クリムゾン・スペル(6)

crimson spell

绯色诱惑

クリムゾン・スペル(6)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×214
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
113
評価数
27
平均
4.2 / 5
神率
33.3%
著者
やまねあやの 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
シリーズ
クリムゾン・スペル
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784199607646

あらすじ

肉体と意識が切り離され、バルドが二人!?ハヴィとも離れ離れのなか、精神消滅の危機――!!<br/><br/>魔剣の呪いをかけた宮廷魔導士は、リムリスだった!?驚きと困難の最中、捕らえられたバルドはアスタドールによって、肉体と精神が切り離されてしまう!!純粋な魔獣と化したバルドは暴走を始め、精神体は消滅の危機にさらされて…!?

表題作クリムゾン・スペル(6)

ハヴィ/天才魔道士
バルド/魔剣に呪われた王子

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

5年ぶり!

ようやく最新刊にたどり着いた。

第一巻から読み返したものの、全然覚えてなくてもう一回楽しめた。
なんと第5巻から5年もあいたとのこと。

もちろん、やまねさんのこだわりと好きがつまったファンタジー作品なのだと思いますが、後書きで書いておられるように、やはりお仕事の波はあるんだと思います。

それでもこの流麗な絵をまた単行本で楽しむことができるのは本当にありがたいです。
毎回単行本化に当たって直しの作業もされるそうで、おまけも含め、長年にわたって描き続けて下さることはありがたいですね。

この巻は、表紙のように、白バルドと黒バルドの対比。

アスタドールに捕らわれてしまったバルド。白いバルドは実体のない人格として分離されてしまいます。
そして魔獣の方を使って世界支配をたくらむアスタドール。しかし、黒バルドとはいっても、一途にハヴィをよりどころとし、アスタドールの思惑にはのらない。

アスタドールは、「呪いを解くという旅の目的は、すなわち魔獣のバルドを消すことだ、ハヴィはおまえを捨てる」と黒バルドに吹き込み、動揺させて言いなりにしようとする。

しかし、ハヴィはリムリスの助けで魔界に乗り込み、バルドを救出する。ハヴィに対峙した黒バルドは、いつも通りのハヴィに、Hでほだされそうになるところで、白バルドが割り込んでくる、という辺りで第7巻へ。

アスタドールにもどうやら上の存在がいるようで、ラスボスはこいつか?



0

物語重視

やっと待望のクリムゾン・スペル6巻!!
今回はバルドとハヴィのイチャイチャは少なく、
物語が段々とディープな感じに解き明かされていく。
といった感じでした。
今回も美しい絵はご健在で、、、!素晴らしい美しい可愛い!

1

リムリス頑張れ〜!とつい応援したくなる……!

今回は長かったですね……
私は単行本で一気に読みたい派なので、
正直、出ないのでは⁈と不安になる時も……
でも待ってましたよ、ちゃんと!
六巻出て良かった!

物語はどんどん核心に近づいて、
色々過去がつまびらかになってきますが、
なんだかもうリムリスが不憫で不憫で……
まるで「アマデウス」のサリエリを見ているよう……
ついついリムリス負けないで〜!と、
夏の甲子園の球児を応援するような心境に><

さらにハヴィとバルドも意外な三角関係に⁈
これからどうなる⁈というところで、以下次巻!
次は一年半後の予定との事!
はー……待ち遠しい‼︎

相変わらず美しい作画にうっとりv
この美しさ無くして「クリムゾンスペル」はならず!
評価は「萌×2」で!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ