やめてください、まぶしいです。

yametekudasai mabushiidesu

やめてください、まぶしいです。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神25
  • 萌×216
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
13
得点
225
評価数
58件
平均
4 / 5
神率
43.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ホーム社
シリーズ
EYE'S COMICS BLink(アイズコミックスブリンク・ホーム社)
発売日
価格
¥690(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784834262483

あらすじ

入学以来、目立つ容姿で人気者となっていた古賀の事が気になっている佐々野。遠くから見ているだけでいいと思っていた矢先、佐々野のバイト先に古賀が来店し、二人は顔見知りに。クラスメイトの杉山や倉田の協力もあり、少しずつ距離を縮める二人だったが……?
高校生の甘酸っぱい青春恋模様をお届けします!

表題作やめてください、まぶしいです。

古賀 陽一(高1) イケメンで人気がある高校生
佐々野 志月(高1) 地味系な高校生

その他の収録作品

  • after
  • カバー下漫画

評価・レビューする

レビュー投稿数13

良くも悪くもピュア

可愛いもの大好きでコミュ障の男の子と
リア充イケメン王子様系の男の子の
モダモダした恋のお話です。

バイト先での出会い
気のいい友達
頼りになる友達
放課後の勉強会
夏の花火大会
女の子の存在

と、そこかしこに爽やかイベントがありとってもピュア。
モダモダしてるのが可愛らしい。
……うん。この子らは性欲とか無縁なんじゃないかと思う程。
そういう意味では少女漫画向けDK群青劇的な感じかなーと。

ちょっとお綺麗過ぎるなぁとは思ったけど、
男子高校生がモダモダしてる過程は面白かったです。
ただそれを丸っと1冊やってるから「このシーンが印象的!」っていうのが残らないのが残念。
フワッと面白かったなーとは思うのですがね(´・ω・`)ウーン

描き下ろしのafterは それでいいのか? と疑問。
恋人になった後だというのに本編(友達)と全く変わりなしって…(-言-;)
じゃーもう友達でいいじゃんって思っちゃう。

あ。書いてて気付いたけど、コレだ!
萌えポイントは幾つかあったはずなのに、
友達と恋人の違いがわからなくて萌えの行き場を見失っ続きてるんだ(-ω-;)

評価は悩む。。。
フワッと面白かったなーという印象はあるので中立寄りの萌えかなぁ…。
うん。スピンよりはこちらのほうが好きなのでバランス的に萌え評価で。(但し中立寄り)

1

多分…

この作品は読者個々のBLの世界観を試される
リトマス試験紙の様な立ち位置ではないかな、
と読後に思いました。

敢えて言うなら、この作品は極めて映像化に
向いているのではないか、と評者は判断します。
そう言う程度には穏当な描写な作品ですから。

ただし一つだけハードルは存在します。
それは配役の妙でお茶を濁す事が出来ないと
言う点です。
なるほど穏当な描写で構築された作品ですが、
それだけにその穏当さの裏にある渦巻くものを
匂わせるのがさぞや難しいだろうなと。
二次元だから、多分それ等はまだ隠し果せて
いるのでしょう。

0

うーん…

すみません、辛口です。
終始自分に合わないな感じた作品でした。一緒に祭りを周ったり勉強したりと萌えられそうなイベントもあったし、佐々野の真っ直ぐで優しいところや古賀の明るくて優しいところも描かれていたのにどうしても最後まで萌えることが出来ませんでした。
多分、あれここで笑うんだ…?とか、こういう切り返しするのか…とキャラの言動が自分に合わなくて集中出来なかったからかなと思います。ゲイでもない古賀が佐々野に惹かれることになった最初のやりとりもいうほど助け舟だったか…?と疑問だったし全く知らないところで日比谷が杉山にいつの間にか好意を持っていたのも謎でした(ここらへんはスピンオフで意味が分かるのかな)

いつもはキス止まりだとあ゛あ゛あ゛このカプの濡れ場見たかった…!!としばらく頭の中が煩悩だらけになって他のことに集中できなくなるのに(それはそれでやばい)今回はそうならなかったのでやっぱりキャラに愛着を持てなかったんだと思います。王道で王子様×コミュ症も高校生ものも好きで試し読みも好感触で期待しすぎてた部分もあったのかもしれませんが、今回は中立にさせて頂きます。
爽やかさとかピュ続きアさはあったけど読後の心に残るものがなかったので、個人的には受けか攻めどちらかにでももう少し個性があれば良かったなぁと。でも杉山の毒舌っぷりは好きだったからスピンオフはちょっと読んでみたい気も…。

0

試し読みをして、

これはおもしろそうだから、
一冊まるまる読んでみたいなぁ
と思っていた作品でした。

かっこかわいいきれいな
男子高校生達が登場するので、
絵的な部分では満足できました。

ストーリー的には、
読了した時に
グッとくるものが思ったより
少なかったというか。

もっと楽しめると思って
読んでみたのになぁという
感想でした。

古賀君は遊んでいるわけでもないのに、
見目麗しいってだけで、女子から反感
を買ってしまっていて気の毒でした。

付き添いAさんや清水さん、
そこまで言う必要ないでしょうがよっ!!
と突っ込んでしまいました。

そんな気の強い女子達のおかげで、
ささのん(佐々野君)の優しさが、
古賀君には染みに染みたのでしょう。

せっかくささのんかわいいのに、
眼鏡がイケテなさ過ぎる。
もっと、キューティささのんに
似合うプリティ眼鏡をプリーズです。

個人的に親睦を深めたいと感じたのは、
長身イケメン(頭の良さ上の中)な
日比谷君でした。

高校二年生になってからの
日比谷君と杉山君の話も、
試し読み続きをして気になってはいるので、
機会があったら読んでみたいと思います。

0

う~ん…

表紙がとてもツボで、読もうかどうしようか悩んでいた作品でしたが、腐姐さま方からの評価が高かったこと、またこちらのスピンオフ作品の『やめてください、こいしいです。』が刊行されたことなどから手に取ってみました。

う~ん、評価下げてごめんなさい。どうにもこうにもツボに入りませんでした…。

一目惚れ、というのは別に否定はしません。否定はしないけれど、ゲイでもない佐々野くんが同じ男の古賀くんに一目惚れした、っていうのがいまいち理解できない。キラキラしたものが大好きで、「カッコいいな」くらいの気持ちだったのが、そこから恋愛としての「好き」の気持ちに変化していった、その佐々野くんの気持ちの変遷が全然理解できなかった。
あと、彼の可愛さが全く分からなかった…。いや、ごめんなさい。
なんだかぐるぐるしてるだけだし、ネガティブすぎだし、なんだかなあ、と。まあ、これは私がスレてる、ってことなんだろう…。

そして一方の古賀くんも。
たまたま会ったバーガーショップの店員さんでしかなかった佐々野くんに対してあれだけの興味を引かれたのも理解できなかったし、そこから「好き」になる気持ちの変化も続き全く持ってわからなかった。

あとどうしても鼻についたのが「女子」の皆さんの存在。
BLにおける女の子の存在は嫌ではないし、むしろ全く出てこない方が不自然だとさえ思うのですが、何ていうのかな、古賀くんに告ったあとで捨て台詞を吐いていく女子や、清水さんの考え方やセリフに全く共感できなかった。ゆえに「この子たちの存在って必要?」とすら思ってしまった…。

それとこれは全く持って好みの問題なのですが、絵が可愛すぎる。古賀くんや杉山くんとか、女の子にしか見えない。それがちょっと…。

杉山くんに対して特別な想いを抱いているだろう日比谷くんと、顔は可愛いのに腹黒な杉山くんはちょっとツボで、スピンオフの『やめてください、こいしいです。』は読んでみたいと思うのだけれど、う~ん、どうしようか。

高評価ばかりのなか、評価下げてごめんなさい。でもこういう感想もあるってことで。

7

つきあうまでのドキドキたくさん

神にしようか迷ったほど、好きな作品。

イケメンの古賀くんがそっち系でもないのに、じわりじわりと佐々野くんのことを気になって、好きになって行く様子や、佐々野くんが古賀くんを憧れ通り越して好きになっている様子がじっくり丁寧に描かれています。

二人を取り巻く友達もいいキャラばかりだし、もしかして、相談役の二人ものちのちくっつくのかな?と妄想させるものがありました。

エッチよりも、恋人になるまで、お互いが気持ちに気づくまでのドキドキが好きな私には大好物の作品となりました。

1

古賀くんかっこいいなぁ~。

後ろ表紙には『高校生の甘酸っぱい 青春恋模様をお届けします!』と書いてありますが、『高校生の 青春もだもだ模様をお届けします!』ぐらいだと思います。

ちうしてるけど『恋!』と言うほどズバーンと明確な感じで押していく物語ではなくて、可愛いものきらきらしたもの好きの男子(佐々野くん)が同じ学校のイケメン(古賀くん)をこっそり眺めるのが楽しみだっただけなのに、ひょんなきっかけから徐々に近づいていき、友達未満&恋未満だった二人の関係が変わっていく…。って感じでしょうか。

要所要所で可愛いんですけど、ぎりぎり萌?って感じでした。ぬ~ん。
ささのんが引き過ぎているのがちょっと気になったからかなぁ。そんなに遠慮せんでもよいと思うよ?って感じで。
対する古賀は高校生らしい不器用さもありながら、『かっこよさ』が有りました。

う~ん。もうちょっと。
ほんともうちょっとどうにかならなかったのかしら。
何だろう。わたしからすると、佐々野くんの感情が『好き』と言うよりは、かっこいいへの憧れ止まりな感じがして萌きれなかったのかしら。
そして、佐々野君のメガネがどうしてこの形なの!?って続き所が、さらに、ぬーん…。てさせられるのです。うぬぬ。

しかし。
メインカプ(?)よりも、杉山と日比谷の方に激萌しました。
たぶん杉山と日比谷は見守っている友人ポジでカプじゃないのに…。
う~ん…。

1

高校生ものです。

うーん.........

表紙買いしたんですけど、中の絵柄が思ってたのと違ったというか...

ピュアな感じのストーリーとか好きなのですが、これは正直萌えませんでした(^_^;)

1

ほんと、やめてください

まぶしすぎました☆

基本、エロ大好きな私ですが、キス止まりの青春物語にびっくり萌えてしまいました(笑)
とにかく、出てくる男の子達がキラキラしてて可愛い!
そして、唯一出てくる女の子が一番男前(笑)

目立つ容姿で人気者の古賀くんと、そんな古賀くんに一目惚れしてしまう佐々野くん。
佐々野くんの恋をメインに話が進んでいくと思いきや、恋とは別の気持ちで佐々野くんに興味を持った古賀くんがストーリーの軸になってます!
佐々野くんと仲良くなりたくて積極的に距離を縮めようとする古賀くんに対して、好きすぎて真っ直ぐに顔も見れない佐々野くん。

もどかしいながらもいじらしい2人のやり取りに、想像以上に萌えてしまいました☆
真っ直ぐにぶつかってくる古賀くんに対して初めて見せた佐々野くんの満面の笑顔には、私もキュンとしちゃいました☆

ちょっと当て馬的に登場した清水さんの男前っぷりや、常にフラットながらもいい仕事してくれてる杉山くんなど、脇の仲間たちも良い味出していて好印象でしたね☆

心がやさぐれた時に読み返したくなる作品です。
続き出ないかな♪

2

それぞれが持つ、まぶしいもの。

何かと目立つ古賀と奥手でおどおどしている佐々野。
バーガーショップで働く佐々野の店に古賀が来た。
罰ゲームでスマイルのくだりをさせられる古賀に助け舟を出した。
そこから2人は知り合って、距離が近づく。
しかし、お互い相手の魅力に知らず知らずの内に押されていて…

全てを持っているように見える古賀も、古賀で悩んでいて、
佐々野は自分を過小評価しすぎてて。
擦れ違いとか見ている先がずれていて見ているこっちはもどかしいです。
初々しくて、可愛いかったです。

古賀の親友、佐々野の親友がくっつくけばいいのにと、
途中からそればかりです。

2

丁寧に描かれています。

私もちるちるさんのインタビューを見て気になったので購入しました。
うーん、悪くないけど……個人的に萌えが少なかったので中立にしようか悩みましたが初コミックのようで今後の期待を込めて萌で。
イラストもお話も非常に丁寧です。キス止まりの青春系です。この設定大好きです。なのにあまり悶えれない。何故。
うーん。個人的にもう少しキャラにクセがあったほうが好みだったのかもしれません。メイン2人が地味メン、イケメンというのが個人的にいい設定なんですが2人ともいいやつ過ぎまして押しが弱いんでしょうか。タイトル通りピュアでまぶしいやつらです。
ああ青春~~って感じがあふれていますよ。初々しい男子をみたいのでしたらオススメします。
後、脇役2人のスピンオフがあるとしたらみたいですね(笑)
■追記■
やめてください、こいしいですってまさかその脇役のスピンオフあるんですか??
それは期待ですね・・・!楽しみにしております!!

1

とにかく可愛い!

ちるちるさんのインタビューを拝見して、
気になって書店で手に取った一冊。

とにかく、とにかく可愛かったです!
「恋」をしているというのが表情や仕草から伝わってきて
登場人物一人一人が愛おしくなるような作品でした。
他の方もレビューで書かれておりましたが、笑顔が犯罪級に可愛いです。

お話の軸になる二人はもちろんのこと、
友達同士の掛け合いも面白くてただの外野ではなく
「もっと彼らの日常が見たい!」と思える子達ばかりです。

この二人はずっと幸せでいてほしいと思える作品でした♪

4

学生服にはきらっきらが詰まってる

なんか、もう、ホント初々しくて、かわいいです。
棒と穴に慣れ切ってる目が淀んだBBAにはまぶしいです。
好きな人とまともに話せなくて、目を合わせることも出来なくて…うん、恋だ、恋をしているんだ、君は。
絵もすごく丁寧でキレイです。
要所要所で出て来るキャラクターの笑顔が犯罪級にかわいいです。お話しの中で笑顔にくらっとしてるシーンがありますが、まさにそんな感じ。
ほんわかしたお話しは読んでて、大体途中で飽きて最悪本を閉じるんですが、こちらは最後まで読み通しました。
脇を固めるキャラクターも個性的で良かったです。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ