言ノ葉ノ花

kotonoha no hana

言ノ葉ノ花
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神115
  • 萌×29
  • 萌13
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

50

レビュー数
29
得点
653
評価数
142件
平均
4.6 / 5
神率
81%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
脚本
クレイ・シーゴット
原画・イラスト
三池ろむこ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Atis collection
収録時間
155 分
枚数
2 枚
ふろく
版元初回予約特典:フリートークCD「落花流水」
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

三年前から突然人の心の声が聞こえ始め、以来人間不信気味の余村。ある日彼は、自分に好意を持っているらしい同僚の長谷部の心の声を聞いてしまう。罪悪感を覚えつつも、言葉で、“声”で、一途に注がれる愛情が心地よく、余村も長谷部を好ましく思うようになる。そしてついに長谷部の告白を受け入れるが、余村が心の声を聞けると知った長谷部の反応は意外なものだった……。

表題作 言ノ葉ノ花

長谷部修一 → 小野大輔

余村和明 → 神谷浩史

その他キャラ
長谷部果奈[武田華]/ 増岡[塾一久]/ 結衣子[河原木志穂]/ 小寺健二[奈良徹]/ 河山亮[山中真尋]/ バイト[高橋まゆこ]/ 原野[山田智子]

評価・レビューする

レビュー投稿数29

最高以外に言い表せない┌(┌^o^)┐

原作既読です。
CDは原作に忠実に再現されています。省かれているところは少ないです。非常に聴きごたえある作品だと思います。言い変えれば、文字が苦手だという方は是非CD視聴すると原作も読みやすくなるのではないかと思います。

シーンは3回ほどあります。個人的にはローション後からのシーンがまるでほんとに余村が動いてるかのようで、大好きです。思わずイヤフォンという素晴らしい道具に両手をあわせたくなります。ありがとう、イヤフォン。

「心の声が聞こえてしまう葛藤」と、逆に「聞こえなくなってしまった葛藤」とを抱える余村の心の動きと、そんな余村さんの隣に居たいんだと素直に心をぶつける長谷部の想いが激しくぶつかるシーンがあります。熱のこもったシーンで、とても好きです。全体的に落ち着いたトーンの作品ですが、そのような起伏もあります。

役者さんの演技もとても素晴らしいです。余村さんの1歩引いて人と関わろうとする雰囲気は若干の硬さを含んだ神谷さんの声が非常にあってると思うし、また、長谷部の真っ直ぐに余村を想う気持ちが、小野さんの穏やかな暖かいトーンの声にピッタリだと思います。長谷部の妹果奈続きちゃんは、華があるけどしつこくない武田さんの声がとても好きです。

内容が非常に練られているので、何度聞いても飽きることがありません。考えさせられることも多いです。しかし、だからといって身構えて視聴する必要はありません。長谷部と余村がゆっくりと愛を育んでいく姿がとても愛らしいので、それにただひたすら胸震わせるのでいいと思います。

余村と長谷部のスピンオフ作品がいくつか音声化されています。ほのぼのと日常を送る2人をずっと応援していたい…そう思わざるを得ない作品達ですので、未視聴だという方はそちらも是非、視聴することをおすすめします。

激しいエロさや刺激がある作品ではないので、そういった過激なものを視聴したい方にはおすすめしません。ただただ優しい世界です。


二人の幸せを心から祈ります。


1

ずっと聴いていたい

原作既読です。とても丁寧に作られていて感動しました。この作品のお陰でドラマCDという存在の意義が分かったと言いますか、キャラクターに命が吹きこまれて、二人が暮らす世界が音に満ちていて、余村と長谷部がさらに愛おしく感じられました。神谷さんと小野さんの演技も優しく、時に切なく、ずっと聴いていたいほどです。小説を読んだ時点では余村はもっと高い声を想像していたのですが、29歳の男性なのでこれぐらいが丁度いいなと思いました。音としての声と同時に心の声が聞こえる様子も小説より分かりやすかったです。

ベッドシーンもとても素敵で、特に、ある場面で出てくる余村の「いいよ…?」が破壊力満点でちょっと白目になってしまいました。

長時間の作品にも関わらず何度もリピートしていますが、聴く度に、果奈を演じた武田さんの演技に惚れ惚れします。BLCDで女性キャラが印象に残るってなかなか無いので、嬉しかったです。

1

ドラマCD向けの話

ドラマCD聴いたの結構昔だったので、
攻様の声、羽多野さんだと思ってました。
小野Dは王子さまっぽいキラキラした男前なイメージだったのですが、
長谷部そのもの「不器用ですからっ」とか言いそうな
朴訥としたかんじで、イメージと違ってびっくりしました。

原作の内容まるっと再現している感じなんですが、
「心の声」と「実際の声」がからまっているかんじが
ドラマCDの方が小説よりわかりやすかった気がします。
原作好きでドラマCD、どうしようかなっと思っている方がいたら
ぜひ、おススメしたいです。

0

お二方ともお疲れ様でした!

2枚組の作品ですが最後まで飽きることなく聴けました。
また、原作未読でしたが、小野さん神谷さんの心理描写がとてもお上手で、聴きながら頭の中に情景が浮かんできてとても理解しやすかったです。

心の声が聞こえるということで、濡れ場のシーンでは小野さんのいろんな感情がだだ漏れしていて、聴いてるこっちの方が赤面しました。ある意味言葉攻めです(笑)

また、神谷さんの受けは初めて聴いたのですが、本当に心理描写がお上手で繊細で、「あ、いまのはすごい気持ち良かったんだな」とか「長谷部からの愛を感じて全部受け止めて幸せそう」と想像がつきました。神谷さんの受けに定評がある理由がよく分かりました。

そしてフリトは某DGSラジオのような仲睦まじいお二人の姿がうかがえます(笑)時間の要る作品とはなりますが是非聴いてもらです。

0

泣きました!

久々に聴いてみたら、やっぱり泣きました・・・笑

神谷さん演じる余村のモノローグが切なくて切なくて・・・
BLCDで泣いたのはこれが初めてでした。

特に駅のホームでのシーンは、余村の感情が溢れ出し、泣いているのですが、神谷さんの演技がまたすごい・・・。
小野さんの優しい声もまた涙を誘います。とにかくもらい泣き。

情事では小野さん演じる長谷部の感情が余村にダダ漏れ、笑
それを恥ずかしがる余村に激しく萌えました。

2枚組なので、当然長いですが聴いたあとに聴いてよかったと思える作品です。モノローグは神谷さんにお疲れ様と言いたい。笑

特典CDもおふたりの仲が垣間見えるようで、とても楽しかったです。神谷さんのツンデレっぷりに笑いました笑

新しいCDも出るそうなので、そちらも必ず買いたいと思います。

5

泣けました(><)

いい話と聞いて、聞いてみました。原作は未読です。

人を信じられなくなっている余村さん(神谷さん)と、一途に余村さんを想い続ける長谷部くん(小野くん)の想いが通じ合っていく様子にきゅんきゅん(><)
余村さんの心情を神谷さんが優しくも冷めた声で演じていて、不安や辛さがひしひしと伝わってきて涙が出てきました(;;)そしてホームのシーンの後の、長谷部くんの告白!!小野さんの低音が耳に響いて何か感動!!
本当に良い話でした

フリートークは、某ラジオみたいになっていて、すごく笑いましたwww

とにかくお勧めです!!!


3

自分だけがカッコ悪くて汚い部分を見せることになっても愛せるか

原作が好きで何度も聴いてきましたが、シリーズ最新作の発行で再読した機会にドラマCDも改めて聴いたのでレビューします。

長谷部の心の声が拙くて素直でいい。
特に初めての接触の時、喜びと驚きとがだだ漏れ状態で可愛かったです。
脈絡もなく正直な感情があふれている様子が小野大輔の声で最大限に表現されていました。
そんな隠しておきたい気持ちの総てを知られてしまうことの恐れや羞恥もあってすれ違っていく二人が、それでも愛してると求め合うまでがじれったくて切ない。

普段は無口な長谷部がえっちの時の心の声のエロさと言ったら…聞こえている余村がそれに煽られてますます乱れてしまうのも仕方がありませんね。
ツンできつい性格な人物を好演する神谷さんが好きですが、この作品の厭世観溢れる暗めで後ろ向きな性格の表現と、激しいエチシーンに聴き入りました。

5

せつなくてあまい

原作既読。
心の声が聞こえるという設定は、CDにするには最適だと思いました。

余村(神谷さん)の厭世的な雰囲気が、音声になることによってより深みが出てきてます。
同僚の長谷部(小野さん)も、寡黙な性格なのに心の中では余村に対する気持ちがだだ漏れ状態で、心を読める余村の立場としては恥ずかしいってもんじゃないだろうな、と……。
そういった余村の戸惑いを神谷さんが非常に巧みに演じてらっしゃり、距離の取り方を一生懸命計っている姿にきゅんきゅんします。
そして小野さんも、余村のことが好きで好きで堪らないという必死さが良く出ていて、実際に口にする言葉の不器用さとの対比が良かったです。
1枚目の最後、駅のホームのシーンでは、神谷さんの泣き演技につられてこっちまで涙が……。

後半、心の声が聞こえてくるのがあれだけ嫌だったはずなのに、いざ聞こえなくなってしまってからの神谷さんの演じわけもお見事です。
最初は浮かれていたのに、人が何を考えているのかわからないという状態にどんどん不安定になっていく余村の姿が痛々しいのですが、それが普通だということを長谷部は訴え気持ちをぶつける姿にとき続きめきます。

そしてこのCDの醍醐味といえば濡れ場!
寡黙なくせにエッチになると気持ちがだだ漏れだけに、強烈な言葉責めになってる小野さんに悶え、そんな言葉責めに乱れ狂う神谷さんのあまりの可愛さに発狂しそうになりました。
舐めるようにして聴いてた自分も大概変態なんじゃないかというくらい萌えました。

原作に割と忠実に作られていて、とても良かったです。

6

涙がとまりませんでした

泣ける泣けるときいて、
神谷さんときいて、
原作は読んだことないのですが聞いてみました。

これはもう…涙が止まらなかった。

年下攻め~っていうのも個人的にすごく好きなんですけど、
この物語のキーポイントである

「心の声がきこえてしまう」

という設定に、やられました。


いやなことばかりきこえて、苦しくってたまらなかった余村サン(神谷さん)。
そんな余村サンのチカラに、助けられて、好きになってしまった長谷部クン(小野さん)。

ありえない不思議チカラのせいで、長谷部クンの好きの気持ちは筒抜けで・・・
そんなまっすぐな彼に、とまどいを隠せずにいたけれど、どんどん惹かれてしまう・・・

長谷部クンなら、と思って秘密を打ち明けてみても、疑われるばかりで。

「もう誰の心の声もききたくない」と涙するシーンの神谷さんの演技に、
聞いてるこちらも涙ボロボロでした。

駅のホームのシーンは涙なしじゃ無理ですよねえ・・・。

長谷部クンの心の声の

「好き…」「かわいい…」「キスしたい…」
「カラダ綺麗だ…」「ぴくぴくしてる…」

続き
などなど、もう余村サンを真っ赤にさせちゃう心の声に、聴いてるこっちも悶絶(笑)

このおふたりはえちーも上手みたいですね(笑)
とくにちゅーがすごくえっちだったw
作品に合った、『ちゅーしたくて仕方ないくらいに好き』の気持ちが表れてるの。
なんとなくいい雰囲気だから、とか、
ただ好きだからうまく両想いになれたからのちゅーじゃなくて、

『僕は心の声を聴かれたっていい』
『少しは怖いけれど、そんなの関係ナシにこれだけ好きだってことわかってください』
っていう一生懸命に好きを伝えようとしてるちゅーだったのが印象的。

フリートークも仲良しそうでにやにやしちゃいました。
とってもおすすめでございます~^^



14

涙が止まらない、いろんな意味で。

二人に感情移入しながら聞いちゃいました

もし自分がこうなら、
もし自分が相手なら

そんな風に考えながら、聞いてたら
涙止まらなかったです。

共感できるところ一つもないんですけどね。
なんか互いの辛さが分かってドキドキうずうず、
シクシクしながら聞きました。

とにかくお2人の演技が素晴らしいですね。
神谷さんはほんと素敵。シリアスなシーンもお上手だし
喘ぎ声なんか抜群ですね。
キスの音がほんとうまい。
小野さんがうまいのか?
神谷さんがうまいのか?
どっちでもいいんですけど
「もしかしてほんとにヤッたことあるのかい?」と思ってしまうくらいお上手ですね。


ま、そんなことどうでもいいんですけど
PCで聞いてたんだけど
うちのノートパソコン、マルウェアウイルスに侵食されちゃっててCD聞き終わったら変なウィンドウが20個くらいでてて雰囲気ぶち壊しでした。おわり。

11

長谷部くん男前!

CDのキャストが好きな声優さんだったのと、いろんなところでの評価が高かったので期待して読みました。

読後感はちょっともやもやが残る感じ。読む前に期待しすぎてしまったところがあったので、ちょっと話の内容が薄っぺらいかなあと感じてしまいました。けど、人間不信の余村さんに何回もちゃんと自分の気持ちを告白する長谷部くんの男前さに感動。心の声が聞こえなくなってハッピーエンドかと思いきや、聞こえなくなってからの余村の戸惑いとかの感情が丁寧に書かれてあったのはさすがでした。

5

喘ぎが…b

こちらでのめちゃ高評価&神谷さんが声をあてているので購入

大正解でした♪(o・ω・)ノ))

キャスト良し!ストーリー良し!エッチ良し!
ドラマCDにあまり手をつけない方におすすめしたいです☆
実際自分がはまりました…w

原作も結構好きでしたが、
CDのほうが原作より私は、物語がすーっと入ってきました
泣きはしませんでしたが切ないっす
寝る前に聞くと、興奮して眠れねー( ノД`)…


1枚目を聞いたら寝ようと思ってたのに続きが気になりすぎて
結局全部あっという間に聞いちゃいました!!

9

心の弱っているときに聴くとこたえる

こういうのって、心の弱っているときに聴くとかなり威力はある

…が。萌えるかっていうと、物凄く評価しにくい作品であります。
長谷部が「無愛想極まりない」わりには、饒舌すぎる印象があるんですよ。
心の声が聞こえなくなって以降、とくに。

おそらく、そういう難しさを短時間でクリアしようとしたせいか、「詰め込みすぎ」な印象が否めない。もうちょっと脚本を練ってほしかったというのが正直なところ。

心の声と、実際の声の間にもう少し緊張感(間)が欲しかったな。そういう意味で非常に惜しいドラマです。
切ないシーンは散りばめられているんだけど、大雑把な進行が予想できてしまって、たとえば、木原音瀬先生作品のようなイライラ・動悸・息切れ・めまいがする展開ではないんです。

とはいえ、基本的には「いいお話」だと思いますよ。
凡作ではない。

6

うーん。

原作未読です。感動するお話とネットで
みかけたので気になって聴いてみましたが
私には、合いませんでした。原作読んでいないからなのか
泣いた人がどこで涙したのか、わからなかったです。

お話としては面白みのある設定だけど
主人公に魅力を感じられなかったです。

LOVEシーンは、1回目の指をイれた音、
やばいことになってる。しかも長い。

それにしても、心が読めるとある意味
ハイパー言葉攻めエチになるんだね。

言葉の嵐、すごかったです。

4

体内の水なくなるかと思った!



ここのレビューを読んで聴いてみたのですが…

いやー泣きました泣きました。
全体的に余村が静かめなトーンで喋るので、
しっとりとしていて聴きやすいです。

けれど内容は濃厚。
エロとかそういう話じゃなくて、
もし「心の声が聞こえる」状態になってしまったら
人間はどうなってしまうのか。
人ってそんなに強くないんだよ。っていうのが凄く伝わってきて、切ないです。

同僚の心の声を聞いてしまった時の余村の気持ち、
また聴くまいと思っていた長谷部の心の声を聴いたときの気持ち…
考えるだけで胸が締め付けられます。

エロを目的にしたBLCDも多い中で、
この作品は人の感情をしっかり描いています。
その描写の深さが半端ないです。
砂原糖子さんあっぱれ!!

また、神谷さんと小野さんの演技力にも脱帽です!
あの2人が演じたことによってよりよいものになっています!
原作よりCDの方が個人的には好きです。

神谷さんの喘ぎは相変わらず可愛いです。
長谷部の心の声に言葉攻めされて照れまくってる余村、可愛い!!

BLCDを聴く人なら絶対に一度は続き聞いて欲しい作品です!!

8

もー!!!悶絶。

いやー、ほんとに作りは最高にいいんじゃないでしょうか。
ほわーってかんじで物語は進みます。
安心して聞いていられるCDでした。

私的には受が熱で倒れるんですけど、あのシーンはもう最高でしょ。
ストーリーよりもそこに悶絶のた打ち回ってしまった私でした。


まあ、ほんとにごちそうさまでございました。


もうちょっと付け足すと、私小野さんのBLCDって
あの変人の小野さんが出てきちゃってなんだか安心して聞けないんです。

でも全然そんなの気にならないくらい没頭して聞けました。

7

フリートークが面白かったです(笑)

寡黙な人・長谷部修一(小野大輔さん)×人の心が読める・余村和明(神谷浩史さん)のリーマンもの年下攻め。

原作は既読です。完全に声優目当てです。話の内容は重いんですがいい話だと思います!音声化したら、もっとよくなった感じがします!

私も一時期、人の心が読めたらなぁと思っていた時期があったんですが、読めなくてよかったーと思いました(´・ェ・`)
そりゃ、人間不信にもなりますよね・・・いやマジで・・・人間って本当にないものねだりをする生き物だと痛感しました。人間ってロクな生き物じゃねぇなと思います。プロポーズした彼女が、喜んでると思ったら、心の中では、全然逆の事を考えていたなんてねぇ・・・
でも、BL的に考えたらですよ。BL的に考えたら、余村めんどくせーって思いました。そりゃ、いきなり人の心が読めていたのに数年たったら突然聴こえなくなったら不安にもなるけど・・・なんか人間の欲って汚いなぁ・・・と思いましたね。
それに、もう少し余村は前向きに考えたらいいのに・・・とも思いました。

濡れ場シーンですが、正直、長谷部の心が筒抜けになっている時の方が萌えました((´∀`*))続き
そして神谷さんの喘ぎ声がいいのなんのって(*≧艸≦)
凛としているというか、妖艶なというか、もう色っぽいんです!!
聴いた事が無い方は是非聴いてほしいです。

7

眠る前のような穏やかな雰囲気

原作既読。原作に忠実に作られている。

小野さんは地声より少し低め。小野さんは演じる際癖のある喋り方をするので、比較的静かな場面の多いこの作品では、それが気になると少し聞き辛いかなと思うところがあった。
神谷さんは、優しく甘い声。余村視点で進む上全編通してモノローグも多かったけど、飽きさせることなく語り聞かせてくれる。作品に馴染むようで違和感なし。キャラ自体感情の起伏が激しくないので、静かに喋る感じ。絡みのシーンでは相変わらず声が高くて、そこはかなり気になった。
朴訥とした長谷部を演じる小野さんはずっと表では感情の起伏がなく、内面の心の声の部分では揺らぎが激しかったりするので、演じる上では「自分にしか聞こえない心の声」、でも実際は「余村に聞かれている声」として演技をしなければなかったけど、どちらも長谷部という人物の枠からはみ出さない繊細な演技だった。
神谷さんはとにかく演じ方が丁寧。感情の揺れが大きい部分や、逆に緩やかな部分も、流石といったところ。ただ、原作より若く聞こえる部分も多々あったので、もう少し年齢を落とせればよかったかもしれない。
絡みのシーンは、神谷さんですから続き言わずもがな。普段の喋りの声のトーンよりも若干高くなってしまうのが少し引っ掛かる。可愛いで済ませられる範囲で気に留めなければそれまでかもしれないけど、もう少し低めでもいいかなと。
小野さんは、ひたすら頑張っていたなあと。慣れていない感が否めないような気もあったけど、それも長谷部らしいと。むしろ長谷部らしく演じられていた、ともとれる。

二枚組みですから勿論長い。若干二枚目あたりにくるとだれてしまう感も否めないけど、小野さんと神谷さんの声に聞き惚れてしまえばあっという間だった。とにかく引き込まれる。世界観が作りこまれている。
作品自体、丁寧な作りだった。「人の心の声が聞こえてしまう」という現実に対しての余村の心情は勿論、個性的な長谷部、互いにひかれていく様子の心理描写を追っていくのが楽しい。良い作品でした。

6

優しい作品

この作品はキャストが魅力的で気になっていたもので、原作を読んでからCDを聞かせていただきました。

人の心の声が聴こえる、そんな異常事態が急に降りかかってきたら。そんなことを考えてしまいました。

年上で臆病ゆえに素直になれない受けと、緘黙ででもいつも包み込むように接する攻め、本当に優しい作品だと思います。
濡れ場もかわいいです!

4

心の声までも頂ける贅沢なCD★

じんわりと心に染みるいいお話でした☆
DGSの二人がメインということで、ずっと気になっていた1枚。やっと聴けました!
とても丁寧に描かれている物語で、CD化して更に良さがプラスされていると思います!!CDドラマとしてはかなり間を大事に創られていて、作品の世界観が正確に表現されています。
BGMもしっとり…作品にぴったりでした。
他作品よりもモノローグが多く、主人公余村視点の恋情をメインに描かれている作品です。

余村(CV:神谷浩史さま)は、聴こえてくる様々な心の声に振り回されて、人を信用できなくなっていたときに、長谷部に出会う。
心の声が聞こえることを苦痛に思っていたのに、そのおかげで長谷部の気持ちを知ってしまうという皮肉な設定がうまく活きていたと思います。
余村の後ろ向きな淋しさを、神谷さんが巧い演技で表現されてました。
心の声が聞こえなくなってからの明るい余村との演じ分けもお見事!揺れる余村の心が神谷さんの声で綿密に創り込まれてます。。。

長谷部(CV:小野大輔さま)の心の声はまっすぐ純粋で、聴こえてくる素直な想いは聴いているこちらの心にダイレクトに沁みて続ききます。
コレがこのCDの一番の聴きどころ!!!!!
「好きです…余村さん」とか。
「キスしたい」
「抱きたい」
「かわいい」
とか…もー嬉しい言葉ばかり。聴いていてドキドキせずにはいられません。
エチシーンより、心の声攻めのほうが恥ずかしかったw
それがまたいい具合に心のツボをギュンと押してきて…いちいちトキメいてしまう~~~★余村もこんなに暖かい言葉のシャワーを浴びたら、好きになってしまうと身をもって納得させられました!
これが、普通の会話でなく、心の声だからイイ!!!
心の声までをも、聴かせていただける貴重な作品だなーと思います。
そして心の声と、普通の会話をうまく演じ分けている小野さま素敵です♪
長谷部の純粋なキャラを掴んでられました(><)
長谷部がいい男過ぎてまいった。。。

あとおいしい点はww
エチシーンですwまぁーSE(効果音)がすごいwどっちが出してるんだろぅとか考えてしまいました(汗)巧いな…。。
1枚目に1回(さわりっこ)
2枚目に1回(最後まで)←小野さまの強引な感じが萌えたぁ。
1枚目にキスシーンもあります☆←好きぃぃ
エチシーンは尺が長いほうだと思います♪聴きごたえたっぷり。
エロぃ~~~デスっ!!!!!(><)
もちろん愛あるからですが。小野さまの余裕のない感じが好きでした!神谷さんの喘ぎ声は…毎度すごい超絶技巧です!!w

私は全体を通して1枚目がとくに好きです。キュンキュンがハンパない~~。話の作りとしても良くできているなーと感動しました!
2枚目は、余村の心の動きがマイナス方面に揺れ過ぎて、苦手な方もいるかもなーと思いました。ちょっと曲がり過ぎている時間が長いので。でもラストはラブラブで幸せでよかった♪(*^_^*)

特典フリトCD!!キタコレwww
S神谷さまがガンガン攻め込む攻め込む!!22分の間小野さまをいじっていじって思う存分楽しんでいるさまが笑えました☆息ぴったりな二人の関係性が見えて始終ニヤニヤでしたw
トーク内容は、心の声が聞こえたらどうするか?がメインだったかしら。
小野さまがすぐに神谷さまにいじられてしまうので、話が進まないw

いいお話だったし、フリトもすごい面白かったので満腹!!あー長谷部がいい男すぎ!惚れてまうぅぅぅ。
ごちそうさまでした!ストーリーとして特に2枚目中盤、二人の関係のテンポとヤマが不足してるかなーと思いましたが、原作をCD化して相乗効果があるのと、キャストさんの演技が神なので…神評価で。

8

(´゜Д゜`*)ハフッ


すっげぇおもしろかった(´`*+)
この作品は\神/

6

んっ~

自分的にはなんか・・・

物足りない感じがしました・・・・

5

出戻り記念作品(個人的に)

この世界に戻ってきた時にちょうど神谷くんブームで。
神谷作品でいいのないかな~とブログめぐりとかしてたら評判がよかったので買った出戻り1号作品(笑)

突然、心の声が聞こえるようになってしまった余村と、ずっと余村を好きだった長谷部のお話。
物語自体がある意味ファンタジーなんだけども、丁寧に作られててBGMとかもすごく合っててよかったです。

大評判だったら神谷くんは確かにこれなら評価高いのもわかるわ!って感じで。
穏やかだったりせつなかったりほほえましかったり。
少しずつ違う表情とかがうまく表現されてたと思う。
長谷部と付き合うようになってからの少し甘くなった感じとか。
そして、何よりえちシーンが素晴らしい。
神谷くんの受はやっぱすごいなぁ。
かわいらしい色気があるっていうのかな。
超セクシーとかじゃなくて、かわいいんだけどもものすごく艶っぽいというか…。

小野さんは初聞きだったのですが、長谷部のカタブツな感じが出ててよかったと思います。
なのに、心の中の声は甘いというかえちーというか素直な感情が溢れてるので、表面上と内面のギャップとかステキでした。
続き

個人的にすごく好きなシーンは余村が誕生日プレゼント渡すシーンでうっかり心の声を聞いちゃってわたわたするところ。
わざとじゃないのに、それをフォローしようと思って、また声を読んじゃうってテンパってる余村がすごく好きです。

ラストは神谷くんの小野くんの仲良しトーク(笑)
なんかどっかテキトーにあしらわれてる感のある小野くんが面白かった。
あと、小野くんが神谷くんの「かわいい」を連呼してたのとかv
2007年は神谷くんにとって白星(攻)のない年だったそうですが、その後、一体白星はいくつあったんだろう。
世間認識的にはやはり黒星(受)イメージだと思うんだが…。

3

2007年 全敗記念


神谷さん、沢山たくさんしゃべって、どうもお疲れさまでした。

ずっとラジオ番組で共演しているお二人。
これをどんな顔でお二人で収録していたのかと、、、、
ま、お仕事なので、別にどうと言うこともなく、淡々と(特にヒロC)収録されるんでしょうね。、

内容に関しては、他の皆さんが語り尽くされちゃってるようなので

本編ストーリーだけじゃなく、特典CDでも、ツンヒロCにメロメロになってるMオノDが楽しい。
で、このCDが、神谷さん2007年最後のBLドラマCDのお仕事で、2007年は、神谷さん全敗だったそう。
そう言えばこのところ、受けヒロCしか聞いてない。
っていうか、一手に引き受けてる!?
来年こそはリベンジ!を誓ってたけど、そんなこと言わないでほしい。
もっと、も~~っと、受けちゃって

5

神谷さんの喘ぎ声にノックアウトしました

私、小説ではエロシーンにこだわってなかったのに、CDとなるとエロシーンにこだわりまくりみたいです。
神谷さんの喘ぎ声にノックアウトです。
濡れ場を何度も巻き戻し、鬼リピートしてしまいました。
ほんと、声優さんたちみんな、どんな顔でやってらっしゃるんでしょうか。

砂原糖子さんの原作はしっとりとした丁寧な作りのお話で、原作の良さはまったく損なわれてなかったように思います。
CD向きのお話かもしれない。
人間の本質を性悪的なもので止めちゃってるところが、ビミョーにイヤなんですけどね。主人公が聴いてしまった『人間の汚さ』が平面的なので、そこだけが気になりました。
汚い面だけじゃなく、さらにその後ろにある優しさ、さらにその後ろにある汚さ、さらにその後ろにある(ry
そういう重層的で複雑な心の有り様がもっともっとあっても良かったんじゃないかなァと思うんですが…、不満書いてますが、これはこのお話が好きだからこそ、もっともっとって思ってしまうのデス。

4

無口だけど心の声は、言葉攻めw

声優さん好きの視点から・・・
小野×神谷のカップリングで年下攻!
ほかにも、このおふたりを起用したCDはあるのですが
このCDが、小野さんと神谷さんのはじめてのお手合わせです。

ま、それだけでも聴く価値はあると思うのですが
ドラマCD2枚組でして、かなり丁寧に恋心を描いていて
神谷さんが凛とした声で心情を丁寧に丁寧に演じるのが
ひっじょうに良くてですね・・・泣きました(T~T)
なんて切ない演技するんだっていつも思うよ。
小野×神谷で惹かれて聴く人も多いと思うけど・・・
小野×神谷という話題性だけじゃない!名作です。
作品自体が、とにかく素晴らしいです。

長谷部(小野)は、不器用で口下手な男。
普通に出会っていたら、長谷部の真意はつかめなかったはず。
余村(神谷)は、長谷部の心の声を保証に長谷部を信じることができていたんですよ。
つきあいはじめて余村は、長谷部に心の声が聞けるという秘密を告白するんです。
長谷部は、しっかりと受け止めるけど心を読まれるのが怖くて引いてしまうんですよねー。
余村は、長谷部と会うときは心の声を聞かないように必死に神経続きをよそにむけるんです。
それは長谷部を慮ってのはずだったのに・・・会うたびにもしかしたら
長谷部の心変わりを聞いてしまうのが怖かったからなんですよー。
なんだかんだあって、中盤から余村は心の声が聞こえなくなるんですわ。
それは余村が願ったことで、とてもうれしかったはずなのに
長谷部の心の声が聞こえなくなった途端、急に不安になるんですよ。
ちょっとのことで妬いたりさw相手の心変わりが怖くて怖くて仕方ない。

お互いノンケ設定なんで、男が男を好きになる不安とか
心の声が聞かれてしまう攻の不安
心の声を聞いてしまう受の安心感、聞こえなくなったときの不安感
心情がほんっとによく描かれていて、ドキドキしたよ。
んで、えちしーんも手順踏んで進むんでそれもなんか良かったし。
神谷さんの「うん」とか「いいよ」とか「しよ」とか!!
どんだけかわいい声しとんじゃー!!
って思ったさっっっ!
んで、小野さんは無口な青年なんですが心の声は「好きだ」とか「触りたい」とか
「ピクピクしてる」とか「かわいい」とか駄々もれなんですよ。
無口だけど心の声は、言葉攻めwというね。この設定良かった!

5

なかったことにしたくない想い

原作をそのまんま、はしょり少なく行ったというとおり、原作に忠実でした。
ただ、入り込み具合としては、やっぱり本読んだほうが入れるかな~という印象。
私が、疲れてて、気づけば朝・・・気づけば朝・・・で何度も途中から途中からで聞いてたせいもなきにしもあらず~ですが。
「僕の言葉をなかったことにしないで」
入り込みが薄いな~と思っていた矢先の一言だったんですが、思わず涙溢れました。
やっぱり良い。
作品自体は凄く素晴らしいものだったんだよなというのを思い出しました。
長谷部くん。
長谷部君の「好き」「好き」の攻撃にはヤラレマシタ
ようは、余村さんが、心の声を聞けてしまう体質なので、おのずとリスナーはその声を聞くことになるわけです。
相手が無意識だと思えば思うほど。ドキドキします。
「余村サン・・・余村サン・・・・余村さん・・・・」
こんなに素直な気持ちを向けられたことが過去あっただろうか。
素晴らしきですよ。
たしかにね、声が聞こえると便利って思う反面、本当に聞こえるようになってしまったら正気ではいられんのだろうなとおもう。
逆に聞かれてると思うと・・・っていう続きのもありますけども。
初めて想いが通じ合ってのさわりっこ。
ディスク1枚目の後半ですね。
その時の、余村さんの声が!!!いや、神谷さんの喘ぎが絶品でした!!!!
いや!ウマい!!!うまいっちゅぅか、凄い!!!
いったいどんな顔で収録し取るんだろ!と不埒なことを考えてしまいました。
実際に見ると絶望するんだろうな~と思って見たり。
ただ、これは確実に凄いレベルでした。
喘ぎww喘ぎwww入れてないのがちょっと残念なくらいです。
喘ぎといえば、2枚目最後の。
想い通じ合って、初めての合体。
これはちょっと思ったよりも・・・というところですね。
1枚目のがよすぎたっていうのもあるんですが。
挿入前のフェラの音が艶かしすぎた。
ピチャピチャ・・・・ジュルジュルという音がなんとも卑猥でした。
凄く良い(ノω`*)ノ" ンフフフフッ
本当に艶かしい。
ただ、その後、突っ込んだ後・・・そのジュルジュルピチャピチャ音がなくなったんだよね~~。急に。
これは・・・どういう意図かは知りませんが、すごく残念でした。
個人的に
余村さん。
言葉が聞こえるという設定もそうなんですが、音声にしてまたよかったかな~と思ったのは。
自分の思考を呼んでいくというドラマCDなので、聞いててナチュラル。
いいですww
というわけで、結局は最後に感動して泣き。
エロシーンに悩殺されてしまったわけです。
これを一気に聞いたらまた見方かわるかも。
長いから一気に聞くには気力がいりますけども(苦笑
作品としては、本当にいいものなので、原作も含めご鑑賞くださいませ^^

2

心の声を聴く

このCDを最初に聴いた時は原作は未読でした。
かのDGSの小野君×神谷さんでなんだか人気があるようなので(秋葉原のアニメイトに売っていたので)、2枚組み5000円もしたんだけど購入した記憶があります。

心が読めてしまう主人公のお話は時々ありますが、それだけじゃない内容だったので大満足です。
神谷さんと小野君という組み合わせは他でもありましたが、これがいい!
二人が演じているのが分かっているのに顔が浮かんでこないで、余村と長谷部というキャラとして頭の中に登場してくれました。
特に余村(神谷ボイス)のその時々の心境の変化によって変わる声色とか、切ない気持ちとか、良かったです。
正直、泣きました。
長谷部(小野ボイス)の朴訥を貫いているキャラも地に足が着いている感じでよかったです。

エッチシーンにおきましては、心の声が聞こえちゃうと確かにきっとこうなるよねっていう感じでした。

「かわいいって言うな」って言うかと思いましたが、さすがにそれは言いませんでした。それじゃDGSのパクリになっちゃいますからね。

その後、原作を読みましたが、ここも入っていたらよかった続きのにと思った部分はほとんどありませんでした。
本編だけでなく続編までも収録されていて、満足な出来上がりです。

5

BLCDにハマるきっかけとなった1枚

BLCDに全く興味が無かった私を、
CDの世界に引っ張り込んだきっかけの作品。
私にとっての超メモリアル作品です!
以前から主演のお二人がパーソナリティーを務めるラジオ番組のファンで、
二人が共演するのなら、CDを聞いてみようなじゃいか!と購入。
そんな不純な理由で手に取りましたが。これがまた!!素晴らしかった。

事前に原作は読んでいましたが。
朴訥な雰囲気が、まんま長谷部だった小野さん。
寂しげで泣きの演技が「神」だった神谷さん。

そして「心の声が聞こえる」というファンタジー設定が、
とてもCD向きな作品だと実感。「心の声」は文章で読むよりも、
音で聞く方がキツイし、辛いです。
なので人間不信になった余村の心情には、
原作よりCDの方が共感できました。

特にこのCDの白眉は「言ノ葉ノ花」(DISC.1)のラスト。
気持ちが擦れ違った余村と長谷部がメールを交わす、駅の場面です。
ヘッドフォンで聞いていたら、右から左から余村と長谷部の声が…!
3D万歳!音源化の醍醐味を味わえたメールの演出に感動。

自らが最後通告を突きつけたくせに、
続き『……終わってしまった』
とがっくりする余村が、本当に可哀想でした。

『神様、もう僕は誰の心も知りたくない。
どうか聞こえないようにして下さい』

と泣きながら神に祈る余村の言葉が、胸に突き刺さりました……
もう、切々と訴えかけてくる声で。
聴いているこっちまで、泣けてくるのですよ(神谷さん、スゴイ)。

「DISC.2」は気持ちが通じあった長谷部と余村が描かれた
「言ノ葉ノ星」を収録。
両想いになったらなったで、色々と問題があり、擦れ違う二人ですが。
基本はラブラブで甘く、お互いがお互いを熱烈に好きでる雰囲気が
伝わってくるので。聞いているこっちまで赤面する事が多々ありました。

『えっと、余村さんって結構、付き合うと甘い人なのかな?
もっとクールな人かと思っていました』

という長谷部の甘い呟きには、本気で照れました……
小野さんの声がもう、デレデレで!!

神谷さん・小野さんの息の合った熱演に、
原作を大切にしている丁寧な脚本。
濡れ場もがっつり3ヶ所あり、終始がっつき気味で野獣っぽい演技の
小野さんに笑いを誘われつつも、萌えました。
年下らしい攻めで余裕のなさそうなところが可愛いくて(笑)
そしてBGMがとても綺麗で、私にとっては最高のCDです。

10

藤棚

>ミドリさん

コメントありがとうございます!
私はこの作品、原作よりもCDが好きだったりします。
実にCD向きな作品なので、機会があれば聞いて頂きたいなぁ。

小野DとヒロCの絡み。私も初めは恥ずかしくて、
何度かヘッドフォンを放り投げましたよーーー!!
しかしその恥ずかしさを超えると、素晴らしい萌えがやってきます。
小野DとヒロCの濡れ場は絶品です!

ちなみに杉田×ゆうきゃんの「Scarlet」も聞きました。
私は小野D×ヒロCよりも、こっちのコンビの方が妙に恥ずかしくて。
いたたまれな~い!!と思いつつも、萌えました。
ミドリさんも頑張って聞いてみて下さい!(笑)

ミドリ

藤棚さん、こんにちは!CDレビュー盛り上がってますね!
この作品、原作はあまり好きではないのですが、
小野DとヒロCの共演作ということで気にはなってるんです。
なにしろ、ヒロCの喘ぎが聞きたいよ!
でも、小野DとヒロCの絡みということで、恥ずかしくて聞けないっていうのもあります(笑)
同じ理由で、杉田×ゆうきゃんの「Scarlet」も聞けないんですよ、
怖いけど聞きたいけど恥ずかしい!みたいな(笑)

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ