四代目・大和辰之

yondaime ooyamato tatsuyuki

四代目・大和辰之
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神326
  • 萌×295
  • 萌28
  • 中立20
  • しゅみじゃない15

60

レビュー数
61
得点
2114
評価数
484件
平均
4.4 / 5
神率
67.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784403664809

あらすじ

関東中心に勢力を広げる一大ヤクザ組織・大和会(おおやまとかい)。
その四代目である大和辰之(おおやまとたつゆき)はある恋に破れ、 腑抜けた生活を送っていた。
見かねた若頭・浅生田(あそだ)はそんな彼に九州地区を統括させようとする。
だが福岡に着いても気分は乗らず、飲み歩いて公園で寝ていた辰之は、
突如何者かに連れ去られ、欲望にまみれた一夜を過ごすーー!?

人気コミック「みのりの手」スピンオフ作品。
新鋭スカーレット・ベリ子、待望のデビューコミックス。

電子書籍で人気爆発
Renta!2015年BLコミック部門、上半期ベストセラーランキング、第一位!

表題作四代目・大和辰之

小鹿望
大和辰之

同時収録作品四代目・大和辰之

櫓木
大和辰之

評価・レビューする

レビュー投稿数61

受けてなほ、にほひたつおとこ気

 「BL作品の攻めは、女の子にとって理想の王子様じゃなきゃいけない」と某作家さまがおっしゃってました。プロの方々が日々精進し、腕によりをかけて、素敵な攻めキャラを世に送り出そうとしているのだから、ある意味素敵で当然と言えます。もちろんみんながみんな完璧な王子様では逆につまんないでしょうし、「素敵」の向かう方向性はさまざま。中には、一部木原音瀬作品にみられるように、クズとかゲスとかホームレスとか、憧れの的にするには厳しい属性の攻めも存在しますが、彼らとてどこかに何か、受けに愛されるに足るきらりと光るものを持っている、それでこそ恋物語が成り立っていくわけです。

 攻めが魅力的であることが、BL作品として成立する必要最低条件だとするならば、その作品が爆発的なヒット作、殿堂入りするほどの名作になるかどうかの決め手は、ひとえに受けに懸かっているように思います。極端な話、強烈な個性と誘引力を放つ受けキャラをひとり生み出せたなら、もうその作品は勝ったも同然なのです。本作の大和辰之くんも、立派にその条件を満たす一人だと申せましょう。由緒正しい極道組織の跡取りであり、暴力沙汰なら日常茶飯事、鍛え上続きげられた肉体にみなぎる侠気、そのビジュアルはツンツン金髪に爬虫類系の三白眼。受けとしてはいろんな意味で規格外。そんな彼が「受けた」その時点で、本作には魂が宿ったのです.あとは奔流のごとく、走り出すお話に心地よく身を任せてしまえばよい。

 規格外の受け、辰之に対して、攻めもまた、意外性でチョイスされてます。職業保育士、小汚いジャージとぼさぼさあたまと分厚い伊達メガネの下にばさばさまつげとうるうるおめめの超絶イケメンを隠し持った男、小鹿望。優男のようでいて、決して小柄でも華奢でもない辰之をひょいっとお姫様抱っこで自分のヤサに運び込んじゃう奴。序盤軽いノリの変態さんかストーカーとも思わせといて、徐々に明かされる望の辰之に対する執着の理由は絶望的に重い。初めて出会った幼い日から、望にとって辰之は「運命」そのものだった。実の父の手で「女の子」にされ性的虐待を受けていた望。「俺が四代目になったら、お前のこと貰ってやるよ!」幼いなりの精一杯で励ましてくれた辰之。彼が「男は拳で、女は料理だ」と言ったから、ボクシングも頑張ったし、がめ煮だって美味しく作れるようになった。辰之が驚嘆するくらい、望は「俺の為に生きてきた男」だったのだ。「男は拳で女は料理」—旧来の日本型価値観をどっぷり引きずってる辰之のこの発言だけど、まさか十数年後、目の前のはかない美少女が「拳も料理も」の王子様に育ち切って自分を襲いに来るとはさすがに想像つかんわな。だけどそれが現実になったとき、逃げも隠れもせずどーんと受けて立っちゃえるのが真のオトコマエ受けのオトコマエたるゆえん。

 こんな二人だからエッチシーンもいろいろと規格外。辰之をガンガン突き上げながら泣きじゃくる望、その涙を唇で吸い取ってやる辰之。わざと望を煽って、組み敷かせておいて「もっと体重かけろ、全部背負ってやる」なんて殺し文句を吐く辰之。受けることで彼のいっぽん筋の通った男らしさは微塵も損なわれず、揺らぐどころかより底光りするかのよう。やっぱりこんな受け、なかなかいない。

 主役の二人に比べると当て馬の櫓木が悪役としては中途半端で、(エロ方面ではがっつりいってたけど)結局何をどうしたいのかよくわからぬまま、最後の辰之との対決シーンも、いまひとつ盛り上がりには欠けてたかな。ただそんな筋立ての細かい粗を補って余りある確かな画力にも裏打ちされた辰之の存在感。割れた腹筋もいいけど、のけぞったときの背中からおしりに続くラインの色っぽいこと。あんなもん無自覚で見せつけられたら望でなくてもそりゃ暴走するわ。

 

1

よだれだらだら

主人公の過去の思い人がよくわからなくてその話はないんかと思った時に他のレビューをみてようやく判りましたっ!
とてもすきなタイプのカプリングなのでとても楽しく読めました(´・ω・`)

男前受け最高!!!

0

辰之最高!

ストーリーは他の方々が詳しく書いて下さっているので省略させていただきます。

過去にトラウマのある望と、偶然出会った辰之最初は強姦同然に望にお持ち帰りされてしまったけど、徐々に辰之の方も望に惹かれていきます。

辰之はヤクザだけど情に熱い男で、望も酷いことをされた櫓木ですら、見捨てず面倒見ちゃうところが男前です。過去も全部引き受けてやるなんて、ますます好きになっちゃいます。

内容も望のトラウマとか暗い要素があるのに読後は爽快です。望のマニアックな変態っぷりもちょっと笑えますし、保育園の子供達の場面では緊張する場面の合間に和めますし。緩急のバランスが良いです。

あと何といってもスカーレット・ベリ子先生の描く裸体が美しいし、セクシーです。何気ない部分も丁寧に描かれていて、表情も素晴らしいです。

両想いになってエッチしながら涙している望にキスする辰之の表情が優しくて、本当に懐ろの深さが表れていてひとつひとつのコマも想いが詰まって素敵です。

2

辰之、男前!

絵が本当に綺麗で裸体の筋肉の付き方など見とれます。
吊り目三白眼・ヤクザの跡継ぎって攻めのセオリーにあてはまりそうな辰之なのに、女顔美形の望にあえがされている意外性がまたエロくて良いです。
望の過去(女装させられ、父親に仕込まれ、客を取らされていた)は重いけど、子供の辰之の一言を心の支えに生きてきたのが切ないです。ストーカーはどうかと思うけど、望の過去も生き様も全部ひっくるめて受け止める辰之は男前でかっこいい!

0

ベリ子さん大好き!

最高です!!
はじめは表紙を見て買いましたが、いざ見てみるととっても感動しました!
小鹿望が小さい時に親にあんな事されてたなんて。・゜・(ノД`)・゜・。
でも!!その時、まだ小さかった辰之は望に一目惚れしてしまいます!
2人とも過去にいろんな悲しい出来事があって、とってもいい話だと思いました!
この作品はところどころ結構可愛そうだなーって思うところもありますが、それを乗り越えてきた2人の愛は涙なしには見られません!!
実は私はベリ子さんの作品を読むのは初めてでしたが、これをきに他の作品も読んでみようと思いました。

2

男前受け最高!

ものすごく受けがカッコ良すぎる作品だと思います。守られるのは好きじゃない攻めを守るカッコよい受けが四代目・大和辰之その人!絵の綺麗な感じからは想像できないほどの度量を持ち合わせた受けに惚れ惚れしました。意外と悪い人ではない当て馬櫓木さんも何だかかわいそうなので救いのあるお話が読みたいです。辰之の父親との話も気になるので続巻を希望します。ラブラブな辰之と望先生の姿が当て馬より印象が薄いので、続巻が出版される際には二人のイチャイチャ感をたくさん描いて欲しいです。攻めの望先生の強いところももっと見てみたいです。

1

美人攻めをありがとう!!

実に悲しいことですが、BLでは美人は何かと受けにされてしまっていました…。攻めとして登場しても途中からリバとなったり、過去に受けだったりとなかなか最初から最後まで美人が攻めであり続ける作品はあまりありません…。他にも美人が攻めならそれでいいだろうとばかりにストーリーがおざなりになっているものや脇カプに美人受けがあるものが多かったりと、美人攻めの現実は暗く厳しいものでした。

それがようやく!!この作品で日の目を見ることとなりました!!もうどれほど待ったか!首の長さがキリンになるほど待ちました。電子書籍のほうで見かけてから、この方の作品が書籍化されたら絶対に人気が出るだろうし、美人攻めも広がると信じておりました。もう何回著者の方にお礼を言えば私の気が済むのでしょうか。済むはずがありません。このような素晴らしい作品を描かれたこと、書籍化に承諾をして頂いたこと、そして美人攻め男前受けのスタイルを一貫して貫き通す姿勢にもう心が嬉しさでいっぱいになってしまって今までレビューを書かずにいたことが悔やまれます。
本当にありがとうございます。これからもどうか美人攻めを描いてくれますように!!

3

最高です。゚゚º(゚´ω`゚)º゚゚。

とてもとても良かったです!!!
私的にはドンピシャな作品でした。゚゚º(゚´ω`゚)º゚゚。
兎にも角にも、キャラクターが個々に良すぎます!
主人公の辰之もお相手の望先生もとっても大好きなキャラになりました。とくに望先生は可愛さもありカッコよさもあり最高です。
辰之も男の中の男で、かっこよすぎました、、、。
ストーリーも深くて、読んでいて入り込んでしまうような作品でした。何回読んでも(良い!!)と思うような作品です。
みのり先生の続きなので、私的にはみのり先生から読んでもらえた方が話が分かりやすいかなと思いました。

2

辰之が男前受けすぎて最高だよー!!!

辰之が本当に男前です。男前の受けです。
皆様が書いていらっしゃる通り、辰之は器がでっかくて、本当にカッコイイ!!
エロい顔も覚悟を決めた表情も魅力的で、全てを受け止める器の広い辰之に読んでいて惚れてしまいます。
攻めの望もふんわり天然かと思いきや、暗く重た過ぎる過去を背負ってます。
辰之の言葉に救われてずっと頑張ってきたことが分かるので、酔っ払って前後不覚の辰之を拾った後合意せずにヤッちゃっても許せてしまいます。
それから、櫓木。私は彼のこと嫌いじゃありません。むしろ好きかも(笑)
どこか女々しくて影があって拗らせてて・・・櫓木に限らず、娘の麗華ちゃん、浅生田さんもとても魅力的なキャラクターですよね。
ストーリーも絵も、さらにキャラクターもすごく魅力的で、この作品をもっと読んでいたい、と思ってしまいます。
是非皆様に読んでいただきたい作品ですが・・・う~ん、でも、受けが攻め以外の登場人物とヤッてるのが地雷の方にはオススメできないのか。

「みのりの手」→「四代目・大和辰之」と読みましたが、こちらの作品だけでも充分楽しめます。
みのり先生って誰?と気になったら「みの続きりの手」も読んでみてください。ちなみに辰之の出番は1話だけです。

3

ネタバレ無し

美人執着攻め×生意気受け

素敵でした……!!
極道のBLが元々好きで、囀る鳥〜…などの作品を多数見てきたのですが、この作品は極道設定が細やかであるとは言いにくいかと。ですが!!この作品の醍醐味は極道であることではない!!!と思います。「生意気可愛い受け」と、「闇を抱えつつもひたむきな美人攻め」が素敵なんです。すごく。
何が言いたいのか要約すれば、「極道がメインというのではなく、それぞれの苦しみはあれども可愛いカプを是非見て欲しい」ということです!個人的なことですが、興津さんが大好きなので、ドラマCDも聞きたいなと思います!

2

美人攻め最高!!

表紙に一目惚れして購入しました。
攻めと受け、てっきり逆だと思っていたらなんとその逆・・・!!
「みのりの手」のスピンオフと言う事を読んだ後に知ったのでその後「みのりの手」も購入。
「四代目・大和辰之」の方から読んでも問題無く読めました。
とにかく絵が上手い!表紙買いでしたが買って正解でした。
意外性にやられました・・・櫓木との絡みも良かったです。
個人的にはみのりの手よりも四代目・大和辰之の方が好みでした。

cheri+で読み切り、次号からは新連載が始まるそうなので雑誌の方で追っかけようと思います!

2

楽しく読めました!

1月くらいに購入してやっと読みました。みのりの手はまだ読んでおらず、スカベリ子先生のコミックは初読みでした。 とても人気のある作品なので期待しすぎたのか、サラッと読み終えてしまった感じです。でも、いいところも沢山ありました。
何よりも一番魅力に感じたのは、作画の美しさです。私は太い線のタッチが好きなので絵柄はドンピシャで好みでした。逆に細い線で、余白多めが好きな方は少し注意です。また、身体の描き方にブレが無く、とにかくキャラがいい身体をしていて最高でした。そしてそんないい身体同士が重なり合うセックスシーンはかなりいい絵です笑
一話ごとに、濃い絡みのシーンが描かれているのも特徴的だと思います。かなりエロ度高めです。それでいて、きちんとお話しの中で自然にエッチしているから凄いなあと思いました。
お話しはギャグ多めで馬鹿っぽい893モノで、エロ満載のちょいシリアスという、万人に受けそうな丁度良い作品だと思いました。特徴的なのは、やはり美人で女顔の攻め×三白眼でヤクザの受けというカップリングですね。私は読む前からそう伺ってたので違和感は無かったですが、何も知らずに読むと、そっ続きちが受けなの?攻めなの!って思うでしょうね笑 でも女顔の攻めは、かなりいい身体をしているし受けより背も高いので、そこまでギャップは無いかなぁと思います。また、当て馬の枯れかけたいい感じのオヤジが出てきますが、彼が予想以上に繊細だったので驚きました笑 ちなみに受けがそのオヤジに囲われて犯されまくるシーンがあるのですが、玩具とかも使ってたのでかなりワクワクしました。でも受けがそんなに嫌がってなかったのがちょっと残念です。オヤジがもっとSだったら私の中のSっ気がこんにちはしてもっと興奮できたかも知れません笑 (私の個人的な趣味です。気にしないで。)
なんだかんだ言って、普通に面白く読めたので他のスカベリ子先生の作品も買ってみたいと思います。
人気があるからこそ少し辛口でしたが、まだ新人の作家さんだと思ったら凄いと思います。絵の上手さ、お話しの見せ方、ギャグ、エロの描き方、新人とは思えない上手さでした。

1

みのり・・・からの大和はいかに

若頭とはくっつかなかったぁぁぁ
個人的に非常に若頭が好きなんどす(笑)
ま、しょーがない。若頭には・・・ムフッ。

攻めの過去を受け止めるあたり少し受けの成長が見られたりと、前作からひっぱってみると面白いです。
みのりさんの時意外だなぁと思って、んで大和はどうすんだ?と思っていたので、スッキリしますた(^^)/~~~
ランキングもそうですが、みのりよりこちらの方が好きでした(*^^)v

2

櫓木さんのスピンオフを是非!

初コミック『みのりの手』に登場したヤクザ・大和辰之(受け)のスピンオフ。
お相手はベリ子さんお得意の(?)美人攻めで雄々しさには欠けますが、受けの男らしさや当て馬の下衆さは光っており、個人的には前作より圧倒的にこちらの方が好みでした♪

望(攻め)は、幼稚園の先生で、子どもの頃女装して男の相手をさせられていた過去の持ち主。
昔は辰之に女の子に間違えられるほどの美少年でしたが、今や辰之より背の高い美形攻めに成長。
当時のトラウマを今も引きずる望が、辰之に執着し彼がを一途に愛する姿にはキュンキュンさせられます。

そんな望を受け止め、癒やそうとする辰之が大変男前。
当て馬(櫓木)に抱かれに行く直前だと言うのに、望には自身の事情を何も告げず、ただひたすら快楽を与えようとする姿に切なくなりました。
その後、櫓木に囚われた後も、
望に跡をつけられた体を堂々と晒したり、
犯されながら電話口の望と話したり、
各シーンで辰之のメンタルの強さや望への愛が伝わってくるのが良かったです。

当て馬である櫓木との絡みがガッツリあるので苦手な人も多いかもしれませんが、この櫓木の存在に続きより辰之の男気が更に引き立っており、ストーリー展開もメリハリあるものとなっている気がします。

辰之の父に片想いしているという櫓木ですが、今後彼のスピンオフはあるのか?
ぜひ辰之父×櫓木でお願いしたいところですが、ベリ子さん作品である以上、お相手は可愛らしい美人さん攻めになってしまいそうな悪い予感もw
本書の辰之といい、次回作『女王と仕立屋』の志田さんといい、男前な受けキャラを次々生み出されているベリ子さんなので、いつかは攻め×攻めっぽい雄々しいカップリングも見てみたいなと思います☆

3

センターラインが美しい辰之の裸体!

これがコミックス2冊目なんですよね?
この絵の上手さ、1話ごとに見せる山場があるのに、前後の話のつながりも自然で、全体でもキッチリまとめあげる巧みさ!ベテランの風格を感じます。

辰之の鍛えられた裸体、腹筋や背中のセンターライン、腰からキュッと上がったお尻のラインが綺麗すぎて見惚れます!ベッドに反り気味に横たわって朝の挨拶をするコマなんて拡大コピーして飾っときたいくらいです。
それと、左肩にあるドラゴンのタトゥーが色っぽい!

辰之は意外にも受けで、快楽に弱くて感じるとかわいくなってしまう部分もあるけど、男っぽいままなところがイイ!望のトラウマも重い愛も、監禁レイプされた櫓木の病みさえも、受け止めてしまう度量の広さもかっこいい!

実の父に仕込まれカラダを売らされていた望。傷は深くて生きるのが辛くなることがあっても、ずっと辰之の存在を支えにしてきたんですよね。
描き下ろし最後の表情は、全部の傷が辰之によって洗い流されたんだろうなと思える幸せそうなものでした。

「神」よりも上の評価をつけたい一冊です。

1

男前な受けに拍手

評判通り楽しく読ませていただきました。
望の過去が暗すぎてちょっと引いてしまったり、櫓木の辰之に対するやり方が酷すぎて飛ばし読みするところも多かったけど、最後まで頑張って読むと、よかった!と言う評価になります。やくざものは好きじゃないけど、嫌々やくざをやらされている辰之が優しすぎて、男前すぎて惚れてしまう。しかも、そんな設定で受けとか、どこまで格好いいんですか!
受け=女っぽいという先入観を見事に打ち砕いた作品です。受けをする男気!優しさ!いいわー。

2

個人的にキャラ萌え

辰之が可愛い!
「総受」ポジションである必要は無いメンタルと腕力のはずなのに
甘んじて「総受」ポジションに居る懐の広さが男前

絆され受がお好きな方は是非





2

絵がキレイで笑いもほろりも有り!

まるごと一冊がひとつのストーリー。

笑いあり涙ありな楽しい作品でした♪

ややこしい人たちのお話なので(笑)メインカップルが
別の組み合わせとしても出てくるので、
2人の正統派ストーリーじゃないとダメ、と言う人には
キビシイかもしれないですねー。

むか~しむかし、自分はそうでした(笑)
読んでいるお話が、この2人以外が結ばれるなんて!!!という感じで、
理想を強固に突き通す気持ちが先走り、別組み合わせが出てくると
まったくそこから先は読めなくなってだりしたんですよねw

高評価なだけあって、とっても大白かったです。

1

麗華ちゃん可愛い

恐らく同じ感想を持ったお姉さま、お嬢様はたくさんいらっしゃるかと思われますが…
「そっちが受けなの!?」
三白眼でくわえタバコのやくざなのに!

幼少期に地獄を見た望にとって、辰之は唯一の生き甲斐だったんだなぁ。
「男は拳で女は料理だ」と辰之に言われたから、料理とボクシングを覚えたとか、健気すぎて泣きそう。だけど、嫁にも婿にもなれるってことですね…!ハイスペックすぎる!!
辰之の前では、明るく振舞っていたのに一人で海に入っちゃう望を見てドキッとしました。自分の過去の事や親の事、辰之の気持ちとか吐き出したいけど吐き出せない思いがいっぱいあったんだろうな~、と感じました。
櫓木の所から辰之を救い出す望がイケメンでした。

2

躍動感にワクワクした

今作もベリ子ワールドを楽しませていただきました!
個人的には、攻めの望がとっても良かったです。
彼を見ていると、皮膚下の鼓動がドクドクと伝わってくるようで、
積もり積った想いが画面から溢れ出てくる躍動感がありました。
男らしさと女々しさのアンバランスさもとても魅力的でした。
辰之は可能性の塊という感じで、彼の成長をもっと見たいし読んでいてワクワクします。
片方がヤクザだし精神的に主従関係になりそうなのに、辰之が受け入れる側なためかラブラブで甘甘なカップルなのも凄いと思います。

ただ、ストーリーの面白さはそれほど感じませんでした。
それもこれもあて馬の櫓木なのですが、彼の美学に付き合わされている感じがちょっと鬱陶しかったです。
ヤクザ社会のことはよく分からないけど、面子を何よりも大事にし一方で徹底的に実利主義という印象があります。
櫓木のちょっかいは、本人の自己満足以外に一体誰が得をするのかよく分かりません。
ただのかまってほしいオジサンなのかと思った時、巻き込まれた人達に対する同情心しか生まれませんでした。
結果的に櫓木は辰之に醜態をさらしただけだし、辰之父続きでなく、辰之から許しを得たのは年上として更に恥ずかしい気がする。
守るべきもの(子供)もあるというのに何やってんだって感じです。
メインカプと浅生田さんのキャラクターは神でしたが、物語をひっかきまわす櫓木の存在がマイナスになって萌評価になりました。

3

この漫画家が凄い。

いやぁ~~~~~エロい!
ちんこ勃つよねここまで描かれたらw
ノンケに読ませて反応見たいっすよねww

絶対にムラムラすると思うもん!


えっとですね、
イメージが逆のタチと受けなんですがいっすよ。
目から鱗で刺激的な設定ですし
暗いことをさらさらさらっと日常的に描かれていて
もっと読みたい。

俺はこの人の作品がもっと読みたい。

本当に一瞬で虜にする漫画家さんで
この方の魅力はまだ解明出来てないんですが
身体が綺麗。


男の身体をどんだけ熟知してんだろうと思うほど
筋肉綺麗だなぁ~と見惚れてしまいます。

腹筋しようかなとか思っちゃいますもん。
憧れます。
タプタプですけどね俺は←いらない情報。


今後の作品が今、一番気になる漫画家さんです。

3

電子書籍で買うならレンタが修正薄ですよ〜

単話版(1話100円で売られているもの)の方だとレンタとイーブックが修正薄いんですが、コミック版はイーブックが残念ながら白抜きになっているようで…
レンタはコミック版も単話版同様の白線修正です。

スカーレット・ベリ子さんは、去年電子書籍を買い始めた時期に「みのりの手」がちょうど完結して他を圧倒するレビュー数でランキング上位にいらっしゃったので気になって買ってみたら絵がなんかえらいエロくて!
速攻で全話揃えた上に、ちるちるにもアホっぽいレビューを残しておりました(笑)
こちらはその作品(みのりの手)で読者人気をかっさらっていた金髪ヤクザ君を主人公にしたスピンオフなんですが、金髪ヤクザ君すっかり見事な受けキャラになっておりますね。
みのりの手に負けず劣らずエロかったです。
スカーレット・ベリ子さんの描かれる裸体は色気があって良いなぁ♪好きだなぁ♡

が、ストーリーにハマれず。
いい意味で非常にディアプラス。
この作品が売れているのはよく分かります。
が、自分の好み的には今ひとつでした。
私は「みのりの手」の方が好き!(というか、稔先生が好き!!!)

5

おすすめしますが保証はしません!自分の目でどうぞ!

みのりの手と同時購入しました。
先にみのりの手を読んでいたので、繋がりがよくよくわかってよかったです。
とにかく攻めがかわいい。受けがかわいいのはもちろん大前提に、攻めがすごくかわいかったです……。

美少年×厳つい系?いえいえ、美少年×三白眼!!厳ついだけじゃないんです!!優しい子なんです!!受けが!!!
わたしこれまでこんなに三白眼に萌えたことあったかな?オールバックってこんなかわいくみえたかな?あれ?たばこってこんなあっかわいい…………私の脳内は大パニックです。
エロが多い割にストーリーもしっかりしていて、攻めの受け溺愛具合もいい感じ。受けの攻めを求める感じもいい感じ!でもやっぱり受けが男らしいところもいいなと思うのです………。
もっともっと続きが読みたいと思う漫画でした。
欲を言うならあと二巻ほしいです。このシリーズで。何円でも出します。

それくらい素敵なお話でした!

迷って私のコメンとに目を通してくださった方、購入をおすすめします。
でも保証はできません!私個人の感想なので!

1

身体の線が最高

最高でした。
内容については他の方の感想に同意!なのであえて絵についてですが、身体の線がとにかく好みで…!腰とツンとした胸が凄く好きです。

さすがポーズデッサン集描かれてるだけあるなって感じでエッチシーンも体のしなやかさが見事でこれだけでも大満足の見ごたえがあります^^
しなやかで細身だけどきちんと筋肉もあって◎

もちろん内容もとても素敵でした!辰之さんかわいい!ヤンチャ受けが大好物なので文句なし神評価です。
次回作も出たら絶対買います!

3

好き!

電子で配信されてた時から大好きな作品!ベリ子さんの書く、エッチシーンがたまらない!特にヤンチャ受けスキーさんにはおすすめだと思います。

0

素晴らしい作品

この作品、すごいです。とにかく辰之さんが可愛いんです、、、。ただやはり個人差もあるようです。以前までヤクザ系統のお話のもの、ガッチリしたひとが下になる作品にはどこか苦手意識を持っていたのですが、
それを見事に克服させてくれるとても素晴らしい作品でした。
なんかこうエロいだけじゃなくて、その中にはもっともっと深いものがあるんです。望と辰之さんの心がだんだんと通じあっていく様が本当に素敵で、その都度心が切なくなってきます。

とにかく一度読んでみてほしい!!
絶対に最後 最高、、、てなるから!!!

3

ストーリーをもうちょっと!

キャラクター達も魅力的だし、体の描写もとても素敵で読んでいてたまらなかったです。

1

オトコマエ

追記:萌×2で評価してたのですが、神に変更しました。
レビューも少し追記しました。

ようやく読めました。
電子書籍と紙書籍と悩んでましたが紙で買って良かったです。
ひとつひとつの表情、身体の線、そして、手と腕!
手と腕がすごく好きです。
紙でじっくり堪能しました(*´∀`)
四代目、懐広すぎて。
格好良すぎだろう!?
そして、よく泣くけど望も格好良いです。
辰之迎えに行くところとか、めっちゃ男前でした。
シリアスだけど、笑えるところもあって、読後感も悪くなく、読み終えてもまたぱらぱらとページをめくってしまう本です。
読めば読むほどのめり込んでしまいます。オトコマエな辰之と望が本当にいい(*´∀`)

2

おすすめです!

久し振りに読みました。
本当いい…改めて本当いいなぁ〜と読みました。

ここから先は、結構ネタバレしています。
お話を知らずに読む事、おすすめなのですが、
すみません、感想書きたいので、
書いちゃいます。

親から虐待を受けていた望。
辰之とは子供の頃に一度会っていて、
「俺が4代目になったら貰ってやる。頑張れよ。死ぬなよ」と言われた言葉を支えに生きてきた。
「男は拳、女は料理で守れ」もけなげに守って、
ボクシングもやるし、料理も上手。
今では幼稚園の先生をやる好青年に成長しています。

一方辰之は大和会組長の息子。
周囲から4代目になる事を切望されてはいるけれど、
自分は組長に等なりたくない。
切望される煩わしさに悩まされながら過ごしています。

そんな2人が偶然にも出会って、
「ガキの戯言」と言いつつ、言われつつ、
でもどれだけ望が辰之の言葉を支えに生きてきたかが、
初めから言葉で言われてはいたけれど、
徐々にそれが軽々しく口にしてるものではない事が解ってくるんですよね。
どれだけ望が辛かったか、
どれだけ望の救いになった事だった続きか。
普段はそんなに弱い態度は見せない望なのに、
「ごめん」と何回も言いながら「嫌いにならんで」と辰之に抱きついて離さなかったり、
辰之を抱いてる時に名前を呼ばれて、自分を抑えきれなくなっちゃう所。
この場面はもぅ〜泣きそうになりました。
辰之が「ちょっと強過ぎ」って言って望を見たら、
望が泣いてるんですよね。
それを見て、辰之は望の手を優しくぎゅっとするんです。
もぅ〜…一番好きなシーンかも。
すごく良かったです。

一方辰之も望に救われるんです。
昔、目の前で自分を庇って死んでしまった人の事、
自分のせいで誰かが死ぬ事に怯えてる。
自分のせいで誰かが苦しむ事から逃げたい。
どうしようもなく辛い事から逃げる生き方があってもいいって望が辰之に言うんですよね。
「いつでも僕の所に逃げてきていいんだよ」って言うんです。
実際にその台詞を言うのは、辰之がいない時に言うんですけど、
そこのシーンもすごくいい。
今回読んでて気が付いたんですけど、
辰之は嫌だ嫌だだけだったように思っていたんですけど、
「お前は俺のお母さんか!」と言ってる朝生田さんの事も、
大事に思いつつも、きつかったんだなと、
それも他人を傷つけてる事に繋がってたんだなと思いました。
本当、辰之は…。

最後、良かったです。
お互いすごく大事に想ってるのがよく解って、
一緒にいるのがすごい自然で。
セックスもお互い愛し合っているんだなってのが解って、
ものすごいエロいんですけど、
全然下品じゃないんですよね。
あんまりこういう事に触れないたちなんですけど、
書きたくなったので、書いちゃいました。
だってすごくいいんですもん。

櫓木さん、最低な奴ですねー。
でも櫓木さんと辰之のお父さんのお話、
スピンオフが出るんじゃないかと、
勝手に妄想しております。
最低最悪な奴なんですけど。
でも、なんだか気になってしまって…書いてくれないかなー。

ちなみに私は電子版で読んだだけなんですが、
紙本の場合は、書き下ろしがあるんですね。
他の方のレビューで知りました。
今度買ってみようかな。
むちゃむちゃいい作品です。
何回も読み直しちゃうと思います。

4

自分を生かした言葉は

​ 電子でスカーレット先生の『みのりの手』の1話無料を読んだ時は、よくある話って感じだったので、気にしていなかったのですが、こちらがランキング1位から陥落後に再び1位になっていたのを見て「読むべし」と思い購入しました。結果・・・うん、面白かった!
 みなさんが書かれているように絵がとても綺麗です。『みのりの手』の1話は画面が白っぽく薄い印象だったのですが、こちらのしっかりとした線は好みでした。

 『みのりの手』は1話しか読んでいないので、みのり先生のエロテクの虜になった四代目組長という、やおい的なエロ話としか思っていなかったのに、それを覆すこの展開!辰之と望の過去がそれぞれの人生に大きな影を残す、悲しくて大きなもので、二人とも不器用で愛おしくなります。

 望は人当たりもよく、保育士としてりっぱに仕事もして、一見まともな人生を生きているように見えます。辰之の前でも明るい望ですが、不意にしがみつき「嫌わないで」「ごめん」と何度も謝る姿が本当の望なのかな。優しい辰之が絆されてしまうのもわかる気がします。
 辰之は子供の頃も、大人の今もなんて男前なんでしょう!スカジャンを着た小続きさな辰之、本当に格好いいです!!小さくてもしっかり『男』です。「死ぬな」って言ったんですよ、子供の望に「死ぬな、頑張れ」って、この言葉が望を生かしてきたのだと思うと、本当に泣けてしまいます。
 それ以来、辰之の言葉は望にとっての絶対で、拳を磨いたのも、料理の腕を上げたのも、すべて辰之の言葉があったからなのです。その望を「俺の為に生きてきた男」と愛おしく思い、愛しあう二人。SEXの最中より朝のベッドで「はよ」と挨拶する辰之がエロかっこよくて好きです。
 描き下ろしは、玩具をつかった濃厚Hですが、玩具にはあまり興味のない私。辰之にコーヒーを入れてと我がまま言って、幸せをかみしめる望にこっちまで幸せな気分になれました。

 辰之を陥れた櫓木についてはわからないことだらけです。辰之の父に並々ならぬ執着があることはわかります。だけど可愛い娘もいるのに、人さまの子を監禁凌辱したあげく、拳で勝負と丸腰で来た辰之に銃を向ける下衆さ、この壊れたわからない男を知るためにも続編が出たらいいなと思いました。

1

男前で可愛い2人

みのりの手をKindleで読んで、こっちは本屋で買いました。この作家さんが描く身体がすっごく美しいです!
本で買った方がそれを堪能できる気がしました。
四代目が男前で懐が大きくて、素敵な人でした。みのりの手では1話のみの受キャラだったんですが、こっちではメインの受さんです。望は美人さんで辰之が好きで、すごく可愛い人なんです。二人とも男前で、可愛くて、その境遇からももう二人で末長く幸せになってくれ…!と思えます。
絵が素敵なのはもちろん、お話もきゅんきゅんしてエロもがっつりです。迷うことなく評価は神にしました。
本作単体でも楽しめますが、みのりの手を読むとより楽しめます。

1

ただのエロじゃない

登場人物もそれぞれ個性があってストーリー性もGOOD。
そしてエロい!
四代目の男前さと情の深さがエロさを引き立たせていました。

みのりの手をまだ読んでいなかったのでちょっと心配でしたが、全然問題なかったです。
でも、名前だけ登場してくる「みのり先生」が気になる~(笑)

0

これぞ男前受け!!

ちるちるでの高評価と金髪男前ヤクザ受けというどストライクな内容に惹かれて購入。
いや〜、エロいです!笑
同じ趣味の人にはぜひ読んで欲しい!
辰之くんの男前ぶり、そしてそのエロさとのギャップにメロメロになっちゃいます!笑笑
でもエロだけじゃない!
お話の半分以上が濃厚なエロですが、ストーリーもきちんと笑いあり涙ありハラハラありで魅せてくれます。
そして最初から最後まで表紙通りの綺麗な絵でした!
何度も読み返したくなっちゃいます^^

0

懐の深さ

懐の深さ、情の深さ、これが比例する受けに惚れました。
全て背負ってしまい、それが嫌でそんな自分や環境から逃げようとするのに結局逃げ切れない。
そういうの、分かるなぁと。
そしてこういう人、心底かっこいいなぁと。

自分にとって大切だったり、自分に優しい人だったり、一緒にいてメリットがあったり、そういう人だけでなくて、敵対する人、デメリットしかない人、そんな人からも逃げない受け。

強くて美しいです。

とても素晴らしい作品だと思います。
心揺さぶられました。

2

受けとは、「受け身」にあらず。

受けとは、「受け入れること」。

今までは、「受け」とは、
セックスにおいて、女役のほうの係、つまりネコである。アナルに挿入される側の男性である。
という程度の認識を持っていた、まだまだBL初心者のワタクシでしたが。
この作品を読んで、「受け」の意味が自分のなかで変わりました。
受けとは、
相手の性器を受け入れると供に、相手の気持ちと性癖、更に相手の境遇や過去までも受け入れる人である、と。

勿論、「襲い受け」など、当てはまらないタイプもあるにはありますが。
様々な作品において、受けは優しかったり懐が広かったり、攻めよりある意味男前だったりするのも納得がいきます。

辰之は、あて馬というか凌辱された相手までも受け入れるという、殉教者ばりの情け深さを見せるわけですが。。
そこに関しては、望がすごく素敵なキャラクターだっただけに、切なさのほうが勝ってしまって、櫓木のことを辰之は許しても、自分は許せなくて少しモヤモヤしました。

ストーリーの内容やその素晴しさなどは、遅ればせてのレビューなので、皆様の解説に乗っかる形で、割愛させていただきますが。。
絵がほんと続きに素晴らしく上手い。安定したデッサン力でさまざまな角度から描かれた絡みのシーンも説得力があります。
ここでいう説得力:こういう体位でこうなってるのね、というのが2度見しなくてもわかるという。。自分語です。

皆様と重複するとわかっていても、絵の上手さは書かずにいられませんでした。

ベリ子先生、これから作家買いいたします。

8

かわいい!

スカベリ先生の作品がランクインしていたので少ないおこずかいを震えた手で握りしめ、本屋に行き、震えた手で買ってきました。その為財布の中はすっからかん。

でも!それは財布がすっからかんになっても買う価値がある本でした!!とっても面白くエロかったあああ!

もう本当買って正解でした!ありがとうございます!
あの二人が可愛すぎて///超燃えました。

1

男前な受け!四代目!!!

【みのりの手】のスピンオフ作品。
私は先にみのりの手を読んでからこちらの四代目を読みましたが、
読んでたら色々とつながるところはあるけど、読んで無くても楽しめる作品だと思いました。

酷い過去を持った望を、気持ちの面でいつのまにか辰之が支えてたんですね。
辰之がすごく男前で、でも受けで、エロいです~!
相手以外との行為のシーンもあるので、それが苦手な人は嫌かと思いますが、ストーリーもとても面白かったです。
望くん、すごいかわいい顔してるのに腕っ節強いし!
「男はこぶしで女は料理」っていう言葉を幼い時から信じて生きてきた望くん。
その言葉に支えられてストーカーチックな望くんですが、愛おしいです。
最中に「全部だ」って受け止める辰之がほんっと男前!!!!!
海で2人で並んで走るところは本当にかわいい・・・。
2人が可愛すぎてきゅんきゅんします・・・!

櫓木さんは、はっきり言って嫌いですね。
杯交わしちゃう辰之は、本当に色々背負い込んでますね。

スカベリ先生の虜になりました!
スカベリ先生のファンになりました!
【みのりの手】も好きですが、やっぱり『続き四代目大和辰之』が好きです!!!

3

四代目、エロいよ!

これも積み本にしていました。
皆さんのレビューの評価が良いほど読めなくなっていたんですが・・・。
満を持して読みましたとも!!

思っていたよりもヘビーでしたね。
望くんの過去も四代目辰之の過去も・・・。

しかし、辰之は優しすぎるね。
櫓木の辰之の父親への執着も解ってあんな事、許しちゃうとか。
私が望くんなら殺しちゃってますね。

【みのりの手】を読んでこちらを読みましたが、正解だったかな。
スピンオフだというお話ですが、私的にはこちらのお話の方がメインになってしまいました。
四代目のエロさと望くんの執着萌えでした。

1

これさえなければ

前作が凄く萌えたので今回も読んで見ました
そしてエロがすばらしい!!
下手な修正なんてない方がありがたいです。
流石、新書館ありがとうございます

そして本編ですが!最初の数話はやばい萌えや!
って叫びまくって、良かったんですけど
進むにつれて展開が・・・
まぁ最初のカラーでなんとなく察しはついてましたけど
この攻めの為に受けが他者に掘られる展開・・・
どうも受け入れられない・・・
そういう場面はちょっと無理でした・・・好き嫌いですねぇ
むしろ父親との関係を描いていただきたかった。読んでみたい!

7

ほっこりもえきゅん。でも、えろい。

ちるちるのランクにはいっていたので
みのりの手 を読んでから、本作品を
手にとったのですが、、、、
ストーリーも絵もストライクでした*\(^o^)/*

個人的にえろは必須なのですが、、、
文句なしのえろさでしたwwww

えろい作品ってストーリーが微妙だったりで
うーん、、、という感じだったのですが
この作品は全部がバランスよくできてるなと思いました!


読み始めてまず辰之は攻めだろ。と思っていたのに
まさかの受けwwww
いきなり意表を突かれたと思っていたら
可愛いらしく攻める望くんwww
萌えました♡www

みのりの手 は正直そんなんでもなかったかな?
という感じでしたが 四代目➖は是非読んでもらいたいです!


ほっこりもえきゅん、でもえろい。


、、、最高でした!

1

最後の望先生に胸アツ!!!

萌えたぎった、この一言に限ります!
今年1番萌えた本です。
ぜひ、いろんな人に読んで貰いたい!
みのりの手でもそう思いましたが、この攻めと受け逆じゃない?っていうカプが好きな人には最高だと思います‼︎
あと、攻めの望先生のギャップもいい!
約束のためにそんなに出来るって本当に凄い。
それだけ、辰之くんが救いだったんだな〜、と思ったら、泣ける。。。
そして、たまに出る博多弁がなんか良い‼︎
あと、櫓木さんと辰之パパのスピンオフ見てみたい。
櫓木さんのあそこまでの辰之パパへの愛の理由を知りたいです。
描き下ろしの最後の望先生の顔が幸せを噛みしめる感じを見て、心から良かったな〜と呟きました。
家に一人の時でよかったです。
これから読む方は、家に一人もしくは部屋で一人の時に読まれる事をお勧めします。(`・ω・´)((キリッ

あと、受けが攻め以外ともヤってるので地雷注意です。
私的には櫓木との間に愛は無かったのでセーフでした。

3

ストーリーがすごく良い…!

BLにはエロを求める派なので、エロエロという評価で購入したのですが(笑)、これはエロも良いけどそれ以上にストーリーがすごくよかったです!!
エロエロって正直内容がうすいものが多いのですが、この作品は両方ともすごくバランス良く描かれている印象でした。

絵もほんとうに綺麗ですが、他の方も書いてらっしゃるように綺麗だけではなくて、人間味が感じられる絵なんです。不思議です…

迷ってらっしゃる方はぜひ読んでいただきたいです!

5

だからBLはやめられない!

買ってよかった(T^T)
ちるちるのサイトでトップを走っていて気になったことが購入のきっかけ。
TS〇T〇YAでもAm〇zonでも品切れで、期待が高まる高まる!!!
なんとか手に入れられて、、これは、、まさに噂にたがわぬ「神」さでした!


オラオラ系ヤクザな辰之と可愛い系保育士なのぞみ、、まさかののぞみ攻。
最初はどうかな?と思いましたが、、あり、、、これはめっちゃあり!!!!!
辰之も最初はオラオラしてますが、のぞみと出会い、だんだん、それも猛スピードで可愛く変身していきます!!!!!

この話をすっごく見ごたえのあるいい作品にしてくれた存在を忘れてはいけません!!!それは櫓木という人物!!!!
他者様の作品でもNTR的な展開はよく目にしますが、私が読んだほとんどの場合寝取られる寸前で助けが入ります。それもそれでとてもいいのですが、ちょっと物足りないwwこの櫓木とのエピソードでは辰之の父に好意を抱き辰之にその面影を重ねる櫓木がいろいろあって辰之に自分の身体を差し出すよう要求します。最中に電話しているのに気づかないのぞみ。あ!!けど最後にはちゃんとかっこよく助け続きに来ますのでご安心を!(笑)

終始一貫して萌えました!!!!ただ単にエッチしてるだけという訳ではなくストーリー性もあるし、絵も繊細で綺麗です!!!これぞBL作品のいいところの宝庫って感じの作品でした(*´˘`*)♡やっぱりBLは最高です!!!それを再確認できた気がします!!
スカーレット・ベリ子先生の大ファンになっちゃいました!!!

もし購入を迷われてる方がいたら、ぜひお手にとってみてください!

5

迷わず読むべき作品

「みのりの手」のスピンオフ作品とのことですが、自分は「四代目~」を先に読みました。
その後、「みのりの手」も読みましたが、別に読んでなくても全く支障ないと思います。
敢えて言うのならば、「四代目~」の主人公・辰之は、みのり先生という整体師に片思いしていたが、あっさりフラれた……という事実だけ知っておけば良いかなと。
私も事前情報はそれだけでしたが、なんの違和感もなく楽しめました。

まず、イラストの美しさが圧倒的です。
こんなに綺麗なのに、どこか味があって、素っ気なさを感じない。
綺麗過ぎる絵は、冷めていてアッサリしているという印象を受ける時もあるんですが、ベリ子先生の絵は、コミカルで可愛くもあり、繊細でもあり、美しい!ただ眺めているだけでも目の保養になります。

また、主人公の辰之の性格が良い。
男前で、強くて、人情がある。男らしい受けがお好きな方なら、きっと辰之にハマるはず。
わんこ攻め大好きな私には、綺麗な顔した美人攻めが、「好き好き」言いながら、時に泣きながら迫ってくる姿にも最高に萌えました。
いかにも受けっぽい攻め×攻めっぽい受けのカップルがお好きな、続き私のような方には堪らないと思います。

ストーリーには切なさや深さを含みつつ、決して無理のない話運び。
そして過激な、けれどしつこすぎないエロも。
全体として見てもバランスの良い作品ではないかと思います。
一瞬でベリ子先生のファンになってしまいました。

迷っている方は是非ともご覧下さい。

6

あちらとこちら

同時刊行の『みのりの手』のいわば裏話。
本作をメインで考える事が出来るかと
仮定はしてみましたが、そうなると少しばかり
パンチが足りない。
そうなったらむしろ関係性が限りなく
薄まっていた方がすっきりと読めるでしょう。
素直じゃない続編、とでも位置付けるべきなのかも。

で、描かれている人はメインにしても狂言回しにしても
それぞれそれなりに男です。
他の性に置き換えて描こうとしても臭みが出てしまって
多分無理でしょう。
男の表と裏をきちんと描く際の小道具として、
巧みな肉体描写はとても雄弁です。
だからたまに混じる素の吐露がより一層活きてくるのです。

4

神萌え!!!!!!!!!

萌えってこういう感情だった!!!ってなった作品ですw
強気受けはとても好きなのに最近あまり明るく萌える強気受けに
出会えてなくて(暗いのとかならあったんですけど)
久しぶりに気兼ねなく萌えました~~~( ´///`)

第三者との絡みが地雷な人は気を付けないといけないけど
そうじゃない強気受けの人には読んでもらいたい・・・!
受けがすごく男前なのにちゃんと受け!
もう理想の受けと言っても過言じゃないです(`・ω・´)
絵もすごくキレイでネットで連載してたって知って
びっくりしました!ネットのクオリティじゃない!

最近読んだ中では断トツでおススメなBLです!!><

2

うまーw

大満足です(*´Д`)ハァハァ
近くの書店にどーしてもなくて、取り寄せまでして買ってしまったこの作品。
なんてったって表紙がイイよね!!!!
四代目!私はあなたにハァハァですww←気持ち悪い;

「みのりの手」を先に読ませていただいたのですが
個人的には、おつきの人とくっつくのかなとか想像してたんですが
そうでもなかったですねw
なんだかんだでエロエロメロメロされてしまう受が可愛い。
脅されて、他の男のところに身体を明け渡しにノコノコいっちゃうわけですが
これね、ちゃんと何回も他の男に犯されている描写があるのが素晴らしいと思うのです。
対外他の男に強姦されたりとか、アレコレされるの割愛されているものが
多いのですが、後に録画されたビデオまで再生されちゃうとか。
萌えた!!!←拡大文字
見た目のヴィジュアルだけでもおいしいのですがそういう意味でも
ぞんぶんにおいしい一冊でした。
身体のデッサンの本を出されてるのも納得の
身体のライン綺麗でしたね。それだけでも見る価値ありかなと思います。
うまーw

3

櫓木の過去編読みたいです。

あっ、もしかして「みのりの手」を先に読んだ方が良かったのかな?

それはさておき辰之は馬鹿なのか素直なのか
いいように動かされてますよね…(^^;)
だけど凄く男らしい! 
望との過去から今現在の話も凄くよかったんですが、
よかったんですが、櫓木が出てきてからというもの、
そちらの方にばかり気を取られてしまいました。 
とても嫌な野郎なんですが、
辰之の父親にかなりの執着を持っているようです。 
その父親に似てきた辰之を罠にはめて無理やり抱いてるんですが
やっぱり父親を見てるんですよね。 

過去に2人がどういう関係だったのか
正直、息子よりも凄く気になったのでした!!!

3

えっ? あなた、受けですか❔❔

とにかく、意外!

受と思っていた方が、攻めなんだよ!
見た目、弱そうなのに。
どう見ても、攻めが受けだったよ。

ダサダサが、実は……だったり。
歳の差、有りで縛られだり〜
萌え、てんこ盛り!
H の、シーンが多い!
そして、とても綺麗に書き込んでいて表情なんて萌えMaxだよ

2

目キラキラの攻め様

「みのりの手」にて、しょっぱないいようにされていた
ツリ目の方が今作品、受け様で登場のスピンオフ作品でした!

キラキラ目の可愛らしくてワンコ的な攻め様ですが
筋肉もあって、受け様を助けに行く時なんかは凄かったです!
対して受け様はツリ目の強面くんですが
実はけっこう可愛らしい人で、攻め様を受け止めてくれるシーンは
エロかったwwww

2人の間をいいようにかき回してくれるおっさんが出てきますが
いい仕事してくれました!
受け様をやっちゃうわけですが、いい仕事してくれてます!

お互いがつらい過去から乗り越えようと
もがいていていて
苦しくなるところもありますが
何とか乗り越えられているようでよかったです!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ