箱庭の中は楽園

hakoniwa no naka wa rakuen

箱庭の中は楽園
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
38
評価数
12件
平均
3.4 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537131703

あらすじ

大地の初恋相手は、1つ年上の幼なじみの沙世。
沙世は病弱なため、幼い頃から病院のベッドの上で毎日を過ごしていた。
やがて高校生になった2人は、沙世の退院と共に親同士の再婚で義兄弟となることに…。
初めての学校生活に楽しそうな笑顔を見せる沙世。
その笑顔を見ながら、大地は複雑な想いを抱えていた。
「俺だけがずっと、独り占めしていたかったのに…」
嫉妬、独占欲…恋をすると、キラキラなだけじゃない。
2人の淡い恋心を丁寧に綴ったセンシティブラブストーリー。

表題作箱庭の中は楽園

大地 高校生 紗世の1つ下の幼馴染で義兄弟の関係に
加賀谷紗世 高校生 幼少期は病弱

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

満足✕2

沙世がすっごいカワイイ❤
病気でずっと入院してたけど、やっと退院して、義理の弟と同じ高校にいくことになる沙世。
初めての学校、初めて体験するイロイロなこと、沙世は楽しみにしている。
でも、義理の弟 大地の元カノが現れて………………。
その元カノがまだ大地のコトを聞かされて複雑な気持ちの沙世。       

とうとう沙世が大地への気持ちに気づく!?

最後らへんにある、沙世の実のお兄ちゃん雅也と、義理の弟 大地の友達 潤くんの関係もちょっといい感じ?でおもしろかったです。
この2人の話し、続きって書かないのかなぁ?? 
単行本とかでてほしぃよ〜〜〜!!!! 
めっちゃ気になる〜!!!

0

可愛いかったけど


でも、なんか、状況説明が足りてない気がする。
沙世の実のお兄さんで、大地の義理のお兄さんの保健医が出てきた時は???ってなった。

沙世ちゃん、天然小悪魔で可愛いすぎる。これが、女だったらドン引きしてました。でも、やっぱり、度が過ぎています。お風呂上がり、頭拭いて欲しくて膝の間に座るなんてね。
沙世ちゃんは病弱で世間知らずでって言う設定があるから読めた。
学校に行っていなくても、多少の知識はあると思うんですけどね。


BLだから読めた話です。仲良すぎるし。まあ、結果的に兄弟以上の関係になったわけですが。

くれぐれも、無理はなされませぬように。また、お兄様のお叱りが待っていると思うので。

0

成長はこれから。

 優しい王子志望の攻めと、病弱で高校に入るまで学校生活を送ったことがなかった受け。幼馴染みだった2人は親同士の再婚で兄弟となり、同居&同級生生活がスタートします。好きと嫉妬と独占欲。「好き」だけ残して成長しようとする2人の物語です。

 病気に関する描写が個人的に引っかかってしまい、読んでいて苦い気持ちになってしまいました。そのせいか全体的にシビアな目線で見てしまったかもしれません。
 
 受けが女の子っぽすぎました。純粋で可愛い受けは嫌いじゃないですが、無邪気で可愛すぎてオトコ要素が見あたらず、色気を感じられませんでした。髪を乾かしてあげたり一緒に寝たりゆるゆるの襟から乳首が見えていたりと萌え満載の同居生活ですが、あざといまでに可愛い表情ばかり見せる受けに終始もやりんこ。

 突然出てきて宣戦布告したり、いい人そうな顔をして受けのお見舞いにやってきたりする攻めの元カノは何をしたい人だったのかという疑問も残りますが、未熟ながらも箱庭を出て成長していこうというラストは良かったです。タイトルと逆な気もしましたが…。

◆文化祭(後日談)
 ツインポニテ(リボン付き)の女装続き姿でチョコバナナを食べる受け。あざといのは駄目だと言っているのに。萌えはしないんですが純粋に目が離せませんでした。

2

サブキャラがいい人

義兄弟の関係の、沙世と大地の物語。
大きく流れが変わるのは、
沙世の実の兄、雅也のある一言。大地の心に変化をもたらします。
その後、沙世との距離を測ろうとする大地。
しかし、仲が良すぎた二人が、そんなに簡単に離れられるわけもなく…

沙世は、個人的には、女性にかなり近く見えたので、
普通の恋愛コミックとして読んでいる感覚でした。
幼少期からずっと病院にいた沙世。
学校で目にする光景は、新しいことばっかり。
感動もありますが、疲れも出てきます。
そんな中でも、彼は、大地の元彼女、結衣との出会いで、
大地に対する考え方が変わっていきます。
病気に甘えず、前に進もうとする彼の姿がなんかかっこいい。
私だったら病気に甘えそう。待ってるタイプだわたぶんw
それも一つの生き方よとか思ったりもして
…心でごまかしをいれて読んでいました。
うん、人それぞれよwww

最後のページに、個人的にちょっとうれしい展開が。
大地の同級生、田中と雅也がなんか起こしそうな雰囲気。
二人の展開も見ていましたが、田中もしっかり見ていた私。
サブキャラだけじゃもったいないとか続き思っておりました。
作者さん、あとがきで二人のことに少し触れておりました。
私は、田中が受けで。

普通に楽しめたので、萌で。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ