ひずむ三角、ほどけて絡む

hizumu sankaku hodokete karamu

ひずむ三角、ほどけて絡む
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神32
  • 萌×244
  • 萌27
  • 中立14
  • しゅみじゃない13

--

レビュー数
25
得点
431
評価数
130件
平均
3.5 / 5
神率
24.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784812485569

あらすじ

何せこの社会、童貞か否かで地位が決まる!

高校生活での恋人の有無、さらに童貞か非童貞かは年頃の男子にとっては死活問題!
かわいい女の子と付き合いたい! Hがしたい! 童貞を捨てたい!

ーーーーーが、願い空しく市村くんの望みは一向に叶う気配がない。
そんな時、大庭くん(非童貞)にHなお勉強と称してイロイロされてしまい、寮で同室の蔵くんまで巻き込んで、変則三角関係の出来上がり! ?

表題作ひずむ三角、ほどけて絡む

大庭始,成績優秀でイケメンのモテる高2
市村かも太,早く童貞を卒業したい高2

同時収録作品ひずむ三角、ほどけて絡む

蔵,高2・大庭の幼馴染で引きこもり
市村かも太,高2・寮が同室

その他の収録作品

  • さんかくプレイ
  • うまくいかない事もある
  • 蔵の壁
  • 君と何度でも
  • 彼の友
  • ひとりよがりも君次第
  • ひずむ三角、ほどけて絡む 幕間(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数25

良くも悪くも「サラリ」感

サラリと読んでしまいましたが、一つ一つ取り上げて考えると
エロ要素強め。
おそらく受けの子がアホの子犬っぽくて
本来ちょっと不憫な立場であるにもかかわらず
悲壮感とか悩みとかが感じられないところが
良くも悪くも「サラリ」感を出しているのでしょう・・・
攻めの二人の気持ちがよく分かる。

読んでいてずーっと既視感があったのですが
ジャジャ馬ならしを思い出しました。
本作のほうが絵柄やストーリーやキャラの思考は軽いけど
性格性癖はひと癖ある感じです。

1

どうかな

女子のパンチラに喜んでる市村くんを階段の踊り場角に追い詰めて股間をモミモミしちゃう大庭。
ここ、萌えました。

耳の後ろ舐められたりして、市村は助けて欲しいようだけど、通る人は仲良いね~って言ってます。

仲良さげにしか見えません。

主要人物以外のキャラはみんな手抜き&同じ顔で爆笑。
特に市村を鼻で笑った女の子の冷めた表情笑えた。

でも、女子のパンチラで興奮したりグラビア雑誌見て興奮したり、女子女子言っていた市村が大庭のどこを好きなのかわかりません。

友達として嫌われたくないから流れでセックスしちゃったとしか思えない…。

蔵に手をガムテープで固定されて無理矢理フェラされてるのに…許すという選択肢があるのにびっくりだ。

まずは、ふざけんな!って怒ろうよ。
一発殴っても良いと思う。

仕返しが蔵の大事にしてる人形でボーリングって…。
かなり大事にしてるようだから大ダメージにはなるのか。

頭捻るところもあるけど、この妙な3角関係面白い設定とキャラでした。
なんか、仲良すぎた3人組の延長線で君だからエロいことも出来るよ、でも、恋人じゃな続きいよみたいな感じがしました。

エロいことに興味があるからしてるという印象で好きとかは一応言ってるけどラブラブな感じはしません。

2

電子版で失敗

あ〜!レビューを読んでから買うべきだった!
電子(こぼ)で購入しましたが、修正がひどくてナニがどーなってんだかという感じでした。

表紙からストーリーものかと思ってましたが、これはエロを楽しむ作品のようです。が、電子書籍では修正が!! 局部のみならず、ひどいところではお尻の辺り全体が丸く白抜きされているという興が削がれるものでした。

ストーリーはあってないような感じです。好き好き言ってますがちょっと説得力に乏しく萌えきれませんでした。エロでは修正がもう少しマシなら楽しめるのかもしれませんが、それは「紙」のみぞ知る、です。

0

受けが可愛い。

表紙から、もっとシュッとした絵を描くのかなあと思いきや、ふわっとした不安定さが漂う絵でした。これはこれで味のある可愛い絵なのですが、私の好みではなかったです。ちなみに、ebookでの電子書籍で購入しましたが、tnkは真っ白でした。

よかった点はちょっとシュール気味のギャグと、受けの主人公です。明るくてアホで友達の多いタイプなのですが、この子はほんと可愛いですね。何回もくすっと笑いました。この子は素直で純粋だからこそ、ノンケなのに流されて友達の攻めくんと結果的に攻めくんと付き合うまでになってしまうのかもしれないですね。攻めくんと幼馴染くんが惹かれるのもわかります。

ですが、やっぱり。。童貞のコンプレックスや男子高校生の性への興味など理解や共感ができないところもあったため、私は萌えっとはしませんでした。メインカップルに焦点を当てて、幼馴染くんはもう少し控えめの登場のほうが良かったかな〜〜。

1

ここまで絡まりまくりの三角関係もめずらしい

絡まってますね。
変な三角関係が好きなので見つけたら読んでますが、ここまで絡まってる三角形は初めてです。
「ひずむ三角、ほどけて絡む」のタイトル、巧いこと言う!
読む前は「ほどけて絡むってどういうこと?」だったんですけど、読むと納得。ほどけて絡んでおります。

大庭(攻)、市村(受)、蔵(攻)の関係は、
大庭と蔵が幼馴染みでクラスメイト
市村と蔵がルームメイト
大庭と市村が大庭の片想い→恋人

そもそもなんで大庭は同じクラスでもない接点のなさそうな市村と友達なんだろう?と読み始めは不思議に思ったのですが、そこが徐々に明かされながらひずんだ三角の形が次第に見えてくると、その複雑さたるや…!

視点をどこに合わせるかで印象がかなり変わってきます。
大庭→市村、市村→大庭、大庭→蔵、蔵→大庭、市村→蔵、蔵→市村
一冊でこれだけ楽しめれば言うことなしです。

キーパーソンはでもやっぱり市村なんだろうな。
大家族育ちの市村のあっけらかんとしたキャラが、センシティブに育った大庭と蔵のそれぞれに二人だけでは与え合えなかった変化をもたらしてますしね。
彩景でりこさん続きの「チョコストロベリーバニラ」もそうだけど、全くの異人種が一人加わることで元の二人の関係に変化が出るのは三角関係の醍醐味!
市村に貰ったメロンパンを大庭と蔵が二人で仲良く分けながら「市村も分ける?」に、「分けちゃいなよ!!」と心の中で叫んだのは言うまでもありません。

パキッと【ラブ】とは言い切れない、友情なんだか愛情なんだか同情なんだか区別のつかない色んな情が全部ごちゃっと混ざって、さらにそこに性欲が絡まり、なおかつ先に性欲が先行しちゃってるってのは、性春真っ只中の男子高校生モノだから成り立つ(許される)面白さかなと思います。
大人だったらこんなのダメダメ過ぎる。
だけどDKなら可愛らしく思える不思議w

あと何と言っても、碗島子さんのコミカルなトーンと変態臭いエロは読んでて楽しいです。
一瞬シリアスになっても次のコマでは大体誰かがツッコんでるテンポの良さについつい掴まれます。
エロは、子供のオモチャ、ビニール人形、ぶどう、リップスティック等、それ挿れて気持ちいいんだろうか?と思うものも(笑)
おもらしもさせられてました。

3

みみみ。

詩雪さん

コメントありがとうございます♪

詩雪さんも三角関係好きなんですね。
いいですよね三角関係♡

この三角関係はある意味斬新…というか、よくここまで盛り込んだな!的な(笑)
パッと読みはふわっとした印象なんですけど、読み込むとすごく面白くて。
個人的には蔵×市村もいいですし、大庭+蔵×市村ももうちょい見たかった気がしますね~
続編欲しいです。

詩雪

みみみ。さん

こんにちは。
こちらにも連コメ失礼しますmm

私もこの作品好きなんです!
この感じはなんだろうなって思いながらも何度も読んじゃう。
でも、みみみ。さんのレビューで自分がこの作品に魅かれる理由がみえたきがします。そうそう、視点がどこへも移動できるんですよね、これ。ラストのシーンも、それをはっきりさせないというか、どこへ行くもありだよなぁって思いながら読み終えられるのがいいですよね。個人的にただ好きという感じではなく、迷宮bookって感じかもしれません。

P.S.みみみ。さんの三角関係本棚、参考にさせていただいています。三角関係好き♡(笑)

いびつな三角

表紙買いして当たる事があまりないのですが、
これはたまに読み返しています。

いまだに何故市村が大庭を好きになったのか釈然としませんが
大庭は市村のあまり物事を深く考えないのと、丈夫さに惹かれ
たんじゃないかな。

三角関係も大庭が「手を出さないでね」と言いながら蔵を
煽ってやっと成り立っ、という感じで。

エロへの導引にも違和感がありますが、童貞こじらして脊髄反射で
物事を考えている市村には逆にこれ位しないとダメなのかも。

大庭、市村、蔵の三人の中にあまりラブ臭はせず、
性欲と好奇心に奇妙な友情関係を絡ませた、って
感じで逆にリアルだな、と思いました。

1

タイトル通りのストーリー

ちるちるを巡っていて出会った一冊。高校生のBL物が読みたくて購入しました。レビューもちらっとしか見ずストーリーを全く知らないまま、表紙の可愛さと不思議なタイトルに惹かれて購入を決定。買って良かったです!でも個人的に「ここもうちょっと描写して欲しかったーーー!」という点がいくつかありましたので萌1つ…以下ネタバレです↓

疑問点1:大庭くんの恋愛対象に最初っから女の子はいない?
要は真性のゲイ?だから市村くんが「ほもじゃねーわ!」て言うたびに傷ついていたのでしょうか。もちろん、市村くんの事が好きだからという理由で傷ついたと言ってもいいでしょうが、蔵くんの事も好きなんだよね…?たまたま2回連続好きになったのが男だったのか、真性のゲイなのか!気になる!!

疑問点2:そもそも大庭くんが蔵くんに抱いているのは「恋愛」か「友愛」か
恋愛っぽいと思わせる描写がいくつかあったものの、そしたら蔵くんを気になってる女の子と蔵くんをくっつけるような真似をするか…?大庭君の蔵くんに対する「おせっかい」?「愛」?が歪んでいる気がしてならない!そもそも蔵くんを好きになった理由が「蔵が可哀想な境遇にい続きる子だから、俺がヒーローの様に求められたい」ぽいし。大庭くん、お前が一番病んでないか?!?

疑問点3:市村くん、大庭くんのこと本当に好き?
「俺はお前のおなほじゃねー!」て市村くんが大庭くんに叫ぶシーンがあるけど、むしろ市村くんの方が大庭くんを欲求不満解消の道具にしていると感じました。大庭くんを好きになった理由も、自分を気持ちよくさせてくれたから♬みたいな感じだし。大庭くんという恋人はいるけど女の子からモテたいと思うし、童貞捨てたい!!多分、市村くんは大庭くんの事好きなんだけど「愛」はないんだろうなーと。でもそこが普通の男子高校生で個人的には好きなキャラ市村くん笑 純情無垢なおバカキャラだけど、本人の無意識のところで小悪魔ちゃん。

ざっとこの3点が気になりました。蔵くんというキャラは個人的にすんなり受け入れられたし、行動に矛盾もないと感じました!
とりあえず、大庭くんが謎。家庭環境も悪くなさそうだけど、お母さんからの「手がかからなくていい」の一言に対する表情も気になる〜〜〜〜。
続編をぜひぜひぜひぜひ出して欲しい!ひずんだ三角が、ほどけて絡んで、結びついて欲しいです。個人的には蔵くんに素敵な恋人ができて、大庭君と市村君の関係を確固たる物にしていただきたい!

2

うーん・・・

3pにはまって買った本の一つです。
でもあまり印象に残りませんでした。

絵がフワフワしてて少しごちゃごちゃしてて
あまり落ち着きがないと言いますか。
あと攻めの一人である引きこもりくんが若干ホラーが入ってるので
受け付けなかったのかも知れません。。。
そこがこの作品のスパイス的な役割だったのかもしれないのですが、
私には合わなかったです。
他の作品でもホラー要素は合わなかったので、
私にはホラーが合わないんだとわかりました。

1

「誰か部屋かえてー!」

笑わせていただきました。面白かった!
受け市村がとにかくアホの子でデリカシーなくて、童貞卒業することばかり考えている。でも明け透けな懐っこい態度に大庭が、ズカズカテリトリーに入ってくる無遠慮さに蔵が惹かれていったのがよく分かります。
そんな市村を挟んで昔馴染みの攻め二人の関係性も見ドコロ。闇を抱えた蔵のことを自分が抱き締めて救ってやりたいと思っている大庭、嫉妬心や対抗心を抱きながらも大好きな市村との関係を許す場面もあって。結局は大庭だって蔵のことも好きなのでは?攻め同士も好き合ってるってたまりませんね!
3人仲良く喧嘩したり部屋替え希望したりしながらこれからもアンバランスな関係を続けて行って欲しいです。

0

気に入りました

あまり期待してなかったんだけど(ひでぇw)、おもろいw
えろえろだしw
主人公が童貞なんですが、隙あらば童貞卒業しようとしててかわいいです。 おっぱいおっぱい言っててw等身大?の高校生って感じ。
あと攻め大庭くんの主人公(市村)くんへの執着がたまらんww

1

期待しすぎてしまいました

表紙から3P確実だと思ったこと、話題で高評価が多かったこと、レビューやあらすじを読まずに購入したことが若干裏目にでました。

帯の、変則三角関係って言葉がとてもしっくりくる、予想外の物語でただただ唖然。

蔵にはいい意味で裏切られた。いつ誰を好きになるか淡く期待したのに安定のヤンヤン(笑)

過去の生い立ちのせいで凶暴冷徹な蔵からどんな仕打ちを受けても、すぐ忘れて蔵に懐いてくる市村のおバカ加減が呆れながらも可愛く思った。

大庭は市村を好き好き言いながらも、蔵へ特別な感情持ってるし、市村が蔵に懐いてる所で誰に嫉妬してるのか曖昧。

色んな方向に色んな感情が交差してて不思議な感覚でした。3Pはちゃんとあったので良かったです!

何かと構う市村にキレた芝が市村でイマラしちゃうのには驚いた。けどその事に対して何のダメージを受けてない市村のメンタルは凄いとしか言いようがありません。

一番拍子抜けしたことが、大庭が女の子を振る理由に市村と付き合っていると嘘をついてたところ。射止めるためには、外側から徐々に狭めていく知能犯でした。だから物語の初めから周りの目が大庭と市続き村に注目してたんだと、やっと理由が解りました。

描き下ろしの幕間のストーリーは萌満載でGood!
更に表紙裏には、蔵市村・大庭市村のSS

ヤンデレ好きな私としては、病みしかない蔵と、阿呆な市村コンビが萌えツボでした。

2

時に残酷で切ない、カオスなパトス

DK・寮もの。
「何せこの社会、童貞か否かで地位が決まる!」なるコピーには何のときめきも感じなかったんですが――
蓋を開けてみると、想定外の面白さ!
ていうかこれ・・・童貞捨てたい話は全くメインじゃない、よね?
嬉しい誤算。もっと早く読めばよかったな。

3人のDKが登場しますが、軸になっているのは、幼馴染みの大庭と蔵の関係。
両親に疎外され、中学までイジメも受けていた蔵を、何かしてやりたいという想いで見つめていた大庭。 
でも、自分の殻に閉じこもっていて、プライドも高い蔵は、大庭を受け入れない。
そんな2人のねじれた関係に、蔵と寮で同室の市村(脱童貞しか頭にないおバカな癒し系)が巻き込まれていきます。

市村を誘って強引にHに持ち込み、
「市村と付き合ってる」
と学校中に噂をひろめる大庭。
大庭の謎の行動は、蔵の嫉妬心を煽るため? それとも市村に本気・・・?
一方、人と関わりたくない蔵は、無邪気に絡んでくる市村が煩わしい反面、気になっていて。
大庭と市村の関係を知っているクセに、蔵は衝動的に市村にHを仕掛けます。

蔵と大庭の関係は、一転して市村を続きめぐるライバル関係に?!
――と、思いきや。
「殴りたければ殴れば」
と言う蔵に返した大庭の言葉は、
「抱きしめてやりたいよ。お前の骨が折れるまで」
・・・な、なにこの会話・・・?
噛み合わなすぎる会話に、交わらない視線。
その行間からじわじわと伝わって来る昏い熱。
そして2人の、市村に対する残酷さ・・・(それもある種の愛なんでしょうか?)
でも、欺瞞と矛盾に満ちているようにも思える2人の行動も、何故かすべてが本心で、やむにやまれぬ衝動に思えてしまうんですねえ。
まるで、答えがないことこそが真理であるかのように。

まあ、これは市村が鈍感で、それゆえの強さを持ちあわせているからこそ、ありえる関係かもしれません。
そういう意味で、この3人の関係、ひずみを抱えながらも、きわどいところでバランスを保っているんですよね。

いやいや、このカオスな感情のせめぎ合いを描き切ったのはスゴイと思います。
しかも、そこにフォーカスしてドーンと重い話に持っていくんじゃなく、前面に描かれてるのはあくまでも大庭と市村のエロエロ甘々な関係。
市村のノー天気っぷりが突き抜けてるせいで、全体にゆるい空気に包まれていて、明るい学園ものの雰囲気。
でも、表面の薄皮をそっとめくると、そこには大庭と蔵の間の正体不明の感情がどす黒く渦巻いていて――その二層のギャップにやられるんです。
個人的には、大庭と市村のエロシーンよりも、決して向き合わない大庭と蔵の関係にエロスを感じてしまいますね。

高校生にしては妙に大人びた大庭のクールな表情が好き!
常に完璧で冷静な彼ですが、動揺や苦悩の表情も見てみたかったな。
それもあって、続編希望。
ここからが、人間ドラマの始まりですしね。
このカオスから敢えて答えをひとつだけ、掬い上げて見せてほしい。

ストーリーは神!だと思います。 個人的好みで甘めの画風が苦手な分を差し引いて、萌×2で。

7

A×B+Cな関係

今までに読んだ感じの三角関係とは違いましたね。

最初はメインカップリングになるんだろう2人がいて
受キャラ(市村)は普通の男の子だな~って印象で
攻キャラ(大庭)はなんだかクセのありそうなキャラだけど
受けの事が好きなんだという感じで当然進んでいくのですが
要所、要所で登場する市村のルームメイト(蔵)が加わってくると???

大庭の幼馴染でもあるルームメイトで
これまたクセのあるキャラです。
読んでいくと、大庭が好きなのは蔵??
いやいや市村でいんだよね?って思えるところも…

一応1組のカップリングと1人な関係なんだけど
いつそれがA×B×Cになってもおかしくないかな。
まぁ大庭にしろ蔵にしろ愛情に飢えてる2人が
人懐っこい市村に魅かれていくのもしょうがないか。
この先3人がどういう風になっていくのか、もっと先が知りたくなりました。

大学生編希望!!

3

タイトルと表紙にやられました。

凄いエロかったですんすんハァハァ
あとみんな可愛い感じのキャラでしたハァハァ
可愛い(*´ω`*)表紙買いしちゃいました。

1

タイトル通り

読み進めていくと、タイトルの意味が解ってきます。

最初は、三角関係には思えない三人。
女の子と付き合いたい、早く童貞を卒業したい市村。
勉強もスポーツもできてモテモテの大庭。
市村と寮で同室、大庭と幼馴染で暗い過去がある蔵。
それぞれのつながりが、やがて三人のつながりへと変わっていく。

市村と大庭、市村と蔵、大庭と蔵・・・
最初はルームメイトの市村と蔵が、良い雰囲気になるのかと思いきや
あれ?大庭くんが市村くんにアピールしてる。
単純おバカな市村はすぐ流されてしまうが
どうも、読んでいてなんとなくすっきりしない・・
どうしても大庭が本当に市村だけを好きだからとは思えない感じがしてました。
後半になってくると、大庭くんと蔵くんの過去が見えてきて
市村くんとの関係がこの過去に大きく影響していることがわかってきます。
三人の中で大庭くんが一番賢くて、市村くんとも蔵くんともうまくいくよう
上手に二人を掌の中で転がしている感じがしてなりませんでした。
結果、すごく変な『ひずんだ』三角関係という
タイトルにぴったりな三人が出来上がります。

あっちでも続きこっちでも、エロいことがいっぱい出てきて
高校生だもんね~若いもんね~とついつぶやいてしまいそうな
お盛んな場面がてんこ盛りです。
それぞれのカップルが、いろいろやってくれますので
そういう意味では楽しめるのかな・・・

三人がそれぞれ個性的で、憎めないキャラなのですが
個人的にはおバカで単純流されやすい、市村くんが好きです。
続編、期待します。

4

これははたして三角関係といえるのか

正直言って、山なし落ちなし。というのはこういう感じなんだろうなという読後。
起承転結恋愛は順序を追ってというのがセオリーなのでしょうが
存外この作品にはないですね。
どこからどこまでが本当で、どこからどこまでがという線引きが難しい。
なのだけれど、それはまるで日常を覗いているような感覚といいますか
人間ってこんなもんじゃん?流れのままでもいいんじゃん?
そんな気持ちにさせてくれる作品だったきもしてしまいました(´∀`o)
正直面白かったです。続編とか読みたいです。ぜひぜひ。
今度はもっと蔵くんがガッツリでてくるといい。

お話。同室の蔵くんと市村君。
空気を読まない市村くんに蔵くんはいつもイラついている。
蔵くんの大事はお人形。ひとを寄せ付けたがらないのに本当は・・・
眉目秀麗・成績優秀。スポーツも万能。だけどヘンタイww
市村くんにちょっかいをかける蔵くんの幼馴染な大庭くん。
ここの三人のなんともなんともな日常を描いた作品。

正直、大庭くんが、本当に市村のことを恋愛対象としてすきなのか。
執着はわかるのだが、それが本当に恋愛としてなのか。
蔵と続きの関係はけっきょくどうなのか。
童貞を捨てたいアピールをしていた市村が、ちょっとケツいじられて気持ちよかったからといって、簡単に大庭とくっついていいものなのか否かww
だけど、結局現実ってそんなもんよ。チャラリラ~♪としてみれば
それはそれで面白いのかなと思いました。

個人的には蔵くん好きなので
次回があるのならば、もっとガッツリ拝見したいなとおもうのです。
「はいるな!」「覗くな!」なスペースに市村がひっぱりこまれる姿がみたい!
ないかな~市村の童貞は蔵くんで捨てればいいと思うのですwヘイヘイ

気持ちが落ち着いたらゆっくり読み返します

6

???

う~ん。なんか市村はただ単に大庭に流されてるだけのような気がする。
それに読み進めていくうちに大庭も本当に市村のことが好きなのかなって思っちゃいます。
市村と同室の蔵に振り向いてもらえてないから市村に手を出してるだけなんじゃないの?って最後の方は思っちゃいます。

でもタイトル通り「ひずむ三角」って感じです。でももうちょっと三人の気持ちをはっきり現わしてほしかった。
なんか本当に気持ちがうやむやのまま話が進んで終わってしまってるって感じです。

3

何がしたかったんだろう…?

正直、この三角関係はよく分からなかった。
読めば読むほど「?」でした。

母に愛情を注いでもらえず、いじめられっ子だった蔵。
童貞を捨てたいだけの馬鹿な市村。
この二人は構ってくれれば誰でもOK、嬉しい感があるので、大庭だけはしっかり描いて欲しかった。
感情がよく読み取れないから、二人を手元に置いておく手段や絡みが嫌がらせにしか見えず…三点ともラブ不足。
何がどうなれば満足なのか、何がしたかったのか、意味不明になってしまいました。

エロを描きたいのか、変わった三角関係の心情を描きたいのか…?
どっちも中途半端な気がしました。

市村に対する大庭と蔵の態度が酷い。
大庭の感覚が終始気持ち悪い。
ということしか残りませんでした。

6

いじらしい変態の三角?三核?

ポップな表紙からはイメージしづらい歪(いびつ)な三角関係。
話の展開、おプレイ(ローター、放尿、)
登場人物の心の内側を振り返ると結構エグいです。
その病み(闇)気味な部分を碗島子さんの描くムッチリした唇や体型が柔らかくホールドされ随所に仕込まれた小ネタに笑わされる為、ダークに傾き過ぎずに読めます。
碗島子さんの描く変態はいじらしいので大好きです。

ズバリ三角関係、タイトルまんまなんですが、ふたりがひとりをめぐる争奪戦ではありません。
1点(ひとり)に想いが集中するのではなく3点(3人)がそれぞれに繋がり、ほどけてまた結びつこうとする感じで面白かったです。

・市村(流され系DT、大雑把、アホっ子受)
・大庭(モテイケメン、腹黒攻)
・蔵(元いじめられっ子、引きこもり、市村と寮同室、大庭の幼馴染み)

モテたくて必死に勉強して進学校に入った市村は童貞を捨てたくて女子にアプローチするもまったく相手にされず(笑)
同室の蔵には邪険に扱われ、構ってくるのは頭も顔も文句なしの同級生:大庭。
ある日、市村は寮の自室で大庭に手と道具でイカされ、それを蔵に見られてしま続きいます。

市村が直接もたらされる体への快楽をキッカケに大庭を意識し始めた矢先、大庭が「市村は自分の彼氏」と吹聴していることを知ります。
鈍いと嘆かれ混乱しながらも、恋心を打ち明けた大庭を受け入れる市村。
ここで市村という点と大庭という点が一本の線として結ばれます。

そしてもう一点である蔵の過去エピが入ります。
彼は母親の再婚によるネグレクトと義理の父親からの暴力を受け、それゆえの暗さからいじめられっ子として生きてきました。
母親から買って貰った人形を大切に持っているのが切なかった。
生い立ちが原因で人との間に作るようになった壁をなんなく乗り越えてズカズカと近寄る無神経な市村を蔵はバカにしつつも実は気に入っていました。
けれど蔵の昔の同級生たちと出会った際の市村の一言が隠れた加虐心に火をつけ蔵は市村を襲います。
蔵という点は市村という点を引き寄せ無理矢理、線を成しました。
蔵を庇って大庭には隠そうとする市村ですが大庭はお見通し。
この時点で大庭は蔵に対する複雑で特別な想いを吐露します。
フラれるの?と、うろたえる市村が可愛い(笑)
ここで帯の【嫉妬があっちこっちに向かって忙しい】がという煽り文句か生きてくるんです!!

読み始めた頃は3人の中心は大庭かと思っていたんですが、キーパーソンは形は歪(いびつ)ながら求められたい(愛されたい)と願う大庭と蔵を受け入れた市村でした。
大家族育ちのプライバシーの欠如が彼を単純…素直な癒しの存在へと成長させたようです。

幼なじみである大庭が蔵に寄せる一言では恋とまとめられないよう微妙な感情がすごく良かったです。
蔵に対する憐憫とも恋情ともつかない想いに守りたいと思いつつ、それを出来なかった自責の念を絡ませながら素直な市村に惹かれてしまう二面性がリアルでした。
市村が「ホモじゃない」と言うたびに見せる傷ついた顔が痛々しくもありました。
大庭は優等生なりの悩みがあるようです。
市村に心配されたことが嬉しくて肩に凭れる姿は心細さの漂う、ただの高校生でした。

巻末近くに蔵を含めて3人で絡む場面がありますが市村が総受け?
でも蔵は大庭相手だと受だと思うし…。
もっと蔵がふたりを信用して気持ちを委ねる姿が見てみたかったなぁ。
求め求められのガッツリ3Pになってほしい。
短編でいいから大学篇も読みたい!!と熱望しております。

9

予想外に面白かったです!

三角関係か〜こんな感じの話かな…って思ってたのの斜め上をいってて、予想外に面白過ぎました!キャラもいいし展開も先が読めなくて楽しかったです。基本コメディでちょいちょいシリアスが入るのがよかった。
三角関係という設定がうまく効いてました。
今まで読んだBL三角関係の中では1番好きかも。

3

間接的にしか表現できない愛がいい

三角関係ものが大好きなので購入しました。
三角関係ものですが、単純にひとりをめぐってふたりが争う…というものではなく、それぞれがそれぞれに対して異なるレベルで愛情を向けてる作品です。
絵の雰囲気からライトなものを想像しましたが、思いの外、関係性の妙味を楽しめる作品でした。

基本的にはアホの子市村くんと成績優秀でSっけのあるイケメンの大庭くんの二人のお話で進んでいきますし、この二人のエッチなシーンがほとんどですが、ところどころに見え隠れする大庭くんと蔵くんの特殊な関係性が、三角関係モノ好きのツボをぐんぐん押さえてきました。
この二人、直接的な絡みは出てこないですが、二人でいるときの漂う雰囲気や、大庭くんが市村くんに対していやらしいことを、わざと蔵くんの見ている前でしたりと、直接的ではない思いの表し方がいいです。

総受の市村くんは童貞を捨てたいと言いつつホイホイと市村くんにバージンを奪われるアホの子で、こうしたイージーなキャラを読んでいるとイライラしてしまう人もいるかと思いますが、三角関係のもう一方の関係性が落ち着いているので、逆に市村くんの頭のゆるさにほっとしてしまうと続きころもありました。

また、本編とは関係ないですがモブの言ってることがちょいちょい面白かったりして、作者のおふざけ感も楽しめました。買ってよかったです。

5

まるく収まってて安心!かわいい!蔵になりたい!

 三角関係ものは苦手でしたが、かわいい表紙とタイトルに惹かれて購入。どんなにうまくいってもモヤモヤはするんだろうなぁ…と覚悟して読みましたが、嫉妬やドロドロは全くなく、エロく明るく幸せな3人の物語でした。
 恋愛をしているのは1対1で、そこにもう1人の特殊な感情が絡んでくる感じの、丸く収まっている三角関係。3Pシーンはありましたがそこは「もう1人」にサービスしてあげたい流れで、友情を感じつつ安心して読めました。

◆市村かも太(表紙中央のサラサラ)
 寮生。蔵と同室。鈍感でデリカシーがないという短所で周囲を癒している、明るい天然誘い受け。大庭の事が好き(ラブ)。暗く暴力的で皆から敬遠されている蔵の事も普通に好き(単純ゆえに博愛)。
◆大庭始(表紙右の黒髪)
 実家通い。蔵とは幼馴染みでライバル。親友と思っているけど蔵は認めてくれず片想い状態(友愛)。単純で裏表のない市村が好き(Hしたい愛)。名言は「ぐちゃぐちゃだ。俺のも混ぜて」「我慢した一週間分、7回いくまで帰さない」他多数。
◆蔵(表紙左上の天パ)
 大庭の幼馴染み。義父から受けたDVのトラウマから暗く引きこもりがち続き。自身にもDV傾向あり。僕は惨めじゃない。1人でいい。どうせ僕のことなんて誰も好きじゃない。大庭も市村も煩わしい。…でも少し嬉しい。

 大庭×市村のいちゃらぶエロエロも良かったですが、一番良かったと思ったのは蔵(くら)の存在でした。義父に虐待され、母はかばってくれず、中学時代は友人もなく過ごし、愛を素直に求められない蔵。そんな蔵にとってしつこく「友達面」してくる大庭と馬鹿みたいにすり寄ってくる市村はどちらも貴重な存在。
 基本1人で過ごすのが好きだし、ベタベタする友情は好みじゃないけれど、本当に1人ぼっちなのは辛い。けれど2人を見ていると自分は1人じゃないと思える、安心感を与えてくれる2人。深い仲になりたいわけではないけれど、自分を特別視しない「特別」な存在が蔵にとっては心地良さそうで、見ていて温かい気持ちになりました。
 蔵になって2人を見ていたいです。気が向いたらHにも混ぜてもらえるとか、最高v

 きっと蔵は自分の事を好きなら誰でもいいと思うので、いつか幸せになれると信じてます。大庭×市村はいつ別れるか分かりませんが、蔵と2人の関係はずっと変わらないんだろうなと思うとやっぱり蔵ポジションが一番おいしい気がします。
 色々と盛りだくさんな内容で、明るい事ばかりでもなかったですが、最後まで幸せな気分で読めました。

6

成長途中だからこその「ひずみ」

最初に表紙の絵を見た時には、
攻めふたりがモブ的存在の3P話なのかな?と思ったのですが、
読んでみると全然違いました。
それぞれのキャラがすっごく個性的で「???」と思いつつ惹き込まれていきました。


人からの愛情や注目にはとても敏感で、それらをとても欲っしてる、
成長途中で性欲の強い高校時代だからこそ、のお話かもです。

友達、ライバル、幼なじみ、片思い、寮のルームメイト、恋人……
不完全でまだ子供な高校生たちが築くそんな関係は、
2人でも少々危うく、3人合わさるとさらに「ひずみ」が生まれて……
ちょっと変わった三角関係を、
巧みに、コミカルに、エロく、描いた作品だと感じました。


三角関係には必然の「嫉妬」がこの本では、
もっと自分を見てほしい、興味を持ってほしい、好きになってほしい…
そんな単純で抑えが効かない欲求として描かれつつ、しばしば激しめのエロに転換w

そのある意味純粋(?)な想いが、
友情と恋愛の違いとがとても曖昧になった3人の関係の中で、
子供っぽさを残すキャラの外見とうまく作用しあって、
なかなか絶妙にツボを刺激し続きてきました。


賢くイケメンでモテる大庭(攻め)が、
引きこもり気味の暗い幼なじみ(攻め)と、
童貞を卒業することで頭いっぱいの単純な子(受け)を相手に、
クールを装いエロいことしながら自分の感情と衝動を持て余している姿が、
自分には結構かわいく映ったのですが……少数派かな?
でも、まだ子供な高校生だからアリな気がします、大学生や大人だったら嫌かもw


色んな感想や感情を持てる作品だと思います、
ちょっと変わったモノでもOK!という方は是非読んでみてほしいです♪

6

三角関係…

全然内容知らずに表紙に惹かれて購入。
ん~個人的にはそこまでハマる内容ではなかったなー、と。
恐らくちょっと変わった三角関係を書きたかったんだろうなぁというのはわかりますが、いまいち心情が掴めないというか…市村が大庭が好きになったのはわかりますが、大庭も市村の事が好きなんですよね?蔵のことも好きなんですか?よくわからない。蔵は大庭が好きなの?なんかいまいちわかりにくかったです。

エロ描写結構あります。エロ重視の本です。スカトロにはいるのかおしっこもらしたりする場面もあるので苦手な方は注意。そういった感じでプレイ的には結構アブノーマル系があるので普通のじゃ物足りない人にはいいかもですが、なんかそれだけの気がしました。というか登場人物の心情がよくわかんないのでエロ描写のシーンで気持ちを乗せることが出来なくてせっかくレアなプレイでもあまり乗れなかった。いきなりファック画面になったりするのでそこもちょっと萎えポイント。

ただ、人前・3P・異物・玩具・スカトロ・拘束と、中々変態要素盛り込んでるのに表紙にはそんなの微塵にも出してないからそういうの求めてる人でも買いやすいし、絵柄もエ続きロ本ぽくないから私は普通に見れました。でもエロ描写苦手な人はやめたほうが良いです。

6

ナイス!タイトル

前作の『発情オオカミ君愛を叫ぶ』でもユニークな恋愛関係とキャラクターを描きだした作家さんだけに、この作品もかなりユニーク!!
個人のツボを押しまくります☆☆☆
コミックタイトルの表題はないのですが
偏差値の高い寮のある高校を舞台に、同じ寮部屋同士の蔵と市村、蔵と小中から同じだった大庭。
この三人の関係を描いたそれぞれの話をまとめた一冊がこのタイトルとなっているのです。それがまた、実にまとを得たナイスで的確なネーミング!

確かに三角関係だ。
一見、1対1の関係のようでいて、実はクッションをはさんでその向こうの相手ともつながっていられるという、ねじれた三角。すなわちひずんだ三角。
ほどけて絡むというのは、一筋縄ではいかないということも含まれるか?
大庭と蔵がちょっとクセのあるキャラクターだからかもしれない。
このそれぞれのキャラクター設定に、味があるのです♪

親とうまくいってなくて苛められっ子で来たとっつきづらい、性格の悪い成績だけは良い蔵。
童貞を早くすてたい、彼女欲しくてたまらないおバカキャラ・・・アホの子ともいうが、鈍感でもあり順応力が高いというか、まさ続きにクッションのような性格の市村。
成績優秀な大庭は、市村に癒しを感じながら彼と疑似ほもを装いながらそれが本物になり、実は蔵と繋がる道具にもしているというかなりヤンが入ってるような執着や独占欲が見られる性格。
それなりにかなり、個性豊かなのです。

これらのキャラが織りなすそれぞれの関係が、純粋ないわゆる「普通」と言われる恋愛状態じゃない、
そして三角関係でさえも、どこか歪んでいるという部分、そこが特異で突出して作品の魅力となっていると思われます。

やはり一番のクセモノは大庭だろうな~彼がイニシチアティブをとっているような?
苛められっ子だった蔵に声をかけ、同じ高校にはいるように仕向けたり、彼女を紹介してり、、、彼を側に置くため?
市村とのエッチを蔵に見せて参加させたり、チューしてみたり、
本当は蔵との関係も望んでいるようだけど、突っぱねる蔵を引き寄せるのに、オバカで鈍感の市村はうってつけなのか。
しかし一応そこに市村への執着もあったりして(幾分ペット扱いっぽい気がしないでもないがw)
蔵も嫌がりながら怒りながら市村が憎めない風。(かなり酷いことしてますが)

3人3様のキャラクターがあってこその関係が実にイイ!
もちろん、エロも個人的にはエロを感じます(なかなかに好み)
カバー下にもマンガあります。
蔵の暴力に目覚めた瞬間(苦笑)と、大庭の部活の実態。
ブラック効いてます♪

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ