狼は魔法を

ookami ha mahou wo

狼は魔法を
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×217
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
19
得点
157
評価数
42件
平均
3.9 / 5
神率
31%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784864420617

あらすじ

本当はただひとり、自分を愛してくれる人がいればいい。
男達と体だけの関係を持ちながらも、そう願う永瀬が出会ったのは地味で恋愛にも興味の無さそうな大学の先輩・樋口。
無口で無表情な男だが、接するうちに知る優しさに永瀬はどんどん惹かれていく。
幸せになりたい、愛されたい、樋口への募る想いは果たして・・・。

表題作狼は魔法を

大学の先輩 樋口
大学の後輩 永瀬

同時収録作品枯れた花に恋の水

清掃のバイト 八田
花屋 曹介

同時収録作品狼に魔法を

高校生 女友達の彼氏 井土雅也
高校生 永瀬

その他の収録作品

  • 枯れた花に恋の水
  • 狼に魔法を
  • 狼と魔法を

評価・レビューする

レビュー投稿数19

恋の話、2篇

2作品収録です。
冒頭は表題作ではなく、花屋さんの話。

「枯れた花に恋の水」
『ヤクザ花屋』と子供にあだ名されるくらい怖い顔の、花咲曹介。
外見のコンプレックスで笑えず、性格も暗く、自信がない。
でもそこにガンガン突っ込んでくる八田。
今までの人格否定されまくりの人生、八田の好意は全く信じられず自分の気持ちも肯定できない。誰にも好意を抱かない事が自分の傷つかない方法。
でも本当は……『信じたい 甘えたい 好かれたい』こんな叫びが隠れている。人も自分も受け入れたい、と。
こんなこじらせ男をがっちり受け止める、可愛い顔して頼もしい年下攻めですよ。

「狼に魔法を」
若さゆえ。
イケメンでゲイの高校生永瀬の、残酷な青春。

「狼は魔法を」
大学生になった永瀬。男という事で拒否された彼は今、体だけの付き合いを中心としたゲイライフも覚えた。でも本当は彼氏が欲しい。
そんな時に知り合った、無口で無表情、何を考えているのかよくわからない樋口先輩。
全くタイプじゃないのに段々惹かれていくこの感じ。誰に対しても裏表のないブレない樋口先輩がどれだけ不安定な自分の支えに続きなってたか。
永瀬君、先輩に恋ができて良かったね。

「狼と魔法を」
先輩目線。何を考えているのかわからないような先輩も、彼なりに外界を感じ考えている。(当たり前だけど)
先輩にとっても、永瀬君は特別。ほんのり恋風味。

0

じんわりしみる

全体を通して繊細さを感じるお話です。

【枯れた恋に~】
ほんわかしました。
こちらは強面な年上受けの臆病な感じとかが描かれていて良いです。

【狼は~】
表題作は高校時代から大学時代にかけての永瀬の話をじっくり描いています。
個人的にはやはりこちらがツボでした。
表紙二人のお話でもあるのですが、印象としてはゲイである永瀬が傷つきながら
ずっと自分を愛してくれる誰かを求めていく様を読んでいく話のほうが強いです。
地味で無口ゆえか攻めの心情が少ししか分からず、描きおろしで補完される感じです。
ですが、もう少し先の幸せそうな永瀬を見たいなとも思うので
収録作品のどちらももう少し先まで読みたいと思わせる作品でした。

1

愛されたい

作家さんデビューコミックス!!
2人のお話しが入っています。

「枯れた花に恋の水」
見た目が厳つく、まるでヤクザみたいな花屋の店主。
自分の見た目にコンプレックスがあり、でもどうしようも出来なくて
いろいろと諦めているおじさんとそのおじさんに恋をした青年の話。

青年は好き好きアピールが凄くて振り向かせようと頑張るんだけど、
それ以上におじさんの心の傷?の方が深くて、なかなか青年を信じられないおじさん。

恋愛をしても、振られてしまい、どうせ自分はこんなんだからと諦めてるのに
好きになってくれた子が若いし、男だしとおじさんが悩みまくってます。

お話し自体は悪くないんだけど、ちょっと印象がうすいかな??

「狼に〜」
表題作はとーーーっても好きでした(*′ω‵*)
主人公はイケメンくん永瀬。
永瀬は、大学生になって、いろんな男と体の関係を持つんだけど、
いつも心の底では、自分だけを愛してくれる人を求めている。
女の子の当たり前が自分には持てない事で、傷付いてしまうくらい
傷つきやすい彼には、自分だけを愛してくれる人なんていない
とネガティ続きブになりながらも、その人を探すのに必死で、
でも、失敗する度に傷付いて、もぅ胸がぎゅーですよ(´Д` )

そんな中で、大学の先輩•樋口と出逢い、無口で無表情で何にでも
興味がなさそうな彼にホモだとバレてしまう。
しかし、先輩は、そんな永瀬を受け入れ、次第に距離が縮まっていくんだけど
読んでると永瀬が可哀想で可哀想で•••

樋口先輩、最後よくやった!!!って感じだよ笑


どちらのお話も、自分を諦めている感じで、
愛されたい想いが伝わってくるお話しでした。

神評価付けたいけど、やっぱり花屋の話はうーんだったので、
神に近い萌えx2で笑

1

若いって罪だな。

黒髪無口、無表情。
この類は結構大好きですが、
今回の黒髪くん。表紙からして
キノコくん。
購入するのを長らくためらったのはこの、キノコくんが好きになれる自身がなかったからでした。

それでも気になりまくり、やっと
購入しました。

キノコは想像よりも表情が動かず、鼻もなんだかおかしく。
目も想像以上に動かない。
でも、キノコ登場までが
あまりに切なかったため
この安心安定のキノコが
どんだけ大きな存在かが
ひしひしと伝わってきました。

見た目で判断してごめんよ。

3

二作品収録

なんでも器用にこなせたらいいのにな、気にしないでいられたらいいのにな、と漠然と感じる人間関係においてのあれこれが身にしみるお話が二編収録されておりました。

【枯れた花に恋の水】
たしかに、「この人すごく怖そう、笑わないし声も低いし」と思うような人、いますよね。そういう人がふと笑ったり、冗談を言うとすごく驚いたりもして。寡黙な人ほど中に抱えているものは大きいんだろうな。
受け(途中までこれはどっちが受けで攻めなんだろう…とこわごわ読んでいました(笑))である花咲さんもそのたぐいの人で、自分のルックスが他人にどう思われて感じられるかを年を重ねるごとに知ってしまい、気が付けば対人関係をやや億劫がるようになっています。
このネガティブな一面を打ち崩してくれるのが、素直でひたむきな八田くんです。彼の裏のない愛情表現が鉄面皮状態の花咲さんを少しずつですが柔らかく溶かしてくれます。
花咲さんの鬱屈した感情、分からないでもないんです。だからこそ読み進めるごとにむなしくなってしまって、目を背けたくなりました。
前経営者である両親が死んだことにより、後を継がざるを得なくなった、そういう風に続き花咲さんは言っていましたがほんとうは仕事に対して真摯な人なんだなというのも分かります。これでこの花屋の仕事さえも嫌だなんて明確に言っていたらただのネガティブな人ですが、こういう真面目なところもまた、八田くんが花咲さんに惹かれた理由なのでしょう。
八田くんのストレートな感情表現が気持ちいい漫画でした。

【狼シリーズ】
としてまとめます。まず「に」。
ほんとうに井土くんが欲しかったわけではないけれど、今まで諦めていた『同性からの関心』が向けられていることに対して『欲しく』なってしまったんだろうな。
ずっと、好きだと思った対象から恋愛の『選択肢』にさえ入れなかった今までとは違って、明らかに友情とは異なる感情のベクトルを向けれらていると判断したら興味も喜びも膨れますよね。だって、永瀬もまだまだ高校生ですもの。
井土くんとしては、浮気というもののスリリングさ、異性ではなく同性と結んだ関係で感じる刺激、好奇心、それらが混ざり合っていたんでしょう。
永瀬もそうと分かっていたと思います。聡いです。でもどこかで、もしかしたら手に入るかも、このまま頑張れば先に行けるかも、友人から『奪える』かも… 「早く、俺のものにしなきゃ」 というモノローグは辛かったです。そして終わりも、悲しかった。
普通の男女と同じように、彼は恋愛したかった、それだけなのに。

「は」
救われましたよよかった永瀬…! この作品に出てくる樋口先輩が大変良い! 無口の無表情電波系ですが、とても良い!
この作品で気が付いたのですが、永瀬くんちょっと乙女チックなところがあるんですよね。そして、好きになればなるほど自分だけのものにしたくて独占したくてそれでいて愛してほしくなる。いつも諦めているだけに、とっかかりがあって火が付くととても情熱的になるようです。
永瀬が色々ためこんでいたり、誰にも言えなかったことを優しく聞いてときには茶目っ気のまざったレスポンスもしてくれる樋口先輩、惹かれないわけがないですよね。いやもうとても好きです。なので、永瀬が勢いあまって思い告げたときの動揺した表情をほんとうは! 見たかった!

「と」
好かれているということが分かっていると、永瀬も冷静に静かに樋口先輩を待てるのですね。押せ押せな面が目立っていた前二作とは違い、おだやかなふたりを見ることが出来ました。
このふたりが交わる(樋口先輩、ちゃんと勃つらしいので)ときはどういう感じなのでしょう。「先輩ほんとうに出来るんですか?」なんて言っちゃうんだろうなぁ。
ところで、狼とは永瀬のことでしょうか。
狼「に」魔法を「誰かかけて」/狼「は」魔法を「みつけた」/狼「と」魔法を「つつむとき」
とか、そういう感じかなぁと読了後に考えていました。魔法は、恋なのかな。

永瀬くん、花咲さん共に暗かったのですが、お相手の樋口先輩と八田くんの優しさ柔らかさでその暗さも吹き飛んでいました。ちゃんとそれぞれ「水」も「魔法」もつづいているのか、二組の「今」も気になる作品でした。

1

二つのお話し

ヤクザな顔のお花屋さんと清掃のアルバイトをしている八田のお話~
これすごい共感と夢がつまっております(私的に)
強面で自分をうまく表現するのが苦手な受けに対してその良さに気づいて好き好き~とアピールする八田のちょっぴり?受け的にはナイーブなところにつっこんだお話。
もうねぇお花屋さんすごいわかるーー。顔が怖くて勝手なイメージつけられて面白半分で近づかれて勝手に愛想つかされて・・・。私?私じゃーんと共感しながら読めました。
だからこそ、八田の好き好きアピールをうのみにできなくて信じられなくてネガティブな言葉だけが自分の心にすっとはいってきちゃう。
八田が自分を求めれば求めるほど怖くて逃げたくなる・・・・。

------------------------
タイトルの「狼は魔法を」
女友達の彼氏がほしくて・・・・これって男女でもなんでも同じ思考。
女より綺麗で・・・でもゲイだから・・・・・。
過去の失敗からほしがることをやめた永瀬・・・・だけどいつしか樋口を好きになってしまって。
樋口・・・・いいキャラしてるよねぇ。
好きです・・・・人に無頓着そうなのに自分だけ続きにはちょっと特別??みたいな・・・・。
永瀬が気になっちゃうのもわかるし樋口からしたら棚から牡丹餅だよ・・・・。
あぁこの二人のらぶらぶが見たい~。

1

ヤクザ花屋

小学生の「うわーヤクザ花屋だー!」にウケました(笑)
その走っていく姿が昭和の小学生を彷彿とさせますw

同時収録作「枯れた花に恋の水」は強面の曹介が花屋をやっているという見た目とのギャップがネタのお話でした。
見た目のギャップが酷いと逆に話題になって人が来そうな気もします(笑)
でも中身はとってもいい人なんですよね。
八田は曹介のことを一目惚れで好きになったようですが、話の流れを読んでいると、ちゃんと曹介の中身も好きなんだな~と思わされました。
そんなわけで八田の押し押し攻撃もなんかいいな~と思えるのでした。
そして強面年上のほうが受けなんですね~。あらビックリ。


表題作「狼は魔法を」シリーズ。
これは・・・無口攻めキターという感じです。
キノコというかメットというか、樋口の見た目が全然好みじゃないんですが、
でもこのカップリングいいなぁと思いました。

こちらの作品は残念ながら(?)キス止まりなんですが、
あの無口な先輩がピーの時に一体どうなるのか、そこが気になって気になってもう・・・!!
妄想が止まりません(笑)
うぅ、そこのところを描き続き下ろしで是非見たかったです。

1

ヘルメット先輩

表題作が大好きです。

『狼は魔法を』 樋口先輩×永瀬くん
当たり前のように、当然のように男から愛される“女の子”という存在への嫉妬や、
ノンケ男へのぐるぐるした想いに、切なくて胸が痛くなりました。
自分のことだけを好きになってくれる相手と出会えれば、ただそれだけで幸せなのに、
うまくいかないなんて切ないです。

先輩の気持ちが少しずつ永瀬くんに傾いていくというか、向かっていく描写が
とても丁寧に描かれていて、余韻もほどよく心地よくって、
読んだあとに心が温かくなりました。
永瀬くんが素敵な先輩と巡り会えて、本当によかったです!

ひっっっじょうに続きとその後が気になる作品です!絵柄も好き。
キャラクターもストーリーもとてもお上手で好みなので、
これから作家買いしようと思いますー!

2

ようこそ!細目の寡黙キャラ!君に逢えて良かったよ…v

表紙買い。
中の絵は、表紙の印象とちょっと違いました。
同時収録作品のほうは特に、ヤマシタトモコさんの絵と似ています。
偉大な作家さんなのでリスペクトするのはわかるけど…エンゾウさんや懐十歩さんのように今後この系統の絵がぞくぞくと増えるんでしょうね…。

ということで、同時収録作品はイラストにオリジナリティを感じませんが、表題作ではあまり見かけたことがないような『細目の寡黙キャラ』との新鮮な出会いがあり、そこはよかったです!

3組のカップルからなる短篇集。

■枯れた花に恋の水
明るくて気さくな年下青年×強面がコンプレックスな花屋のオッサン。
これね~~……ん~~~・・・正直いって個人的には微妙……。
なにが微妙って、受けのオッサンが設定ほど強面に見えないとこんですよね…
ちょっとタレ目で眉間にシワあるくらいで、2次元ではこういう顔のキャラが普通にいるので、とりわけ強面には感じられないというか…。
なので、「その強面なのにファンシーな印象の花屋をやっている」というギャップや、本人のコンプレックス具合が絵柄からは読み取れないのが残念でした。
ゆえに、中身に続き集中できなかったし、キャラの心情にも共感できなかった。
もっとドン引くほど強面にしちゃえばよかったのに……と思いつつ、そんな絵柄で胸キュンなシーンを描くのは至難だよな…とも思います。難しいところですね。

とはいえ、この作品に関しては、絵柄だけでなく、キャラの思考回路や、都合よく偶然嫌なヤツが登場したりするシナリオの未熟さも目についたため、どちみち好みではありませんでした。
なんというか…「こっちの方向に話を進めたいんだ」という作家さんの明確な意思がみえみえというか……もう少し脇役の使い方が上手になると面白い読物になるのにな~…と残念でした。

そして、受けのオッサンはくよくよしすぎ。いちいち女々しくて、そういうキャラが非常に苦手なためイラッとしました。
しかも、コンプレックス引きずってくよくよするだけで、自分で努力とかしてない「常に受け身」な姿勢も好感がもてません。
もっと努力したり足掻けよ!
待ってるだけのお姫様ですか?悲劇のヒロインですか…?
勘弁してくれ~…みたいな。
辛口ですが、こういうキャラは本当に苦手なのでゴメンナサイ。。。
強面だけど、ガラスのハートでとってもナイーブな男です。
そのギャップ?が魅力なのかしら…?
そこに萌えや面白さを感じる方は好きかもですね☆

■狼・魔法 シリーズ
イケメンだけど実はゲイの学生(受)の、事実を隠してすごす高校時代の苦い恋と、
いろいろ開き直って見事成就した大学時代の恋を描いたシリーズ。

ちなみに、このイケメン主人公のイケメン具合も絵柄からはいまいち読み取れませんでした。
他のキャラとそう変わらないと思うけど…どのへんがイケメンなんだろ…?
作家さんが求めるイケメンとか強面のイメージが、個人的に合わないのかもしれません。
なお、ヤマシタトモコさん系の絵柄は、このシリーズではほとんど感じませんよ~。
こっちの絵の方がオリジナリティがあって好きですv

高校時代と大学時代とで相手は異なります。
高校時代は仲いい女友達の彼氏が相手。つまり主人公が浮気相手にされる話。で、結局フラレて傷つきます。

大学時代の相手はノンケの細目の先輩。表紙の人。
ボーっとしてて抜けてて、無愛想なんだけど、なんでも話せていっしょにいて楽、
という細目の先輩が、いつの間にかゲイの後輩のことを好きになってる過程がちゃんと描かれていて、この話は面白かったです!
何考えてるのかわからないような人が、誰かに好意を抱くのを傍目からみてるのってすごく楽しい!v(>∀<*v)

高校時代の若気の至りのような苦い経験があるからこそ、この先輩のよさがわかるというか…そのへんの流れも好きでした。
まだエッチはしてない二人なので、そこの発展も含め続編を期待します!笑


そんなこんなで、収録されてる2作間での甲乙がはっきり分かれた1冊でした。
同時収録は読み返す気も失せるほど苦手だったけど、表題作はとっても好きです。
前者のみの評価は「しゅみじゃない」、後者のみの評価は「萌」といったところかと。
両者の兼ね合いにより総合的には「中立」にしておきます。

同じ作家さんとは思えないくらい印象がちがう2作が入ってるので、少なくともどちらか1つは楽しく読める確立が高いのではないでしょうか?笑

《個人的 好感度》
★★★・・ :ストーリー
★★・・・ :エロス
★★★★・ :キャラ
★★★・・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成/演出

5

初コミックス

初読み作家さんです。

多分、cab誌上では読んでいたのかな。
お名前の字面には記憶がある。
が、しかし、例によって、見分けつかねーよ、つか、切れ目どこ?系の、地味きれい作品で、、、。

ストーリーは、端的にまとめると、過去の諸々から恋に臆病になっていたこが、別世界の王子様と知り合って、新しい人生を歩み出す話?
この別世界の王子様って言うのが、
強面ノンケの花屋さんをスキスキオーラで明るい世界へ連れ出そうとするゲイ青年(枯れた花に~)
無表情で何を考えているのかわからないけど、何に対しても平等で表裏のない先輩(狼~)。
お話はとてもよくできていて、淡々としているけど、読み応えもあって、
ただ、どうしても印象が薄く感じちゃうのって、コマをつめて、表情とかを見せないことでお話を引っ張る感じのシーンが多くて、それが「抑制が効いたメリハリがスタイリッシュで素敵」と、「手抜きで逃げてる?」感の間で印象が揺らいでしまってさ、
絵も、ストーリーも、大変お上手なんだけど、も一つ滾ってこないのがちょっと残念。

でも、本当に、この手の地味さっぱり系では、凄くハイレベル、お上手続きだと思う。
風通しのいい(暑苦しくない)作品で、さっぱりしたいなあって時にはとってもお勧めかも。

3

ぐおぁ…、キタ!!

この胸の打ち抜かれ具合をどう表現したら良いんでしょうか…。

すでに皆様、共感しまくりの素敵なレビューをされていらっしゃいますので
ワタクシごときが述べる事は何ひとつ残っていないようですけども。

何気なく手に取ったコミックスにこんなに「うっわ!!!」となったのは
本当に久しぶりだったので、テンション上がってます!

『枯れた花に恋の水』で、強面&無口&無愛想な曹介さんが
受けっていうのに萌えたぎりました!
(年下ワンコ攻めが好きなのはいつもですが)
コンプレックスによって傷付かないふりをずっとしていたのに
八田から好意を向けられたことで、平気じゃないのが露呈してしまう。
八田は冗談めかしながらも素直且つちょっと強引に心に入ってくる。
恋は、人間を変えてしまえる素晴らしいものだと改めて思わされました。
曹介さんが継ぐつもりが無かった花屋だというのに
努力で培ってきたものがあるっていうのにもジーン……。


『狼シリーズ』勝手にシリーズ呼ばわり。
綺麗な顔して、自分がゲイだと言う事で恋を諦めていた永瀬が
気になっている男にカミングアウトし、
続き線を引いたつもりが意識され、途端に欲してしまう様子がなんかリアル…。
常に彼の視線を感じながら、なんでもない素振りをするのが魔性!!
そこは普通慌ててドギマギするところなんでしょうけどね!
こういうのはきっと天性のものなんじゃないかな。
でも本当に好きで、以前よりもっと欲が出てしまって
拒否された時の永瀬が可哀想で可哀想で…(泣)

だからこそ、樋口先輩のようなぼはーっとした
好みじゃないようなタイプが本当の恋のお相手で良かった!!
牽制しつつ、気持ちを告げた後の「失敗した」にずっきん。
何も考えてなさそうなのに、同じようには想ってくれていないのに
構内の往来でいきなりキスしてしまう樋口先輩、やってくれました!!
独占欲は、恋愛感情でいいんですよ、先輩!!
ちゃんと勃つのか怪しいち○こ(!)で
これでもかと言うくらい永瀬を可愛がって欲しいです…。
これから永瀬の気持ちも満たしてあげて!
あっさり両想い、という事にならないのがまた良かった…。

あああ、すごく続きが読みたい!!

萌×2ですが、神寄り!!!
懐さんの次のコミックスは新刊買いだー!!!







4

待ってました!!!

Cabで初めて「枯れた花に恋の水」(前編)を読んだ時から懐十歩さんのファンになってしまい、それからずっと毎回楽しみに読んでいました。
ついに単行本になってすっごく嬉しいです♪

「狼に魔法を」
永瀬くんの高校生時代のお話。
これを初めて読んだ時は、切なくて切なくてしばらく引きずってしまいました・・・。
永瀬くんの想いが願いがとても胸に響きました。
どうかどうか永瀬くんを幸せにしてあげてほしいと心底思いました。

「狼は魔法を」(前編)&(後編)
そして念願の永瀬くんが大学生になってからのお話。
樋口先輩と出逢って好きだと自覚して、今度は失敗しないようにゆっくりゆっくり関係を進めていき、ついに告白した時の樋口先輩の表情はいったいどんな表情だったのか、とても気になります。
樋口先輩のキャラはすごく好きです!!
今までで見たことのないキャラで、永瀬くんととても良い組み合わせだと思いました。
懐十歩さんが永瀬くんに恋人を作ってくれて本当に感謝です。

「枯れた花に恋の水」(前編)&(中編)&(後編)
花屋の店長・花咲さんと彼にひとめぼれした八田くんのお話。
続きこちらも花咲さんにとても感情移入しながら読んでいました。
八田くんにぐいぐい来られて、なんやかんや相手をしてしまっている花咲さんに、早く落ちて幸せになっちゃいな!と思いながら読み進めました。
周りの同僚も良い人たちで、花咲さんのことを大切に思っていて、この花屋が実際にあったら行きたいなと思いました。
花咲さんにはこれからどんどん八田くんに甘えてほしいです。

「狼と魔法を」
単行本描き下ろしで、その後の樋口先輩と永瀬くんのお話。
どんどん樋口先輩の永瀬くんに対する好きの気持ちが上がっていっているのが分かるお話で、永瀬くんがとても幸せそうで嬉しかったです。
この2人はこの先ももっともっと読みたいので、懐十歩さんにはぜひとも続きを描いてもらいたいです。

この本のキャラは皆大好きです!!
本当に永瀬くんと花咲さんが幸せになってくれたことが嬉しくて、ここまで嬉しく思ったのは久しぶりでした。
これからも懐十歩さんの作品を楽しみにしています。
私の今年一番大好きな作品なので、たくさんの人に読んでもらいたいです!!

5

ほんとに初コミックスですか?

ナツキジッポさんとお読みするのですね。
絵といいモノローグのぐるぐる具合といい、初期のヤマシタさんを思い出しました。
表題作より先に入ってるのが「枯れた花に恋の水」
コワモテお花屋さん花咲と、脳天気を装ったワンコな客の八田。
外見がヤクザみたいということにコンプレックスを持っていて愛想よくできず、人に怖がられてまたコンプレックスを強くするという負のスパイラルに陥ってる花咲を、ゆっくりじわじわと且つ強引にほぐしていく八田。
彼じゃないと花咲さんをここまで慣らすことはできなかっただろうなあというハートウォーミングなお話でした。
ほんで表題作!
高校生の永瀬はイケメンだから女子にモテるけど、誰とも付き合わない。だってゲイなんだもの。
女子ってことだけで、簡単に自分の好みの男子と付き合える女子を憎んでるんだもの。
そんな永瀬が、女友達の彼氏を欲しいと思ってしまい、横取りしようとして途中で失敗してしまいます。
このくだりがほんとに青春の過ちというかね、なんともせつないのです。
もっと恋愛経験があれば、お互いもう少しうまいことやったかもしれないのに。
なので、大学生になった続き永瀬を心から応援してしまうのですが、ゲイの相手を見繕って処理だけはしてるものの、彼氏はできてない永瀬くん。そこへ現れたのが表紙のキノコ頭の樋口先輩です。
ぬぼーっとしてて無表情。忘れ物大魔王だし、話が噛みあわなくて浮いていそうなのに、誠実なところが周りに信用されて、意外にも友だちが多いのです。
ゲイと自覚してからずっと自分を偽って生きている永瀬は、そんな樋口先輩に興味を覚えて近づいてみると、妙に居心地がよくて、すっかり懐いてしまうのです。
好みのタイプとはかけ離れているはずの先輩のことを、だんだんと好きになってしまう永瀬とはまた違うリズムで、樋口は永瀬のことを気にかけている。
無口だけどけっこう色々気づいてて、永瀬の感情の動きもわかっているのです。
最終的には気持ちが通じ合うとこまでいきましたが、ラブなシーンがないーーー!
ぜひともこの二人の今後が知りたいです!!

4

静かな恋

作者の初めてコミックスでした。
話がおしゃれでしたよ。
静かに物語は続いていきます。
独特の流れを持っている作者ですよ。
この方 多分化けたら面白いと思います。
注目してみましょう。
次回の作品をすぐにチェックですよ~。
ですが 私は萌えを感じられなかったのです。
じりじりする話が苦手なので。
こうゆうのが好きでたまらない人はよろしいかと思います。
あと 絵がなあ・・・・・。
細い男だらけなんだよ~。着やせするタイプかな?
もっとがっしりした男達をふやして~。

2

無口で無表情で

変わった人だなーって思ってた先輩のそばは
案外居心地がいいってことだよね永瀬君(受け)!!
ハズレクジばっか引いちゃう男の子が
幸せになる物語ってなんだかじわっともわっとしちゃいます。

表紙にひかれて購入しましたが、表紙に偽りなし!
中も素敵な絵柄でした(^∪^)

表題作ともう一本、前中後編の自分に正直な青年君×強面花屋さんの
お話も入ってます。
こちらも、おもしろいですよ!
顔は強面だけどそれがコンプレックスな
かわいいおっさんを是非読んでみてください!

1

久々にツボ・・・!

作者さんの初コミックであるということを知らずに表紙とあらすじだけで購入したのですが・・・これが久々にツボにはまった作品でした!
特に表題作である「狼は魔法を」は本当にいい内容でした。

『狼に魔法を』,『狼は魔法を』
 ゲイである永瀬の高校時代の話から始まります。本当はただひとり,自分を愛してくれる人がいればいいという願いをもっている永瀬は高校で好きになった男友達と親密な関係になります。ですが,いざというときに相手から「やっぱ男の体は無理だわ」と拒絶されてしまいます。
 大学にはいってからの話が表題作である「狼は魔法を」になります。自分を愛してくれるただひとりの人を求めながらも,心を埋めるかのように男達と体の関係を持ち続けます。
 そこで出会ったのが地味で恋愛にも興味がなさそうな大学の先輩である樋口でした。
この樋口先輩がとてもいいキャラをしていて・・・!今までのBLにいないような無口で無表情な彼ですが,永瀬はどんどん惹かれていきます。永瀬と樋口の掛け合いがなんとも言えない雰囲気で和みます。永瀬にとっては,樋口先輩が自分の心を溶かしていく魔法使いだったのではないかなと思い続きました。今まで報われなかった永瀬には幸せになって欲しい・・・!きっと樋口先輩なら・・・!切ないけれど,ほっこりするお話です。
ぜひ続きが読みたいです。
 

4

心地良いと思える相手

これは…!もう!以前Cab VOL.18で「狼は魔法を 前編」を読んで心臓鷲掴み
された作品だったのです!
でもその時は「懐十歩」と検索してもコミックスは何も出ず…そして忘れた頃に
先日本屋さんに行ったらこのコミックスを発見し、うおぉー!と大興奮で手に取ったのでした!
懐先生、これが初コミックスだったのですね~。そりゃあ検索しても出ないはずだ!
初コミックスにしてこのクオリティ!おそるべし!!
絵も線も綺麗ですしストーリーもまとまりがありますし、これから大注目の先生です♪

「枯れた花に恋の水」前中後編
まるでヤクザのような自分の外見をコンプレックスとしている花屋の店長・〈花咲〉と、
その店長に恋するワンコ青年・〈八田〉の物語です。
亡くなった両親が経営していた花屋を継ぎ、外見のせいで笑えない、自信がない、
人の好意を信じられなくなった花咲。そんな花咲を可愛い!好き!と口説いてくる八田。
八田のまっすぐな言葉や態度を最初は突っぱねる花咲ですが、でもそれは花咲の心に
沁み込んできて、まっすぐに向けられる素直さや好意はやっぱり嬉しくて。
花咲を変わっていこう、続きといい方向へいい方向へ向かわせてくれるのです。
ワンコな八田くんの過去話とかも織り交ぜてあったらもっといいかもー♪なんて思ったの
ですが、最後も綺麗にまとまってますしいいお話でした!

そしてそして表題作「狼に魔法を」「狼は魔法を」前後編
この作品大好きなのです…!なんと言っても登場する樋口先輩が素敵なんです!!
狼に~は先輩と出会う前の永瀬の高校時代のお話なのですが、
綺麗な顔をしたゲイで、女友達から彼氏の相談を笑顔で受けながら『女なんかこの世から
消えればいい』と心の中で毒づいてしまうイケメン男子・〈永瀬〉
『女のように男から愛されたい』と願う永瀬ですが、現実はそううまくいかず。
相談相手の彼氏を欲しいと思ってしまい、相手もゲイの自分に興味を持ち、秘密の関係を
持ちますが、体の関係に進むとなると『気持ち悪い、男の体は無理』と拒絶され心に深く
傷を負う永瀬。

大学生になった永瀬は、ゲイの相手と割り切った関係のみを持つようになりますが、
そんな永瀬はどこか不思議な先輩・〈樋口〉と出会います。
無口で無愛想で何を考えているかわからない。でも裏表なく言いたいことはきちんと
言える樋口は仲間の中でも別段浮いている存在でもない。
ひょんなことからゲイだというのが樋口にバレ、でも何も言わずに接してくれる優しい
樋口との関係を心地よいと感じるようになった永瀬は樋口と一緒に過ごすように
なり、恋愛相談もするようになります。
それから永瀬は樋口へどんどん惹かれていきますが…

話すときは無表情なのに、メールは絵文字付きというギャップありの樋口先輩。
この先輩、いいんですよ…!いいキャラしてるんですよ~!
何を考えているかわからないんだけれども、読み手からしても樋口の纏う空気は心地
よくて、永瀬が惹かれていってしまうのも納得というか!
自分を大切にしてくれて、『恋人になりたい』と思える運命の相手にやっと出会えた
永瀬は、これからうんと幸せになるといいです!
地味でぼさっとした印象の樋口ですが、たまに飛び出る一言一言がすごくいいというか
心にズドーン!とくるのですよ~!可愛いのにかっこいい!
『俺は俺なりに永瀬君が好きだよ』という樋口のセリフ。『俺なりに』という嘘のない
樋口の言葉がいいですね~。

描き下ろしの「狼と魔法を」は貴重な樋口視点のお話です!
樋口と永瀬、2人の今後のできれば甘いお話もぜひ読んでみたいです♪

4

切ない(ノ_・。)

作者さん初コミックだそうで、あらすじと表紙の雰囲気が気に入って購入しました。

『狼は魔法を』、『狼に魔法を』
この作品とってもよかったです。
無口無表情な先輩樋口×ゲイなイケメン大学生永瀬の話。
永瀬がすごく切ない。
彼の高校生時代の話、『狼に魔法を』のほうは特に。
これで終わりじゃなくてほんとよかった…(:_;)
永瀬はかつての経験から、傷つくのが嫌で体だけの関係で満たされようとするんだけど、ほんとは愛されたい。
そんな永瀬が惹かれる先輩はとてもいいキャラで面白かった~。けっこうシリアス路線なんだけど、先輩のキャラで笑いとか微笑ましさもありになってる気がします。
とにかく永瀬が可哀相で愛おしかった。先輩には永瀬を絶対幸せにしてあげてほしい!

『枯れた花に恋の水』
同時収録は、花屋に一目惚れした爽やか青年×恐面花屋さんの話。
こちらは正直あまり萌えませんでした。なぜだろう。

1

樋口先輩、ツボです☆

作者さんの初コミック。
人相が悪くそれが大きなコンプレックスになっている花屋さんのお話と、
愛されたいと強く願う大学生の表題の2シリーズが1冊になっています。
花屋さんのお話・・・実はこれを読んでお話は全然違うんですがヤマシタトモコ氏の「喰いもの処明楽」をイメージさせました。
かといって全くそっくりなわけではない。
その理由は・・・読んでみて感じてください。(ひょっとしたらそう思うのは自分だけかもしれませんが・・・)
作品全体として、ネガティブをポジティブが引き上げるような成長物語になっていて、このタイプの展開は、自分の好みでもあります。
これもまた、激しい萌えがあるわけでもないけれど、「よかったよね~」と主人公たちを見守る周囲の人となって嬉しく思えるような、そんな作品たちでした。

表題の前フリ話に【狼に魔法を】があります。
女性に興味のない主人公。
女友達の彼氏に興味を持ち、気を引きたいと願い、それは成功するのだが、いざという段になり、やはり男はダメだわ、と拒否されてしまう。
女子のように愛されたかっただけなのに・・・
この主人公:永瀬は、それから自分を愛続きしてくれる人を探して、男漁りをしたりする大学生になります。
サークルの飲み会で隣りになったボーっとした無表情な樋口先輩との交流を描いた作品が表題【狼は魔法を】となってつながっていきます。

この樋口先輩がツボですっ!!(キノコ頭含め♪)
なんだ、この宇宙人というほどに、ちょっとドジっこで天然ぽいのに、回りから引かれているどころか結構友達が多い。
一体どうして?と永瀬が周囲に尋ねると、無口だけど嘘は言わない、裏表がない、言いたい事はちゃんと言う。
自分を偽って生きている主人公とは真逆の先輩に、興味を持ち、そして傍にいることが心地よく感じるようになる。
この樋口が無表情なので、わかりにくいのですが、後半に出てくるエピソードで、友人たちとたわいもないおしゃべりをして夜を過ごす時間は、ちっとも流れていかないのに、
永瀬と過ごす時間は、友人たちと過ごす時間とおなじなのに短く感じるという。
この、樋口にとって永瀬が特別になっている、このユルさが、何故か魅力的なのです。
この、物語の中では、「先輩、早く俺の好きに追いついてくださいね」の状態で終わっていますが、きっとおなじくらいになるのはもうすぐだと思います。
とても居心地のよい作品でしたので、きっと続きが見られると期待したいです☆

【枯れた花に恋の水】
怖い顔つきの為に昔から損をして、思考がネガティブになってしまっている親の店を継いだ花屋の店主。
だけど、そんな彼に一目惚れしてずっと通ってきては「好きだ」をアプローチし続けてくる青年がいる。
いつの間にか、店主はネガティブになるあまり、それを増長させる言葉しか耳に入れないようになってしまっていて、
本当は、青年が与えてくれるポジティブにとても救われて受け入れていた事に気がついていなかったと気がつくという展開。
前述で「~明楽」との云々を書きましたが、ポジとネガが逆転して、攻勢はおなじという部分に似通ったモノを感じたのかもしれないです。
この一途な青年をウソくさいと思ってしまうと、このお話が台無しになってしまいます。
教訓モノではないですが、好きな人ほど、自分のいいところをみていてくれるんだよ。
本当はそんな人がどっかにいるはず
と、勇気を与えてくれるお話かもしれません。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ