キスアリキ。(2)

kiss ariki

从kiss出发

キスアリキ。(2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×28
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
98
評価数
22件
平均
4.5 / 5
神率
54.5%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784799711248

あらすじ

スレばスルほど一段と快感に素直になっていく透。
男の味を覚えさせてしまった以上、他の男も…にならぬよう、自分だけで満足して貰おうと、取り扱い注意の透の体を激しく突きまくる六実。
そんなある日、絶対に二人の関係を知られてはいけない男…透の世話係・堂本にそれがばれてしまう!
「よくも坊を誑かしやがって」極道の怒りが炸裂する。
拉致られた六実の運命は!?

(出版社より)

表題作キスアリキ。(2)

組の№2の息子 桐亜六実・大学生
組長の息子で後継者 須木透・大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数6

隅々まで堪能できる表現力

 美しすぎる極道BLの第2巻です。極道モノのBLって沢山ありますが、新田ワールドで展開されるストーリーは、複雑な関係や心情が交錯するものの、破綻のない構成で、本当によく練られているなぁと感心してしまいます。透と六実の関係、透と麻人の関係、麻人と透の父の関係、桐亜夫妻の秘密。謎解きのような展開は目が離せないし、すべてを超える六実の透への思いは一途でドキドキします。
 何よりも透が欲しいと言う六実と、悩みながらも「一番心地いい」と六実に抱かれる透は、切なくてエロくて天然小悪魔ですよ。Hシーンに限らず、コマの流れとか表情、画力と申し分のない新田先生ですが、特にHシーンの『手』の表現が好きです!綺麗でエロくて格好いい『手』が堪能できます。そして透がその言葉とは裏腹に快楽に溺れる様子はいやらしくて可愛くて、六実じゃなくてもハマってしまいます\(//∇//)
 男らしくあれと生きてきた透が手に入れた蜜の味。組長はお見通しなんですよね。すごい親父だよ、ほんと。どんな生き方をして組を大きくして来たのか、ますます気になります。
 そして1巻ではその真意が量れなかった堂本ですが、透との出会いが描かれ続きていて、とても共感できました!堂本、いい奴だ~!嬉しい!透は子供のころから人を惹きつける男なんだなぁ。ちっちゃな透の男前なセリフにはぐっときました。
 ラスト2ページで、堂本の刺青姿と坊への大きな愛が楽しめます。 
 

2

ぶつかり合う愛とプライドと欲望

ヤクザの息子と、堅気の優等生の、無人島から始まるカッコイイラブストーリーの2巻です。

今回は、透を好き過ぎる世話係の堂本に、六実と透の関係がバレて妨害されるお話です。
怒り狂った堂本の行き過ぎた行動で、六実は拉致されてしまいます。

でも、この時の六実の対応が、男らしくてカッコ良くてキュンキュンします。堂本の今後も考えて、堂本に「これは制裁じゃなくて、ケンカですよね」と根回しするし。このことが透の父親にバレて堂本が責任を負うのを、自分が代わりに負うと透が言えば「透さんの思うようにさせて」と言うし。透に惚れこんで、透のためになることを(組のためじゃなくて)いつも考えて行動してるのが萌えるんです。

六実以外にも、堂本や他の組員たちなど、透のためなら体を張ってくれる人がたくさんいるし、堂本をかばったことといい、こういう透の魅力のなせるワザですね。

組長に隠し子がいる噂や、透のライバルになりそうな組長の甥っ子が登場したり、謎を残して3巻に続きます。

3

これぞ!美しすぎる極道BL・第2巻!

読み応えたっぷりの美しくも熱いBL、本当に大好きな作品です~!
帯には「男同士のプライドと欲望がクラッシュする新田祐克 渾身の極道BL!!
美しすぎる極道。その体、取り扱い注意。」となんとも上手いですな~!
濃さというかエロ度は1巻よりも上がっている印象です。

【受け】〈透〉を大事に大事に育て守ってきた世話係・〈堂本〉と
【攻め】〈六実〉との一悶着も無事解決し、六実と透、2人はこれから将来に向けて…
と思っていたところに、また何かやらかしてくれそうな〈麻人〉の登場や、組長に
まさかの隠し子…!?などまだまだ波瀾は続きそうです。

1ページ1ページに目が離せなくて、読み込み度は相変わらずたっぷりで、
読ませてくれるな~という印象です。
これから透は、六実は、組は、一体どうなっちゃうの~!?と次へ次へと
ドキドキワクワク大忙しで、続きが気になってページを捲る手は止められず。
1冊集中して読み切るとお腹いっぱいです。
魅力的なキャラクター達には本当に心躍らされます。表情というか表現というか、
1人1人が濃くて、なんと言ったらよいか…こう、心にガツン!とくる迫続き力が
この作品にはありまして!
そしてなんといっても色気!男同士の熱い恋と欲望に、紙1枚から伝わる色気。
おそらく好き嫌いは分かれる作品・作風だと思うのですが、お好きな方は新田ワールドに
ハマること間違いなし!

終盤では六実のこと、自分の存在理由…いろいろと悩んでいた透の切ない想いを目にすることができます。
美しい透は、少々女性的に見えすぎ…?とも感じたものの、そこは男女限らず魅了して
しまう透の魅力さゆえなのかな、なんて。しかし外見とは裏腹に中身はしっかり男前!
というギャップがまた透の魅力なのです♪
周りを魅了してしまう程の美しい受け、大好物です!
きっと衝突や波瀾が待ち受けていそうな今後ですが、続きがとっても楽しみです♪

3

なう

スピリチュアル~の時にも思ったんだけれど
やっぱり受の表情がなんか女臭いんだよなぁ(´ρ`)んー・・
と、最近思うのは私の見方が変わってしまったからだろうか。
・・とはいえ、おまちかねの2巻であります。
前回は閉じこもった場所でヤリほうだいでしたが、
おんもにでてもやっぱりこの二人はエロエロでした。
有難うございますwwじゅるり

とはいえ、新田さんの漫画はなんといってもストーリーだと
私おもっておりまして、ハラハラ~な展開がこのあと・・
ここまでにはられた伏線がどう生きてくるのかが楽しみです。
ボンのエロ+ヤキモチ+喜怒哀楽。そして仁義なき~な男らしさ
も見どころの一つだったり致しますがw

堂本さん。
この人、わりと邪なことでもあるのかな~と読み始めだったんですが
小さい頃からボンのそばで~なお話。
一途で可愛いじゃないかwwwこういう人嫌いじゃないです。
ともあれ、次回はもうすこし早めにお目にかかりたいです。

3

理性と本能のかけひき

新田祐克のどの作品にも共通する点は、人間の理性のかけひきと、男同士の本能のかけひきが、読む人を魅了し、BLでありながらも、BLの外の、まさに「新田ワールド」へと誘い込む点だと思います。読む人によっては、小難しいと思われる台詞やかけひきの世界は、実に巧妙に計算されており、物語の中の矛盾はほぼ100%みられません。構成がしっかりしており、説得力があります。そのため、そこに広がる性のかけひきが非常にリアルで、またエロティックなのです。『キスアリキ。』では、登場人物達それぞれの持つ葛藤や衝動、そして喜怒哀楽といった情に、読者が納得し、それは今巻に於ける性的描写においても洗練度を持ち続けることを可能にしています。

BLの枠を超える作品はいくつかありますが、この作品も『春を抱いている』の作品と同様、BLの枠を超えた、非常に魅力的な「男の世界」をみせてくれます。

ミステリーという点でも、この作品は非常に目が離せません。これからどうなっていくのか、展開が読めないのです。まだ明かされていない事実も沢山あるのでしょう。粘り強く作者が、読者を良い意味で焦らしていることは明白です。しかし、その粘り続き強さが、作品の深みと味を一層強いものにしていくのだろうという期待を持たせます。同時に、作品にのめり込む読者が増えていくことになりそうです。

前のレビューをお書きになった方が内容の説明などを詳しく述べられているので、私は違う角度からこの作品の魅力をお伝え出来たらなと思いました。最近は、説得力はあっても、淡い恋/青春どまりであったり(それはそれで感動があり美しくて大好きですが)、まったく非現実的か、少々暴力的(SM的?)/短絡的な性描写のBL作品が多い中で、このように世界観をしっかりと完成させながらもエロティシズムをしっかりと追究している作品は、まさに希少です。新田祐克は、そういう意味で、彼女のジャンルというものを確立しつつあるように感じます。BLのレベルを高めてくれている貴重な存在です。

とにかく、是非一度は新田祐克作品を読んでみられることをオススメします。『キスアリキ。』は、『春を抱いていた』や『スピリチュアル・ポリス』といったような、カップルが受攻入れ替わり可能のような設定とは異なり、受けは攻めよりも線が細く美青年に描かれている点では、入り易い人も多いかと思います。私も実際ある程度の年齢になるまで『春を抱いていた』の魅力は分かりませんでした。そういう意味でも『キスアリキ』は作者にとってもチャレンジだったとは思いますが、非常に完成度が高く、新田祐克作品に幅ができ成功だったと思います!これからの新田祐克作品が楽しみになりました!

2

chellydish

Pekoeさん!

私の勢い任せのレビューに、とてもご丁寧な
コメントをありがとうございました!!(*^^*)
もしお役にたてたなら、本当に嬉しいです。
是非 読んでみてください。例えるならば、
桜ではなく、百合のような極道のお話です笑

pekoe

私はリバの魅力がわからないので『春を抱いていた』などははまれなかったのですが、
レビューを読んで、この作品は自分にも合うかもしれないと思いました。
気になってたので読んでみますv

全ては親父の・・・?

食えない組の親父たちの策略にまんまとはまり、”担ぐ神輿と担がれる神輿”の覚悟をきめて関係を築き始めた組長の息子・透と若頭の息子・六実。
六実と透との関係にうっすら気がついて、激しい嫉妬のような感情を見せる透の世話係の堂本・・・というところで終わっていた1巻。
極道を舞台に、いよいよそれは面白味をましてきました♪

男なのにやけに妖艶な透が、まるで気の強い女みたいなだな~、という外見印象がますます強くなってきてはいるのですが、心は充分に男です。
堂本に関係を感づかれたことで六実がピンチに!?と思いきや、意外にも堂本が欲情という部分で透を見てはいなかったのか、はたまた、透が上手くすり替えた狡猾さなのか?な展開を見せたのですが、それを決定的にしたのは透の男気の部分であったのも、おおー、ただの坊じゃないねvと思わせる部分でした。

そして、今回は麻人という、透の従兄弟(父親の実の姉の息子?)が初登場して、これがなにやらきな臭さをふりまきます!!
これが今後の展開のキーポイント?

二人の関係もどんどんディープになってきています。
初めて六実で男を知って、はまっていく透。
続き
鏡や硝子に映った二人の交合姿にまるで自分が女のようだと、六実を突然拒否する姿を見せたりもするのですが、それは彼が一番自分がなりたくない姿であったという。。
でも六実にはそれをも晒しても、、、という部分で身体だけではない気持ちと言う部分の成長(愛?)が着実に育っているのだと思います。
そして六実も、そんな透にハマっていくのですが、まだ本音は漏れない。
彼には裏はあるのか?それとも純粋に透を考えて?

それにしても、彼等の親父達・・・特に透の親父(須木組長)が喰えない奴で!!
それがまた魅力でもあるんですが~いやぁ~彼が受けだった過去がどうしてもwwww
麻人のことも、彼の考えの内。
透を跡目に据えるための?それとも何か?
本当に狐か狸みたいな親父で、でもこれがオヤジの魅力なんですよね(脇役だけどw)

相変わらず、新田さんの身体の表現は実にリアリティがあり臨床感のあるセックスシーンが描かれます。
たまに、透は女体じゃないか?と思うほどに色っぽい身体の線を見せるのが魅力だったりもするのです♪
そんな眼福と、いかつい極道達も、いかにもその世界っぽくて、世界観も楽しめる部分だと。
主人公達はお神酒徳利になる日までの波瀾、、次も楽しみです!

ラスト番外めいた、サウナで六実のイチモツを見ておかしな勘違いをする堂本がお茶目で愉快でした☆
しかし、、、堂本、ひょっとして透の為に命を落とす宿命なんじゃ・・・とチラっと思ってしまったりとか。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ