クリムゾン・スペル

crimson spell

绯色诱惑

クリムゾン・スペル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
34
評価数
11件
平均
3.4 / 5
神率
27.3%
著者
作品演出・監督
菅原三穂
音楽
HIRO
脚本
沙藤いつき
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
75 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

突然魔族に襲われた国を、王家に伝わる魔剣で救った王子・バルド。しかしバルドは、魔剣の忌わしい呪いにかかり、意識のないときは魔獣に変身してしまう。その呪いを解いてもらうため、美貌の魔導士ハヴィと旅に出る。しかしバルドは、魔獣に変身するたびにハヴィに犯されるハメに。そのことをバルド自身は知らなくて…!?二人の旅の運命はいかに!?(帯より転記)

表題作 クリムゾン・スペル

ハルヴィル・フロプト → 三木眞一郎

バルドリーグ・アルスヴィーズ → 近藤隆

その他キャラ
ルルカ[宮田幸季]/ ハルレイン[野島裕史]/ ハルセレス[安元洋貴]/ アンリ[大原桃子]/ 幼い頃のハルレイン[植竹香菜]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

原作に忠実でキャストもいい!

声優さんのことはあんまりよくわからない時に購入。
クリムゾンスペルの原作大好きなので、自分が思っているのと違うかったらどうしようって思っていたけど、ほんと購入してよかったです。
今ではクリムゾンスペルのコミックだけ読んでいても、頭の中で声優さんの声を想像しながら読んでしまうぐらいに、みんな違和感のない配役でした。

ハヴィの三木眞一郎さん、低音ボイス素敵でした。聞き惚れます。ハヴィの淡々とした感じと少しとぼけた感じの言い方とか、ハヴィがますます好きになりました。

バルドの近藤隆さん、魔獣のバルドの声の使い分けが素晴らしい。色気ありました。

ルルカの宮田幸季さん、ルルカの可愛らしい声と人型になった時の透き通った青年の声が違いすぎておんなじ人がやっているように思えなかったです。すごい!

ハルレインの野島裕史さん、さすがです。ノットイコールの果役だったので、ハルレイン=果に考えてしまって、ニヤニヤしながら聞いてました。ハルレイン好きなので野島さんでよかった。

ハルセレスの安元洋貴さん、声が低くておっとり落ち着いた声で、年齢不詳でも美しいハルセレスにぴったりでし続きた。

ファンタジーなので、剣で魔物を斬ったり効果音とか多めでそれも楽しかったです。自分も一緒に旅しているような感じでした。音楽もこの世界観を見事に表現してよかったです。

購入してほんとうによかったです!

1

楽しかったです。

楽しめたという度合いでは5段階の内、4でもよかったんですけど、BLという点での萌度では3かと思い、萌にしました。
三木さんが大好きなんですけれど、この役はちょっとイメージ違った感が私の中にあります。
時々出てくるギャグが面白くない・・・すっと軽く流しすぎというか。まあ、私が大阪出身なんで、ためが物足りないと思ってしまうのかもしれませんが。
原作では面白いところなので、ちょっともったいないと思いました。
近藤さんは私の中ではバルドのイメージに合ってました。カッコよくて王子様っぽい。
あと、忘れてならないのが宮田さんですね~。も~超可愛かったです。
姿が変わられるときはお声も変えてらっしゃってて、どちらの姿でもGood!!
ハルセレス役の宮元さんも落ち着いてて、ちょっと渋めで。
三木さんとお二人で会話されているところは、眼福、いや、聴福(?)ものでした。
音響もよかったと思います。
「RPGを思わせる」、というご意見があるようですが、私はRPGを全くやらないので、どこがそれっぽいのか分からず(汗)、返ってそれが良かったのかもしれません。
私は原作の漫画を見ながら聴いた続きのですが、確かに漫画がないと何が起こっているのか?なシーンがいくつかあるかと思います。
特に絡みのシーンはそうかも(笑)。

0

萌えまでいかず

原作読み済み。
RPG要素があり、冒険ものが好きなBL好きには面白いかも。
ただ原作を読んでいないとよく分からない内容かもしれない。
ハヴィ×バルトの交わりシーンは、バルトが魔獣状態であり、喘ぎは獣そのものな為、萌えとは程遠かった。
ミキシンさんのハヴィは色気もあり、面白さもあり良かった。
ルルカも可愛らしかった。
萌えとまではいかないため、中立評価だが内容は面白かった。

0

いきなりRPGな世界観

原作未読組。
王子とか魔剣とか魔導士とか
いきなりRPGみたいな世界観で楽しめた。

魔物に襲われた国を守るために
魔剣を使ってしまった王子バルド(近藤)は
魔剣の代償として時々魔物になってしまうという呪いを受けてしまうわけです。
その呪いを解いてもらうために魔導士ハヴィ(三木)の元へ・・・

と、いうお話。


中盤からハヴィ(三木)の過去にクローズアップしていくのもよかった。
お師匠ハルセレス(安元)は、穏やかな口調がツボでした。
安元さんの使い方◎

ときどきはさむギャグノリ。
原作がないとちょっと寒いかもーw

エッチシーンも原作がないと
エッチしてるように聴こえませーんw

1枚モノとしては展開のバランスもよく楽しめた。
あまりBLCDと思って聴かないほうが吉。

0

面白かったー♪と思って、すっ飛んできたんですが、

CDを聴き終えて、「面白かったー♪」と思ってちるちるにすっ飛んできたのが数日前。
で、評価が低かったので、ビックリしました。
これはたぶん、原作を読んでるか読んでないかで、感想がかなり変わるCDなんだろうなァと思いました。
原作未読なむつこです。

ミスキャストも感じず、ときおり挟まるユーモアにクスクス笑わされ、獣姦?には新鮮な驚きとゾクゾクを感じ(ガオーガオーゆってるの、かなり好きでしたw)、宮田さんのあまりにもキュートな声にハートを撃ち抜かれ。
ただ、CDだけだと映像を頭に浮かべにくくて(ストーリーは把握できるんですが)、「とにかく漫画を読みたい! どんな絵づらなんだよ~!」という欲求不満がわきます。
原作、絶対に読むぞと決意させられました。

原作を読んでから改めて感想書こうかなァと思ったんですが、読んでからだと、きっと感想が変わるだろうと思うんですよね。
原作未読組のレビューもあったほうがいいかなァと思ったので読む前に書いておくことにしました。

0

近藤さんのファンですが

正直に言えば、本編より、CMのほうがまだましだ。
CMを聞いてちょっと期待してたが、本編を聞いたらがっかり。
もともとキャストにはちょっと微妙な感じがしましたが、どちら様も演技のすばらしい声優さんですので、ちょっとくらい期待してもいいかもと思って…。
はずれました。いや、やっぱり心に思うバルドとハヴィの声とは距離があると思う。あと、「このシーンはこのように表現するほうがよかったのに…」常にこう思い込んでしまった。想像が暴走してすみませんでした!
CDの中に一番好きなのは野島さんの演じるハルレインです♪もっともっとハルレインの出番がほしい!

1

寧ろ宮田さんファンへ。

ドラマCDとしては良くも悪くも無難な出来栄えに思えてしまった1枚。
予想はしていたけれど、絡みに期待はしない方がいい(笑)。
絡みは常にバルド@近藤さんが魔獣に変身している時なので、色艶のある喘ぎではなく、獣の雄叫びです。
その辺りまで含めて原作に忠実な出来なんだけども…、原作を知っている作品の音声化の醍醐味でもある、「原作以上に良かった!」と云う感動は個人的にはなかったかな。
こんなことを云ったらミもフタもないけれど、音声化は難しい作品だったように思います。
ただ、宮田さんファンの方には是非とも聴いて戴きたい!
このCD、何に萌えたって宮田さんのルルカ(笑)。
一体何処から声が出ているの? って云う、むぎゅう~~っと押し潰したみたいな兎(不思議生物?)Ver.の声の何とプリティなことか…!
自分のこと「われ」とか云っちゃってほんと可愛い(´Д`*)
バルド@近藤さんに顎を擽られて、「はっ、うっうっ……はふぅ~ん…っ」ってなるシーンは必聴♪

そんな近藤さんは、素直で真っ直ぐでド天然な、おっとり型の王子様・バルド。
魔剣の呪いのせいで意識のない時は魔獣に変身して続きしまうと云う…まあ何とも(何)。
男らしく、けれどまったりした感じの近藤さんのナチュラルヴォイスはバルドにとっても合っていました。
欲を云えばもう少し勘違い天然っぷりが際立っていれば嬉しかったかなあ。
近藤さんのバルドは、どちらかと云うとシャキシャキしている雰囲気を受けたので。
獣Ver.の「グルルル…」なお芝居は、だいぶ加工されているとは云え、ブラボー! だったと思います。

美貌の魔道士ハヴィ@三木さんが超個人的感性ではミスキャストだったかな。
ハヴィが真剣な無表情でごろごろギャグを云うのが好きなんですけれど、三木さんの声が美声過ぎてサラ~~~っと流れて行っちゃうんですよ。。。
それが勿体無くて!
と云うか、それもこれも勝手に別の声優さんで妄想し過ぎた自分が悪いのですが(…)。
なので、原作に声のイメージがなければ大丈夫だと思います。

今回は序章なので、世界観と登場人物の説明で終わったと云っても過言じゃなく、何となくサラリと聴き終えてしまったのが残念でした。
CD続編に期待。

3

ひろ

ぅはいっ、激しく呼びました!(笑)
あの不思議うさぎがみやたんですよ! めっちゃぴったり!><//
わたしの中ではこのCDの中で一番の神キャスティングです(´∀`*)むふ

確かに宮田さん、最近メインは減りましたよねえ。
でもわたしは何となくコンスタントに聴いている気はします(笑)。
CDのリリースは新年~3月くらいまではちょっぴり下火気味でしたが、今月・来月は爆発です。
夏コミ商戦なんでしょうかねえ…。
あと最近やたら2枚組が多くて購入するのすっごく慎重になります(´∀`;)
けれど、レーベルが乱立しているのでそこまでリリース数は減っていない…寧ろこう云うと語弊があるかもしれませんが、粗悪なものも増えている気がします。
可も無く不可も無くが凄く多い。。。
原作ジプシー感も漂っていますしね…。
音声化の是非を問う前に、ちょっと人気が出たらすぐにCD化って感じですもん。

はっ。愚痴ってしまった(´・ω・`)、

乱菊

ん、呼びました?(笑)
そーなんだー、もうね最近の作品って宮田さん出てないって思い込んでたよ。
あの生意気ウサギがみやたんだったのか!
それなら聴いてみるー。

でも新作はホントご無沙汰だよねえ、宮田さん。
というか、CDのリリース自体も落ちてるの~?
最近の業界事情はどうなっているんだろう・・・。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ