淫花~背徳の花嫁~

inka

淫花~背徳の花嫁~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×211
  • 萌4
  • 中立5
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
10
得点
96
評価数
33件
平均
3.2 / 5
神率
21.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイSLASHノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784799712603

あらすじ

「気持ちいいのか。俺の雄が―」
そんなのありえない! こんなことで感じてしまうなんて…。
大学生の俊也はインド旅行中に突然囚われ、そこで出逢った3人の男たちの陵辱を受ける。必死に抵抗する心とは反対に、蜜を垂らしながら快楽を貪ろうとヒクつき揺れてしまう身体――。
彼らに贈られた宝石も、硬く閉ざされた蕾を責めたてる道具になり俊也を悦ばせる…。
そうして蠱惑的な色香を帯びるようになった俊也に、男たちは独占欲を抱き始め…
囚われたのは――?

表題作淫花~背徳の花嫁~

インドの男たち マハヴィル/ラジーブ/ダヤラム
日本の大学生 向井俊也・20歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

最後の大逆転でトントン

攻3×受1の4Pなお話でした。これだけで疲れそうな予感がしますが、いとう由貴さんの作品らしく、すべてのベッドシーンが「全力エロス!」という濃密なものである上に、怪しげな宗教団体、それぞれの運命を背負った魅惑的な3人の男達…と、読み終えた時にはどっと疲れました(笑) でも面白かったです。

俊也は旅先で拉致られてよく分からないまま「神子」なんて呼ばれた挙句レイプされて散々な目に遭う被害者なのですが、最後の大逆転でトントンかな~。少なくとも後味の悪さはありませんでした。

それにしても日本の俊也の周辺では彼の失踪をどう受け止めているのでしょう。気になります。

0

インドで繰り広げられる4人プレイ

壮絶でした!3Pは王道でよくありますが四人ともなるとあまり見かけないBL界。4Pへの挑戦ありがとうございます。
誰か一人を選ぶのか、もしくは四人で丸く収まるのか、わりと最後までどっちになるか分からずどきどきしながら読ませていただいたのです、が、まさかの…!
受けのビッチ化…!!
神の力で淫乱ビッチになってしまった受け様。平凡な日本人大学生とインドの富豪三人、「傲慢さ」と「慇懃さ」と「優しさ」、それぞれに翻弄されるというトンデモな図式は楽しかったしエロくてお腹一杯になりました。ただ唯一恋心を抱いたマハヴィルは健気で可哀想。

2

神子

まてまて、十年の間に何があったのよΣ(・ω・ノ)ノ!w

エロエロで乱交。アラブで蹂躙と聞きまして。
うっかり衝動買い。エロと聞くと買ってしまう衝動を何とかしたい。
いとう作品だし、エロは十分だろうと読みを開始したわけではありますが
まぁ、うん。期待したより内容薄っぺらいなという印象。
ラストがああじゃなかったらもう少し気持ちよく読後を迎えられた気がする。

お話は、インドに旅行に出かけた受が
突然拉致されて、豪華なベッドに寝かされる
数百年に一人の神子と歌われて、美形な男たちに蹂躙される
身体は慣らされ快楽をむさぼるようになる。
一度は逃げるものの、不思議な力に引き寄せられて~という
あれよあれよなお話。
最初はそんなに乗り気ではない男たちがたちまちに魅了され
身体の交わりにふけっていく。一度でスッキリ終わらないエロスは好きでしたwwwま、一対一じゃないので少なくとも1回で終わるわけはないのだけれど。
受を唯一心配してくれる男もまた
結局酷く受を蹂躙していくというのがまた滑稽で面白かったですね。」

とはいえ、濡れ場が多いということもあり
あん続きまり内容としてはふわっとした部分が多かったかなと思います。
ラストも、10年後~と描かれていますが
その間に何がどうなって、あの純朴そうな受が誰彼かまわずになってしまったのか・・というのがちょっと気になったかな。
飛行機の中で、あの攻たちを手玉にとっている姿は
あれはあれで萌えるのです。大の大人たちを手のひらで転がし
のどを撫でとりこにする。最初からそのテイストであっても面白かったかなとは思うのですが、ん~・・・急展開すぎてついていけなかったのが現状。
設定としては面白いんだけどちょっと薄いかな。

1

期待外れ (-.-;)

何かに疲れてる時なのか(苦笑)、シンプルにエロというかやおいというかを読みたくなる時ってありませんか?

そんな気分の中で、最近流行りの3P物等エロ重視系から表紙絵の好みと
合わせて、わりと評判になってたこちらを手にしてみたのですが・・・
ちっともエロくない・・・・(||-д-)チ――ン
大半がその手シーンで構成されているにもかかわらず、さっぱり色っぽさを感じれず、せっかくのインドエロスの雰囲気も堪能することが出来ず、
残念な結果に;; (涙)

結構評判になってたのに、なんでかな~??と考えてみました。

単純にやおいを楽しみたかっただけなので、
いきなり拉致も、神数だけ妙に詳細なトンチキ邪教も、臨場感のない
爆破アクション(爆)も まぁ、いいんですよ。(゚∀゚)ヾ
けれど、読者がそのシチュエーションを楽しむには、
その場所のイメージとか雰囲気とかが頭に浮かばないとイケない訳で、
それがダメだったってことでしょうね~。

妄想が広がらなかった原因は、描写不足にありました;; (-"-)

平凡な青年が妖しい密室で、3人もの男に弄り回されて淫らで妖続き艶な神子に変貌を遂げていく過程は、様々に描かれた状況や人物の反応から妄想することで、読者が想像を膨らませる事ができ、うわ~この子エロい、とか感じるものと思います。

ところがこの話では、詳細描写が少ないまま、
”得も言われぬ蠱惑があった” ”妙に魅力的” ”異常な興奮” ”―これが秘義か” 等々 大事なところを形容詞で済まされてしまうので、
「 竜宮城へ来てみれば♪ 絵にも描けない美しさ 」と歌われてる(笑)みたいに、何か美しいのかさっぱり分からない;; という状態。(苦笑)

特に、主人公の容貌は、ごくごく平凡、凡庸なはずの面立ち、、、
なんて一般人を強調するところだけは、冒頭から繰り返し書かれているので尚更です。
小説であれば、そこからの表情変化や3人が眼を奪われたポイントを表現してこそ、読者の妄想が湧いて萌えるんじゃないでしょうか・・・。

何度か読むのが面倒になりながらも、次のHはもっと色っぽいかも (爆) と
期待して、とぎれとぎれに最後まで読みましたが、色々盛り沢山のHシーンも、最後までエロさは堪能できず、なんだかな~、でした;;

支配する男・ラジーブ - 意地悪と許しに乱される
取り縋る男・ダラヤム - 熱い眼差しの懇願の甘美さ
愛してくれる男・マハヴィル - 抱き締める熱い腕

運命の相手となる3人を、其々の性格と立ち位置で描き分けた辺りは良かったので、もう少し、房事に溺れる彼らの内面描写があれば、楽しめたかな~、と思います。

先の方のコメントに同じく、これがコミックだったらイケてたかもね。
カラーの表紙絵と口絵がもっとも色っぽくて萌えられたところです。
元ネタのエロとじvol2も引っ張りだしてみましたが、やっぱり表紙絵が一番の萌えでした。(笑)
何度もエロエロと(爆)しつこいコメントで失礼いたしました。(^_^;ヾ

2

初めて4P読みました!

いとう由貴さんの容赦ない感じが好きなんですが…
今回はまた容赦なかったですw

受け様は平凡で平均的な大学生ですが、
旅行先に付いた空港ですぐ拉致されて怪しい宗教団体へ連れて行かれます
そこで神の子とあがめられるのですが
それがまた結局のところ、回されてしまう恐ろしい事態に・・・

全体的にはエロまみれでずっとしている感じでしたw
受け様は最初は嫌がっていたのですが、神の子というのはあながち外れでもなくて
すごいみだれていきます
怪しい宗教団体から攻め様3人wが助け出してくれてめでたしではなく
今度は3人から誰かを選べと言われますが選べず・・・

最終的に10年後になったときは「受け様!どうしたんだ!」
ってぐらい変貌してて正直エロすぎでしたw
最初の普通の受け様よどこいった!!!!

1

なるほど、そう来るか!

いとう先生、複数モノをそう書いているわけでもないのに、
なぜか存在感がある。
3P・複数モノでありながら、毎回、奥底にあるテーマが
わかりやすいからでしょう。
それぞれのキャラの方向性も、コンパクトにうまくまとめている。
あまりインドくささはないんだが、
いままでインドもので成功してるって、
中華モノ以上にナイから、まぁこんなものかと。
カーマ•スートラを生んだ国はこれからのジャンルかもしれない。

本作で注目は、攻めにそれぞれ役割を与えている点。
なるほどなと思った。
そんなん3Pじゃ常識のように感じるかもしれないが、
案外、ナイんだよ…。
システマチック(笑)な複数モノとでも言ったらいいのか。
前半はありがちな陵辱監禁系3Pだが、
ちょっとしたミステリー(ややB級風味)をさしはさみ、
消極的だった受けが、ラストでは蠱惑的なエピキュリアンとなる(笑)
この変容が小気味いい。
こういう開きなおりパターンは最近、顕著な複数・3Pの新しい傾向。
えせモラリストを撃破するようで大変痛快だ。

5

無理

現在、公私共に多忙で、疲れ果てているので、とにかくエロくて、ラブいのが読みたいとBLに癒やしを求めているわたしに、友人が複数物が流行だと勧めてくれて読んだんですが、どうにもこうにも自分には萌えポイントが見つかりませんでした。

攻めの見分け、読み分けができなかったし、受けもラスト、開き直っちゃってて、微妙。
トンチキは好きだし、異国の秘教とかエロエロで良さそうなんですけどね。
どうにも乗り切れず。

マンガなら楽しく読めたかもしれないけど、小説だと難しいですね。
ただ、自分には複数物のツボがないのかもしれません。
残念。

2

POPに惹かれて

こちらのサイトで、4Pという文字とPOPの特典付きに惹かれて購入。

とても久々に小説を読みましたが、スーッと最後まで楽に読めました。
4Pの設定以外は、どこにでもある感じで、大富豪と庶民。国越え。エロエロ。

無理やりの中にも愛がある作品に萌えますが、この作品に関しては萌えには至りませんでした。

まず攻めが三人で、名前がカタカナで、イマイチ誰が誰だか途中まで把握できなかった。

宗教絡み。感情のない行為。…次第に心に変化がみられたのが救い。

物語の流れから、最後は一人とくっつくかなとと思いきや、予想できるようで出来なかった展開。

まだ一度しか読んでないので、何度か読んで見たら変わるかな?

3

エロエロ重視なのねぇ

この作品を読んで思ったのが、b-BOYアンソロジーのエロとじ 2に収録されていた
同作者の「秘教の女神は蜜にまみれて」でしたね。
思わず持ってる本を出してマジマジ見ちゃいました(笑)そして作品の扉言葉が
「異国の秘儀に捧げられた無垢な体は、マハラジャ達に愛欲を仕込まれて・・・」で
3Pもので似たような設定、違いはインチキ宗教なのか迷いどころの教祖様がいて、
その信者だと言う、それぞれイケメンでお金持ちの御曹司たちを相手にするのが
やはり、神子様なんて言われて攫われてきた日本人の二十歳の無垢な大学生。

そして、もう一つ違うのが、3人の攻め様達が始めは乗り気でない感じで受け様を抱く事。
エロとじ 2のお話を肉付けして、登場人物の背景を少し足して宗教色に大きく色を付けて
エロエロ重視のストーリーに仕上げた感じでしょうか。
最後も似たような雰囲気だが、少し受け様を巡る攻め様の態度や感情を大きくしたような
展開になっていて、更に純真無垢だった受け様が本当に古代のエロ神様の器にでもなったかのように、10年後には3人を手玉に取る様な妖艶なものへと変化していく内容です。
続きロ重視作品だと思えばそれはそれで楽しめるのではないかと思います。
物語性を重視したい方にはおススメ出来ないかも知れませんが。

4

変身?

作者さんの痛い設定がすきで、選んでは挑戦してるのですがこれは…トンチキ!?
いや、裏書き見てたんで賭けだったのですがね~
まず以前も触れたが自分的にインド人が身近すぎてどうしてもイラストのような格好良い男性が想像できなくてアウト!
エロ重視なんで肝心の本筋はトンチキご都合なのでストーリーや設定につっこんでアウト!
ですがその結末は自分的にアマアマというよりニヤリとするようなものが潜んでいるようなきがして、そこは好き…かな?
だから「中立」になりました。

小柄で童顔で年より下に見られるのがコンプレックスの大学生の俊也は男になりたくてインドへ1人旅にきますが、トイレで何者かに襲われます。
それはインドで有力者を取り込んで富を手に入れている宗教団体でした。
俊也は新たな神子として現巫女のお告げにより選ばれたからでした。
グル(教祖)のえらんだ3人の青年(マハラジャの息子ラジーブ、政界の名門一族の息子ダラヤム、新興財閥の息子マハヴィル)により5日間抱かれ続け28日後6日間抱かれ続けると真の神子となる儀式に乗っとり3人の男により開発される俊也。
しかし、1人マハビルは優し続きく俊也を逃がすのです。
無事に帰国し、平穏な学生生活に戻った俊也に、再び教団からあの3人の男達が連れ戻しにやって来て…

3人に犯される俊也の構図は鬼畜だったり痛かったりは全くありません。普通に何となく優しさを感じるような、若者達の好奇心や戸惑いも感じるような~かえってエロジジイなグルとか衆人環視シチュがエロさを演出してる?
特に4Pだからと目新しさもないし、性格的特徴も若干あるものの、自分には至ってノーマルな雰囲気でした。

一番のポイントは俊也とマハヴィルとの関係!
彼は優しくどうみても俊也も彼が好きに見えます。
だけど!だけど!!なのですよ~w
これって俊也が変わったって事なんだと思うのですが、エピローグは仰天ですよね。
「おーい!戻ってこい俊也、お母さんは泣いてるぞ」と言いたくなったかどうかwww
しかし、この部分にブラック風味を感じたのですよね。
教団と教祖は居なくなったけど、ひょっとして俊也は新たな教祖になったんじゃないか?って
そうだとしたら、この教団はやはり力があったと考えるべきか?俊也は本当に神子だったのか?とか

神子を選ぶ基準にしてもいきなり俊也が選ばれるのも、冒頭の入りから設定がトンチキでつっこみまくりですが、俊也という人間の変化も唐突にしろ、なかなか宗教との絡みだけにミステリアスと考えればいいのかしらん?

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ