小鉄子の新作は、お寺で豆腐屋で商店街!?恋になむさん! 美形お坊さんと豆腐屋の純情ラブ

お参りですよ

omairi desuyo

小僧来参访

お参りですよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神38
  • 萌×236
  • 萌17
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
31
得点
390
評価数
96件
平均
4.1 / 5
神率
39.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784796403610

あらすじ

商店街の端にあるお寺のお坊さん、優慈。
可愛くきれいな顔立ちだけど、ちょっと天然ボケな商店街のアイドルです。
そんな優慈は、豆腐屋の三男坊でぶっきらぼうな三朗くんにずっと片想い中!
でもある夜、酔っぱらってうっかり告白してしまい…!?
美形だけど守銭奴キチクな兄・賢慈に片想いの男も現れ、お坊さん兄弟の恋は大波乱!?

収録作:お参りですよ/描き下ろし

(出版社より)

表題作お参りですよ

福智三朗,幼馴染の豆腐屋の息子,23歳
美座優慈,美形のお寺の次男坊,22歳

同時収録作品お参りですよ

山本
賢慈

評価・レビューする

レビュー投稿数31

ほんわか楽しめる作品

幼馴染み、お坊さんと商店街男子、片想い・・・という設定に魅かれて購入しました。
全プレ、付録目的で偶にGUSHを購入した際に掲載されていて気になっていた作品でもありました。
お坊さんの優慈と豆腐屋さんの三男坊(幼馴染み同士)との恋模様だけかと思っていたのですが、実は優慈のお兄さん(同じくお坊さん)とクリーニング屋さんとの恋模様も織り込まれていて、2カップルのお話が進行していく感じになっています。
ノリはコメディーなノリで、読んでいて楽しいですし、舞台になっているのがほのぼの商店街とそこにあるお寺・・・という事もあって、全体的にほんわかした雰囲気があって癒されます。
優慈が、何かあると動揺や興奮を鎮めるために読経し出すという設定も面白いです。

1

癒されます

いいっ!
優慈くんがアイドルで好きっ!
こーんな可愛くて優しいお坊さんなら確かにアイドルだし、ノンけも堕ちるわ。
タイトルしか見てないと坊主=ハゲかと、萎えてしまうところですが、表紙で安心でした。
そして、豆腐やの三朗くんがまた普通の男の子で爽やか。
特に切ない感じもなく、ハラハラさせられることもなく、安定の萌え萌えで、楽しく読めました。
こういうのが好きだなぁ。

0

もう可愛くてたまらない!

美形兄弟、しかも弟の方は片想いしているという設定 !
小鉄子さんの絵柄もあいまって、素晴らしい出来になってました。
同じ設定で他の方が描いてもこんなに素敵に表現できなかっただろうなあと感じます。
なにせ、美形兄弟設定の兄弟がふたりとも、本当に麗しいし、美しいんです。

今回は弟の恋の話がメインで、片想いしていた子と距離を縮めていきます。
過程がもだもだしていて、焦れるんですが、それもまた萌えさせてもらいました。
攻めの子の考えてることがわからないところなど
はらはらしながら見守りましたけれど、攻めの子もなかなかの
むっつり具合でしたね!
ああいうノンケっぽい子が可愛らしい子にぐらりと来て
がつがつ求める様も男らしくてかっこいいと思うので
これからに期待していきたいところです。

兄の方もガッツのある子に見初められたようなので
こっちの行方にも注目しながら、続きを読んでみたいと思います。

3

黒袈裟が可愛い。

お坊さんもの。
評判を聞いて、興味を持ちながらなかなか巡り会えずにいたが、
ようやく読んだ!可愛かった〜。

お寺の次男坊と豆腐やの三男。
この若きお坊さん、髪の毛も天然パーマだが、性格がなんとも天然。
初々しくって笑えて萌える。

このお坊さんとお兄さんは町内でも有名な美形兄弟(二人ともお坊さん)。
お兄さんは全然性格が違うけれど、こちらの恋愛模様も……

全体にほのぼの楽しく読める作品でした。
個人的には、優慈がなにかの時にはお経を読むのが可愛くて好き♪

別に物語に波瀾万丈の展開がある訳ではないので、
続きが気になって眠れない……ということもないのだが、
Hまでいきついてないしなぁ、
彼らのその後が読めるのは嬉しいので続編も楽しみ。
黒袈裟可愛いが、黒袈裟エロい、になるのを期待しよう(笑)

2

可愛くて面白い

お坊さん、お寺・・・迷いが出るとお経を唱える。
ちょっと天然で、素直で優しい商店街のアイドル優慈。
優慈はその商店街の豆腐屋三男坊三郎に昔から恋しています。
酔った勢いで告白してしまい、両想いに。

ストーリー全体がほんわかしていて、暖かい雰囲気が漂っています。
それはそのまま、主人公優慈の雰囲気なのかな。

お兄さんは、その真逆です。
そのお兄さんを好きだというクリーニング屋のよっちゃん。
お兄さんの洗濯物の臭いをかぐなんて・・・やるね!

イイ雰囲気でキスまではするけど、その先に進まない優慈と三郎。
2巻3巻と引っ張りそうな、小鉄子先生・・・
(マッドシンデレラ的な感じ・・・?)
優慈と三郎も気になりますが、お兄さんとよっちゃんがどんな展開になるのやら。


2

可愛いです!

山本小鉄子さん流れで購入してみました。
受け様が、自分の好きな受け様設定だったのでドストライクでしたW

受け様は近所の人たちからも愛されキャラで
男女共にもてるタイプですが、
そんな自分におごらず、真面目で可愛い感じの方です
攻め様でもある幼なじみが好きなのですが、ひたすら片思いという感じです
攻め様はそんな受け様に当てられた感じですねw

試し読みで拝見した時には 本編カップルだけかと思いきや
受け様のお兄ちゃんも、あるようでw
これは お兄ちゃん…受け様なのかな?
攻め様はワンコな感じの方ですがw 2巻目楽しみです!

1

うぐいす坂商店街ランキング&名言集

 鶯坂商店街で繰り広げられる、ほんわか楽しい総ホモ化計画。お寺の美形兄弟からスタートした時点でもはやタブーは無し!全員ホモになるまで続いて欲しいです!

【商店街のアイドルを仏頂面でかっさらった豆腐屋第1位】
福智三郎(サブローくん)23歳
『じゃあ試させろよ』『これ消えるまでに本番しような』
基本無表情。言葉少なに手は早い。がっしりした腕で豆腐と優慈を扱う男。

【天然ビューティーで仏スマイルが武器。頬染めるだけでエロい男第1位】
美座優慈(みざ ゆうじ)22歳 
『帰命無量寿如来~南無不可思議光~』
主人公なのにこれといった台詞がありませんでした。可愛いから問題無いです。

【童顔+ダイナマイトボディに違いない男第1位】
美座賢慈(ゆうじの兄・けんじさん)
『俺、貧乏人の顔は覚えないんだ』『お前なんかシュミじゃねーんだよ』
金が全てのクールビューティー。柔術やってるけどこの兄も天然なので隙多し。

【生まれ変わったらこの人になって賢慈さんを泣かせたい第1位】
木村善人(クリーニング屋のよっちゃん)
『洗う前にちょっと嗅いだりしてるだけです』『振続きられたけど俺これからも好きでいます』
趣味じゃないと言われ「そんなの関係ない」、覚えてないと言われ「俺が覚えてるからいい」と返す、人間の言葉が半分しか通じないワンコ。2巻ではそろそろ噛みついて欲しいです。

【昔泣かされた男が多そうなオヤジ部門の伏線第1位】
美座パパ。

4

下まつげ兄弟とは言い得て妙

ネタバレなしで書きたいと思います。
小説の挿絵でしか知らなかった、山本小鉄子さんの作品。
初読みです。

受けの優慈は家が寺社の次男坊で、22歳。
幼馴染の三郎に片想い中。

攻めの三郎はお豆腐屋さんの三男で、跡取り息子。
23歳。

お坊さんとお豆腐屋さんの異色ラブストーリー。
初々しさがひじょうに可愛い優慈。
そして寡黙で男っぽい三郎。
可愛くて良いカップルです。
なかなか先に進めないのも微笑ましい。
そして優慈の兄・賢慈もすっごい面白キャラ。
あまりに強烈で、主人公二人よりも目立つ始末(笑
もうすぐ二巻が発売らしいので続きが楽しみです。

山本さんの作品は、ひじょうに読みやすいのだなあという感想です。
BL作品導入者でえっちは最低限が良いわという方には、かなりオススメの作家さんかな。
忙しくて濃いのはちょっと…という時にも良いですねー。

2

あったかくてキュン

お坊さん兄弟の2カップルのおはなし。
表紙の2人はキス止まりで、そのお兄ちゃんカップルはキスすらしてない。
なのにものすごくときめきました。
登場人物みんなかわいい!
商店街の仲間にはいりたい!!
にしても三郎のお母さん、雰囲気いいところでいつも配達お願いするのに和みました(笑)

すごく読みやすい絵柄と展開だと思うのでBL初心者でも問題なし。

個人的にお兄ちゃんがビジュアルから属性まで何もかも好みな受けだったので早く進展してほしいなー。

5

かわいいカップル

小鉄子さんの作品&豆腐屋さんの攻め三郎がストライクだったので購入しました。
ですが…うーん、私のツボにはあまり入りませんでした。たしかにかわいいカップルですしまだまだ続きもあるので気にはなるのですが…気持ち的には「中立」に近い萌です。どうしても同作者さんの他の作品と比べてしまうとモヤモヤします…

ハッピーエンドでいいのですが、「仏に捧げた身」と自分で言っておきながら三郎とくっついちゃうのもどうかな~と…(笑)お寺の息子さんってこんなにユルいものですかね…
BLでそんなことイチイチ気にすんなよ!という感じではありますが、どうにも私は気になってしまいました。

2

続きが気になる気になる本!!

美人住職兄弟のお話~。

淡い想いが呼び覚ました!!
お豆腐やの三男坊 サブローと美人住職で有名な優慈。
もともとゲイな優慈は学生時代サブローのことがすきで
実家に帰ってきてお豆腐やを継ぐことになったことで再会!!

昔好きだった人に会えて淡い恋心を思い出し浮かれる優慈は
青年会で酔って記憶がないうちにサブローに告白してしまっていて!!
サブローが試しにキスさせてというのでしちゃいます。
その後サブローから避けられふられたと思う優慈だったけど
なんと「お前でヌイちゃって」と気まずくて顔がみれなかっただけ。
と、無事カップルに~。
優慈目立つし人気者なためHになかなか進めないお話です。(笑)

きゃー安心してみていられるカップルです。
美人だけど男にしか興味がないため「結婚しません」宣言をしていた優慈にとって
サブローは癒し。
優慈のお兄ちゃん賢慈もなにやらあやしい雰囲気で2巻が楽しみーー。

3

きゃ~ん!優慈がかわいいっ☆

山本先生の絵はかわいくて大好きなので新刊を見るたびにいつも衝動買いしてしまいます。
この作品も表紙を見ただけできゅんとして買ってしまいました~☆

お話は最近はやり?のぼーずらぶ!のお話でした。
あたまはツルツルじゃなかったですけど。
優慈の表情がかーい☆
最初見た目からクール系かな?って思ってたんですけど、
性格は天然でピュアっこです。
そこがまたきゅんなのです。
泣いてもかわいい♪
三郎とはなかなかあっちが進展してないけど、
次はそろそろかな~。フフフ♪
そういえば最近山本先生の作品、寸止めが多くなったような?
次こそはよろしくお願いしますっ☆

山本先生の絵ってはっきり言ってかなり少女マンガしてると思うんですケド、
(たぶんお話の内容も・・・)
どういうわけか山本先生の少女マンガ風は大丈夫なようなんですね。
なんだか若返った(?)ような気がしながら読み終わりました~。
りふれ~っしゅ☆

3

意外とエロいかも?

BL新刊コーナーに平積みの時、あまりの表紙の可愛さにジャケ買いしました。

田舎の商店街の、名物美坊主兄弟のお話。
弟、優慈はキラキラオーラが物凄くて、老若男女に好かれまくりなアイドルくん。
実は彼はゲイ、誰に告られても「一生仏様につかえる身」と言って断ります。
本当は片想いの幼馴染み豆腐屋三郎が今も好きで。
都会へ出ていた三郎は、豆腐屋継ぐために帰ってきてます。
それからはドッキドキな毎日に!
とにかく優慈が可愛い~。

普段参加しない商店街の飲み会で、三郎と話したいのに話せなくて。
酔い潰れて三郎におんぶされて送られる時、色々ボロを出しまくります。
次の日謝りに行って、そこで二人は…!
いや、三郎て何て言うか…受け皿広いし、意外とエロい。

このお話はつきあうより、つきあってからの展開が長くて。
なかなか会う事もままならない二人。
イチャイチャしたいのに、親や近所の人に邪魔されまくって、エロ手前で寸止めが何度も。
それがかえってエロい!と思いました。
夢妄想とか、キスは何度もあって、チラリズム的な感覚でした。

兄の賢慈の話も加わって。
続き真逆な美坊主兄弟、でもそこがまたいい。
商店街の飲み仲間とか、恋のもつれる相手とか、なぜか皆男ばかりで(笑)
非常にBL的な展開が盛り沢山ですが、そこがまた楽しいお話でした。

3

ほっぺたの質感まで…

大好きな山本小鉄子さんの作品♪
待ってましたよぉ!

あらすじについてはすでに皆さんの
素敵レビューで書かれていますので
私は自己満感想文で行きます。

美坊主と袈裟のエロス!
優慈がかんわいい~です。

ほっぺたの質感まで伝わって来そうな
赤ちゃんのような可愛らしさがあり
頬を染めるシーンなどは
あまりの微笑ましさに垂涎モノ(笑)

小鉄子さんの描くキャラクターは
ややぽっちゃり気味な体型で
いかにも性格が良さそうです。
これが美坊主の優慈のイメージと
自分的にピッタリ重なって、
読みながら、何度も前の頁に戻って
表情を堪能してしまいました。
かわいいなぁぁ~♪

そして地元。商店街。幼馴染。
お互い気になりながら…からの。
お酒の席で三朗におんぶされた優慈の
「すきなんれす…」という
ろれつの回っていない可愛い台詞。
ここ、自分の中で山場でした!
うぁぁぁ!という感じ。(←語彙なさすぎ)
一発でメロメロになってしまいました。

兄・賢慈に想いを寄せる
クリーニング屋の善人も名前の通りの
まさに善人(ぜんにん)で、続き
これは応援したくならないはずがない!
この二人の恋路も気になります。

皆さん書かれているように、
このお話の誰もがまだ結ばれていません。
ということは、続編やスピンオフや
番外編など、色々な可能性があるってことで
今後が楽しみな作品だと思います。

優慈をはじめ、三朗に善人と
みんな名前が良いなって思いました。
カッコイイ名前が合うBL作品もありますが、
こういうお話にはこういう名前がいいんだよって
作者さんがちゃんと分かっていて、
あえてのこだわりで描いている感じが
とても好感が持てました。

5

男気あふれている

三郎のTシャツのセンスが気になりすぎますが、袈裟はとっても良いです

中学生から好きとだった美人の優慈は、八年間どんな思いで過ごしていたのがかがいつか
描かれると嬉しいなと
もはや、書き下ろしに期待してます

よっぱらってしまい、三郎におんぶをされながら、帰宅中に呂律がまわらぬかわいこちゃん倍増で
好きだと言ってしまうのは
お約束とおりこして
イライラしましたが

三郎の男っぷりが見れたので
気持ちをおさめました

優慈のお兄さん達の話しに関しては私はあまり興味ひかれません

和服を脱がせるのは、やはり
色気がありますね

1

坊主愛しけりゃ袈裟の匂いまで嗅ぐ(注.攻めはそのような行為を行っていません。念のため)

鶯坂商店街の外れにある光福時の次男・優慈は、女子高生からおばさん、果てはオタク男子にまで人気の美形僧侶。
でも実は、豆腐屋の三朗に密かな想いを寄せている。
叶うことはないと諦めていたのだが、青年団の飲み会で酔いつぶれた優慈を三朗がおぶって帰ってくれた時に、酔っぱらった優慈が告白してしまったことから、二人はお試しで付き合うことに。
加えて、怖いと評判の美形僧侶で優慈の兄・賢慈にモーションをかける二人の男との間で騒動も勃発。
はてさて、優慈が三朗と結ばれる日はくるのだろうか…

といった内容の楽しいお話です。
三朗の竹を割ったような性格と、優慈の可愛くて天然な性格(感情が高ぶった時は、ぶっ通しで読経する♪笑)という組み合わせがいいですね。
そして兄・賢慈の、金が全てだという俺様性格(笑)
いいタイミングで声をかける三朗の母も、ステキです。
ほのぼの楽しくて明るい話が読みたい時に、ぴったりな作品だと思います。

2

小鉄子さん初読みです。

ちょっと無愛想な豆腐屋と下まつ毛バリバリの可愛い坊さんって
すごいカップリングだな!と言うのが先ずの感想で、
なんだか成人男性っぽくないので飲み屋と煙草はしっくりこないな…
がありつつの。

それでも三朗の無骨さと優慈の健気さは良いじゃん!と盛り返しまして。
だってオカズにしたから恥ずかしくて避けていたのと
それを振られたんだと思い込むのって可愛いもの!
いちいちラブシーンを邪魔されるのが妙に可笑しかったw
あと、優慈にキスマーク付けて
「これ消えるまでに本番しような」だなんてサブちゃん!!
なかなかやりおるのぅ。

そして優慈の兄・賢慈へ想いを寄せるクリーニング屋の善人がラブリー!
へこたれない姿勢に好感を持ちましたw
いちいちストレートにうざいくらいの物言いがまた楽しめて
賢慈にはアンテナ立たなかったのですが、(すみません)
ブラジリアン柔術をやっているギャップは良かったです(そこか!)

メインカプもHすらしていないので、
まさかこれで終わりになるとも思えなかったのですが
だったらちゃんと『お参りですよ①』にしてもらった方が…!
カバー続き下のご挨拶ラストで「②でお会いできれば」っておっしゃってるあたり。
(これは作家さん云々じゃないと思いますけれども)
まぁ映画で言えば普通ですけど、コミックスだとまた違うような…。

キャララフでは三朗は一重だったようですが
私的に一重の方が良かったです。
多少見た目が怖くても、優慈はまつ毛バッサバサなんだから
バランスとれるような気がしたのです。
(あくまでも個人的感想)

それにしたって優慈って名前は良いですね。
優しく慈しむ。
DNQネームなんかよりずっといいw

4

文句ナシにかわいいっ♡

ようやく手にしたこちら『お参りですよ』。
いきなりカバー下のお話で申し訳ないのですが、これ、ちょこちょこ続いていくようなんですね!
(確かに最後まで致してないからそうか…そうなのか…)

鶯坂のビューティホープリースト・優慈(ゆうじ)は22歳の美坊主。
見た目でも読経する声でも、老若男女関係なく全ての人を魅了する天然男子。
そんな優慈は一生結婚しないと決めている。それは、商店街の豆腐屋の跡取り息子・三朗に恋をしているからで――と進んでいきます。

もーーーーー!!!可愛いっっっ!!(※当方読後直後で大変興奮しております)
優慈の可愛さたるやっ…
今まで天然でほわほわしてるイケメンキャラってたくさん見て来たとは思うのですが、この優慈の破壊力が凄い。
それはきっと、袈裟姿が魅力を倍増させているから!

どうしようかと思う位、全てがツボなんですよ。
商店街の青年会の飲み会に行った時はさすがに私服ですが、この私服姿がまた可愛い。
ちょっと本当、久々に物凄いツボな子に出会った気分っ♪

そしてお豆腐屋の跡取り・三朗も中々のイケメン具合。
こういう少し懐かしさが続きあるようなテイストって大好きなんで目の保養が半端ないです。
表紙の二人の姿にもメロッと来ちゃいます♡

優慈は兄の代わりに出た青年会の飲み会で、お酒が弱いのに無理して飲んでしまって(というか周りがテンション上がってお酌し放題・笑)、その時の酔った勢いで三朗に告白してしまいます。
絶対一生言うまいと思って居た気持ちがこの時じゃなくちゃ出得なかっただろうという流れも有りがちながらスムーズだったし、呂律回っていない告白が可愛かった。
その後、三朗に「気持ち悪かったらあきらめてくれ」なんて言われますが、まんまと優慈の魅力に捕らわれていく三朗!
照れに照れてしまう優慈を見ていると、こちらまでニヤニヤしちゃう始末♪

この1冊では最後まで致していない二人ですが、時折出て来る三朗の迫り具合にタジタジになる姿が愛おしくなります。
しかも、袈裟姿で致したい三朗…いや、もうその気持ち痛い程分かりますけどね…(笑)
スキあらばシュルリと袈裟のヒモを解くと、中に来ている襦袢が出て来て…いや!もっとして下さい三朗さん!(大興奮)

後半では、優慈の兄で心が鬼の賢慈(けんじ)も出てひと悶着。
彼も彼で美坊主なのですが、クリーニング屋の木村さんのゴリ押し加減がいい!気持ちいい!
そりゃ折角助けた筈なのに全否定されたら、鬼の賢慈にも「空気読んで」って言っちゃうよねよっちゃん(笑)
優慈と賢慈は対極に居るような性格をしていますが、美なお坊さんには変わらない♪
美形すぎるでしょう…鶯坂に移り住みたい…♪

この美坊主兄弟の素敵加減を表現しているのは、表紙を捲ってすぐのカラー画!
サラサラ髪でクールビューティーな賢慈。紫色の数珠が映えます…♡
一方、隔世遺伝の天パで可愛らしい優慈には、爽やかな水色の数珠がお似合いっ♡
ま、まさか自分が美坊主で悶える日が来ようとは…(*ノωノ)

きっと天然きゃわわな優慈に振り回されていくであろう三朗ですが、これはもう是非続きを大希望!!
鬼の賢慈&よっちゃんの展開も気になるところ♪
もしかしたら私、一気に小鉄子さん熱に火が点いてしまったかもしれません♡

5

美形お坊さん兄弟大好きです

再読。可愛い!!

すみません。まず、優慈くんの袈裟姿に萌えました。
こういう、神父や牧師だったりお坊さんだったりする職業の人達が
仕事中に見せる真面目な表情や、真剣な表情が大好きです。
優慈くんの場合、普段可愛いので尚更その差に魅力を感じるのでしょうか。
心を落ち着けるために読経する姿も、本当に萌えます。
そういうストイックで真面目な姿や、熱心な姿を見ているからこそ、
エロい雰囲気になったとき更にエロさを感じるわけで……。
お話もキャラクターも全体的にはほのぼのとしていて可愛い雰囲気なのに、
妙に色っぽく感じるのは何故でしょうか。

そして酔っぱらってうっかり告白してしまうくだりも可愛くて好きです。
キラキラ美しい美人さんなお顔も、天然で可愛い一面も堪能出来るなんて
もうほんと素晴らしいの一言です。
三郎くんも、豆腐屋の息子という素朴さが素敵ですね。

三郎くんが優慈くんのことを意外にあっさり受け入れてしまったあたりは
お話的に少し物足りなさを感じますが、掲載誌(雑誌)の都合というか、
最初は二話分の予定しかなかったのかもしれませんし、そうすると続き
そのページ数で納めるにはこんな風に綺麗に纏めるしかなかったと思うので、
許容範囲内です。

優慈の兄、賢慈の袈裟姿もいいですね。
こちらは一筋縄じゃ行かない感じですが、ゆっくりでいいので
よっちゃんとうまくくっつけばいいなぁと期待しています。

本当に良かった!とっても好みなお話でした。

5

新しい



主人公がかわいくってかわいくって愛でたくなりました。とにかくかわいいです。
設定と攻めの三郎くんのスペックとかもとても気に入りました。

しかし二人がくっつくまでの過程が意外にもあっさりしていたというか…もう少し葛藤が欲しかったです…もっと落ち込んだり泣いたりする主人公がみたかった…!なんていう私のわがままです^^;

でもやっぱり小鉄子先生は最高ですね…!おいしい…!も~読んだあとに毎回訪れる満足感は変わりません。

2

和風だけど

 街を歩いただけで誰もが声をかけてしまう、美顔、美声のお坊さんの優慈は、ちょっとぶっきらぼうな豆腐屋さんの三郎に恋をしています。優慈はずっと三郎のことが好きで、このまま長い片思いのままかと思いきや、三郎も優慈が好きだったことが分かり、あっという間に両思いになってしまいます。しかも、三郎が優慈にHの時は和服でお願いって…。(笑)
(それはあの美顔の姿を見ていたら、他の人もそう思うかも知れません。)(笑)

何度も三郎の方から誘うものの、いつも呼び出しかがかかり、お預けになる三郎がおかしくもあり、人情味あふれるホームドラマのような作品だと思います。

 優慈の兄であり、金が全てと言い切る賢慈とクリーニング屋のよっちゃんの一途なラブストーリーも興味があるのですが、この巻ではこちらのCPは預けになっております。

4

どうにも可愛らしすぎて~

ランキングに入っているので気になって、山本小鉄子さんの本を初めて手に取ってみました。
ほのぼの系は好きなはずなのですが……これは萌えがこなかった(; ;)
あれ? こんなあっさり?
そう思ってしまうわたしは、刺激に慣れすぎてしまっているのか?
いやいや、これでも一応エロ必須なわけではないはずなんですけど……

物柔らかで美形で、みんなから好かれているお坊さんが、密かに幼馴染に片思い。
ちょっとの事で真っ赤っかになっちゃう、天然さんw
攻めがあっという間にそのお坊さんに惹かれちゃって、正直、あれ?となったのだけれど、
ハマればすぐノックアウトされちゃうくらい、可愛らしいってことなのかな。

わたしがイマイチ萌えられないのは多分、絵の好みの問題かと。
メインキャラがみんな可愛らしい、とにかく可愛らしすぎる☆
顔の幅が広めで、ほっぺのところが若干ぷくっとしてて、
そうじゃないキャラも童顔に見えるのは、わたしだけなのかしら~
可愛いのに、二の腕が立派とか、タバコ吸うとか、ちょっと違和感が……う~ん。
そんな感想って、すごい残念さんだ、好きな方すみません。

続き多分この絵こそが、山本小鉄子さんの魅力なのだと思うので、
もう少し色々読んで好みが広がったら、またチャレンジしてみたいと思います。

8

可愛い!

表紙だけ見て、受け様をツンデレ?クールビューティー?って勝手に思ってました。
…完全に誤解でした(笑)

優慈は顔は綺麗系なのに、性格は天然で、ピュアで、すっごく可愛い!!
得に、初キスの後の照れた顔にずきゅんと胸を打ち抜かれました。
ノンケだった攻め様が好きになっちゃうのも納得です。

可愛くてほのぼのしちゃうお話です。
山本子鉄子さんの本はH少なめなことが多いですけど、この本もHは無しです。
ただ、Hはなくとも萌えのある本だと思います!

優慈のお兄さん、賢慈のエピソードも入ってます。
こちらはツンデレです。


2

がんばれ、よっちゃん!(笑)

友人に「お坊さんの話だよ」とだけ言われて貸してもらったのですが…なんだ、受がお寺の子なんですね。
勝手に攻だと思い込んでました。

小鉄子さんのマンガちゃんとコミックで読むのそういえば初めてです。
なかなかかわいいお話ですね。
なんだろ、ほのぼの~というかのほほ~んというか。
特に優慈サイドだけでお話が進むとほんわかしててキラキラしてて。
で、和服(袈裟?)エッチを楽しみにしてたのに、してたのに、してたのに………orz
何かと邪魔が入って残念でした。
次回は是非がっつり!
やっぱり和服エッチ希望です。

そして、賢慈サイド。
もう完全にこっちが好みです。
っていうか賢慈が見るからに好みのタイプだ。
こっちの話がもっともっと読みたいです。
がんばれ、よっちゃん!
こっちも和服エッチがいいなー。
ほら、汚れてもクリーニングしてもらえばいいし(爆)

4

豆腐屋さぶちゃんw

丸ごと一冊全部ヒトツノストーリー。

豆腐屋の三朗くんを長年絶賛片想い中だったお坊さんのゆうじくん。
告白する勇気もない・・・ってことでしたが
酔った勢いで言えてしまったんですね~。
酔った人間って「理性が飛ばされて本性が出る」とかって言いますよねw
積もる思いが出ちゃったんですかねー。
良い方に転びましたがw

山本小鉄子さんお得意の、
なかなか最後のえっちまで進めません!!という
読者焦らし(笑)がしっかり入ってましたw

こちらのメインカップルよりも、わたくしは
お坊さん長男のけんじくんとよっちゃんカップルが
ワクワクしました~^^


1

美坊主兄弟の武器は下睫毛上目遣い。

美貌の美坊主!

ポロリ告白から始まった関係は体ポロリはまだナシ!

商店街の隅っこにあるお寺の天然(髪の毛も天パ)次男と実家の豆腐屋を継ぐ為に帰ってきた三男坊の焦らしラブ。

仏門の禁欲的なイメージは一冊まるまる皆無ですww

町内のアイドル的なお坊さんの優慈は中学の時から豆腐屋の三郎に片想い中。
誰にも言わずにずっと秘めた気持ちを酔っ払って本人にポロリ(笑)

三郎にキスされて『こここ殺す気ですか』って真っ赤になるなんて…読んでるこっちが殺されるかと思いましたが、それは三郎も同じだったようです。

赤面が効いたのか初キスが効いたのかダブルパンチだったのか…ノンケ設定だと思いますが、三郎に男相手としての抵抗がなさすぎなのが謎。

気持ちは早々にまとまったものの所は人情ゆたかな商店街!
三郎母をはじめとする悪意なきジャマ(笑)が入って未開通な優慈。
ふたりは、どこまで我慢が出来るのか!?

そういう意味では禁欲的!

つか、どこかに行けばいいのよ、お休みの日に!

どMな展開は次巻に続きそうです。
と、思ったらどMは他にも用意されてました。

優慈の兄、賢慈にひたすらアタックするクリー続きニング屋のよっちゃんこと善人(よしと)…ぜんにんですね。

最初は相手にもしてなかった、どMのよっちゃんにジワジワ押され、どS賢慈が引き寄せられている様子の磁石CP。

口絵を見た時から『あ、こっちが好き。』と思っていた賢慈なので、次巻が楽しみ。

山本小鉄子さんの本はまだ2冊めですが可愛らしい受け様が特徴なのでしょうか?
エロいのはあるのか…と探求心が騒ぎます。

2

美しいお坊さん兄弟、素敵です!!

とっても読みやすい1冊でした♪小鉄子先生は絵も綺麗で読みやすくて、
BL初心者の方にもおすすめしやすい作品が多いですよね!
今回の「お参りですよ」も読みやすいうえに萌えがたくさん詰まっていて大満足な
1冊なのでした♪♪
余談ですが、以前は小鉄子先生の作品はあらすじ読まないでとりあえず発売されたら
全部買う!と作家買いしていた先生のお1人だったのですが、最近はあまり買わない
こともしばしば…しかし、この機にまた購入を始めたいな~と決めたわたくしです。

幼馴染の商店街ラブ!で【受け】キラキラ美形お坊さん・〈美座 優慈〉と
【攻め】ぶっきらぼうで男前な豆腐屋の三男坊・〈福智 三朗〉のお話がメインと
なるのですが、クールビューティーでこの世は金金金!な優慈の兄(同じくお坊さん)・〈美座 賢慈〉とその賢慈に片想いする鈍感一途なクリーニング屋のよっちゃんこと
〈木村 善人〉のお話もありまして、優慈も賢慈も正反対の兄弟だからこそまた
面白みがあってどちらも堪能できました♪美形お坊さん兄弟、素敵ですー!
商店街の青年団の飲み会に珍しく参加した賢慈の第一声が『うるせェ貧乏人共続き』(笑)
賢慈の女王様キャラ、好きです!!
まだ付き合うまでいってない善人と賢慈ですが、これからどう賢慈がデレて!?いくのか楽しみです♪

そしてそしてメインの三朗と優慈ですが、微笑ましいカップルというか…とにかく優慈が可愛い!
物腰柔らかく、キラキラオーラ満載の美形・優慈がモテるにもかかわらず、
『生涯結婚はしない』と周囲に伝えてはいるものの、実は学生時代から片想いしている
相手が…
その相手とは1つ年上の幼馴染で同性の三朗。諦めているつもりだったけれども
青年団の飲み会で酔っぱらってしまった優慈は三朗に酔ったまま気持ちを伝えてしまい…

嘘がつけなくて純粋な優慈は三朗の1つ1つの行動や発言に頬を赤らめたりドキドキ
したり泣いたりと大忙し!
でもそれが優慈のとっても可愛いところで、ノンケなはずの三朗がムラッとなるのも
納得!(笑)
そしてぶっきらぼうであまり感情が読めない三朗も、優慈との行為を邪魔され、
続きはまだ今度…というときに『そんときも和服で』とリクエストしたりと
むっつりさん!

これから三朗と優慈のあまあまカップルはどう進展していくのか!?
そして善人と賢慈の関係はどのような展開に!?
美形お坊さん兄弟から目が離せません♪2巻も楽しみです!

3

初読み

山本さんの作品、初めて読みました。
(何で今まで読んでなかったんだろ・・・)
かわいい絵とは思うのですが、特別好きな絵ではなかったので、
購入するチャンスを逃してきました。

今回は、お寺のお坊さんということで、
興味本位で購入したのですが、
住職さんだから・・・というより、
アットホームな商店街ものですね。
特に、主人公であり住職の優慈さんが実直でピュアでかわいかった。
性急に進むのではなく、じんわりじんわりなのが良かったです。

是非続きも読んでいきたいです。

3

美坊主で結構です。

確かに小鉄子さんの可愛い受けが好きなのですが、
でも単にかわいいだけでは、流石にあきます。

今回の主人公の優慈は名前の通り、本当に優しい性格で近所でも噂の
「ビューティホープリースト」
なわけですが、それだけでない仕事する男の顔をちょこちょこ見せてくれます。
ほにゃほにゃしたアイドル面で無くむしろ経を読んでいるときのキリッとしたまなざしに惹かれました。
比較的真面目でいい子(ふしだらに見えても根は誠実とか)が多い小鉄子さんの世界ですが、特に優慈は芯が強い。だからうっかり酔って告白する所が可愛いのですが。
その後振られたと思ってグジュグジュに泣いてしまうのが可愛いのですが!

そしてもう一人の主人公は
「クールビューテホープリースト」
の兄、賢慈。もっともクールビューティだと思ってるのは木村さんだけのようですが。
本質的にはクールというよりセレブしか相手しねえとか言い張る女王様です。
そもそもクールな人は大口開けて下品にぎゃはははとか笑わない。
もっとも、何を言われようが賢慈が好きというM要素も含めた一途さはいつか通じるであろうことは容易に想像つきます。
続き

でも二人に「お付き合いしてみたらどうだ」と言っていたお父さん。
二人して男と付き合っていることは、かまわないんだろうか・・・?

実子がいる時点で宗派的にも限定されてるだろうし(結婚が×の宗派も多い)
そういう宗派は大抵戒律緩いし、別にかまわないのかな。
おぼーさんな仕事の顔と普通の若者な要素との対比がやっぱり好みです。

4

美形の坊さん兄弟

前評判が良かったので、購入してみたのですが・・・うん、これは良かった。
お坊さんの恋のお話で、それも一途でピュアで可愛い恋心。
モテるのに、仏に仕える身なれば生涯独身なんて言ってるのに、実は密かに中学生の頃から
一途にお豆腐屋さんの三男坊で幼なじみの攻め様の絶賛片思い中。
大学進学と共にいなくなってしまった攻め様を忘れる事が出来ずにいたが、
攻め様が家業を継ぐと突然帰って来たことから受け様は攻め様に会う度に焦がれ、
商店街の飲み会に参加した時に酔ってしまい、攻め様に送られながら勢いで告白しちゃう。

片思いのはずが、何やら両想いになってドキドキしちゃうような展開でした。
それに受け様の女王様のような兄上がまたいいキャラなんですよね。
クリーニング店の息子との今後が気になる感じもします。
Mとツンデレって感じで良かったです。

5

可愛い~~

作家買いです。

美しいお坊さん、ってだけでご飯三杯はイケるワタクシですが、受けが本当に美しい。。。
コテツコさんの受けでこんなにパーフェクトな受けって他に居たでしょうか。可愛く、仏のように優しく、仕事の時にはきりっと美しい。そして22歳にして初キスとか…!もう悶えまくりです。

メインカプは豆腐屋さんの跡取り・三朗×お寺の次男坊・優慈
幼馴染の二人ですが、色々あってずっと離れ離れだったのが、三朗が後継ぎとして帰ってきたところから始まります。
優慈は子どものころから三朗が好きで、目も合わせられない。どんだけ純情くんなんでしょう。。。でもずっと気持ちを隠してきたのですが、商店街の集まりで酔って告白してしまいます。酔った優慈を誰が家まで送っていくかでもめた時に、優慈がきゅっと三朗のシャツをつかむところが!萌えまくりです。
そこから若干の気持ちのすれ違いはあるものの、トントンと恋人として関係が進んでいくのですが、アッチ方面は全然進まず…。でも常にラブい空気が漂っているのでもうすぐかな~。

サイドカプと言っていいのか、優慈の兄・賢慈とクリーニング店・善人。
優慈の兄、賢続き慈は見た目は美しいけれどもお金の亡者かつ俺様な性格。そんな賢慈に惚れちゃった善人くんは何をされても賢慈についてくわんこちゃんです。
「お金がすべて」と言い切るお兄ちゃんですが、なんかもう善人に落ちかけてるような気も…。こちらのカプもこれからどうなるのか気になります。

しかし、優慈はサブちゃんのどこにそんなに惚れているのか。まだサブちゃんの男気あふれるシーンが出てきてないので、これから波乱があると良いなあと期待してます。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ