醒めない夢 前編

samenai yume

醒めない夢 前編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ステップラボ
シリーズ
100%男子(電子書籍・ステップラボ)
発売日
ISBN

あらすじ

作家の辻浦が偶然に居合わせた葬列。遺影の少年がその夜、夢に現れて関係を持つ事に。なんとも奇妙な出来事……その夢が気になった辻浦は彼の墓を探しだし、少年の卒塔婆(そとば)の前で物思いにふけってしまう。すると目の前に死んだはずの少年が立っているではないか! 辰巳ドロ子が送る美しくも禍々しい世界。

表題作醒めない夢 前編

作家 辻浦亮介
死んだ少年の弟 水守要

評価・レビューする

レビュー投稿数1

死者の呪縛

【あらすじ】
作家の辻浦は、野辺送りの葬列に遭遇。
遺族がもっていた遺影を目にし、まだ学生じゃないかと同情する。
その夜、夢に出てきたのは、遺影の少年。
少年は、辻浦と接吻しながら、
「叶えて」「僕のせいだった」等の謎めいた言葉を繰り返す。

翌日、少年の墓を探し出し、手を合わせていると
故人と瓜二つの少年が現れる。
彼は、階段を踏み外して死んだ少年・惣太の弟で、
要と名乗った。

聞けば、兄の惣太も要も、辻浦の作品の愛読者であったと。
死者が結び付けた縁で、二人は度々会うようになるが…。


【感想】
死者に囚われる人々を描いた作品、という意味では
同作者の「追憶忌憚」と似ているが、
話としてはこちらの方が、ハラハラする展開で面白く感じる。

辻浦と要、そして惣太。
誰もが少しずつ狂っていて、一体この先どうなるのか
気になる幕引きです。

今のところ、要の不憫さが顕著です。
ことあるごとに優秀な兄と自分を比べる両親に傷つき、
兄と会ったこともない辻浦さえも、
夢の中の惣太に魅入られ、自分ではなく惣太を見ている。
ただ、不憫だけ続きど、
要は要で壊れているため…、話がどう転ぶか分かりません。

辻浦の夢に現れる惣太は何を訴えたいのか。
辻浦と要が、惣太の呪縛から解放され、お互いを見ることができる日はくるのか。

「死人が憎い」
ラストの要の涙に切なさを覚えると同時に、
添えられた独白にゾクゾクッと恐ろしい情念も感じます。

後編に続きます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ