NEWSな彼!

NEWSな彼!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌14
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
56
評価数
21件
平均
2.9 / 5
神率
4.8%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048543637

あらすじ

―見られたってかまわない おまえをいっぱい感じたいから―
倉本洸太は訳あってTVの無い生活を送る流行ものに超うとい純粋培養高校生。
ある日突然自宅に庭に現れた男が世間を騒がす超人気の俳優・樹原東吾だと知らず食ってかかるが、樹原は「気に入った。俺の付き人になってくれ」と高いバイト代をチラつかせる。
思わず誘い乗ってしまった洸太だが撮影現場で見せる樹原のスターオーラは俺様で強引な素顔とは別人で―!?
超スター×ビンボー高校生のミスマッチ・ラブ★

表題作NEWSな彼!

超人気俳優・樹原東吾
純粋培養高校生・倉本洸太

評価・レビューする

レビュー投稿数11

超スターに見初められたビンボー高校生

今回は、芸能人とビンボー高校生の、ミスマッチなお話です。

洸太の住んでるアパートの庭を通りかかったサングラスとマスクの不審な男。バッドを持って問い詰めれば、「俺、俺」しか言いません。

実はその男は、有名な俳優の樹原で。でも、洸太の家には、テレビが無くて知らなかったのです。
そんな洸太が珍しくて近づく樹原。
洸太も、樹原の仕事ぶりを知ったり、樹原に懐かれる内に、気になる存在になっていきます。
そして、共演する女優に嫉妬して、やっと自分の気持ちを認める洸太。

樹原は、芸能人だからかカッコイイです。洸太をファンのコ達から守ろうとする姿もキュンとくるし、洸太のことを記者会見しようかと真面目な顔で言うのも微笑ましいです。
洸太も、そんな樹原に一生懸命で可愛いです。
ストーリーは王道だけど、安心して読めるので好きです。

2

軽いノリの芸能人

芸能人を知らない主人公(受け)と
俳優(攻め)。

主人公はテレビを持ってないので、
第一話は笑えます。

俳優もなかなかいいキャラです。

でも、
第一話で終わっていいんじゃないかなー?
って思ってしまいましたね。

第一話で
それなりに(?)
最後はくっついてしまっているし、
芸能人を知らなかった
主人公は思いもかけず
俳優のかっこよさを知ってしまうし…。

これ以上、
キャラの個性が
引き出せないのではないかと
思いましたね…。

第二話以降も
悪くはなかったんですが、
やっぱり
第一話が一番おもしろかったですね。

残念。

0

THE・王道

個人的に芸能人モノが好きなので期待して読んだんですが、王道を
ただひたすら突っ走っているような作品でした。キャラも話も展開も、
パンチが足りない。肝心の樹原が洸太を好きになった理由でさえ、
「え、そんなので?」と言いたくなるようなくらい、ありきたり且つ
単純すぎる理由です。

萌えられる部分も殆どなかったので、受けも攻めも当て馬も超絶美形なのに、
すっごく勿体ないなぁ…と思いながら読んでました。ストーリーが王道なら
その分キャラを個性的にするとか、ちょっと工夫してほしかったです。

けれど、キャラもそんなにツボではないし萌えもほぼないし話も
ベタベタなのに、何故か面白くないわけじゃない、という…。
何でだろう…やっぱり絵が好きすぎるからある程度補正されてるのかな…?
うーん、分からない…。

0

王道テンプレすぎる

裏にあるあらすじを読んだだけで結末までの流れを予想できてしまう、そんなお話です。
ドラマCDを先に聴いたんですが、ドラマCDは声優萌えで飽きず聴けたけど、こちらは途中で飽きてきました。
ストーリーそのものもそうだけど、細かいギャグとかエロシーンとか、なにかしらで一ヒネリがあれば良かったのになァと思いました。けして王道がキライというわけじゃないんだけど。

絵はさすが大和名瀬さん、とても可愛らしい絵です。

0

デジャヴュ?

訳あって家にTVがないので流行に超うとい洸太と、超人気俳優・樹原東吾のお話。
TVがないから当然、洸太は樹原のことなどまるで知りません。そんな洸太に興味を持った樹原は彼を付き人にします。

とまぁ…どこかでこんな話見たぞ?みたいなベタストーリーでしたね。
あとがきでもベタでコテコテなラブコメを目指して描いたと言ってましたしね。
大和名瀬さんの作品の基本形という印象でしたね。攻めも受けも過去作品のキャラクターと性格のベースが同じというかステレオタイプなかんじで。
最初はガンガンくる攻めが、不意に冷たくなり、受けが不安になると、攻めがじつはこんなわけがあったんだぜ~みたいな流れで(どんな流れじゃ)

絵は相変わらず綺麗だし萌えますが深さや新鮮味には欠けるかな。

0

テレビ持ってない受とテレビに出まくりな攻

攻が人気俳優で、受がテレビ持ってないからその攻を知らないというお話。
設定が萌えでした。
隣のアパートに住んでるのも好き。
攻の性格がイマイチつかめず終わってしまったのですが、やきもち妬きの独占欲の塊ならもっと萌えました。

途中で出てきたもう一人の人気俳優が当て馬だったのでしょうか?
あんまり活躍できずで終わった感があります。
もっとアクティブに動いて欲しかった!
攻・受共に大和作品ならではの性格だったと思います。
攻が最後、案外おばかな感じも好きでした(笑
なんとかならないよ・・・みたいなね(笑

今回はベタでコテコテなラブコメを目指したとあとがきにありました。
なるほど!そうだったのか!!
私的にベタでコテコテなラブコメが好物なので楽しく読めました。

0

存在感の問題?

隣のマンションに引っ越してきた人気俳優の樹原東吾と、彼に気に入られてしまった貧乏高校生・洸太のお話。

マスコミに追われる生活で疲弊している樹原は、テレビの無い生活を送っているがゆえに芸能情報に疎い洸太に癒しを感じ、強引に押し倒し、秘密のお付き合いがはじまります。
ムリヤリ買い物に付き合わされたり、主演のドラマを見て感動したり、付き人を命じられたり、生活がめまぐるしく変化するうち、少しずつ洸太は樹原を好きになっていくのでした。ほだされちゃったわけですね。

全体的にコメディタッチなのは大和風。
受ちゃんがしっかりもので可愛いのも大和風。
しかしそれにしても、今回は攻の樹原の影が薄かった気がしました。
洸太が動き回っているのは記憶に残るのですが、樹原のエピソードにインパクトが無かった。
却ってリョッ君(樹原の同期の俳優)のほうが存在感がありましたよね。

0

安定品質の名瀬作品ではあるが・・・

このレーベルでは初登場という大和名瀬の最新作。
今回は超人気俳優×貧乏高校生のカップリングで、舞台はキラキラ芸能界!
あまり業界モノが得意ではない方でも、その切り口の巧さにスイスイ読み進められること請け合い!・・・なんだけども!

実は大和名瀬の作品は、非常に個人的見解で申し訳ないんだけども、萌え度が低い。
漫画としては鮮麗されており、内容についても他の作家と比べて抜きん出た実力差というものをハッキリ感じるのだが、何と言うかそこまでなのだ。
もちろん読んでいてもストーリーに破綻はないし、キャラはよく出来ているし、絵も申し分なし・・・なんだが・・・なんだが!!
だから別段エロがなくても読めるというか、十分に楽しめるのだ。
それは多分作品自体が完璧な造りだからであって、でもじゃあそこに萌えはあるのか?と聞かれれば、それはちょっとどうかな・・・と思ってしまうわけで。
逆に作家としてのテクニックが相当乏しい方が描いた作品であっても、おおお!と感じ入る事はあるわけで、その辺りの温度差の違いなのかもしれない。
また名瀬たん作品はBLなんだけども、キレイな少女漫画を読んでいるかの続きような感覚になってしまう時がある。
そこも私が物足りなくなってしまう原因なのかもしれない。

そんなこんなで前置きが長くなりすぎてしまったが(笑)、イケメン俳優と貧乏高校生のラブを描いた本作。
ぐうたらな父親を叱咤激励しながら家計を支え、また学業もキチンとこなす高校生・倉本洸太。
そんな彼と偶然出会ったのが、いま巷を賑わす人気俳優・樹原東吾だった。
しかし殆ど出会ってすぐと言って良いほどの時期に、ガバー!っと洸太を押し倒して想いを遂げてしまった樹原には相当ビックリした。
チュウだけでは我慢できず、いきなり本番って・・・・・・それは怪我するよ!キケンキケン!!
しかも事後、洸太の方も満更じゃなかったところに2度ビックリ(・・・もちろん無傷)。
けれども設定上のそんな瑣末な疑問よりも、2人の純粋さの方が微笑ましく映ってしまう、これが名瀬たんマジックなのか!?
そうならやっぱりスゴイかもだ。

名瀬作品の中ではBLテンプレ色がやや濃いような気もするが(掲載誌の方針かもしれない)、つっかえることなくツルリと楽しく読めてしまうのは、やはり熟練された技術を感じる。
先で言ったように個人的な萌え度はやや低いものの、それでも卒なく読めてしまうというのは、BLジャンルにおいて貴重な存在。
しかしながらその展開や2人の関係があまりに簡単・・・と言うか深みがなさ過ぎたので、大好きな名瀬たん作品だが今回は評価を少し辛くした。

1

「萌え」と「中立」で悩みました

大和名瀬さんは大好きな作家さんで。
あまりハズレ作品には、私は当たった事がないのですが。
今回の作品は、やや微妙でした。

雑誌で読んでいた時に、
微妙に盛り上がりに欠けると思っていました。
単行本でまとめて読んだら、
また違うのかな?と思ったのですが。
やはり印象は変わらず……。

二人がアッサリと惹かれ合うので、なんだか物足りません。
しかも恋の相手が人気俳優なのに、
あまり「恋の障害」がないのも肩透かしで。
全体的に薄味な印象です。

しかし受はやんちゃで可愛いし、攻はカッコいいし。
ギャグがあって楽しいし。
薄味でも、押えるツボは押えているので。
やはり「萌え」評価にしました。

0

う~ん…

テレビがないから、超人気俳優のことを知らない。攻めはそれが気に入ったというか、自分を特別扱いしない受けを好きになりました…という設定がベタすぎるような…

後から受けは「じゃあうちにテレビがあったらどうだったんだ?」とか、「物珍しいから自分をかまってるだけじゃないのか?」とか一人でグルグル悩んじゃってます。なんというか…その悩みも予想できたし、ありきたりだなぁと…。

Hシーンもなんか簡単すぎたような…受けの身体がかわいすぎる…ありえない…


攻めが受けにいやがらせをする自分のファンの女のコたちに、きっぱりと言う所はカッコよかったですけど。


次回作に期待したいです。

0

人気俳優と貧乏庶民!?

最近の大和センセの作品は比較的当たりが多くてウハウハだったんですが、今回ちょっと微妙だったかもρ(TωT、)
王道過ぎるのかなんなのか。

父親と2人暮らしで、家にはテレビもない。そんな受の所にやって来た怪しい男。実は、とっても有名な人気俳優なのだけれど、テレビもないから全く知らない。
そんな受を気に入った攻(俳優)は、付き人に雇うことにするが……!?

過去に2人の間に何かあって~な訳でなく。一緒にいて急激に猛スピードで好きになってしまい…~な流れなのでどうもこうも(*´д`;)…
相変わらずのミラクルボディで挿入もいとも簡単ですしね。
ただ、最後の4コマは可愛くて好きです。
結論、受が大好きで頑張り過ぎる攻。
一人空回り(笑)

なんやかんや言いましたが、可愛いは可愛いので、好みによるかなというところ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ