桃色天狗

桃色天狗
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
45
評価数
13件
平均
3.5 / 5
神率
7.7%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784403662140

あらすじ

悩める高校生・虎鉄の前に桃色の羽をもつ天狗が現れた! 天狗=モモは虎鉄をずっと見守っていたという。ふたりは奇妙な同居生活を始めるが……? 天狗のモモと虎鉄のフワフワ妖恋愛奇譚!
出版社より

表題作桃色天狗

桃色の羽の天狗 モモ
調伏士の血を引く16歳 虎鉄

その他の収録作品

  • 大和撫子木ノ内さん

評価・レビューする

レビュー投稿数10

最後まで出さなかった

1冊すべて表題作のお話です。表題作の長編に描き下ろし四コマが収録されています。

天狗や妖猫が登場するファンタジーですが、舞台が現代なのでファンタジー系が苦手な方もとっつきやすいと思います。

虎鉄(受け)が主人公です。
虎鉄の祖先・藤吉に助けられた礼をしたいと天狗・モモ(攻め)がやってきて…という話です。二人の恋愛もありますが、虎鉄と祖母との関係回復や、モモの神格に絡む騒動も入っていて面白かったです。

別の作品でバックグラウンドが出し切れなかったとあとがきで書かれていることがあったのですが、この作品も登場していない背景があるのではと思いました。自分では、藤吉をまったく出さなかったことに作者様の何かこだわりがあったのではと推測して楽しみました。

描き下ろしの四コマは「大和撫子木ノ内さん」3ページです。
虎鉄の祖母に仕える木ノ内目線で二人のその後が見られるだけでなく、ちらっと登場して気になっていた虎鉄の担任が実は木ノ内さんに…とか、フラれる形になった千々岩天狗がちょっと可哀想だなぁと思っていたら最後に登場していて、短いながら嬉しかったです。

0

ファンタジー感◎

ユキムラさんの、こういう時々不思議系なお話好きです。
今回は天狗と少年。

先祖の恩を返そうと虎鉄の前に現れた天狗の和山百地守兼時(モモ)
なにかと優しい&天然なモモに、調子を狂わされながらも
気になっていく虎鉄。

えらい年寄り(笑)なんだろう、モモがアホのこでかわいぃ!
見た目も若いけど(25くらい?) 虎鉄に対する振る舞いも
大人?ぽくないというか、、、。

妖なのにいい人全開。まあ、恩返しだしね。
後半に出てくるにゃんこが、修行を積んだモモには恋心は、
存在しないと言っているので、最初の頃のモモは単に
なついてるだけなのか???
それにしては、キュンとしたり、裸見てわきわきしてるのは なぜだ?(笑)

・600年修行してるその間、約束は忘れてたのか?
なんでわぜわざ、このタイミングで、男の虎鉄の前に
あらわれたのか?とかの説明的ななにかってなか、たような?
なので、そのへん気になりました。

・虎鉄の先祖の藤吉に結婚をことわられて、孫の、、、なら
いいと言われて虎鉄のところに来たってことは
やっぱり最初から結婚を前提に来てるのか続き、、、
恋心はないのに?恩返しだから、気持ちはまた別?
・600年前のモモって、子供?小さいけど、、、
その小さい時に藤吉を好きだったの?

とか、色々ビミョーに気になる、、、ところはあるものの
全体的にはほのぼのラブコメとして、楽しく読めました!

0

天狗と少年

現代ファンタジーモノ。
600年前のご先祖様の恩を返しにやってきた天狗・モモと、両親を亡くし祖母宅に引き取られた少年・虎鉄との可愛い話です。
祖母宅は名家なのですが、両親が駆け落ちした為に祖母はやってきた虎鉄に冷ややかに対応します。
その祖母は実は病気で入院していて、けれど虎鉄には仕事でいないといわれているのだけれど虎鉄は祖母の病気の事を知っていて心配している、凄く優しくていい子なんですよ、虎鉄って。
突然現れた天狗に恩返しといわれても、と驚く虎鉄なんですが、ずっと側にいる内に次第に彼の存在を受け入れてモモと呼び、そしてなんだかんだで一緒に暮らし始めます。
モモは最初、こいつはドジッ子天狗か!と思ってたんですが、虎鉄がピンチになると格好良く助けてくれちゃうんですよ!
一緒に居る時間が長くなると共にどんどんモモに魅かれていく虎鉄。
けれど天狗のモモは恋心というものが存在しないと聞かされ、更にモモは神族になるという。
モモに片想いをしている虎鉄は、最後にちゃんとモモに好きと告げます。
モモの羽根の色は桃色に染まり、桃色天狗となって虎鉄の側に居るのです、今も、きっと。

続き
オマケ4コマの木ノ内さん漫画が可愛いです、シチサンも可愛い。

0

可愛いです

主人公たちが可愛いです。
家庭的な境遇が少し恵まれない少年と、400年前の恩を返しに来た天狗。
愛情を受ける、または示す機会を与えられていない少年と、愛という感情を忘れてしまった天狗。
その二人が欠けているものを得る、または取り戻すお話です。
二人のピュアな感じが好感を持てました。
脇役たちもちょっと変わった人(妖)達が出てきて、お話にアクセントを加えてます。
このお話、これからどうなっていくのかなぁ、と気になる所はありますが、その辺は妄想を大いに働かせるしかないんでしょうね~。

0

桃色

敵なんだが、最後のほうに出てきたあの人www
あっちのほうがヴィジュアル的にはタイプでした。
すんません。
~お話~
両親を亡くし、祖母のところに引き取られたものの
なかなかうまくいっていない。それこそ悩める少年のところに突然現れた薄桃色の羽を持った天狗。通称モモが現れた!!
なんだかんだありまして、その気持ちは恋に変わっていくのだが!?
というところですねぇ。
どろどろとしたBLを読んだ後に読むとすごくサワヤカ!!
“フワフワ妖恋愛奇譚”の見出しがすごく似合う作品でした。
読後がなんか幸せな気持ちになってしまう。
寝る前に読むといいかもw
エロははなし。
なしなんだが「愛しいとはこういうことか」
この台詞にズキュンとやられた。
エロ異常の衝撃をワタクシは頂いた気分なのであります。

本来天狗とは
修行をつんで恋だの愛だの世俗の欲を全て修行で持たないようになっている。
気持ちさえわかないようになっている。
それが全ておえたら天人に~なせっていも面白かったですね。
本来は、修行も終え、力も十分あるはずのモモ続きの羽がいまだ桃色の理由。
その桃色が日増しに濃くなっている故。
本来失ってしまっているはずの「愛しい」の気持ち。
可愛かった(*'3`b)
受のヴィジュアルがちょっと可愛い・・とはかけ離れているわけだが
なんだかんだで一人墓穴を掘ってるシーンがいろいろと好きでした。
ちょっと不憫な子がすきなんだよなワシ(笑
モモをどうやって天に上がらないようにワルイコトさせようかとたくらむシーンがなんだかんだいってツボ。
情交・・・ジュルリww
猫のシチサン、これは問題なく可愛かった!ンマ

0

王道

個人的に恩返しジャンルが大好きなので、願ったり叶ったりな展開にお腹いっぱいです(笑)

全体的にほんわか、ちょっとほろりとくる場面あり、ギャグあり。残念ながらエロはまったくといっていいほどないんですが、読んでみるとこの作品にはそれがあってるのかなーという感じで納得でした。

後半ページの都合か若干詰め込んだ感を感じもしましたが、全体通してストーリーがしっかりしているし、どのキャラクターも魅力的で、物語に引き込まれます。

そして眼鏡愛を感じる作品。笑

0

桃色天狗レビュー。

御恩返しに参りました、なジャンルです。

「主人公の先祖への恩返し」の為に天狗が現れましたという御恩返しモノの王道を走ったベタな設定です。
人外×人間モノです。
大まかな設定はこの世異見聞(@鈴木ツタ作品)やシバといっしょ~(@霧島作品)と似た感じです。でも天狗のヘタレっぷりと主人公の恋愛オンチっぷりにドキドキさせられました。
ユキムラさんの描く不器用なキャラは素敵過ぎるんだって!

ファンタジーでとことんほのぼの路線の話です。濡れ場は全く無い、だけど心理描写がしっかりしているのでキュンキュンさせられます。BL初心者向けの作品かなと思います。Dear+さんらしいゆっるい雰囲気がお好きな人は是非!

天狗さんが主人公の匂いにはぁはぁして変態くさかったり、ダンボールに埋もれてボロボロ泣いたり、突き飛ばされてお姉座りしたり(※天狗さんは攻です)
へタレ攻のツボを押しまくっていてどうしようかと思いました。へタレ攻好きには堪らなかったです。

0

ツンデレにも程がある

心がほわっとする感じとでも言うのか。
とても温かいお話だと思った。
その昔、妖物(あやかしもの)たちから恐れられていた最強の調伏士、五式藤吉という男がいた。
藤吉はある時、幼い天狗の命を救ったのだが、その天狗が600年経った現在、藤吉の子孫である虎鉄につきまといを・・・もとい、彼に出来なかった恩返しをしにきたのだと現れたのが事の始まり。

天狗は『和山百地守科兼時(にぎやまももちのかみ・かねとき)』という正式名があるのだが、長いので「モモ」と呼ばれることに。
とにかくこの天狗が純粋バカといった無邪気な性質で、行動に全く邪心がないので読んでいても気持ちがいい。
一方、藤吉の子孫である虎鉄は、さすが最強の調伏士の血を引くだけあり、心が強く潔癖でいつも自分を律しているような子供だ。
正直こんないい子ちゃん同士のお話なんて、あまり萌えどころがないんじゃないのか・・・初めはそう思っていたのだが、読み進めるうちにすっかりその印象は変わった。

虎鉄の抑圧された子供らしくない部分は、彼が歯をくいしばって必死に生きている象徴でもあり、それは時に痛々しくもある。
誰かに認められたい続き、誰かに優しく触れられたい、誰かを心から愛したい。
そんな虎鉄の堅い壁をモモが解きほぐし崩してゆくくだりは、とても温かかく胸に染みた。
虎鉄の涙が出そうなほどの安堵や嬉しさを、読んだ方もきっと追体験し、同じ想いをモモに抱いてしまうはずだと思う。
しかし遠慮のないモモと、頭の固い虎鉄との交流は、なかなかにバイオレンスだ(笑)
嬉しくても照れてつい手が出てしまう虎鉄。
これがまた結構本気で殴っていたりするのだが、どうやらドM気質のモモはそれすらも愛情を感じているようで・・・やはりこれは運命の出会いなのか。

天人になるために「欲」を消されていたモモが、虎鉄に想いを告げられた瞬間、愛おしいという気持ちを思い出し、その羽も色を変えてゆく。
今回は残念ながらキスどまりのかわいい関係なのだが、これはぜひ続編をお願いしたい!
思えばこんなツンデレを読んだのは、依田沙江美の 「愛の深さは膝くらい」以来かもしれない。
ああいう可愛さだ。

脇役としてブサイク妖猫のシチサン(虎鉄命名)や、執事の木ノ内、そして祖母の竜江が登場するが、皆が虎鉄を愛している。
孤独に苛まれていた虎鉄が、モモと出会いその関係が深まるにつれて、それらの愛情を感じられるようになる様子にはとてもじん・・・とくる。
派手さや衝撃はないが、読み返してみたいと感じてしまう作品というのは、きっとこういう優しいお話なんだろうなと思った。

2

せつなくもありコミカルでもあり

調伏士の血を引く虎鉄の元に現れた天狗のお話。(キスまでしかいかなかったので、どっちが受か攻か決められませんが、どう考えてもモモが受けることは無いような…)
んー、結局何がしたかったんだ?ってなもんですが、八方丸く収まってめでたしめでたし、でいいんでしょうか。シチサン(妖猫)がいなかったら中立評価になるところでした。
なにはともあれ両親を亡くした虎鉄君が、暖かい人たちに囲まれて生きていけそうだということで、良かった良かった。
天狗のモモが今後どうなるのか、木ノ内さん(虎鉄の祖母の秘書)とシチサンにおいしい展開はあるのか、虎鉄はモモのことがホントに恋愛感情で好きなのか?などなど今後が気になる終わり方でした。

因みに、シチサンは出てくるたびに私を笑わせてくれた、猫のクセににくい奴です。(私、基本的に犬派です。)彼がいたからこそ、虎鉄がモモに心を開いたわけですが、彼が出てくることによって、コメディー色が増している気がします。

1

可愛らしいですw

両親を亡くし 祖母の家で暮らしていた虎鉄の前に、天狗のモモが現れた―!
そして奇妙な同居生活を始める…

とにかくモモが可愛らしいw
普段はふざけている様な人(?)ですが、時には虎鉄を助けてくれます。
そんなモモに 段々恋心を抱いていく虎鉄が…良いです!!(ぇ

シチサン(猫)も居て、普通に楽しめるお話だと思います。
俺は結構 ツボでしたねw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ