センターコート 2

centre court

センターコート 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199000614

あらすじ

全仏オープン開幕直前―。
ブライアンとの距離も近づいてきた智之の前に、親友ルークが現れた。
智之に想いを寄せるルークは、恋とテニスのライバルとして、ブライアンに激しい敵愾心を燃やす。
一方ブライアンも、智之が自分よりルークを気遣うのが、なぜか妙に不愉快で…。
パートナーと親友との板挟みで悩む智之に、ブライアンは、どちらの手をとるのかと迫るが―。

表題作センターコート 2

一流テニスプレイヤー:ブライアン
新人テニスプレイヤー:智之

評価・レビューする

レビュー投稿数2

当て馬登場

出来上がったら、当て馬が出てくるロマンスのテンプレのような展開。
安心して読めます。

0

あんたのパートナーは俺だ

全仏オープン開幕直前、徐々に距離と近づけていくブライアンと智。
そんな二人の前に智の親友ルークが現れます。
ルークが智に恋をしていることを察知したブライアンは、なぜかおもしろくない。

ブライアンは智はまだ若く、自分にとっては「お子様」と見ているので。
彼を全く恋愛対象に入れていないのです。
なのでブライアンは智に静かで、そして情熱的な視線を送るルークに対して、
自分がどうして不快に思うのか、気がつかないのがじれったい!!

そしてブライアンのプレイや人となりに触れていき、
どんどん彼に惹かれていく智は、今回で恋心を自覚。
シャイなヴァージン(笑)智が、捨て身でブライアンに迫るのです。
この辺りの濡れ場は、萌えました。

不慣れだけど情熱で押して押して、押しまくる智。
そんな智を初めは咎めていたブライアンが、流されて……
そこそこ遊んですれて、捻くれた大人が、
無垢な子供に驚かされ、心ならずも翻弄される様が萌えます。

智の恋心はハッキリしましたが、ブライアンは昔の恋人が忘れられず、
まだ微妙……というところで、3巻へ続くです。
とにかく智を応続き援したくなる2巻でした。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ