最後の三月

saigo no sangatsu

最後の三月
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
85
評価数
22件
平均
4 / 5
神率
45.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
松文館
シリーズ
ダイヤモンドコミックス(コミック・松文館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784790121312

あらすじ

何かを望んでる訳じゃなくて
何かを失くすことなんて考えもしなくて
ずっと──
ずっと今のままの毎日が続くと思ってた──

島から出るには、
それなりに学力と資金が必要な状況。
島高の補欠も危ぶまれる成績の仁井(にい)は、
ちょっと気になる存在の藤野(ふじの)と共に
浜谷(はまたに)から勉強を教わることに。
そんな中、
藤野は島外の高校に進学するという噂が──?

中編の表題作含む全8作品の掌編集。
19号の世界が、再び染みいってゆく──。
出版社より

表題作最後の三月

仁井(ニイ)
藤野

その他の収録作品

  • ぐるぐるトランキライザー
  • あなたに届く声
  • 満つる月の下
  • うつしみの手
  • 欠けた鎖
  • 窓辺で朝食
  • ホーム・スイートホーム

評価・レビューする

レビュー投稿数10

短編集だが、しかし深い。

ショタ地雷で何となく避けていたつくも号さん。しかし腐姉さま方のレビューを拝見して手に取ってみたら、何ともまあ、非常に良かった。

さてさて感想を。

「ぐるぐるトランキライザー」
片思いだと思っていたら両想いだった、というある意味王道なストーリーでした。
攻めの子の片側だけつけているピアスでチャラ男なんだよ~(イヤ、実際はチャラ男ではないのだけれど)という表現や、受けの子の切ない片思いが、表情や仕草で端的に表せるって凄いなあ、と。
最後の受けの子の嫉妬心も良し。「自分のものだ」っていうね、彼の想いがよくよく伝わってきました。

「あなたに届く声」
無口だけれど優しい先輩に、健気な後輩。非常にツボな組み合わせでした。
しかし、あの流れで事をイタすのはいかがなものか、とも思いましたけども。まあ、それだけ相手を欲していたってことなんでしょうかね。

「満つる月の下」
書道家×弟子。
読み始めたときは攻めと受けが反対だとばかり思っていながら読み進めていたので、おお、そっち?と思ったりもしました。
直接的な表現は少なく、また言葉も少ないですが、お互いに対する愛情や続き想いがにじみ出ている作品でした。

「うつしみの手」
わんこな攻めにトラウマ持ちの受け。これも良かった。
受けの気持ちを尊重して、ことを急がないわんこが漢でした。

「欠けた鎖」
DVもの、なんですけどね、すごく深かった。
暴力を受けている受けの子が、ストックホルム症候群なんじゃないの?とか、典型的なDV男とその被害者、という関係なのかな、と思ったのですが全然違いました。暴力を振っている方の彼の過去に何があったのか、そこまで描かれていないところがまたニクイというか。
DVは個人的に許し難い行為ではあるのですが、彼らでしか相手を癒すことができない、そんな関係に純愛を感じました。

「窓辺で朝食」「ホーム・スイート・ホーム」
大学受験の時に出会った、同じ大学の後輩×先輩CP。
受けの子の、切ない恋心にキュンときました。バカップルと言えばバカップルなのですが、可愛らしい二人にほのぼのしてしまいました。

「最後の三月」
凄く良かった。
この年頃ならではの悩みとか。
恋心が、体に直結した相手への欲情とか。
最後がこういう終わり方っていうのも斬新だなあと。

つくも号さんの魅力って、心のバランスの危うさだと思うんですよね。心と体の抑えが自分でも効かない危うさがあって、だからショタのような子どもだと余計にそれが顕著に表れるっていうか。画力も凄いので、深いところまで読み取れる。
だから半面、読んでてちょっとハラハラする。そして最後の何とも曖昧な感じがまた良い。
その後の彼らが、どんなふうに過ごしていくのか、どんな関係になるのか、そこは読み手の創造力や好みで補完してね、っ言われてる気がします。

そしてあのシモの描き方がねえ、リアルなんですよ。今なら規制に引っ掛かるんじゃないかなと思うのですが、それがまたよかったです。

2

つくも号さんの大人カプモノ

こちらはショタは表題の1作のみで、あとは大学生とかリーマンとかが主人公の大人メインの短編集です。

つくも号さんの描かれる大人はどことなく井上佐藤さんと近しくて、顔そのものに色気がありますね。
いわゆるBL絵じゃなくて、少女マンガ的でもないし、男性向けともまた違うし、こういう絵柄好きです。

7カップル8作品入っていますが、お気に入りは中でも群を抜いて暗くて痛くてイビツな愛の形を描いた『欠けた鎖』
DVモノです。
間違いなく好き嫌いが分かれると思いますが、今回一気読みした3冊の中で私はこれが一番良かった。
受けてる側の瑛がとにかくタフで、ヘラヘラせず、逃げもせず、覚悟を決めてDV彼氏の洋介に寄り添おうとしているのが良かった。
DVがダメなことくらいは百も承知ですが、もし恋人がそうなってしまった時、瑛の向き合い方と温もりは洋介に多少なりとも救いをもたらせはしまいかと。
ただ現実的にはこんな風にタフで居続けることはきっと無理だろうなぁ。。

もうひとつ好みなのが、文学的なエロスと美しさが漂う『満つる月の下』
書の先生とお弟子さんのお話です。
男性の着物姿は良いも続きのですな。

逆に他のレビュアー様方の評価が高い表題作の『最後の三月』は、若さゆえの衝動で済ませて良いものとは到底思えず、私はダメでした。
いじめと一緒ですよね…
やった方はこの主人公のように、苦々しさは残れどやがて日常に戻っていくんでしょう。
でもやられた方はそうじゃないでしょう。消したくても消えない記憶として心に深い傷を付けたまま大人になるしかないのですよ…

こちらのレビューでこの作家様が男性だと知って、色々腑に落ちた感があります。
ショタの方は特にBLのショタモノとは趣が違っていましたが、登場人物の年齢が上がっても、やはりどこか女性が萌えを込めて描くモノとは違う味わいがあります。

2

珠玉の短編集

大学の研究室にあったので読んでみました。その際、係の方から「つくもさんは本物のゲイなんだよ〜!女性作家が描くBLとはまたひと味違うかもしれないから楽しんで!」と言われ、わくわくしながら読みました。

結論から言うと、女性作家さんの描かれるBLとの違いは感じられませんでしたが。。。最っ高でした!!!
ここ最近エロを読んでなかったこともあり「ひゃ〜〜〜〜;///; エロい〜〜〜〜!」別に変なプレイをしているわけではないんです。普通に致しているだけなのですが、私的に絵柄がとても好みだったこともあり、もう、つくも号さんの描かれるエロにハマってしまいました。
以下、特に好きだった作品の感想です↓

『ぐるぐるトランキライザー』
お友達から一線を越えてしまう瞬間のBLが大好きなので、大興奮しました。風邪をひいて素直に想いを伝えてしまう(でもちょっとツン)ハルの可愛さと言ったら…もともとお互い両想いだったこともあり男同士だから云々の駆け引きもなくH突入でしたが、そのスピード感も嫌いじゃない。

『窓辺で朝食』
初エッチで鼻血出してしまった金江君が可愛過ぎてこっちが鼻血出しそうでし続きた。童貞攻め最高です。次の作品もこのお話の続きなのですが、えっちしたくて食事中もムラムラしちゃう金江くん…それを甘やかす先輩…大型犬わんこ×飼い主の様◎

『最後の三月』
登場人物がみんな黒髪キャラで区別が難しかったです笑 
それでも十分楽しませていただきました。最後、ハッピーエンドじゃないところが「あぁ…」となりましたが…これの続きどっかに落ちてないですかね。
ニィ君の夢のシーン、痛々しいけど大好きです。あと初めてなのにいきなり5回って。男子高校生すごいっ。

2

ショタがダメだってのはつくも号を読んでから言ってくれー!

「わたし、ショタダメなんですよ~」ってあっけらかんと言う人は
おそらく、つくも号やカメイ与五郎太などを読んだことのない人だと思う。
ってか、つくも号が得意とするのは中学生ぐらいの少年から男に変わる瞬間の「少年」だというのには異論はないが、実際はフツーに会社員も大学生も描いてるんだけどな。

青春の淡いエロスと痛みをこれほどリリカルに表現できる人っていないと思うですよ。
表情がものすごくいいし、絵が美しい。
しかし、つくも号、とっても美しい絵なのに、凄まじいエロス。
ほんの5ミリズレるかズレないかのエロスにものすごい破壊力がある。
なんでなんだろうね。

じゃ、個別にさくっと感想。
【ぐるぐるトランキライザー】
大学生同士のお互い「片思い」。切なさ満載。しかしとてもカワイイ話。

【あなたに届く声】
会社員同士の恋。攻めの微笑がとても愛おしい一作。

【満つる月の下】
若き書家と弟子。あれ?もしかしてこれメガネ攻め萌えを狙ってる? ベタなストーリーだがモノクロームのトーン使いが美しい。エロシーンの描き方が美しいがエロい。描かないエロスに酔う作品でありま続きす。

【うつしみの手】
これも会社員モノ。バカがこれほど愛おしいとは…。

【欠けた鎖】
このアンソロの中ではもっとも痛く、しかし美しすぎる短編。泣けます。洋介の過去にはいったい何があったのかー…とボーッと考えてしまう。国枝彩香やえすとえむが好きな人は必見の作品。

【窓辺で朝食】
一転して音大生の先輩後輩のかわいい物語。いちばん青春っぽい。鼻血にワロタ

【ホーム・スイート・ホーム】
窓辺で朝食の続編。ホント、このカップルかわええ!

【最後の三月】
ラストで「えぇぇぇぇぇぇええええぇ!?」と仰天したぞオレは!
BLの紋切型から逸脱してるよなー。
つか、こういうのアリなのーーー!?

PS:腐友がコ●ケへ行くとおっしゃるので、便乗して「買えたらつくもさん本買ってきてー」と依頼。リアルつくもさんが男性だってのは知ってたけど、美形なんだそうです。ま、マジか!? オレ、作者には執着しない主義だけど、そうと聞いては…ウズウズウズ

11

どうしよう………(自分が)

以前、少年漫画タッチの絵柄が好みで購入したら
めっちゃショタ入ってるじゃないですか!!!あかん!!!と
手離してしまったのです……。
自他ともに認める(?)ショタが好ましくないはずの私が
また買ってしまいましたよ!!
そしたら思いのほか楽しめてしまって困りました…。
やっぱり絵柄は好きだし、久しぶりに読んでみたら
社会人ものとか大学生ものとかで
がっつりショタは表題作のみだったのが驚きですw

特に好きだったのは『うつしみのて』。
ベタかもしれないけど、
彼に「結婚する」と言われ別れた経験のある織田は
年下の亮太に告白され付き合いだしたは良いけれど
また失うのが怖くて全部を許し切れていませんでした。
でも突然亮太が事故に遭い、どれだけ大事なのかを思い知らされるお話です。
亮太が年下なのに優しくて織田にベタ惚れで
こういうのは読んでいて非常に嬉しくなりますw
ただ、頭を打って入院したのに、個室だからといって
気持ちのままにHしていいのか!?って野暮な事を考えてしまいましたw

『窓辺で朝食』
大学受験で緊張を解こうとしてくれた指導員と
合格後続きも仲良くなって、ある日裸のまま同じベッドに寝ていた朝を迎えてしまって
パニクりながらも、気まずさはあっても決してイヤではない金江。
数日避けてしまいますが、センパイの部屋を訪れると
キスしかしていなかったのを知り、ホッとしつつ残念にも思ってあの日の続きを…。
金江がDTだった事と、思わず鼻血出しちゃったところと
センパイが金江をずっと好きだった事にきゅん!!!

『ホーム・スイートホーム』
金江とセンパイはルームシェアする事になって
かなり世話焼きの金江なんですが
いちいちセンパイにムラムラしてしまい
嬉しい反面恥ずかしさに襲われるセンパイww
甘───い二人で良かった!!
年下ワンコってやっぱり好きなんス…。

『最後の三月』
仲が良くなった転校生の藤野といると、なぜかドキドキしてしまう仁井は
高校受験に悩む中3。
今のままの生活が続いていくような気さえしていたのに
藤野が島外へ行ってしまう噂を聞き本人に聞くと本当で、
更にもう一人仲の良い浜谷を好きだと聞かされてしまうのです。
「気持ち悪い」とつい言い逃げして自己嫌悪に陥りますが
その後夢で何度も藤野を犯して夢精してしまうくらい追い詰められて
学校へ呼出し、とうとう欲望をぶつけ……。

嫌だと泣く藤野におかまいなしに5回もしてしまうとか
無理矢理はダメだよ!なんですが藤野もちゃんと勃ってたとか…エロい…。
そう、再読したらこれが一番エロいと思ってしまったので
ショタも大丈夫になってしまったのか……!!??
自分がわからないですw
ただ、大人になる前の独特な不安定さと欲情を止められない姿、
もう子供ではいられないんだという切なさが良かったです。
結局藤野は卒業式にも出ずに引っ越してしまって
事後殴られて甘いあれやこれもないまま別れてしまうので
ハピエンではないのですが、ある意味その容赦の無い感じもナイスかも…。

『欠けた鎖』というのがDV彼氏(攻め)で
「俺が付いてないと駄目かなーって」って言うコンビニバイトの中津(受け)。
そういう愛もあるのかもしれないですが
私には理解出来ないな…と思ったので全体として萌です。

しかし……好みもどう変わるかわからないものですね!!
自分でめちゃくちゃ驚いています!!w
でもリアルな結合部分が素晴らしいんです、つくも号さんは!!(おい!!)

6

表題作が切ない、そして学ランはいいものだー

1冊目の単行本「センチメンタルな刻」では思いっきりショタでしたが、今回はリーマンから学ラン、大学生と年齢度は前作に比べればかなり高め、とは言え、やはりつくも号さんといえばショタ!今回はショタと断言出きる程のショタではないですが学ラン少年はやはりショタだと思う。
表紙のカラー、学ランに桜はよく似合う!

以前はモロにデジタル使い過ぎの感があったのですが、今作ではそれが無くなってデジタルは使ってますが使い過ぎ感は無く、絵柄がいい具合に落ち着いてます。
あとショタスキーには堪らない鼻や頬のヨゴヨゴ線が~~~!!このヨゴヨゴ線が萌えなのですぞ!

表題作他短編集。
どの作品も良いんですがやはり表題作が群を抜いて凄く良い、ですね。
この話があったので神評価としました、島に住む中学生同士の話で、切なくてそして好きだから強姦してしまうのだけれど、けれど王道の様にそのまま想いが通じ合うなんて事は無くて。
彼の見る夢の表現力、そして最後に桜の花が咲く道を歩いて行く学生服の少年の後姿。
そう、もう同じ場所には戻れないのです、彼らは、もう。

7

現実は残酷だが、これもまた青春なんだ

『魔法がとける迄』でとても心にくるものがあったので、早速に読んでみました。
この本はショタ(といっても中学生)は表題の1作品のみ。
あとは社会人だったり、大学生だったりします。
底抜けに明るいという作品はありませんが、それでもやはり”誠実”という言葉がぴったりな、どれも心に残ります。

好きなんだけど、言えなくて、相手も好きだとは言ってくれるけど、それは身体を含んだものなのか?悩んでしまうけど取り越し苦労だった、、な大学生。

無口で無愛想だけど、優しい面を見た時からもっとその人の事が知りたい、社会人の話。

書家の先生はいつも月明かりの下で弟子を待っていたのでした、の師弟関係。

大事なものを失くしたくないと思う気持ちからくる臆病さは、彼氏の優しさと約束で、臆病がなくなる、そんな恋人の話。

彼氏のDVを受け止める、一見破壊的な関係でも、それはお互いが必要とする関係なのだという、考えさせられる話。

会った最初から好きだったんだよ、という大学生の話

ラブラブ&あまあまのカップルの話、ごちそうさまです!

表題の「最後の三月」は子供ゆえの残酷さが続き潜む。
失くしてしまうかもしれない、そして彼も自分と同様に男子が好きだとわかった時、しかしそれは自分ではなく別の友達だったという時にとってしまった行動。
悔やんでも悔やみきれない、でもいつか青春の苦い1ページの思い出になるのだろう。
こういう衝動が切ないのだけど、何故か共感をよんでしまうのです。

つくづくいい作家さんだな~と改めて思いました。

10

かわいい絵だけに、ちょっとショック

表紙の絵柄も可愛いし、カバーにかいてある紹介文も切ない系なのかなって思ってた。

確かに、ストーリー自体は、痛せつな系といえる

この手のお話は結構好き
キャラも絵柄も好きなタイプ。

なのに、

なのに、

可愛い絵柄なのに、かなりハードなショタでガッツリクッキリでした。
よもやこの表紙で、中で、ほぼボカシ無しの、襞的な物や筋的な物や汁的な物のアップコマの連続技かまされると思ってませんでした。

最近は、ネット上でいくらでもそういう写真は拾えるし、DVDとかもAmazonでどんどん買えるしで
実物以上にリアルなお手本は、いくらでも簡単に手に入るからか、クッキリガッツリの度合いが予想外にハードでビックリすることが多いな。

5

さりげなく、距離感

前作から、又作風が静謐な方向に
進化している印象があります。
Hな部分にしても性行為の為の性行為
ではなく、会話の延長としての繋がりと
言う感じです。無論一方通行の会話も
その中にはある訳で、その点も静かに
描かれていますが。

耽美ほど閉鎖的ではなく、そして時に
息遣いが聞こえる程に猥雑。
実に深い味わいでした。

7

どこか懐かしさを感じる作品です

短編が集まった1冊です。
前作の「センチ~」よりショタ感が少なめです。
世界感がある作品なので、せつないストーリーが好きな方などにオススメします。
派手な人物や話はないんですが、読み終えた時、つくも号さんの世界に浸かってしまうはずです☆

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ