弁護士はひそかに蜜愛

bengoshi wa hisoka ni mitsuai

弁護士はひそかに蜜愛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
18
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大誠社
シリーズ
LiLik文庫(リリ文庫・大誠社・ブライト出版)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784904835333

あらすじ

男前な弁護士、成瀬に全身全霊で抱き溶かされ、やっと自分の居場所を見つけた櫻井朋。しかし、彼を傷つけた事件は終わっていなかった・・・。
(出版社より)

表題作弁護士はひそかに蜜愛

成瀬秋貴 弁護士
櫻井朋 木佐弁護士事務所事務員

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

受けの“遠慮しー”な性格がちょっと・・・

初読・杉原那魅先生。
【弁護士は不埒に甘く】の続きものだったんですね。
そちらを読んでいないので、この巻でも登場人物の過去の説明があるのですが、モヤがかかっていて少しイラっとしました。
仕方ないのにね。

文章は、人物の性格も分かり易いし、背景描写も上手く使われていると思いました。
でも、巧いからこそ、朋(受け)の卑屈ぶりが目立ってしまったような。
前巻【弁護士は不埒に甘く】での朋は、すごく可哀想な目に逢っているようなので、この自分を卑下し過ぎる朋がどう変わっていくのかがこの巻だと勝手に思ってしまった訳ですが、ラストまでずっと悶々していました。

途中途中、木佐弁護士や母の言葉から「素直に伝えることの大切さ」を考えて「よし、次は!(頑張るぞ)」となるのに、駄目なんだよね、上手くいかない。
何せ、成瀬の元カノとの同居、朋を追うストーカー椋木、成瀬の隠し事に気付いたり、問題が次から次へと湧いてくるから、追っ付かないの。
成瀬にハッキリと口に出して貰ってやっと一息つく感じの朋だから、成瀬の方にもっと朋に自分をぶつけていかなきゃねって、もう朋の成長より成瀬に叱咤激励してた続きっけ^^

イジイジ受けさんが地雷じゃなくて、温かい目で見られる人なら、面白いと思います。
みずかね先生のイラストは、登場人物の誰もが・成瀬の無精髭もキラキラ美しかったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ