Grr

grr

Grr
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×225
  • 萌27
  • 中立11
  • しゅみじゃない3

--

BLアワード2023 BEST官能 ノミネート作

レビュー数
18
得点
277
評価数
83
平均
3.5 / 5
神率
20.5%
著者
みちのくアタミ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
笠倉出版社
レーベル
カルトコミックス PLACEBO collection
発売日
ISBN
9784773062328

あらすじ

後ろだけでイケるまで…
何度もアンタを喰ってやるよ。

コスモス不動産のヤリ手部長・月代仲秋には秘密の副業があった。
それは週に2・3日【売り専】の出張ホストをしているということ。
ある日、いつものように仕事で訪れた先で美貌の青年・雪貴と出会う。
煽るような態度に内心憤りを覚えつつも、スカした顔を暴こうとする仲秋。
けれど逆に『今からあんたの初めてを奪う』と言われると、
そのままケツだけで7回もイかされてしまって――! ?

ミステリアスな絶倫美人×人気No.1の売り専
タチ×タチ
舐って、含んで、奥まで食んで…
生意気な年下の肉食獣に
教え込まれる本能と快楽…っ!

表題作Grr

雪貴,26歳,指名客
月代仲秋(シュウ),39歳,不動産会社勤務,タチ専出張ホスト

その他の収録作品

  • Pillow talk(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数18

完っっっ全に守備範囲外の設定!だけど・・・

みちのくアタミ先生の作品が大好きなので作家買いですが、タチ×タチでひげおじ受け、しかも途中でリバっぽい描写もあり・・・全部苦手な設定なので、今作ばかりは合わないかも、と怖々読みました。

が、予想より萌えた!!!

受けの仲秋さんが、表紙や試し読みのイメージよりずっと懐の深い大人でした。「ナンバーワンタチ専出張ホスト」という肩書のせいか、なんとなくイケイケのおじさんを想像していたのですが、雪貴に無理やり抱かれたあとも案外冷静に大人の対応をしていて、当初抱いた印象よりも地に足の着いた人という感じで良かったです。

反対に、攻めの雪貴は最初こそガンガンに責め立てるミステリアス肉食美人!という雰囲気ですが(誤解が解けたあとの)後半は仲秋さんとの関係にモヤモヤしたりドキドキしたり・・・かなり犬っぽい感じで、年相応のかわいさもあります。

レイプや脅しの描写がある作品は、一方にパワーバランスが偏りがちであまりハマれないのですが、この作品は予想外に雪貴がワンコで、かつ振り回されるので、あまりモヤモヤせずに読むことができました。(当たり前にレイプはダメだけど。)

何より、そんな二人のえっちがめちゃくちゃにエロいです。
もうこれはさすがみちのく先生としか言えない大大大満足の濡れ場です。体位やアングルが多様で、濡れ場が多いのにワンパターンになりません。快感に抗えずに負けちゃう仲秋さんの表情もかなりえっちです。

正直、雪貴が仲秋さんを無理やり抱いた理由にはびっくりというか、こんな犯罪に走る前にもっとやるべきことが他にあるだろ?!と思ってしまいましたが、まあそれだけ切羽詰まっていたんだろうな~と。

普段は設定だけ確認して食わず嫌いしがちなのですが、みちのく先生の圧倒的な画力とキャラクターの予想外の可愛さに、楽しく読むことができました!!

最後に。。。
みちのく先生の描くちん〇んが好きなのに紙は綺麗な白抜きー(;ω;)と悲しんでいたのですが、コミコミさん有償特典の公式同人誌がもう最高すぎて悲しい気持ちも吹っ飛びました。(電子はまた違った修正とのことなので、電子でも買うか迷っています。。)

5

二人の距離が縮まっていく様子が良い!

タチ✕タチの二人ですが仲秋さんが雪貴くんによりネコ側になってしまうというドキドキ展開!
しかも『今からあんたの初めてを奪う』と言われて7回もイかされる仲秋さんがすごくエッチで興奮しまくりでした!
抱かれた後、うつ伏せでピクピクしながら後ろから溢れさせている描写がすごくエロくてエロくてもう!最高です!
また、だんだんと二人の距離が近づき、お互いに必要な存在になっている姿がすごくよかったです。
二人の気持ちの変化がすごく丁寧に描かれていてよかったです。
雪貴くんに距離を置かれてモヤモヤしてる仲秋さんも可愛いかったですし、雪貴くんに抱かれてトロトロにされる仲秋さんもエロ可愛いかったです。
雪貴くんが仲秋さんを落としてキチンと恋人になるところが見たいので是非とも続編お願いしたいです!
まだまだ二人のエッチ見ていたいです。

3

仲秋が聖母に見えた

みちのくアタミ先生は、いつも自分の性癖とは少し違う所を描いていて、それでもエロスとストーリーで嵌って買い続けています。

今回タチ×タチだそうですが、自分が好きじゃない設定でもいつも面白いからな、と思って手に取りました。

タチが無理矢理ネコにされるのはそんなに好きじゃないんですが、ここまで酷い勘違いがきっかけなのがびっくりでした。
雪貴の見た目は好きだったんですが、性格が好きになれませんでした。
最初から酷い事しましたし、その後も酷い事を続けます。
勘違いが分かってからは、別人のようになるのにも混乱しました。

まあでも仲秋がその分すごくいい人でした。たぶん雪貴とは違い、優しくリードする癒し系のタチだったんでしょうね。
完全に仲秋には非のない理由で酷い事されたのに、許して包み込むような仲秋は聖母に見えました。しかし許す上に雪貴に惹かれていくとはどうなっているんだ?と、びっくりしました。

何だか最後まで読んでもモヤモヤが残るのは何でだろう?と考えましたが、この内容なら攻めザマァが欲しかったのかな、と思いました。
あまりにあっさり許しちゃうから、スッキリしなかったみたいです。

3

アタミ先生らしい作品

作家買いです。
いつもの事ながらあらすじも読まずに読み始めます。

昼の顔は、不動産屋の部長、夜の顔はNo. 1タチ人気売り専。ダブルワークで趣味と実益を兼ねてる月代仲秋。特定の恋人は作らず、仕事で相手する位で充分なんて考えでいる。

接客業なのに、風俗系で働くってバレないかなって心配にならんのかな?ってこれ系の設定の時いつも思っちゃうな。リーマンや、学生で、風俗やAV出てるってやつ。あと、簡単にハメ撮りさせるのとか。流出したら人生終わるやん?

話逸れました。
お客として現れた美青年の雪貴に、手錠で繋がれタチ専なのにネコにされてしまいます。
美しい青年タチにヒゲおじさんがネコにされる。
あー、アタミ先生萌えのやつだ、このカプ。
美青年攻めのおじさん受け、バリタチがネコにされる。
これ、人によっては地雷ですね。
私はもちろん楽しみます。
自分のポジションの決めつけ無い方がいいと思うんだ、未知の快感があるかもしんねーやん?
40手前までバリタチだったのに、後ろの快感に目覚めさせられるなんて可能性は無限大!

怨恨で近寄ってきた雪貴だけど、それが勘違いと解り素直に謝りにいく。レイプ紛いの行為や無礼な発言数々したのに、受け止めてくれてた仲秋に急速に惹かれていっちゃう。
雪貴ってば、単純おバカで素直なタイプ。
心許した相手には、ワンコでどこまでも懐いてしまう。
顔可愛い懐いてくる年下ワンコ、そりゃ可愛いと思っちゃうな、仲秋も。

ここから、両片思い展開でストーカートラブルに巻き込まれつつ2人の思いを伝え合ってハッピーエンド。
まぁ、予想のつく伏線と話の流れで安心して読めました。ずっとフラフラしてて学生?仕事してる?って読みながらずっと謎だった雪貴は、あとがきでお金持ちのお坊ちゃんで無職と書かれていて納得。
でも、本編で知らせて欲しかったよ。
どんな人物なのか知る為にキャラの属性は大事。

[今回良かったところ]
仲秋さんがいい人だった。さすが、接客業で対人スキルある。あと、年の差でウジウジ悩んだりしない。おじさんを卑下したりしないし、偉そうぶりもしない。行為の最中のお顔がイイ顔。

攻めの尻の穴まで描かれている。攻めも受けも同じ人間。片方にしか描かれない(乳首、尻の穴、生尻)のは納得いかないので、平等に描き込まれている先生には好感度が高いです。

[少し残念だったところ]
お詫びに受けをするって言い出した雪貴くん。痛そうにしてる姿見て優しい仲秋さん止めちゃったのもったいない。
これは、リバ?って喜んだ私の気持ちが萎みました。
バリタチキャストさんのテクニック堪能すればイイのに。また、リベンジしなさいよ。

紙本で購入。性器は完全白抜きで射精時の精液の描写が今回独特でした。とぅるんとしてて。いつもこんなだったかな?

今回コミコミさんの18禁薄い本特典と同時に頼みましたので、今から読んできます。

3

エロエロ

表紙は、シリアスですが後半はワンコ攻めの可愛いお話でした。
エロもエロエロでエロいです!
紙は白抜きで残念です…、電子は斜線沢山みたい。(特別仕様修正と明記あれば)

ストーリーは、最初にレイ◯からです。
拘束はぬるいし薬使われたりもしないので、あんまり無理やり感はないです。
なので、苦手な方も案外大丈夫かもです。

その後は、ワンコ攻めが可愛いのでほのぼの読めます。

公式同人誌のエロがめっちゃ良かったのでオススメです。
















紙本購入
修正は白抜きです。
公式同人誌の修正は白短冊です。とバキバキしています。

2

始まりはアレだけど良かった

内容を知らずに作家買いしたので、いきなりレ○プで驚きましたし、勘違いでレ○プされてタチからネコになったのに本人はあまり気にしてなさそうで許して話が進んでいくので読んだことのないストーリーだなと感じました。

他の方のレビューを読むとしゅみじゃないや中立の意見もありましたが、私は始まりはいいとは言えませんが2人が恋人になるまでの様子はみていて面白かったし、今まで恋人を作らず身軽でいた仲秋と恋人に一途な雪貴の正反対な所と年の差も良かったし、勘違いした問題もゲイならではな感じがして特に引っかからず読み終えてお似合いなカップルだと思いました。

仲秋が心が広くて人を恨んだり疑ったりしない性格のようで、懐の深さというか大人な男性という感じがしました。

雪貴はビジュアルが良く色気が半端なかったです。なのに、家事ができなくて子供っぽいところもあってマッサージは得意でカッコかわいい人でした。

エロい場面が綺麗でとってもよかったです!
公式同人誌も購入してよかったと思いました。

1

みちのくさんらしいCP、だが。

作家買い。
みちのくさんと言えば圧倒的な画力に支えられた美しいビジュアルと肉体美、そして激しい濡れ場を描かれる作家さまですが、今作品もそのイメージを覆すことのないエロ度の高い作品でした。

ネタバレになってしまいますが、苦手な方がいらっしゃるかもなので初めに書いてしまいます。ネタバレ厳禁な方はここでストップしてください。





リバではありませんが、攻めさんが受けさんになる、というお話です。
苦手な方は注意が必要かもしれません。



不動産会社で若くして部長にまで上り詰めたリーマン・仲秋。
成績もよく客受けも良い彼だが、彼には周囲の人たちに秘密にしていることがある。週に2~3日、彼は「シュウ」という源氏名でタチの売り専をしているのだ。40手前にしてタチでナンバーワンの人気を誇る彼は、その日もいつものように仕事で一人の客とホテルで待ち合わせをしていた。

雪貴と名のる客にいつものように行為を始めた仲秋だったが、いつの間にか手枷をつけられ抵抗を封じられ、そのまま雪貴に挿入を許してしまい―?

なぜこんなことをされているのかもわからず、けれど雪貴は確かな悪意を持って仲秋を責め立てる。今までのタチとしてのプライドをずたずたにされてしまう仲秋だったが。

見どころとしては綺麗なビジュアルをもつ雪貴の非道ともいえる仲秋への行為。
そして、タチとして人気を誇っていた仲秋が、レイプまがいに雪貴に犯され、けれど感じてしまうシーン。

かな?

みちのくさんらしい綺麗な絵柄で紡がれるハードな濡れ場は一見の価値あり。
だとは思うんですけれど、受けさんの意にそわない行為があまり好きではないのであまり萌えず。

そしてストーリーの軸は「なぜ雪貴は仲秋を抱いたのか」という部分になるわけですが、これにもうーん、と思ってしまった…。悪いのは仲秋ではなく別の人なので(個人的にはコイツが好きになれない)何かすっきりしないっていうのかな。そしてそこから二人が想いを交わしていくシーンにもなんだかなあ…、と。

こういう恋の始まりもアリだとは思いますし、全く萌えないわけではないのですが、理解はできても共感はできない、といったところでしょうか。ごめんなさい、完全に好みの問題です。正直に言ってしまうと評価は「中立」なのですが、みちのくさんの画力にひれ伏してしまったのでちょびっとおまけして「萌え」で。

が、序盤、雄味たっぷりで登場する仲秋が、雪貴に抱きつぶされ受けさんとして開花していく、その描写は素晴らしいです。一見受けさんに見える雪貴が実は攻めさんというみちのくさんらしいCPで、お好きな方には堪らない1冊かと思います。

6

ヒゲおじ受けか〜!

アタミさんの作品は、ストーリーが重厚かつえっちが濃厚なところが大好きなので、作者買いしました。
届いてはじめてヒゲ受けなことを知りました。笑

ストーリーはアタミさんの他の作品に比べるとちょっと浅いかな、と感じました。
レーベルの傾向とかもあるのかもしれませんね。
個人的には物足りなさを感じたので萌評価にしました。
でも、受け攻め両者の視点で物語を追えるのは楽しかったです!

そして、えっちがやはりドスケベ〜!!!神
プレイはわりと一般的なんですが、描写がこう、もう、鼻の下が伸びるというか、へへ……。言葉にできねえ。
アタミさんの作品の汁は本当にえっちだな、こんなに腐女子を喜ばせてけしからんすぎる。

個人的にはヒゲのキャラクターは好みではないんですが、アタミさんの独特なむっちり感に加え、今作の受けがNo.1タチであるという部分に説得力を感じるオスらしいビジュアルだな〜とむしろ好意的に受け入れられました。

しかし、あらすじにある「タチ専の俺が7回もイカされるなんて聞いてない!(意訳)」の部分はもうちょっと描写があって欲しかったです。(腐女子は強欲なので……)

5

ラブいエロスのためなので

え〜?なぜそうなる?と思うことが結構あったんですが、みちのく先生の場合、ラブいエロスに行き着くためだとわかるので、まあそこはそうですね…と流して読みました。

2人とも好みのイケメンなのでほくほくしながら読みましたら、出会いの場面が思わせぶりなコマやセリフがあり、こりゃ何かあるなと思わせてくれて。

あ、やっぱりそういうことねと。
無理矢理は苦手ですが、描写に悲壮感がなく、シュウがすっかり出来上がってしまったので嫌悪感はなかったです。

雪貴がそんなことをした理由が、ただの思い込みだったというのが、弱いなぁ〜とw

置き手紙ひとつで犯罪行為までします?と。
復讐?で、シュウが売りをできないように抱き続けたり、剃毛したり。

雪貴の勘違いだとわかった後は、自己満足なお世話?をしたり。

その雪貴が毎日のように家に来るから、シュウは売りをしなくなった? つんつるてんだからじゃなく?

とか、いろいろ疑問に思いながら進むんですけど、2人はいい雰囲気だし、惹かれあっているし、くっつくための諸々だから、まいっか、となりましてw

雪貴がシュウに許してもらう代わりに
「…じゃあ オレを抱いて欲しい」
だけは、よし!それ!と勢いこんだのですが(リバ好きだし、雪貴の方が受けが好み)

でも、そうはならず_| ̄|○

シュウ…いや、仲秋さんよ、どこまで人がいいのか。
(もしかして、無理矢理より、リバの方が地雷な人が多いってこと?と個人的には少々ショックで)

シュウの元客モブの流れは予想できてしまいましたし。
でも、全てラブいエロのためとわかりやすくていいですね。

その分、終盤は見せたいもの、見たいものが見られて大満足です。

4

画力は文句なし、だけど

作家買いです。
タチ専が無理やり抱かれるとか大好きな設定で、キャラデザも自分好み。内容はエロ多め。ただ、展開が好きになれない…!

客の雪貴(攻め)がタチの売り専をしている仲秋(受け)を手錠でつないで無理やり抱く、その後も脅して関係継続。
大好きですよ、設定として大好きなんですけど、雪貴が仲秋を抱いた理由がどうも共感できないし納得できない。色々と誤解があったんですけど、それが判明してからの展開も受け入れがたい…。
あっさりしすぎ?丸く収まりすぎ?殺伐としてほしい訳じゃないけど、雪貴が仲秋を強姦した理由が私からしたら薄すぎて、その上仲秋が謝罪を簡単に受け入れてるのがもやもやする…。別に一悶着あればいいってわけじゃないけど、全体的に内容が薄いと感じてしまった。
読み込めばキャラの心情を掴めるのかもしれませんが、そこまでしたいと思えない。結構ボリュームあるのにただただ残念でした。期待しすぎたかな。

正直、しゅみじゃない寄りの中立です。
でも濡れ場はエロエロで文句なし。仲秋の表情が始終良かった。中盤からは雪貴も見た目通り可愛いくなって、でもHの時はしっかり雄。
ただBLで言う入口部分(攻めの)が割と強調されたシーンが一回だけあって、おぅ、ってなった。珍しいですよね。
全然ありですけど、苦手な人は注意してください。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う