さあ、機会をやろう私を満足させたらな

キャリアは陰謀を弄ぶ

キャリアは陰謀を弄ぶ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
16
評価数
5件
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784877249526

あらすじ

「口に銜えて本気を示せ」ハぁ――!!!?(怒)警視庁公安部の一室。怒りを湛える俺を、男は傲慢な笑みを崩さず、牡に導いた――。俺・楠木司は、東大卒の警察官僚(キャリア)。重大なミスで左遷させられるところを、公安部の超エリート・伊織宗一郎に救われた。日本初の諜報機関発足を企むと噂される伊織と、俺は学生時代、付き合ったことがある。彼の性癖を知る俺の口封じのつもりか、伊織は自分の部署に異動させてくれたのだ。けれど、俺には伊織の動向を、愛罠(ラブトラップ)で探る密命があった――!!
出版社より

表題作キャリアは陰謀を弄ぶ

伊織宗一郎,警視庁公安部エリート,35
楠木司,左遷されそうなとこを伊織に拾われた,30

評価・レビューする

レビュー投稿数3

コミカルながらシリアス

気軽な気持ちで手に取りましたが、なかなかよかった。
公安でお仕事する受け。仕事でミスをして、やり手の別チームにスパイとして送り込まれることに。そのヘッドはかつて口説かれ、振ってしまった伊織。挨拶に行くも知らないふりをされ、しかも部下との関係を見せつけられる。絶対にキャリアアップするぞ!と決意する受け。しかし、元の課と伊織チームの間の陰謀に巻き込まれてしまう。キャリアは、そして伊織との関係はどうなる?
というあらすじ。

メインCPの受けの一人称で語られます。時折攻め側の一人称に入れ替わり、お互いの考えていることが読者にはわかるしかけ。でもお互いは、特に攻めの気持ちが受けには見えてこなくて、なかなかのからまわりっぷり。それがコミカルに描かれておかしかった。

しかしながら、2人は公安に属する警察官。お堅い職種で、陰謀・事件もしっかりと展開します。この辺り、火サスっぽいドラマ性があります。

ドラマに気を入れて読んでいると、2人の会話とか受けの独白がコミカルすぎて、あ、これギャグテイストだったんだ、と気を取り直す感じ。
全体には、あまり眉間にしわを寄せずはっちゃけたギャグ続きBLとして読めば良さそう。

攻めは徹底的にオレ様で、関係のない部下を当て馬に使ったり、受けを気にとめてない風を装いながらおしおきと称してエロく迫ったりと、どこまでが本気で冗談なのかよく分からない。
普通は最後に両思いのあまあま展開となるのですが、最後まで「好きです」「オレもです」みたいなシーンがないところがリアルっぽくてよかった。
いや、しっかりばっちりあまあまにはなるんですけどね。

レンさんのイラストが物語のテイストにぴったり合っててよかった。

当て馬にされた伊織の部下や、かつて伊織の部屋でまっ裸をさらしていた怪しい男、高塚など、シリーズにできそうな伏線がたくさんあります。
と思ったら、どうやら高塚の出てくる「蜜約の手錠に鎖がれて」が先にあったようですね。機会があったらそちらも読んでみたい。

0

何故そこまで出世したいのか??

警視庁公安部エリート・伊織宗一郎×左遷されそうなとこを伊織に拾われた 楠木司の警察官モノです。

伊織の目線と楠木の目線が交互にあって、面白かったんですけど、すみません・・・私はあんまり内容は好きではありませんでした・・・( ゚ω゚;)
でも「趣味じゃない」ことはなかったので「中立」で・・・(´・ェ・`)

ぶっちゃけ言っちゃえば、元々、大学の頃に好きだった人(わけあって、楠木が伊織を振った)とはいえ、そこまでして出世したいか??って思うし、楠木が、警察官のわりには浅はかだったとも思います・・・
この人こんなんでよく警察になれたねww
それに、途中から、両想いなニュアンスはありましたが、「愛人検定」とか言ってるし・・・そして気がつけば、両想いになったし・・・

そしてなによりも、申し訳ないですが、ツンデレ攻めは、あんまり好きじゃないんですよね・・・。

0

表紙に惹かれて購入したけれど

とても面白くて一気に読んだ。

受け視点・攻め視点で交代交代語られる一人称ですXp[N2

特にこの物語の場合は受けと攻めにそれぞれ異なる思惑があるという設定なため、グッドewTC

でも最初私は、そのミステリーの部分にはほとんど期待してなくて、エリート眼鏡の攻め様が堪能できさえすればと思ってました。

だけど読み進めるほどに上手いこと絡まり合ってることに気づき夢中に!

そして期待していたエロスの方も大満足n[g

エリートの上司(攻め)に対し、受けは役職名で呼ぶのに攻めは受けを下の名前で呼ぶとか、それだけでもうたまらなく好きなシチュ

攻めのキャラ最高I

しかもちゃんと伏線があるので一つ一つのプレイやセリフがとても生きるXp[N2Xp[N2

オススメです!

あ、でもこれ「密約の手錠に鎖がれて」の続編らしいですねd私は知らずに読みましたが。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ