立てこもり事件に巻き込まれた医師、それを助けたSAT隊員。本来であれば、出逢わないふたりが紡ぐ、もどかしく情熱的な恋。

LOVE TARGET~恋の弾丸~

love target

LOVE TARGET~恋の弾丸~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×210
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
46
評価数
13件
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784796402910

あらすじ

立てこもり事件に巻き込まれた医師の遼。命も危ない状況で頭に浮かんだのは、いつも寂しい思いをさせている最愛の息子・奏のこと。――そのとき、銃声が鳴り響く。死を覚悟した遼は、温かい腕と優しい声に包まれた。SAT隊員と医師、運命の出会い。そして、恋――。

(出版社より)

表題作LOVE TARGET~恋の弾丸~

高須賀由朔 SATの隊員で遼の命の恩人
藤森遼 シングルファザーの医師

その他の収録作品

  • 恋のはじまり
  • 愛のかたち
  • あとがき 妃川螢
  • あとがき 水名瀬雅良

評価・レビューする

レビュー投稿数4

正装は正義(w*

細かい事は置いといて。
正装、白手袋でプロポーズに来た攻め様に激しく萌えました(*´ω`*)
制服好きにはたまらないシチュエーションですね。
守ってくれそうな安心感のある人っていうのも読んでてたまりませんでした。
と言って、受けの遼がなよなよしてるわけでもなく。
男前なところも多々ありで良かったです。
子連れものとかそんなに好んで読む方ではないのですが、遼の子供、奏が可愛かったです(*´∀`*)
こういう、格好良い守ってくれるだろう感あふれる攻め様の出てくる話は大好きなので、すごく楽しめました。
スピンオフが出てるようなので、そちらも読んでみます。

0

大人の恋

特殊部隊祭りに、自身がドはまりしていた時に読んだ作品です。
こちらの作者さまはこの作品が初読みだったと思います。


受けの遼は息子を育てながら実家の医院で働く、バツイチ男性の医師。
家族は母と息子。

攻めの高須賀は、警視庁特殊部隊SATの隊員。
警察一家で育ち、かなりストイック。


往診中に、立てこもり事件に遭遇してしまった遼。
患者は絶対に自分が守ると決意しながらも、頭の中で考えるのは一人息子の奏のこと。
そんな遼を救い出してくれたSAT隊員が高須賀でした。

ちょっと普通とは違う出会い方をしたふたり。
普通ならばSATの隊員相手に再び会うなんて無理でしょうが、今回は高須賀が行動を起こして会いにきちゃうんですね。
そっと。
といってもバレますが。
服務規程違反ですけどね(苦笑
SATは、身内にでも所属を明らかにしてはならないということなので。
まあ、でも恋は止められません、馬に蹴られちゃいますよー。

大人ふたりの恋ですから一気に行っちまえ!的なものも多いですが、こちらは間に奏を挟み、そうすることでうまい具合に距離を縮めます。
続き、大活躍。
前半はカップルになるまで、後半はその後になります。
なんだかんだとふたりとも一目惚れに近かったようで、スイスイ進みますし、飽きさせません。
遼の母にしろ、奏にしろ、脇キャラが皆良い人で前向きで気持ち良く読むことが出来ます。

イラストは水名瀬雅良さん。
水名瀬さんの描かれる男性は線が細い印象なので、高須賀などはもう少しガッチリ系でも良かったなと思いました。

1

お姫さま抱っこバンザイ!

誠実なSAT隊員本人が恋の弾丸!

なれそめと、おつきあいが始まってからの二章に分かれていて読みやすいです。

離婚後、息子の奏(かなで)を引き取り実家の医院を実母と営む藤森遼(はるか)は往診に出かけた先で立てこもり事件に遭遇しSAT隊員の高須賀に救出されます。

その日はヘルメット越しの為、顔は見えず声だけ交わして別れますが、家族にも職種すら秘密が原則のSATなのに高須賀は事件後に遼のことが気になって病院まで様子をうかがいに来てしまう。

規則違反を犯してまで出向いてしまった時点で高須賀は遼に惹かれてるんですよね(笑)

遼の方も触れた体格と声で自分を救出してくれたSAT隊員だと察知し息子の奏もカッコイイヒーローの再登場を看破します。

吊り橋効果…とは言いたくないなぁ。
高須賀は命のやりとりをする現場での遼の気丈な姿に惚れて、遼はかけてもらった一言が気になっていたのだから。

遼の息子の奏が実にイイ仕事をします!
父親より先に高須賀とメアド交換をしてスマホ(!)でマメに連絡をとる姿の愛らしいこと(≧∇≦)

特殊な仕事の為、制約と不安はつきまとうものの、その都度、高須賀が誠実に対応続きしてクリアしていきます。

久しぶりに誠実な攻め様に出逢った(笑)
遼の乙女っぷりも微笑ましいです。

その誠実の象徴として高須賀の制服姿がここぞという時に素晴らしい武器として使われます。
もっと見たかったー!

2人とも人の命を救う仕事をしていますが、遼の母(ものわかりがいい!)や奏のおかげでほのぼのとしています。

脇役好きー!の私は保育園の双子や高須賀兄、保育士さんと続編に繋がりそうなキャラが沢山いて楽しかったです。

…と思っていたら高須賀兄の続編きました!
キャホー!

まるまる一冊、水瀬名雅良さんの絵にニヤニヤしっぱなしでした~。

2

ヒーローはSATのお兄さん

最近読んでる妃川先生の作品にはお子ちゃまが頻回に登場してる気がするんですが
今回も可愛いお子ちゃまが登場してて、ほのぼのとした雰囲気があるお話です。
妻の浮気が原因で離婚して、大学病院を辞めて実家の開業医院に戻ってきた受け様
地域密着型で往診に行った先で拳銃を持った薬物中毒の犯罪者に往診先の患者と共に
人質として捕らわれてしまい、それでも自分の患者だけは守ろうとする受け様
そこへ救出に来たのがSATの隊員の攻め様なんですよね。

受け様は攻め様に助けられ、でも顔もメットで見えないながらも攻め様の一言で
救われ、勇気づけられ印象に残る出会いだったんです。
攻め様も自分の事よりも患者を優先に、職業意識が高く誠実な受け様に・・・・
そして、バレないと思いながらも、受け様のその後が気になり医院へ・・・
でも、何故か受け様は攻め様が助けてくれた隊員だと気が付くのです。
そして、その小さな息子も気が付く、憧れのヒーローに出会えて喜ぶお子ちゃま~
実は受け様へ逢いに行くことは職務規定違反なんですよね。
そして、SATだとバレちゃうことも・・・
それでも、逢いたいと思って続きしまった攻め様なんです。

二人は次第に親しくなって行くのですが、受け様のお子ちゃまと攻め様の交流も
受け様以上にメールのやり取りをするような仲になるんです。
お子ちゃま大活躍なんです。
でも、いつしか恋愛的な意味で惹かれあい関係を持ってしまった為に
受け様は、攻め様が思っている以上に危険な仕事に着いている事を自覚してしまう。
そして不安に苛まれ、でも、だからこそ今の幸せにも心から感謝してる
同性同士だから相手の立場や仕事に理解を示しながら育む愛って感じでした。

でも、ラストあたりまで受け様が攻め様が年下な事を知らなかった事実はウケます。
母に言われて気が付く天然さんでもありました。
年下だけど、頼りがいがある攻め様は受け様と息子のヒーローなんです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ