くちびるに機関銃

kuchibiru ni kikanjuu

くちびるに機関銃
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルス(小説・心交社)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784883023912

あらすじ

『居酒屋臣』は学生時代の親友木下一臣の店だ。
そこでオレ、津森喬志は彼と三年ぶりに再会した。
店を教えてくれたのはその日離婚したばかりの元妻沙也加で、オレが臣から奪った女だ。
そのことをずっと謝りたいと思っていたオレに対し、臣は「沙也加のことが好きだった訳ではない」と言い、何を勘違いしているのか沙也加まで離婚三日目にして「幸せなお嫁さんになりなさい」などと言い出した!さらに臣の恋の行く末を案じて集まっているという謎の常連達がオレを混乱させる…いったい全体、何がどうなっているんだ。

表題作くちびるに機関銃

木下一臣・居酒屋店主
津森喬志・公務員

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

下町コメディのような?

これまで読んできた海賀作品とはちょっと雰囲気が違う作品でした。
今まで読んだのってどこかせつなくてちょっと痛いような感じの漂うものが多かったんですが、これはなんていうか下町コメディのような。
全体的な雰囲気が明るいんですよね。
なんせ、BLですから男同士の恋愛模様を描いた作品ではあるのですが、それに関わる人々がもういろいろ茶々を入れる感じというか…。
何もかも筒抜けな感じなのがスゴイです。

お話は主人公・喬志が学生時代の親友・一臣が営む居酒屋を訪れるところから始まります。
学生時代、一緒に暮らしたこともある2人。
それが、喬志が一臣の友人であった沙也加と付き合うことになったのをきっかけに疎遠になって。
喬志は沙也加と結婚するに至るわけですが、数年が過ぎ、沙也加から離婚を言い渡され。
更には一臣の居場所まで教えられて…。

一臣と疎遠になったのは一臣が好きだった沙也加を奪ってしまったせいだと思っていた喬志。
けれど、実際、取り合っていたのは沙也加ではなく喬志であって。
トライアングルの頂点は喬志だったことを、今になってようやく一臣の気持ちを知るにつれ、思い知続きることになるのですが。
それでも、一臣に対する喬志の気持ちがなかなか明確にならなくて。
自分でわからないままに一番の存在になっていて。
そんな喬志のために?というよりも一臣の恋を成就させようと居酒屋の常連「一臣の恋を成就させる会」のメンバーたちが罠?を仕掛けたりするわけです。
わー、びっくり。
このメンバーが今時?(発売は1999年です)のニューハーフもいるんですが、近所の頑固そうな老夫婦とかもいたりするんですよね。
おじいさん、ホモは許容範囲なのかーとびっくりしたり。
あと、意外だったのは喬志。
一臣との関係が落ち着くまでは時間がかかったくせに、くっついたらくっついたでわりと「欲しがり屋さん」というか…。
ちょっとした一臣の仕草とかで欲情しては誘いかける感じだったり。
それはそれでかわいいんですけども。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ