君の瞳を奪いたい

kimi no hitomi wo ubaitai

君の瞳を奪いたい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784344814981

あらすじ

日系メジャーリーガー、グレッグ・ケン・斎藤は、入団してきたドミニカからの選手が気にかかり…!?
出版社より

表題作君の瞳を奪いたい

MLB新人選手・ミゲル20歳
MLB中堅選手グレッグ29歳

その他の収録作品

  • 君に捧げる永遠

評価・レビューする

レビュー投稿数2

大型犬×調教師

今回は「~求愛」にチラホラと登場してたグレッグが主役で
選手×選手、それも年下攻。
「~求愛」の時から思ってましたがグレッグは面倒見がいい人。
それをかわれてかチームに馴染めないミゲルの面倒を見る事に。

想像できるように、ミゲルはグレッグに惹かれます。
今までのシリーズでは年上の攻ばかりだったので
甘やかして甘やかしてだったのですが、
今回は年下で、とにかく突っ走る突っ走る(笑)
グレッグ好き好きで尻尾振りまくりの大型犬です。
なのでオーナーとの仲を勘違いして暴走。
他の男がグレッグに言い寄ってこようものなら…
いや、男の名前をグレッグから聞いただけでも…
しまいには危険球を投げたピッチャーにまで…
とにかくお子様感情ですわ。

その大型犬(ミゲル)もグレッグの命令には絶対。
我慢の子ミゲルがとても可愛いいです。

正直ミゲルじゃなくても最初のストーリーを読んでいると
球団オーナーがグレッグに言い寄ってるように思うよ。
わざとな書き方??(笑)
実際は義理の父になるんだけどね。

昔自分を捨てた?置いていった母親の再婚相手。
今になっ続きて会いたいと…
義父も妻の為に会ってくれ、会ってくれでしつこいし。
グレッグの言うようになんで今更な感じで
その辺はムカつきました。が、
実は5歳になる義弟もいたり。
その子供は本当に可愛いいvv
その子のおかげ?でギクシャクしながらも
これからの付き合いができるんじゃないかな??

0

押してもだめならもっと押せ

MLBを舞台にした「君シリーズ」の第三弾です。
三作とも、どれも気軽に楽しめるお話ばかりです。
メジャーの選手と甘い恋のドリーム…って感じですか(笑)

今回は同じチームの選手同士。
中堅の中心選手・グレッグと、シーズン後半に昇格してきた新人・ミゲルの、「押しても駄目ならとにかくもっと押せ」な年下攻めです。

三作の中ではこれが一番好きですね。
ミゲルみたいな、おっきくて一途に押しまくる年下ワンコは大好きなので。
お行儀のいいワンコも躾のできてない暴走ワンコもどっちも好き。ミゲルは後者(笑)。
ほだされちゃった感じのグレッグですが、一生懸命なミゲルは確かに可愛く見えると思うよ。

今のところ、攻は外国人、受が日本人もしくは日系なんですが、外国人の攻は愛情表現やセリフがストレートで甘くて、歯の浮くようなセリフはやはり日本人がやるとこっ恥ずかしい人に見えるのがそうはならないというのが良いところですネ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ