豊潤なごほうび

houjun na gohoubi

爱的大丰收

豊潤なごほうび
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
62
評価数
19件
平均
3.4 / 5
神率
15.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション (コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784344827356

あらすじ

借金のため思いつきで女の子を誘拐してしまったホストの小池。その子は、実は自分の娘で、その保護者はこわ~いヤクザさん達で!?

表題作豊潤なごほうび

その他の収録作品

  • 豊潤な夏休み

評価・レビューする

レビュー投稿数10

心温まる作品でした

はっきりした恋愛の描写はないんですが、恋愛に発展しそうなカップルが2組登場します。
主人公がホストとヤクザという、ほのぼのとした雰囲気からは程遠い所にいそうな人たちなんですが、そういう人たちが血の繋がりはないのに家族としてお互いを大事にしている集まりがお話の舞台です。
正確に言うと組を引退した会長とその会長に付いていった舎弟たちを中心にしているのですが、この会長が義理と人情に篤い人なんです。
そしてこの会長が田舎で農業を始めるという、ちょっと変わったストーリー。
恋愛に発展するかな?と思わせる2組のカップルというのは片方がヤクザ(あるいは元ヤクザ)なんですが、お相手が一般人。
裏稼業の人達はいずれもその道ではやり手なんですが、硬派な感じでツンデレというか、なかなか自分の気持ちを認めていない所があって、それが却って可愛いです。
お相手の一般人は2人とも天然が入ってる感じなんですが、どちらのカップル(と言っていいのかどうか分かりませんが)もそれぞれ色が違って、私は両方のカップルにかなり萌を感じました。
恋人らしいことは全く何もしていないのですが、こんなにもキュンとするのがモチ続きメ子さんの作品の不思議と言うか、魅力だと思います。

0

物足りない…

全体を通してほのぼのです。
つかさは男前ツンギレキャラで結構好きだったのですが、私はどうしてもメインの元ホストダメ男キャラが好きになれなかったので微妙でした。子供(実は自分の子)を誘拐未遂…というのもどうしても胸に引っかかってしまいました。
脇カプの五十嵐(893)と森川(農大生)の方はかわいかったです。

ストーリーがイマイチ中途半端&ラブも足りないというか、少し中途半端に思えたので中立評価にしました。

0

いかにもルチル作品っぽい

互いにドキドキしたりとかはあるけどエロとかは全く無し。
心理描写とほのぼのとしたストーリに主点を置いた作品。

人によっては物足りなさも感じるかもしれませんが、こういうBLの描き方もあるんだなと思わせます。
主人公も初めは髪も長くて根性も無くてう~んって感じだけど、いつの間にかかっこよくなっていて、その上で泣き虫で感情豊かなところが惹きつけられる魅力あるキャラクターになってました。自分の中でいつのまにそんな風に思えるようなキャラに変ってたのかも曖昧なうちにキャラの魅力に引き込まれます。

他の各人も各々に人間味があって色々な人生というものに触れ合えるような、まったりとした作品。物足りないだけど満たされるような矛盾を感じさせられる良作でした。

0

タイトルとのギャップにいい驚き

『豊満なご褒美』というタイトルと表紙の雰囲気から
どんな農業系BLなんだとうと興奮気味に読んでみたらびっくり!!
農業系BLどころかBLかどうかもあやふやな内容でした!!

・・・でもそれは、いい意味でうらぎってもくれました。
モチメ子さんのふんわりした絵のタッチから繰り広げられる
なかなかリアルで切ない人間社会。
よく裏の世界の人間が出てくる漫画ですが、もがいて試行錯誤して、
義理と人情が詰まったいいおはなしだと思います(*´∀`*)

たくさんでてくる登場人物の、一人一人にしっかりドラマがあり、
とても読みごたえのある一冊でした♪

0

一生懸命、生きている人たち。

表紙の鍬を持ち上げながら怒っている黒髪美形がヤクザ屋さんのつかさくんです。
冷たい刃物のように整った美形ですが、決めたことには筋を通す熱血漢です。しかし、頭に血が上りやすいのがやや難点。

大きな林檎をむしゃむしゃと嬉しそうに食べているのが、主人公・元ホストの小池。
アホな間抜けで、人生楽な方楽な方へと生きてきたどうしようもない人間ですが、性根は優しい男です。
物語の最初にヤのつくお仕事の娘だとは知らずに、借金返済のために誘拐して身代金を要求しますが、返り討ちに合います。親分に肩代わりしてもらった借金を返済するため、元ヤクザの集団の中、新事業のエコロジー産業に(ヘロヘロになりながらも)真面目に従事します。

真ん中にちょこんと可愛らしく座っている女の子が礼子ちゃん。
養父はやり手のヤクザ屋大親分ですが、本当の血のつながった父親は、(お粗末な)誘拐を企てた張本人の小池でした。
ちなみに、普段の世話役はつかさくんがしています・・・この二人の信頼関係も泣かせるんですよねー。
今はつかさくんに懐いている礼子ちゃんですが、出会ったばかりの頃は、不法就労していた礼子ちゃんのお母続きさんが中国に強制送還されてしまい、離れ離れになってしまったので「お母さん、お母さん」とずっと泣いてばかりだったんですね。そんな一番大変な時から積み上げてきた二人の時間を想像するだけでホロっと涙が浮かんできます。

このように、BLの雰囲気はあまりありません。
サブキャラ同士の恋が微かに香ってくる程度で、メインカップルになるであろう、つかさくんと小池の恋はお互いが自身の胸の内だけで「・・・こんなに気になるのは不思議だ」ほどのものです。

ですが、沢山出てくるキャラクターたちがそれぞれの過去を歩んできた人達と描き切っているのは、もうヒューマンドラマといってもいいんじゃないかな、と思います。
これまでの人生を乗り越えてきた別々の人間で、良い所もあるけれど勿論悪い所だってある魅力ある人達。
これからの未来も自分の想い願うことばかりが叶うだけじゃない。むしろ、都合の良い事なんて叶うことの方が稀で、期待を裏切られながら、心をわずかに痛めながら、それでも懸命に日々生きている間に周りの人から信頼されて、暖かな気持を送られて・・・そんな特に変わらない日常を過ごす中こそ起こる喜怒哀楽を素敵に表現されています。

0

BLじゃないな。でも面白かった!


ヤクザやホストが出てくるのに、みんな可愛くてみんな良い人。ほのぼのとした素敵な人情ものでした。
モチメ子さんの絵は、ぱっと見そんなにうまくないように見えて、すごくお上手だなといつも思います。
キャラの描き分けがしっかりしてる。体格や頭の大きさ手足の長さも一人ひとり違う。なにを当たり前なと思われるかもしれませんが、こういう描き分けがあまりない方もいらっしゃいますよね。
中でも注目すべきは手の甲!ギスギスに痩せてる五十嵐は手の甲も骨ばってる。会長も年齢的に筋張ってる。
こういう細かい描き分けが素晴らしいいいい。
今回は会長がいるおかげで、カッコイイお年寄りもうまい!ということがわかり、惚れ惚れしておりました。
若い人に皺を足せばいいってもんじゃないんだ!肌のたるみ、目の回りや頬の窪み、うまい!うまいな~…。
でもって、会長は若いころすごく良い男だったんだろうか、それとも年取ってかっこ良くなった男なんだろうかと、しみじみ思い巡らずのでした。一向に頁が捲れず先に進まんぞ。

子供の頃に親に先立たれ、おそらく里親を転々としたか施設に入ってたかで荒んで極道になったつかさと、同続きじような境遇ではあるけども、その場凌ぎの生き方をした挙句ホストになった康介。
親から引き離され、縁あって会長の元に来た幼い礼子。
ヤクザを引退して新たに農園経営の道を進む会長と、会長を慕う石田と尾美。
その手助けをする、大学生でほわっとした森川。
会長がやるからにはきっと裏があると踏み、農業に金の匂いを辿ろうとする現役ヤクザの五十嵐。
数奇な出会いがあれば、いつか訪れる別れもある。その中には、いろんな愛の形があるということを学ぶそれぞれの登場人物たち。
その中でも、五十嵐と森川の進行具合にとてもドキドキさせられ、キスまでいかなくても別にいいやという気持ちに…は、やっぱならないんだな(笑)ぜひともこのあとの話を!プリーズ!!

会長にしろ五十嵐にしろ、ヤクザらしい凄みや貫禄もしっかりあって、それなのにほのぼのゆったりしたモチメ子さんらしい作品ってとこが、なによりこの作品の素晴らしいところでした。
モチメ子さん、しばらく漫画はお休みされるということで、とても残念です。
いつか五十嵐たちと主役カップルの康介とつかさのお話を、今度こそBLで読ませて頂けたらいいなあ。
そんな日を心待ちにしています。

4

これも匂い系でしょうね

ヤクザやホストが出てくるのに、何故かほのぼのしちゃうあったか愛情いっぱいのお話。
ヤクザやホストと言っても元が付くけれど、現役のヤクザさんが出てくるけれど、
そんなヤクザさんまで大学で農業研究してる一般人に匂い系、これはそれ以上になるな
なんて思わせる内容もあり、メインはなんと言っても借金で追われ、自分の娘だと
知らないで元ヤクザの会長に身代金を要求するお間抜けな実父。

どんだけおバカなんだと思える言動と行動、でもどこか憎めないホストあがりの男。
過去に付き合っていた相手がヤクザの愛人で彼女に逃げろと言われ逃げたけれど、
まさか、その彼女に子供がいたなんて知らかったけれど、それが縁で元ヤクザの会長に
拾われ、借金分、会長が引退して始めると言う、農業の労働者として田舎暮らし。
初めは逃げる事しか考えていなかったが、次第に元ヤクザの皆さんと暮らし、
そこで初めて大事な者を自覚して、ちゃらんぽらんな生き方を変えるような内容です。

BL的な恋愛も雰囲気はありますが、親の愛情や、それぞれの友情、敬愛、信愛。
様々な愛の形がこの1冊にさり気なく詰まっている感じで、あ続きったかい感じの作品です。

5

かわいい大人。

モチメ子さんの漫画ってスルメみたいだと思う。
ややこしい関係性の人達がワイワイがやがやと集まって、モメたりもするけど幸福なにおいがあって、それを覗き見させてもらってる感じ。
描かれてない部分を妄想してしまう。

表紙の二人はBL的にはやっとスタート地点に立ったくらい。
元ホストの康介はアホだけど素直で、元ヤクザで親父一筋だったはずのつかさは面倒見るうちにほだされる。
康介がすぐビービー泣くので、うざいんだけど構わずにはいられなくなるのです。わかる!アホの子ほどかわいい!
これはやっぱりつかさが受けだよね?ツンの子が受けに決まってるよね?

メインカプ(?)とは別に、総会屋で痩せぎす眼鏡スーツの五十嵐とのほほん農大生の森川の話が進行します。
こっちのがよっぽどBLっぽい展開。
森川といると落ち着くのに、五十嵐は現役ヤクザなので離れようとします。いつもニコニコしてる森川くんの決断が男前。

一冊通してキスすらないですが、ギャグとシリアスのバランスがよくて、おもしろい普通の漫画でBL風味のを見つけたときにラッキー!って思うような、何回も読み返して深読みしてやろうって続き気持ちになります(笑)。

2

革新的

作家買いの予約通販だったので、届いて表紙を見た瞬間、いかつさにとても驚きました。
雰囲気も今までの作品とは少し違いました。
今までは、ふわふわ可愛くてときどき唐突に下ネタ、疲れたとき何も考えずに読めるBL、というイメージだったんですが、
今回はお話も絵もかなりしっかりしていて、漫画を読んでいるという充実感がありました。
まる一冊ひとつのお話だったこともあり、読みごたえがありました。

BL要素は非常に薄く、匂わせる程度で終わっています。
でも二人が距離を縮めていく基盤が描かれているので、これからゆっくり進展していくんだろうなーと幸せな余韻が残りました。
もう少し先まで見たい気もしますが、この一冊の中で急に進展してしまうより良かったです。

面白かったです!

3

たくさんのいろんな形の愛情です

ルチルのモチメ子作品は、家族とか子供とかそんなふんわりした愛情を描く場所になっているのかな?
今回も前作みたいにヤクザを辞めてという設定の元一家で田舎で農業を営むといった、そんな展開が基本になって、
主人公は、そこの会長に心酔している舎弟と金欲しさに誘拐を企てて失敗し、その金の返済代わりに畑で働くことになった元ホストのような感じもありながら
会長の懇意にしている総会屋(ヤクザ)と大学の学生とのほのぼの愛情もあり、
子供が登場するのですが親子愛もあり
恋愛というか、友情の始まりといった様だったり、友情より一歩進んだ感情とか、そんなものも全部ひっくるめた 「愛情」 というお話になっていたようです。
なので、今回こそエッチがまったくありません。
匂い系?とも思えるような作品。
恋愛がはっきりしていないけれど、でもほのぼのと癒されて、ちょっとイイ話になっていて、少し感動するのも確かです。(みんなにちょっとウルっとしちゃった)
読み終わって、世界が平和になるといいなー♪
なんて、あれ?おや?みたいなそんなことが頭にぼんやり浮かんでみたり。
とにかく、いろんな愛情がここにあり続きます!

親分の養子と知らずに女の子・礼子を誘拐した元ホストの小池。
あっさり捕まって、その要求金額分(300万円)会長が引退して始めたバイオ燃料のための田舎の畑での肉体労働で返済することになりました。
実は小池は礼子の本当の父親だったのです。
礼子の母親も実は色々あって、日本にいません。
会長は不憫な礼子を養子にして可愛がって育ててきたのですが、その養育係がつかさです。
つかさは兄貴分の代わりに出頭する直前、会長を襲い、出所後に会長に引き取られて舎弟になった、会長が恩人で心酔(愛?)している人です。
本当の父親と教育係で、この二人とても仲が悪いのですが、共に礼子の成長を見守るうちに、彼等の事情を知るにそんなに悪くないやつと思い始めます。

また総会屋の五十嵐は、金もうけ第一主義の人ですがやはり会長を尊敬しているので新しく始めたバイオ燃料もとてつもないしのぎになるに違いない!としょっちゅう田舎を訪れたり学生の森川を訪れて会長の仕事がうまくいくのかと疑心暗鬼を晴らしに訪れているうちに癒されている自分に気がついて。
また森川も五十嵐を憎からず思いだし。

そんな具合で男連中のあれやこれやも進展していきますが
なんといってもキーパーソンは、会長です!!
彼の懐の深さと皆への愛情☆これにつきました。
つかさ、あれは男惚れを超えてたんじゃないかな?(組員にも言われてたけどw)

また礼子ちゃんのお母さんを恋しがるシーンとか、礼子のお母さんのシーンとか、
全然BLと関係ない部分でも、心を打つエピソードがつまっていて。
はっきりいって、もうBLどうでもいいや、って気持ちになってきちゃう(危ない、危ない!)

小池はアホだけど、この人すごく人がいいんだ、というのがわかります。
そして、つかさは究極のツンデレです!これは間違いない。

萌えって言われると、五十嵐と森川コンビ、そしてつかさのツンデレ、会長の男前な懐の深い渋さとか、そんな部分にあるかな?(かろうじてwww)
ちょっぴり恋愛のラブは薄いけど、大きなラブは両手でかかえきれないほどたくさんありました。
BL基準だときっと微妙なんでしょうが、でも優しいお話は好きですし、とりあえず萌えにはひっかかりましたので、この評価で♪

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ