旅行鞄をしまえる日

旅行鞄をしまえる日
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199000973

あらすじ

売れっ子モデルの坂巻敬太は、CM撮りの優雅な船旅の真っ最中。
でも唯一の不満は、客室担当のクルー・福地義喬。
接客マナーも完璧なイイ男だけど、なぜかその慇懃無礼な笑顔が気に食わなくて、事あるごとに反発してしまうのだ。
そんな時、ロケで出かけた小島でボートが難破!!投げ出された敬太は、義喬と二人きりで無人島に取り残されて…!?南の島のサバイバル・ラブ。

表題作旅行鞄をしまえる日

豪華客船の優秀な客室担当クルー・福地
売れっ子モデル・敬太

評価・レビューする

レビュー投稿数2

無人島サバイバル楽しい

無人島モノって非BL作品であっても古今東西大好きなんですが、やっぱ面白いですね。
恋愛描写そっちのけでも許せる…というか、むしろサバイバル部分をがっつり描いて欲しかったりw

この作品、萌えポイントをしっかり押さえてくれてました。
まず、主役二人が水と油の二人ってとこ。これかなり重要!
漂流前はソリが合わないんだけど、隔絶された二人きりの世界で、協力せざるをえなくなる。
受けがスーパーツンデレなわがままくんだったのも良かったです。
サバイバルに長けてる攻めが、それまでの敬語をかなぐり捨てて受けに服従を強いた瞬間の萌えときたらもう…!お仕置きキター!みたいな。
無人島生活が短かくて苦労もあまりなかったのが残念…と思ったんですが、ページ数を考えると、じゅうぶんな量ですねw 本の厚みを感じなかったです。

0

無人島サバイバル?

読むたびに南の島に行きたくなる本です。

上級客室乗務員と乗客として、豪華客船で出会った福地と敬太。
優秀でハンサムな福地を敬太は何故か初対面から気に入らず、
上客という立場を利用して、福地に我まま放題です。
しかしどんな無理難題でも、にこやかに対応する福地に、
敬太はますますイライラ。

そんな中、アクシデントで福地と敬太は無人島へ。
船のエンジントラブルから救命ボートに飛び乗り、無人島へ流れ着くまでは
「これはハリウッド映画か!」と思うほどの迫力で臨場感があります。

救助を待つ間、無人島で福地と敬太は二人きりで暮すことに。
福地はボーイスカウトの経験もあり、あっと間に不便な状況にも適応。
しかし都会ッ子な敬太は、福地の助けがなければ生きて行けない状態に!
ここで船上での立場が逆転。福地の逆襲が始まるのです!(笑)

福地と敬太、二人とも一筋縄ではいかない「イイ性格」なので。
二人の日常会話だけでも大変、面白いです。
互いに「気に入らない相手」だったのが、無人島生活の中で次第に歩み寄り、
相手に対する気持ちがいつしか恋に変わり、その途端に臆病続きになる。
意地っ張りな二人だから、本音を言えない。そのもどかしさがまた、萌えます。

豪華クルージングに無人島サバイバル。そして濡れ場もいっぱい。
内容盛りだくさんな作品で、オススメです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ