ぱられる彩おとこ 1

ぱられる彩おとこ 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

137

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
トバエ<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
28ページ
版型
B5

あらすじ

※18禁

表題作ぱられる彩おとこ 1

陸軍少尉 五道志信
遊郭の用心棒 岩吾

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ローレンス神父が…職務忘れてますよね?(笑)

この表紙、『彩おとこ 1』の表紙の蘇芳のポーズの岩吾ヴァージョンなんですね。読んでから気づきました。
タイトルが示す通り、本編のパラレルのお話になっています。
本編3巻のラストに収録されていた「番外編」の2人が初めて出会った時とその後再開した時に岩吾が一計を図った時のお話です。
最初に作者さんの注意書きで「本編でのカップリングが違います。本編でのカップリング推奨の方はあまり読まない方が良いかもしれません。」とあるのですが、私はもちろん本編のカップリングが好きなのですが、このお話でもいい!と思ってしまいました(笑)。
特に岩吾はああいうキャラなので、こういうことは大いにあり得ると思わせてしまうのと、この作品の全体的には明るい雰囲気のせいでしょうかね。
特にローレンス神父が面白いです。五道が事後に懺悔に来たという設定なのですが、人の恋愛話を聞きだすゴシップ好きのただの一般人になっている気が…(笑)。
ラストの岩吾がご満悦そうに写真を眺めているのも可愛いです。

1

なかなかに、コレもありなのです♪

『彩おとこアンソロジー』で山田ユギさんがリクエストした通りに”岩さん襲い受け”の巻ww
身体のデカイ男同志、しかも五道毛むくじゃらですから~!!あまり見た目は・・・(汗)
牛鍋屋の話のその後ではありますが、あくまでもパラレルなんで、本編とは関係ない?でもやはりこれは期待したくなるvな2人でしたから、その期待は満足させていただきましたww

フローレンス神父に五道が懺悔に行くのですよ。
フローレンス神父は、途中で「気持ちよかったの?」とか「最後までイったの?」とか身を乗り出して聞いてましたからちょっと懺悔にはならなさそう?
岩吾は、これを写真に撮って売ろうなんて、黒い事考えてたんですが、写真屋さんも逃げ出しちゃったですからねw
途中で五道は、岩吾がかわいいかも?なんて思っちゃうしw

実にニヤニヤするぱられるでした♪
ごちそーさま!なのです、、

1

写真屋さんは、毛深いのがお嫌い

タイトルに「パラレル」と付くように、彩おとこ本編では未遂に終わっていた、岩吾襲い受け完遂編。
上に乗ってる岩吾がかわいくって、いろっぽい。
っていうか、BLマンガではたいていの場合、受けの表情がクローズアップされるので、本編にはあまり登場しない、岩後のかわいいお顔がいっぱい見られて楽しかった。
設定が、岩吾が上京してまもなくなので、本編終了時より若いっていうか、まだ子供っぽさがある感じなのも、かわいさの要因かな。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ