人間ばかりが集まってしまってたんだろうな。
間宮さんを心配する友人の阿川さんの存在が救いだわ。
残念ながら間宮さんは金で繋がった関係(小説家と担当編集者)だと思っているけど(;´Д`)

価値観が全く違う2人だけど、お互いに思い合っていることが伝わってくるから読んでて苦しくない。
むしろ優しさと暖かさを感じます。
好きだなー(*´Д`*)

2

お金では愛は買えません。

金で万事解決してきて、それが普通の感覚の攻めと
その価値観が理解できない受けの話です。
事あるごとにお金を渡そうとする攻めに、序盤は甥や姪を可愛がる
叔父さんや叔母さんのようなものか、と思っていたんですが
進めていくうちに深刻に価値観の違いを突き付けられ困惑しました。
初夜を終えた後に、初めてとは知らなかった、その代金は入ってない
と言う攻めに、受けがおかしいと詰め寄る場面がありますが、
お金をどれだけ積んだところで気持ちまで得られないので
そういう生き方をしてきた攻めの人生は可哀そうに思えます。

お金を嫌がる受けに、今度は物を貢ごうとする攻め。
いっこも学習しませんねw
しかし、それで生きてきた彼にはなぜ駄目なのか
受けが受け取ってくれないのかが理解できないのです。
こういう孤独で寂しい攻めは見ていて辛いですね。

受けが学校に復帰すると知って、攻めは捨てられるんじゃないかと
受けの気持ちを疑いますが、
今までの傾向で攻めは絶対嫌がるだろうなと分かっていたので
それは酷いんじゃないかと受けを糾弾したくなりましたw
しかし、それは受けが決めた道続きで、ずっと考えていたことで
夢でもあったので、復学するのは至極当然のことだったんですよね。
会えなくなる中で、手紙のやり取りは交わすんですが、
会えない期間は愛を育てるどころか攻めの心を不安にするだけだろうと
読んでいるこっちが心配になりましたが、今までの通り受けが懐を広い所を見せて
二人の関係は続いていくんだと思います。

金に物を言わせて、好きなようにするという攻めも好きですが
こういう風に抵抗する受けに翻弄する攻めもまた萌えますね。
駄目男最高です!

1

楽しいけど少し悲しい


お金でしか愛を語れない攻の空回りっぷりに少し笑いましたけど、事情を知ると「ああ、弱い人なんだな」って思います。

受の子が是非頑張ってそのしがらみを取ってあげて2人とも幸せになって欲しいと思うばかりです。


是非読んでみてくださいな

1

これはよいダメな攻め

主人公のアホの子より、ダメな攻めがツボでした。
おもしろかった。

1

必死さが可愛い恋愛模様

お金や対人関係に関する価値観の違う2人が、ちょっとづつ互いを理解しようと努力して、歩み寄っていく様子が丁寧に描かれていて、とても面白かったです!

1

恋に落ちたら…価値観のすり合わせ

萌萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
お金で愛情を示そうとする富豪の物書き・間宮×高専を休学中の少年・日和、のなかなか咬み合わない恋物語。
心がポカポカとあったかくなるような素敵な読後感。
エロとか萌えとかを考えずただ二人を応援して見守りたくなる、そんな可愛い恋のお話です。

体を壊し、商船高専を休学中の主人公・日和は、遊覧船の売店でバイトの日々。売店の顔なじみで実家の旅館に逗留している物書きの間宮と知り合い、二人は両想いになります。
でも間宮という男には少々問題があって、お金で人との繋がりを持とうとする悪癖が。
初めてセックスした時も「今日の分」「明日の分」と日和にお金を渡そうとするのです。お金の関係は嫌だと拒否する日和に、今度は高価な物をプレゼントしようとする間宮…。
間宮にとってこの恋は一生に一度というくらい真剣なもので、もちろん援助交際なんかのつもりもないからなお厄介。

人を繋ぐものはなんだろう?
体を繋げても、心を通わせ合っても保証なんてない。
だけどお金は人を縛る力がある…。

間宮にとってお金は見えない愛情や絆や約束を確約するもので、人との繋続きがり=お金そのものなのです。

とまあ、お金が前面に出てきてはいるけれど、価値観の違う恋人同士が衝突しながらも歩み寄り合う、というのがこのお話のコンセプト。
好きだから一緒にいたい。
ずっと一緒にいたいから、理解したいし、理解してもらいたい。
言ってみればそれは恋愛の基本でもあり、最も大事なことなのでは。

仄かな物悲しさが見え隠れしつつも、柔らかいタッチの絵や詩的なモノローグ、純情で真面目な主人公たちが、ふわふわとした温かい世界を織り成していて、幸せな気持ちを分けてもらえます。

純情で不器用な子供のような攻めと、芯が強くまっとうで真面目な主人公の恋。
読みながら最後はつい一緒に微笑んでしまう、オススメの1冊です。

3

ほのぼのと

幸せな気分になれる1冊です。
間宮はお金持ちなのに嫌な感じがなく、おバカキャラ的な感じなのに作家さんとかやってて自分的にツボりました。
日和は、真面目なタイプで、お互いに引かれ合ってる所とか読んでて癒されました。

0

価値観の違う二人の恋

大富豪青年・間宮と、ごく普通の家庭に育った少年・日和の恋物語。

間宮は特殊な環境で育ってしまい、愛情をお金でしか測れない人。
こう文章で書くと『嫌な男』のようですが。
間宮は嫌な奴どろこか、可愛いのです。
日和の喜ぶ顔が見たい・日和の為に何かしたいと一生懸命です。
ただその方法が『お金を使うこと』なのが問題です………

そんな彼と全く価値観の違う日和は、戸惑ってばかり。
『愛はお金じゃない。お金を貰わなくても、自分は側にいる』
ということ間宮に理解させようと、これまた日和も一生懸命。

お互い、相手のこと深く思っているのに。
価値観の違いから擦れ違ってしまう切なさ。
不器用な二人が一生懸命、恋を続けていこうとする姿が、
健気で可愛いくて。じんわりと心が温かくなります。

ほのぼのと幸せになれる一冊でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ