逆転ヒエラルキー!

gakuten hierarchy

逆转吧等级制度

逆転ヒエラルキー!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
48
評価数
16件
平均
3.3 / 5
神率
12.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784796406284

あらすじ

「お前、どんだけ俺の事が好きなんだよ」
勉強はできるけど、空気を読むのが致命的に苦手な学級委員長の静生。唯一の友達が隣に住む幼なじみ・将人だ。
手のかかるこの幼なじみは、毎朝遅刻ギリギリ、赤点は取るし、ちょっと目を離すと素行の悪い輩とつるむ始末。
自分が傍にいてやらないとダメなはず…と思っていたある日、将人が両親の留守中にAVを見ると言いだした!
ここは正しい道に導いてやらねば…! と勢いこんだら…あれ? 何でキスされて、裸にされてるんだ---!?

表題作逆転ヒエラルキー!

将人、隣家に住む幼なじみ、高校二年生
安西静生、空気読めない学級委員、高校二年生

同時収録作品触るなキケン!/カワイイは罪/全部ください

吉瀬、部活の先輩で恋人、高校三年生
宮下三葉、高校二年生

その他の収録作品

  • 逆転ヒエラルキー!おまけマンガ(描き下ろし)
  • 吉瀬×三葉おまけマンガ(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

所々はツボなんだけど

KYで、ある意味不器用な主人公・静生と、普通の高校生な幼馴染の同級生・将人の話。
自分がサポートしてやらないと!と将人の事を思っている静生に、実は静生の世話をさり気に焼いている将人。
設定は、悪く無い。
悪く無いんだけどな~。
静生は、自分に自信ありげなのに、将人に対して急に弱気になったり。
そして、将人もイマイチ読めない曲者。
なんか愛が足りない…

「触るなキケン!」
同時収録。サッカー部の先輩×後輩。
最初は後輩視点の話だけど、他の話は先輩視点という。
先輩視点から見ると、後輩は見た目ヤンキーな無口くん。
こちらは、表題作よりは愛に溢れています。
が、やっぱりどっかずれてる…空ぶってる感が。

こう、もう、なんか違うんだよー!!

0

レビューの順番も逆転させてみた

総ページの6割が表題作。他にもう一組、計2カプのお話が収録されてます。
両方ともコメディで、表題作は月刊GUSH、同時収録作はGUSHペシェに掲載されてました。

私はペシェの作品のほうが好きかな~。
だってエロいから・・・じゃなくて、愛が溢れてるからw

★「触るなキケン!」他。
 全3話。サッカー部の先輩と後輩のカップルです。
 無愛想で、部活の先輩達から生意気だと嫌われてる、高校生の宮下三葉。
だけど、同じくサッカー部の吉瀬先輩だけは、彼をとっても可愛がります。
なぜなら、二人は付き合ってるから。
 三葉が吉瀬先輩に片想いしてるのを見抜かれ、本人に指摘されたのがきっかけ。なし崩し的に恋人になったものの、それ以来、三葉はあることに悩まされるようになって・・・。

 と、1話目は後輩の三葉の視点でストーリーが進行します。
 三葉の悩みというのは、吉瀬先輩が性欲旺盛な乳首フェチだったこと。
あれよあれよと開発された三葉は、タオルがちょっと擦れるだけでヘニャるほど、乳首が異常に敏感になってしまいました。

 2~3話目は吉瀬先輩の視点に交代します。
続きの吉瀬先輩。どんだけ三葉が好きなのよってくらい、頭の中はデレデレ。
三葉がイヤイヤしながら ぐずる姿も可愛いくて仕方ないみたい。モノローグで何度もカワイイと言ってます。しかも変態入ってます。
 先輩に振り回される三葉が「恥ずか死ぬ!」なら、吉瀬先輩は三葉が好きすぎてそのうち「可愛い死ぬ」んじゃないだろうか・・・。
吉瀬先輩が三葉を好きでたまらない様子に、幸せな気分が伝染しました。

ちなみに、ヤンキーっぽい三葉ですが、中身は純情・健気な普通の(?)高校生です。ただ見た目がそれっぽくて、無愛想で、口が悪いだけです。

★「逆転ヒエラルキー」
 こちらが表題作になります。
 視点は、周囲に面倒くさいヤツと思われてる学級委員の静生。
タイトルのヒエラルキーとは、静生の心の中だけで形成されてる認識で、実際には存在しません。
というか、彼は集団の中で孤立しており、そこまでの繋がりがありません。

そのズレた認識を、唯一の友人である幼馴染みの将人に、壊されるところから本筋がスタートします。きっかけを作ったのは静生です。
 将人は、たまたま家が隣だったから友人なだけで、本来なら静生との接点が無さそうなタイプ。
ただ、面倒くさいと言いながらも静生のことをよく見ていて、さりげなく主人公をサポートしてくれる一面もありました。

主人公の静生は、将人になら心を許してるので、コミュニケーションがとれてます。将人も勝手知ったる何とやらで、静生の転がし方が上手い。
静生がコロコロ転がされてる姿は可哀そうでもあるけど、同時に可愛くもありました。

絵柄はペシェの同時収録作と比べると、キャラクターの描き方などが変わってきてます。面長だった顔が、丸顔(正三角形)寄りになってきました。
私はこちらの顔つきのほうが好きなので、あとは各パーツ(目など)とのバランスが整ってくれたら嬉しいです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ