名家の息子(バカ)と世話係の和服美人(ツンデレ)の新婚(! ?)主従ラブ!

放蕩息子と世話係

houtoumusuko to sewagakari

放蕩息子と世話係
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×216
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
12
得点
104
評価数
26件
平均
4 / 5
神率
19.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784796404945

あらすじ

名家の息子・栄治は、どうしようもない遊び人でおバカ。
その放蕩ぶりから父親に実家に連れ戻され、世話係として和服美人の和泉をつけられた!
和泉は冷たいことを言いながらも命令には背かず機械的に仕事をしている。
それが気に食わない栄治は、和泉に「こっちの世話もしてくれよ」とエッチなことを要求してみるが…! ?
親父(名家の当主)×秘書(兼・当主の世話係)の20年越しの恋、栄治の父編も収録!

表題作放蕩息子と世話係

名家の遊び人息子 榊栄治 大学生
世話係 和泉

同時収録作品放蕩親父と世話係 第1話・第2話・その後(描き下ろし)

栄治の父親 会長・小説家 榊栄一郎
世話係兼秘書 椎名玲士

評価・レビューする

レビュー投稿数12

いいツンデレ

電子書籍で読みました。
1年ぶり位に桐祐さんの作品を読んだのですが、私は割と古い作品しか読んだことがなかったので、絵が更に綺麗になったなぁという印象でした。
元々すっきりとした綺麗な絵柄だったんですけど、絵柄が大人っぽくなったな、と(どんだけ古いのしか読んでないんだ?って感じですが…^^;)。

前置きはさておき、この作品に登場するカップルは、受け様がどちらも結構ツンデレさんで、比較的デレの部分が少なめだと思うのですが、それがこの作品には良かったかな~と思います。
どちらも主従関係になるのですが、ご主人様に仕えているという環境が多分にその「ツン」の部分を強く出させるのだろうと思います。
どちらの受け様も長年自分の恋が実らなくても忠実に仕えてきていて、とても健気です。
でも表面にはそれを出さないのがまた意地らしい…。
忠実な主従モノがお好きな方にはお薦めかと思います。

0

甘め

私は結構好きです。絵柄といいストーリーといい少女漫画っぽいかもですね。
表題作は、放蕩の末実家に連れ戻された息子とその世話係のイチャラブストーリーです。バカ息子に惚れてしまったばかりに、恋人となった後も和泉は苦労が絶えなさそう。和泉の年齢って結局出てこなかったけどいくつなんだろ?
息子の話も良かったですが、親父と椎名の話がやっぱり良いですねー。お互い結婚したけど、20年の月日を経て覚悟を決めたんですね。しかも、墓の前で愛を誓うって…。奥様が不憫な気はしますが、まぁBLはファンタジーってことで。

0

親父カプ推し

放蕩息子と世話係、その父親と秘書の二組のカップルが一冊で楽しめます。

私は特におじさん好きではないのですが、息子カップルよりも父親のカップルの方が好きでした。
実年齢を想像するとキモッって感じですがお父さんも秘書もカッコいいのです!お父さんはちょっとワイルドで、秘書は黒髪眼鏡という大好物なビジュアルで、その二人が出会った瞬間から一目惚れだし、二人とも結婚してたし。
お父さんがまだ結婚する前にいよいよ結婚が決まったからこれで会うのは最後にしようと言った玲士の背中が小刻みに震えていて…など結構切ないエピソードも盛り込まれているのですが最終的にはハッピーエンドなので喜ばしく読み終えられました。

0

二組の主従カップル

大学でハメを外しすぎ、家に連れ戻された栄治が、素行や成績をあげるための教育係として使用人の和泉を付けられる、というお話です。
タイトルと表紙の雰囲気がそのまんまで、わかりやすく読みやすいお話だと思います。

こう見えて和泉は年上です。栄治はチャラいけど男気があってカッコイイし、和泉は絵に描いたようなツンデレで、ツンツンしながらも栄治の事を心から心配している…カップルとして良いっ、と思っていたんですが…一つだけ、途中で栄治が冗談で和泉にセーラー服を着せるシーンがあります。美人な和泉に似合いすぎているというお約束な展開なんですけど、これを見て、ふと、このお話は和泉が女の子でもいけるんじゃないかと思ってしまいました^^;

口調は敬語で中性的だし、顔は女性顔で世話焼き…。結ばれたときに男だけどいいのかと確認する場面がありますが、お話そのものがBLでないと成り立たないというものでなかったのでなんだかそれが惜しかったなあと思います。
しかし世話焼きツンデレなの性格は非常に魅力的でツンデレ好きさんにオススメです。

半分は栄治の父親と、義理の弟であり秘書である玲士の20年越しの恋の続きお話。表題作のカップルとはタイプがガラリと変わります。
過去の話がよかった。結ばれるまでが本当に長い二人なんですが、間の補完がないのがちょっとさみしい。
互いに結婚もしているので、20年も好きだったというその裏付けになるような、その間の気持ちとかももっとあればよかったなあと思います。

主人と教育係という関係が好きな方には、さらりと読めて上手くまとまった二カップルのお話が読めて楽しい一冊だと思います。

0

和服萌え

キヨイさんの本は好きなのですが、
この本はこの作家さんの中で三本の指に入るぐらい
好きです。

最初は、
「うわ、主人公の栄治(攻め)って
 サイテー。
 女好きでだらしがない大学生かー」
って思ってました。
(かなり後半まで)

それに対して、世話係に命じられる和泉(受け)。
うっわー、かわええ!
和服姿最高!
ツンデレいい!

最初からこの設定のギャップは良かったですね。

あまりにも遊びすぎて
名家に呼び戻されてしまう栄治。
そしてそこで、矯正をするよう命じられるのが和泉。

でも実は、和泉は栄治が小さい頃から好きだったんですねー。
うーん、どこが良かったんだ!
和泉が勿体無い!

そして、だんだんとその和泉に惹かれていく栄治…。
「抱きたい」と言う栄治に対し、
和泉は、「一夜の思い出になるなら」と
栄治に抱かれます。

ああ、もうこのエロシーンの
和泉の可愛さときたら!
めっちゃ可愛いです!
栄治じゃなくても「カワイイ!」と
言ったと思います。
痛がるのを必死で我慢する様子も
ホントに健気で…。

続きも、最後は
一緒に暮らすということになり
ハッピーエンド。

和泉がちゃんと栄治の手綱を持ってくれるから、
この二人は、大丈夫でしょう!

1

息子編と父親編、一冊で二度美味しい

萌えツボを的確についてくださってお気に入りの作家さん、こちらも当たりでした。

「放蕩息子と世話係」
名家のバカ息子(栄治)×栄治の世話係兼教育係(和泉)
大学で遊び過ぎて成績が落ちる一方のバカ息子が実家に引き戻され、監視役として使用人の和泉が付けられます。
表紙だと和泉がずいぶん幼く見えるのですが、年上のツンデレ美人です。
使用人なのに、雇用主(=父親)じゃない息子にはこれでもかってくらいの無表情でバッサバサ嫌味を言っちゃう可愛いげのなさ!
だけど「命令」には従順で、言われればシモのお世話まで平気でやろうとするから質が悪い。からかい半分のつもりが、口で軽々とイかされた上に「(後ろに)入れますか」なんて冷めた目つきで聞かれたら、いくらバカで遊び慣れた栄治だってそりゃ引くよ…!
ありがちなストーリー展開なのですが、和泉のあまのじゃくな可愛さがツボにはまりまくって仕方なかった~!萌萌萌
栄治もただのバカかと思えば、純粋でイイヤツだし。
和泉のエッチの時の声が大き過ぎて、一回目であっさりお父さんにバレちゃってるのが可愛い(笑)

「放蕩親父と世話係」
栄治の父親で当続き主(栄一郎)×栄一郎の世話係兼秘書(玲士)
息子編で何かしらありそうな雰囲気だった二人の昔話。
名家の跡取りである栄一郎は結婚相手を自由に選ぶことは出来ず、親の決めた相手と婚約、婚約者の弟として紹介されたのが玲士でした。
大人になった玲士はにこりとも笑わない鋭い目つきのインテリメガネ(栄一郎曰く「ツンギレ」)なのですが、学生時代の玲士は可愛い!
バイだった栄一郎は初めて会った瞬間玲士にときめいてしまい、玲士は最初からこうなってしまうんじゃないかと予感して栄一郎を避けるのですが、結局二人は恋に落ちてしまいます。
割り切った関係は栄一郎の結婚で終わりを迎えて、二人は別々の道を歩み……20年経ってようやく再会。
息子編よりもだいぶん切ないお話でした。

桐祐キヨイさんやっぱり好きです!

1

会話のテンポがとてもいいです。

すごい失礼な話だと分かっていて書きますが、今回、別のBL漫画が欲しくてBLの品揃えがやたら豊富な書店に行ったのですが買えなかったので、でも何か読みたいしと適当に買ったうちの一冊でした。
絵は綺麗だなあと思ったのですが、好みかと云われるとどうだろうという雰囲気な上にこれ、絶対に俺様攻めではないですか!
俺様・鬼畜攻めと眼鏡攻めは何故か駄目なので、その時点で何で買ったか今となっては謎です。
しかも、本来出版社は関係ない筈なのに一度もあたった事がない出版元のコミックス!

でも、大当たりでした!

な、なにこれ、えらい可愛いです!
表紙のカプと攻めの父親×秘書の2つの話で、大体二つ盛り込むとどっちかが駄目で残念なことが多いのですが、どっちも可愛かったです。
表紙のカプは最初の方読んでいて矢張り攻めがすごいデリカシーない俺様なんだろうなと思ったのに、読み進めたら優しい良い子でした。あほですが(笑)
憎めないおばかって、こういう子なんだろうなあ。
表紙の受けの子が攻めを好きな理由はたった一言二言でしたが、多分こういう積み重ねがあったんですかね。
色々足りない事は多い気もし続きますが、それが気にならない楽しいお話でした。
父親の性格も、いい味出してます。
お話としてはそんなに変わった何かがある訳ではないオーソドックスな展開ですが、会話のテンポがとてもいいです。あと、受け二人の天然っぷり。
読み終わった後に、ほんわりしました。

本当、全く期待しないで買っていたので、こういう時に大当たり引くと嬉しいものですね。
神様、有難う!
評価は萌え×2か神か悩みましたが、この出版社でなら神だろうという事で。
此処の出版社の作品が不得手な方っていらっしゃると思うのですが、私だけじゃないですよね。多分。
私だけかも??あれ??(汗)

1

お父さんたち奥が深い

息子と世話係編&お父さんと秘書編

息子の栄治は大学生、田舎から東京へ出て自由気ままに女の子を呼んでは
羽目を外し、成績は下がる一方・・・
そんな栄治を父が連れ戻し、学力が戻るまで世話ががり兼家庭教師の和泉がつけられた。
和泉は昔から栄治のことを想っていたがそのことは自分の中だけの秘密だったはずなのに
栄治の父にはすべてお見通しで・・・
そんな和泉になぜか惹かれる栄治。二人は晴れて恋人に・・・
本当は大好きなのに、あえて冷たく何の気もないようなそぶりをする和泉が健気。
勉強をして成績が戻ればまた東京に行ってしまうことを知りながら
栄治のために自分の気持ちを隠し通そうとする和泉が可愛い。
Hのとき、和泉の声が大きいのは意外でした。
そのことを、栄治の父が知ってるっていうのも、ちょっと恥ずかしいよね。

おやじ編
栄治の父栄一郎と秘書兼世話ががりの玲二は20年来の付き合い。
玲治は栄一郎の亡き妻の弟で、結婚前から体の関係があった。
お互いに愛し合っていたのに、それぞれ違う相手を選び結婚。
栄一郎の妻は亡くなり、玲二は離婚。
お互い愛のない相手との20年続きを過ごし、今再び本当に愛する相手と20年ぶりの恋に堕ちる。
20年もの間、好きな人を想い続けることができるなんてすごい。
年齢はいってても、息子たちよりある意味熱くて見えない深い愛がそこにあるのが
はっきりとわかる気がしました。
20年前に二人が下した判断が必ずしも正解だったかどうかはわかりませんが
今、こうしてやっぱり求める人の所へ戻って来られたことを
若者のようには騒ぎ立てないまでも、心から嬉しく思っていることは
二人のさりげないやりとりを見ればわかる気がしました。

1

オヤジ組が好きです!!

名家の息子で遊び人の大学生:栄治×世話係:和泉です。
いや~よくある話でしたが、面白かったですヾ(*'∀`*)ノ

名家の息子の栄治が一人暮らしをしていたのですが、大学の成績が、めちゃくちゃ悪く
実家に強制送還されてしまい、世話係である和泉と少しずつ親交を深めて
恋愛に発展していく話でした。

和泉はあまり感情を出さなくて、そのせいで栄治が自分は嫌われてるとか
実は父親とデキてると勘違いをしてしまいます。
でも実は和泉は昔から栄治のことが好きだったみたいですが・・・
申し訳ないんですが、こちらの表題作は普通すぎて(´・ェ・`)

【放蕩親父と世話係】
名家当主:栄一郎×世話係:玲士です。
個人的にはこちらのスピンオフの方が好きでした!!
しかも普通の当主×世話係と思いきや、世話係の玲士は当主の亡き妻の弟
だったりします。
その上、栄一郎が当主になる前に身体だけの関係(それでも素股のみ)だったりします。

それから20年・・・お互い結婚をし、紆余曲折あって、やっと結ばれることに
なったのは本当に萌えましたね!!
でも個人的には玲士の高校生がめっち続きゃ可愛かったので、もう少しその話を
読みたかったりします。

ぶっちゃけ作者さんは感情を表に出さない受けが好きなんだなぁと思いましたww

1

息子カプよりアダルト父カプが好き

本編の放蕩息子とお世話係よりも父親とそのお世話係の二人の関係の方が
断然惹かれてしまう内容でしたね。
本編も悪くは無いです、田舎暮らしから自由を求めて都会へ大学進学で
一人気楽なマンション住まいしているお金持ちの次男坊、自由の意味が女の子を
侍らせて毎夜大学そっちのけで遊びまくるいかにもな息子くん。

それが2年間も続くと流石に父親がキレて強制的に実家に連れ戻されて更生プログラム。
父親に散々言われ、お目付け役兼お世話係を付けられて、健全な生活と
遅れがちな勉強をお世話係に指導される展開です。

息子に付いたお世話係はなんとその息子に密かに片思いしている設定で、
息子の父親はそれを承知と言うよりたきつけている気がします。
そんな息子とお世話係の恋のお話は初々しいし、バカお坊ちゃまだと思ったら
素で人を労わることが出来るなかなか良い子でした。

そしてその息子の父親とお世話係は実は義兄弟だったりします。
父親の亡き妻とお世話係が兄妹で、実は二人は父親が結婚する前に禁忌的な関係に、
でも互いに結婚が決まり別れたけれど、20年の時を過ぎて再び始まるアダルトな続き恋。
それに、お世話係のクールすぎる程クールな感じが萌えるのです。
さらっと相手を自分のもの宣言しているのも痺れます。

1

新ジャンル?ツンギレ

すっごくシンプルな主従関係のお話なんだけど、全然飽きない。
息子編と親父編があって、この親子何気に性格的に似たもの同士。
世話係もいわゆるクーデレというかツンデレというか、若いほうはデレが解りやすいのだが、年長ツンデレはデレが少なくて親父に「ツンキレ」とか言われてる(爆笑)
ツンキレってなんだ!?
両者とも分類上は同じくくりなのに、それぞれの立場と過去から違う味を出しているから楽しいのですねv


【放蕩息子と世話係】
田舎が嫌で大学の一人暮らしを満喫しすぎて、実家へ強制送還されてしまった栄治には父親の世話係だった和泉がつくことになり、生活の逐一を管理されながら勉強も教わりながら暮らすことに。
厳しくクールな和泉が本当は自分を憎んでいるんじゃ?と思った栄治はたまってるからそっちの世話もしろと言いつける。
命令ならと従う和泉に感じたのは親父への嫉妬。
そんなで栄治は和泉が好きになり、和泉は本当は昔から栄治が好きだったという話.

和泉のツンがかわいいのです。
表情を表わさないようにして無表情で無感動でいるような一見なのに、驚愕した時のギャップ。
アゴはずれる続きんじゃないか?というその表情(笑)
主従をわきまえているからこそのその態度に気持ちが見えにくいどころか、案外わかってしまうところ。
何と言っても命令だからと抵抗もせずに栄治のさせるコスプレをだまってやってるところが・・・健気?
実は通りすがりでそれを見た父親の世話係の玲士の”ゴミを見る目”が一番ツボだったりするのですが、そんなアホに付き合う和泉の健気さよ、愛じゃかったらやらないよw
栄治がやんちゃでちょいアホだけどポジティブなのがいいのですよね♪

【放蕩親父と世話係】
大人編はちょっぴりシリアス。
栄治の父親・栄一郎と世話係の怜士は実は、栄一郎の嫁の弟という義兄弟の繋がり。
家が決めた結婚で、彼女の家に行った時に出会い、それぞれが惹かれあって肉体関係も持っていたのだが、結婚によって別れなければならなかった。
そして妻が亡くなって、世話係が引退するとその後を引き継いだのが怜士というわけ。
二人の関係は終わったもの、過去のこだわりはあるけれど、それはそれと割り切った付き合いだったのに。。。

と、結構根っこはシリアスなのに、栄一郎がやんちゃ系親父。
怜士がこれまた氷の表情で感情が読めない人。
怜士の冷たさを栄一郎がフォローして笑いに昇華しているような気がするが、何気に怜士の発言って怖いけど天然入ってないか?ちょい笑ってしまうのだが。
いや平然と冷静な顔で言うから面白いのか?
そして怜士の意外な面も知ることに・・・不能になっちゃってるの!
これって栄一郎への想いを封じ込めたからですよね♪
ということで、エッチの流れについて、実は絶対栄一郎受けだとおもったんだけどなーw
見事裏切られました。
怜士が受けでした、、、怜士がそのツンキレを発動して栄一郎に鬼畜な振る舞いでオーフォッフォッフォとか押し倒すかと思ったのにw
まあ、いっか、でもちょい残念。
この予想を裏切るもある意味面白見かもしれない。

キャラクターがそれぞれにしっかりと立っているのでその組み合わせに萌えることができました。
多分、コメディだと思います(笑)
萌×2に非常に近いです♪

5

息子も父も♪

桐祐キヨイさんの既刊本「どうにもならない」を思い出す方が多いのでは?
と思いました。
素行が悪い金持ちの息子が男相手に~というお話と、
その父と秘書もCPに…というお話も入っての1冊です。
キヨイさんの好きシチュなのかしら☆
でも、コチラの新刊の方がキャラの立ち具合もよくて、好きでした♪


■表題作「放蕩息子と世話係」3話。
表紙の絵のふたりのお話です。
右が、金持ちの息子で実家を出て遊びまくり成績落ちまくりの大学生(攻め)。
ある日、あまりに生活態度も成績も悪い為、
父親が激怒して田舎にある実家に強制的に戻されてしまう。
そこで攻めに世話係として付けられたのが、表紙の左の子(受け)で、これでも年上。
そしてクールな着物美人の受けは、
無愛想で淡々として見えるけれど、実は攻めに片想い中。
でもそんな想いを全然知らない攻めは、
自分は嫌われていて、しかも密かに食事に毒を盛られていると勘違いして、
仕返しのつもりでフェラをするように命令すると……

表紙のカラー絵では受けがちょっと子供っぽく見えますが、
中の絵では結構大人びた色気がふとした時にも続き出ていて、いいなと思いました。
クールな表情の下に一途な想いを潜ませているのも、
時々ぐわっと表情が豊かになる瞬間があるのも可愛いかったです♪
攻めも後半は特に、
年下らしい幼さと素直さと、真っ直ぐな男前な部分が合わさって好印象☆

■「放蕩親父と世話係」2話+描き下ろしの「その後」
表題作の攻めの父親(攻め)と、その世話係兼秘書(受け)のお話。
攻めは若かりし頃、名家の家の為に好きでもない女性と婚約させられて、
その女性の弟であった受けに出会う。
互いに惹かれ合い、密かに体の関係になるふたり。
でも、家の為、親の為に、その関係を解消してそれぞれに結婚。
そして出会いから20年後、
妻と死別した攻めの元に、受けが秘書としてやってくる…

出会い時はあどけなさが残っていた受けが、
現在はカチッとスーツを着込み、隙のない眼鏡インテリになっているのがGOOD~。
そして、その冷たい印象しか与えない表情が、
ほとんどデレないけれど、エッチの時は…とか、実はインポになってて…とか、
なかなかツボでした♪
ちなみにこの秘書兼世話係の受けはタメ口です、
最初はちょっと違和感がありましたが、
攻めの包容力が引き立つように思えるので、これはこれでいいな♪


見やすいキレイな絵と、適度にコミカルで適度に切ないのが、
サクッと読んで楽しむにはとてもいいです。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ