不馴れで不器用なところがたまらない、理屈が通用しない十代の恋。

スイッチON!

スイッチON!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
37
評価数
15件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784904101490

あらすじ

カッコイイけどドヘタレな夏目くんに後輩から突然の告白!!
「好き」という言葉に大反応して告白されたのが
男子生徒ということも気にせず浮かれまくる夏目くん…と途惑う周囲。
純情な恋と、押さえられない思春期のカラダのアンバランス。

カシオ、待望の初コミックス★
描き下ろしを含む7編を収録!

出版社より

表題作スイッチON!

一見クールだけどムッツリな井上
天然×ヘタレ×アホの子・夏目

その他の収録作品

  • スイッチ ON and ON!
  • 恋愛初期症状
  • 恋愛初期症状2
  • 氷の旋律
  • 雪崩くんはそれを我慢できない
  • 夏目くんは心配症
  • 井上くんの煩悩
  • スイッチON!?

評価・レビューする

レビュー投稿数10

良い意味での新人らしさ

帯『不器用で不慣れなところがたまらない。理屈が通用しない十代の恋。』

4編収録された短編集、内2本は連作になってます。
帯コピーの「不器用で不慣れなところがたまらない」とありますが、この言葉はそのままこの作品の魅力をズバリ言い当ててる様に思うのです。
初コミックスという事ですが良い意味での新人らしさが出ています、それがつまりその上の言葉に繋がって来る訳ですが。
良い台詞や表情や、シチュや場面や漫画をこの作者さんは沢山持っていてそれをまだ不器用で多少不慣れなりに表現しています。
未だ不器用で多少不慣れに感じる、この作品に限って言えばそこがいい感じに働いて魅力となっています。

「氷の旋律」のみ異色というかややブラックな話ですが、こういう持ち札も持っているという部分を見せてもらった気がします。

繰り返しますが良い意味での新人らしい魅力の溢れた一冊でした。

3

絵柄で苦手意識を持たないで頂きたい

カシオさんは、二次創作の方を先に知り、ずっとずっと読みたいなあと思いながら、ようやく購入し拝読致しました。
ぶっちゃけオリジナルの方が好きです。
それは、まあ置いておいて。
タイトルにあるように、絵柄で苦手意識を持たないで頂きたい作家さんの1人です。
多分ボーイズラブ初心者さんには不向きな気がします。
初心者さんは、割と例えば少女漫画的な絵柄であったりとか読みやすい作家さんの方が入りやすいと思いますので。
とは言え、カシオさんの絵柄が特別読みにくい絵柄というわけではありません。
荒いと言ったら少しそうかもしれませんがさっぱりした絵柄でありながら作品全体的に漂う独特なエロティックさは言葉ではなかなか表せないものです。
ダークな作品も甘酸っぱい学生ものも短いお話ですが「じっくり読ませてくれる」印象でした。

収録作に関してはすでにたくさんの方が書かれているので割愛させていただきますが、私は表題作が好きだーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
読み始めたときとは、良い意味で裏切られました。
(だって私的にメガネくんは間男的なポジションだと思ってたんだもの!)
流石続きです!

1

雰囲気は、あると思います。

でも、如何せん、話が半端に短いなぁ、、
短編なら短編でいいんだけど、2回続いての終わりがこれって、、、(恋愛初期症状)
ここで終わるの、後味悪い、、(氷の旋律)
もうちょっと、じっくり長く描いたら、ちゃんと収まりそうなのに、指定のページ数には、まだ、うまくお話を納めきれないって感じなのかなぁ。
男の子の、細いうなじとか、時々、はっとする色気があるし、
ストーリーも、雰囲気だけで流しているわけでもないし、
もうちょっと、落ち着いて、長い物を描いてみたのを読んでみたい。

1

不器用ですから・・・

何と言いますか、味のある絵柄です。
狙ったウマ下手風味なのか、使っているペンが独特なのか、もしかして下描き無しの一発勝負なのか…
オビにある「不器用で不馴れなところがたまらない。」というのは、絵柄もひっくるめた内容のことなのかしら~と、思わず深読みしたくなりました。でも、雰囲気があるのは間違いない。

さて、このコミックスには、高校生同士(表題作)、母親の友達×息子、大学生同士のお話が2つの、合計4作品が収録されています。全体的に、どれもさらっと流れていかない感じのギクシャク感を楽しむお話だと思います。作者のペン先と同じように、所々止まったり掠れたり震えたりする、その微妙な感情の機微を楽しむうちに、胸がきゅーんとしたり、恥ずかしさにドキドキしたり、こちらまで不器用に反応してしまうのです・・・

個人的に好きなのは、やはり表題作。私の好きな声優さんが「恋は早い者勝ち」と仰っていましたが、正に、気持ちは伝えたもの勝ち…なのかもしれません。
主人公の夏目君は良く言えば素直、悪く言えば単細胞。初対面の下級生(男)にラブレターを渡されたら、その子を好きだと思ってしまう。それが勘違い続きだと分かって落ち込んでいる時に、傍らにいた親友にキスされたら、今度はその友達が気になり始めてしまう…
こう書くと、夏目君がすごくいい加減に見えますが、ここであの不器用な絵柄が生きて来るのです!微妙な感情の揺れみたいなものが感じられちゃうんですねぇ。最初は普通の友達だった彼らが、友達の雰囲気を残しつつBLの雰囲気も醸し出して行くこのシリーズ、不思議と惹き付けられちゃいます。最後の描き下ろしもHはあるけど甘すぎず、学生っぽい感じが良かったです。

次に、一つ異色の「母親の友人×息子」について。実は、これが一番気になった作品なのです。他の作品と比べてかなりシリアス風味。
設定としては、成功した音楽家(攻)が、同窓のバイオリニストの息子(受)に一目惚れし、彼の母親の苦境を助ける代わりに…どうすればいいか分かるね?(笑)という、まぁBL様式の一パターンなのですが、この話には一切甘さが見えません。攻はかなり強引だし、受はガールフレンドもいて、不気味な攻を嫌って着信拒否までしているのです。ラブ要素なんて垣間も見えません。なのに、攻は最も卑怯な方法で、受に承諾せざるを得ない取引を持ちかけて、受自身に自分を選ばせちゃうのです!!!ああ、大好きだ。こういう設定vvv
しかーし。このお話はここで終わっているのです。だから、この後ずっと憎み合って行くのか、愛が生まれて甘く終わるのか、読者には見えない~~。これは是非続きが読みたいよぅ~

そんな訳で、色々と気になる点はありますが、物語に魅力を感じるのでこの先が楽しみな作家さんだと思います。

1

長編だったらいいのに!と思う続きが読みたい作品群

カシオさんといえば、
某同人誌がモンスター級に人気高い作家さんというイメージです。
常になんかガツンとくるというか、ハッとする感じの表紙でセンスいいなぁと思ってましたが
商業誌になっても相変わらず印象的な絵を表紙に持って来られる!

話は2部構成の短編が2作品、一話完結短編2作品、各作品の後日談を描き下ろしで収録。

こんなところを突っ込むのも恐縮ですが、
さやちゃんの出番と扱いがもっと格上にしてほしかった~~妹~~!
男性だらけの空間に出てくる女子ってリアル要素的な認識なので
勿論脇役のノンケの男友達とかも含めて、主役を囲む人たちって重要ですよね!
妹が井上君に気があるっぽい発言をして嫉妬する場面とかそういう所が良いです!
二人か片方にもっと葛藤があると私の場合更にグっとくるんですがそれはどうでもいいですね(笑)
あ、でもちなみにそういった意味では「恋愛初期症状」は良かったです。
頑張って否定して否定して無理だったどうにかしてくれコノヤロー!っていう感じが(笑)

ストーリーは短編はどうしても展開を急がざるを得ないのでそのあたりはぜひロングスパンの展開続きを妄想力で補うとして、カシオさんの魅力は絵柄の持っている独自の雰囲気というかオーラですね。

顔のアップと伏せ目が美しいです。薄い感じの体躯がまた色っぽい!

特に本当にカラーが魅力的なので今後短編でもかまわないのでフルカラーマンガというのも見てみたいかも?!


私同人誌は実は読んだこと無いのですが、初出順に見ていくと、『雪崩くんはそれを我慢できない』は独白が多いのですが、『氷の旋律』は一気に台詞量が多くなり『恋愛初期症状』は台詞量が少し減り『スイッチON!』では台詞主体で展開している感じでしたので、東京漫画社ではテイストがライトめなのが傾向としてあるのでギャグを交えたりする意味でも独白は抑えてあるのかなと思いました。だから東京漫画社のコミックス好きなんですけどね。ライトなんだけどいいんですよ+
台詞でまわす方がテンポがはやくなるので、そういったバランスをとっているように感じました。


今後是非カシオさんの長編連載とかあれば是非読みたいですね*+*

1

青春です。

表題作はまさに十代の恋。初々しさ満載です。
ラブレター貰ってすぐ好きになっちゃったり、夏目くんどんだけアホの子・・・;
でもそこが可愛いんですよね。
「なぜ俺はこんなバカを・・・」と思いながらもメロメロな井上くん萌え。
書き下ろしも充実で、満足です。

赤くなった表情とか、余裕の無さの表現がすごく上手だと思います。
絵がすごく上手というわけではないのに、ここまできゅんきゅんさせてくれるのはすごい。
何度も読み返したくなっちゃいます。
受けの子の泣き顔とか、ほんと色っぽくって可愛いのです。
この独特さが味というか・・・ずっとこの雰囲気でいてほしいです。

1

雰囲気が!

絵について触れている方々が多く、確かに発展途上!
しかし全て今後の発展への期待の高さを込めていると感じられました・・・
それほど表情とか雰囲気はいいです!
ピュアなのにセクシーだしこざっぱりしてるのにねっとりとした空気その両面を併せ持っているので、その感情の揺れ幅にどのキャラも惹かれてしまいました。

ただほんと話の流れがうまく流れてないように感じたりする部分もありましたが、
それを埋めて余りある期待を抱かせる作品でした。

基本的に学生服の方メインで、天然とかほわわんとしたキャラが必ず居る一冊。
でもキャラはみんな違う色気があってよかったです。

0

発展途上作品だとおもう

学生もの中心の短編集。

「スイッチON!」:
下級生から手紙で告白されただけで、気になって好きになっちゃった夏目くん・・・
んー、中学生の恋。(って、高校生なんですが・・・)と思ったら、それだけでは終わりませんでした。
お話の主軸はそちらではなかったのでした。

で、「スイッチON&ON」に続くのです。
主人公は夏目くんのはずなんですが、重要なのは井上くんのほうですよね。
結局夏目くんが惚れっぽいくせに嫉妬深いので、井上くんはこの先も苦労するだろうなと思いました。

「恋愛初期症状」:
流されてはいけないと思いながらも流されて、ほだされて、挙句の果ては嫉妬までしてしまう・・・というお話。
静かに迫り、静かに押し倒し、ちょっと傷ついてみて、本命ゲットという暗めの攻めと流されタイプのヘタレ受け。
どう考えても攻めの手のひらの上で踊らされている感のある受けでありました。

絵、ストーリーとも全体的に発展途上な感じがありますが、ほとんどが学生ものなので、もうちょっとエロ控えめお話重視にしてもいいかなと思いました。
これらのシチュエーションならキス止まりでも十続き分萌えられると思います。

0

表情がたまらん

絵はそんなにうまくないですが(というか女の子がなかなか悲惨なことに…!笑)、
頬を染めた表情とか欲情してる表情とかがすごく魅力的でした。
表題作シリーズは友人モノで、1作目はアホの子・夏目が後輩(♂)からラブレターをもらうことによる騒動です。
夏目はラブレターの相手を好きになるけど、実は夏目のことを好きだったのはそいつの友人で、
そのうえラブレターを渡してきた後輩と夏目のことを好きな後輩がくっついてしまう…
という夏目にとっては迷惑極まりない話。
フラれた夏目に井上は告白し、キスしますが…
で、2作目。こっちでは二人は少し進展したようです。
一緒に勉強をしていたらいきなりキスしてきた井上に、「いったいなにがしたいんだ」と尋ねる夏目。
これに対して「舌とかいれるやつ…」と答える井上(笑)グッジョブ!!
はじめはクールで厭味とか言ってくるキャラだったのに、どんどん井上が壊れていきます。
「キスってどこでやめるんだろうか」と自問自答する井上とか…可愛いなお前。
井上が可愛いと言った夏目妹が井上のことを気に入ったようで、それを気にする夏目。
そこから二人の恋は急速に発続き展していくわけで。
真っ赤になりうろたえながら「好きだから、な」と告白する井上。萌えるというかなんかもー笑える。不憫(笑)
そこからはラブラブです。
書き下ろしも3本あるんですが、井上のメロメロっぷりとか、夏目がフェロモン垂れ流しとか、すごい萌えです。
更衣室や保健室でオイタする二人。夏目はともかく井上は真面目な優等生だと思っていただけに、
この壊れっぷりは本当にすごい。すごいというか、萌える!!

他収録作品もダークなものから可愛らしいお話まで萌えはたっぷり詰まってます。
絵柄もそのうち可愛く見えてくるので大丈夫(笑)!
なんといっても表情がね、うまいと思います。癖になりそうです。

2

顔に雰囲気がある

はっきり言って表紙の印象ほど中身はいろいろと上手ではありません。
ただ「微妙…」と思って読み始めたのに最後までちゃんと読ませてくれる力がありました。かなりミラクル(失礼きわまりない言い方でごめんなさい)。
デッサンはかなり大変なことになっている箇所が多いのですが思っていた以上に絵が表情豊かでセリフとマッチしているのだろうと思います。
不器用さがほほ笑ましいお話からシリアス、ダーク、つっこみどころまで満載に詰まっていました。

今後の成長具合によってはかなり面白いものを期待できそうな作家さんという辛口評価で「中立」です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ