INTENSITY

INTENSITY
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
22
評価数
5件
平均
4.4 / 5
神率
60%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥408(税抜)  ¥441(税込)
ISBN
9784062551748

あらすじ

誰にでも“忘れられない夏”はあるという。だとしたら、僕のは十六歳のあの夏だ。まばゆい川面、潮の匂いのよせる河口。海鳴りとさざめきの中で、カメラをかまえる彼の横顔が、いまも鮮やかに心によみがえる。ティアーズ・フォー・フィアーズのメロディとともに…。十六歳の司は、年上のカメラマン・律と出会う。彼に魅かれていく自分を、抑えきれなくなった司は…。第一回ホワイトハート大賞受賞。
(出版社より)

自分がゲイだと自覚している十六歳の司は、
海辺のバーでカメラマンのリツと出会い、魅かれ、
自分の在り方を変えてゆく。

恋を知り少年は成長し、そして…。

表題作INTENSITY

奈良岡律(リツ) :カメラマン
大沢司 :高校生。ゲイの自覚有。

その他の収録作品

  • イルカの昼寝
  • サウス・ウインド
  • レイン・シーズン
  • パスポート
  • スコール
  • メッセージ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

たけうちりうとさんデビュー作

帯『僕が、愛する男性に出会った夏…。』
「文章の巧さと、シャープなセンスが光る(秋元康先生)」
「ゲイの息子を持った母親のセリフがよかった(内舘牧子先生)」

これは自分の持ってるBL本帯の中でもかなり異色、秋元康さんと内舘牧子さんですよ~。
ちょっとびっくりな名前ですが、この作品は「第一回ホワイトハート大賞受賞作」で上記2名が審査員だったのでその関係です。
ちなみにあとがきの後にこの2人の書評が載ってますが内舘さんが実に的確な意見を書かれてて流石だなって気はします。
そしてたけうちさんはこれがデビュー作で当時既に既婚でお子さんがいらっしゃって37歳、デビューとしてはちと遅めですがその分文章はしっかりしてます。

前置きはこれ位にして内容はというと、ゲイの高校生司[受]が偶然入った店でカメラマンのリツ[攻]と出会う話。
デビュー当時から文章はしっかりしてるんですが、内容はというと小綺麗に小さくまとめちゃったなという印象。
確かに大賞を取るだけの内容ではあるんですが、やや綺麗過ぎるきらいが。
息子がゲイだと気付いている母親、何も知らない父、自分の性癖に折り合いをつ続きけながら傷付かない様に割に器用に生きている様に見える司。
海辺の店で出会ったりと当時のスタイリッシュっぽくて今読むとちょっと古くささは感じるものの、携帯の無い息子が電話をいちいち親に取り次いでもらうあたりは反対にこの頃でなければ書けなかった話だろうなあ。
こっから盛大なネタバレになっちゃうんですが、別にリツを殺す必要は無かったと思う。
そこが小綺麗にまとめたなって感想と繋がるんですが、そんな綺麗に終らなくてももっと混沌としていても良かった気はします。
続編のブレイスレスの方がたけうちさんらしくて自分は好き。
表紙はサングラスを掛けた男性の写真なんですが、ペーター佐藤的というかこれもいかにも90年代な香り。

1

早すぎた、のか。

第一回ホワイトハート大賞受賞作と言う冠の割には
顧みられる、又正当に評価される機会が少ない作品
ではなかったのか、と今更にして思います。

一身上の都合により戦場に出る事を一度断念した
報道カメラマンと自分の中の性志向を自覚してしまった
少年の恋。それは二人の心のひたむきさ故に軽口混じり
ながらも確実に前に進んでゆきます。

ですが。
想いをぶつけ合って赴いた戦場で訪れる非情な別れ。
そして…。

感情と感傷が静かに行間から押し寄せてきます。
波の音の様に、絶え間なく。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ