おこさまボックス

okosama box

おこさまボックス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神22
  • 萌×211
  • 萌10
  • 中立6
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
190
評価数
50件
平均
3.9 / 5
神率
44%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784758074896

あらすじ

高校時代の同級生・本田の恋愛相談を聞きながら
川崎は、幼馴染の藤田のことを思い出していた――。
川崎は小学生の頃から藤田のことが好きだった。
しかし、関係が崩れることを恐れ、気持ちを伝えることはせずにいた。
高校で初めての彼女ができたと浮かれる藤田を見た川崎は傷つき、苛立ちを覚える。
だがある夜、彼女にフラれたと泣く藤田を見た川崎は
衝動的に藤田を押し倒し――

面倒見の良いクールなイケメン×寂しがり屋で純情なビッチの痛切ラブ!
描き下ろし盛りだくさんで登場★

表題作おこさまボックス

川崎 斎 / 高校生→大学生
藤田 翔 / 高校生→フリーター

評価・レビューする

レビュー投稿数5

切なさが良い。

前作の「おこさまスター」が好きな絵柄でしたので、「おこさまボックス」も続けて購入しました。
おこさまスターの2人とともに、これまた自分の気持ちに素直になれない恋愛をしている2人のお話です。

お話の展開としては、前向きに相手にアタックしようとするおこさまスターとは反対で、相手を思うあまり消極的になってしまう姿が描かれています。
幼馴染なのに、相手のことをわかっているつもりで理解しきれていないもどかしさが痛切に感じられ、思わず読みながら2人の幸せを願ってしまうような作品です。

なんといっても主人公2人がかわいくてかっこいいです。
藤田の小動物のようなルックスも中身も、大切に大切に愛してあげたくなるような可愛らしさで、川崎がハマったのも無理はないと思います。
そして川崎の男らしく冷静な性格もイケメンなルックスも本当にかっこいいです。
そんな性格だからこそ藤田を思うあまり自分の気持ちを押しとどめてしまってこんなねじれた関係になってしまうのですが、それを2人で乗り越えていく、というところがこの本のメインであり、心に響く場面となっています。

何度でも読み返したくなるよう続きな、そんな作品です。

1

もどかしい!

前作の「おこさまスター」がとても好きで手に取りました。
前作の主人公二人も見ることが出来て良かったです。
今作なんですが、読みながらとにかく川崎も藤田も素直になって!!!自分の気持ちを言葉にしよう!!!と思ってしまいました(笑)
ずっと両想いなんですが、くっつくまでに随分遠回りをしてしまいます。
そこがドキドキして応援したくなるんですが、どうにもいじらしい!
最後は自分の気持ちをお互い伝えて、ハッピーエンドでよかったです。
いじらしい恋が読みたい方へおすすめです。

1

結局みんなピュアすぎるだろ!

あれ?これは、よいこにはけっこう刺激が強いんじゃ…⁉︎笑
前作、「おこさまスター」とはうって変わって、やることしっかりやっちゃってる2人のお話。
私はこちらの方が好きかも!前作では完全モブだった2人…
アレ⁉︎こんなに、カッコ良くて可愛い2人だったのぉ〜 ⁉︎

小学生の時からの幼馴染、川崎と藤田。
川崎はずーっと藤田のことが好き。そんなこと、藤田は露知らず。
言ったら友達じゃいられなくなる、だから川崎は想いをずっと胸に隠して。けど、藤田が彼女に振られた夜、一線を越えてしまった2人。それ以来、友人でありながら、身体だけを重ね合う関係が始まって…。

本当は両思いなのにお互い自信がなくて、伝える勇気もなくて、あくまでセフレですよ、いつ別れたって平気ですよ、みたいなフリしてる。結局気持ちはすれ違って、高校卒業とともに会わなくなってしまって…。

でもその後も、お互いめっちゃお互いのこと想い続けてるんですよ!もうじれったいったら〜!

再会したら再会したで、昔のこと思い出してまた悩んで苦しい。
また会えて、また触れることができて嬉しいはずなのに、お互いの 気持ちを続き誤解したままで。
あぁ〜なんてもどかしい2人なんだぁぁ!!

しかしここで良い仕事するのが本田!正直、彼がいなかったらこの2人、完全に、両思いでありながら消滅していたんじゃ…?みたいな。笑

散々遠回りして、やっと気持ちを言い合えた2人。
川崎が藤田をギュッと抱き寄せて、ごめんな、って謝って、”好き”とキスの雨。うう!キュンキュンする‼︎

からのお風呂エッチ。もうとろっとろよ!
川崎はかっこ良くて、藤田は可愛いのよぉー!!
川崎の言葉のひとつひとつから、藤田のことが好きで堪らないって伝わってくる。藤田の表情すべてから、川崎のこと大好きだって感じられる。
こっちが照れちゃうくらいですよ//▽//笑

帯には、藤田は寂しがり屋ビッチ、となっていますが、全然ビッチではありません!ちょっとだけ天邪鬼な純情ピュアなアホ系です!笑

そしてちょくちょく出てくる男子学生的なノリがかなり面白くて大好きです!笑
あと、藤田と何か問題あるたび死ぬほど落ち込んでる川崎くんw
ここまで落ち込めるほど好きな相手に出会えたってだけで、もうすごい幸せなことだと思うんだぁ〜…。

それから、作者さま。カバー裏がいちいち面白いんです!!笑

え?顔がキモい?わかってます。

自分も使ってみたくなります(笑)


2

今度こそ、その手を離さないで。

前作「おこさまスター」がとても面白いコメディ(?)だったので、
スピンオフのこちらも購入してみました。
表紙を見て、「これもコメディかな?」と思ったのですが、
これがなかなか裏切られます。
「おこさまスター」の和気藹々としたクラスのグループの裏で、
あんなことやこんなことが起こっていたなんてー!!って感じです。

不器用な2人が何年もかけて恋をこじらせまくる話です。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

《CP》
意地悪だけど一途なイケメン高校生→大学生 × 人懐っこい幼馴染

「おこさまスター」のメインで恋人同士となった2人は、
既に付き合っていて、親しい人たちには
それを軽いノリでカミングアウトしている感じです。
それに対して「おこさまボックス」の2人は幼馴染で、
やることやっときながら、付き合っていません。
攻めはずっと受けに、幼い頃から恋していましたが、
関係を崩したくないために、自分の気持を受けに打ち明けませんでした。

ここら辺だけ見ると「ああ、一途で健気な攻めなんだなぁ」とか
思わなくもないのですが、その後が駄目です。
セフレ続きのようにやることやるようになってからが、もうダメダメですね。

受けに彼女ができ、攻めは苛立ちます。
その後、受けが彼女にフラレてしまった時、
攻めは受けを押し倒してしまって……。
それから関係が始まるのですが、攻めはクールなフリして
結構酷いです。
受けの弱みに付け込んで、関係を続けて……。
受けが可哀想!!(><)

高校を卒業したら、今の関係なんて終わるとさらっと言ってのける受け。
攻めは、受けが新しく彼女を欲しがっているのだと思い、
高校を卒業してから、連絡を取りませんでした。

ああ、もう、ふたりとも!!>< 
ここでどっちかが素直になっていれば、
道は違ったかもしれないのに……!!

なんとここから4年間も連絡を断つ2人。
うああああっっ! こんなにも溝が深くなってしまうなんて!!
幼馴染なんだろー!! ちゃんとずっと仲良しでいてよー><
ホント、不器用な2人です。
見てて胸が痛くなります。

4年ぶりに再会した時、ついに受けの気持ちが爆発します。

「俺達の関係が終わった…!? 始まってすらないじゃん…!
 どれだけお前に会いたかったか」

回り道して、更に回り道をして、やっとお互いに
言いたいことを言い合って、気持ちの通じた2人。

最後のお風呂エッチは、受けがメロメロになるほど可愛かったです☆

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

すれ違いの連続で、しかも期待したコメディではありませんでした。
ふたりとも深刻に考えすぎてこじらせすぎて、
物語が暗くなりすぎた気がします。
でも「その不器用さが良い」という人もきっといると思います!

私としては、前作「おこさまスター」のノリの方が好みだったかなあ。
この物語も心地よいコメディになる要素があっただけに、
そこだけはちょこっと残念。

5

お友達カップル編キタ!+゚。*(*´∀`*)*。゚+

※念のためご注意。受けがビッチとありますが、ビッチらしい表現は入ってません※

前作 おこさまスターで[実は出来てる]と小さく書かれてたお友達カップルのお話です。モブ顔で出演し本田君の相談に乗ってたあの2人です。

スピンオフですが単体でも問題なく楽しめるとおもいます。。。が!!!
合わせて読むとより一層楽しめます+゚。*(*´∀`*)*。゚+
おこさまスターで本田×海堂がグルグル悩んでピュアッピュアな青春の追いかけっこをしてた裏側で、川崎×藤田たちはそんなことをしてたのかっっ(///Д///)!!という対比が見所の一つです。
個人的にはその辺りのシーンが萌爆上げでした。

切なさはこちらの方が上かな?高校生らしい爽やかで前向きなストレートさのあったスターCPとは違って、こちらは距離は近いのに拗らせてすれ違ってどんどん遠のいていく両片思いの面倒な2人。すれ違いの切なさにドップリ浸る事に・・・ヽ(;▽;)ノ
雑誌で連載されてたのに少し加筆があって より切なくなっております。

書き下ろしの後日談ではおこさまスターCPのラブな姿も・・・(感涙)
隅から隅までニヤ続きニヤキュンキュンが止まりませんっ(///Д///)〜3
雑誌連載時から繰り返し読みまくってるのに萌え度が下がらない大好きな作品なので、文句なしの神です+゚。*(*´∀`*)*。゚+


ーーーーーー(以下ネタバレあるのでご注意です)ーーーーーー


サクッと言えば【ヤることはヤッテるのに肝心な事は言わず拗らせてすれ違って別れた両片思い2人の再会ラブ】なお話です。

冒頭、おこさまスターCPの馴れ初めが川崎目線で語られます。
で!!スターの2人がピュアッピュアモジモジしてる裏側で、川崎×藤田はエッチばかりしてたーーーーーー!!!っ(///Д///)(叫)
前作で本田くんの相談にのった日の裏側も入ってましてね。
「今日の本田、ビックリしたねー」「まさかアイツが」って話しながらエッチしてるシチュ、萌え禿げて床ローリングです。tnkは一切出ないがシチュやポーズの見せ方がエロい!!( ´艸`) ♡

高校時代の回想は、言い訳つくってなし崩し的に始まる展開にジタバタゴロゴロヾ(⌒(_>∀<)_=333 1話目だけで萌えMAXでテンション上がりっぱなしです。

そんな2人ですが、体は繋げてるのに肝心な言葉は口にしないまま・・・。
お互いが「セフレぐらいにしか思われてない」と勘違いしあっちゃいます。
そして卒業式に藤田からの決別をすんなり受け入れた川崎。

それから4年、2人は一切会わないまま。川崎は藤田への想いを募らせ思い出しては、あの時体を繋げるべきじゃなかったと後悔しています。
ある日 帰宅すると、家の前に立っていたのは会いたくて焦がれてた藤田!
少しギクシャクしつつも平静を装い普通の友達同士の会話をしますが、川崎の内心は動揺と胸の痛さでイッパイ。

どうして藤田が現れたのか。
どうしたいのか、どうして欲しいのか。
離したくない気持ちと離さなきゃいけない現実と。
胸の痛さに自分の気持ちを再確認して
「まだ馬鹿みたいに 好きなんだ」

この再会後の川崎のモノローグが切なくて切なくて(つД`)ノ
見てる方も胸がキリキリでツライですヽ(;▽;)ノ

胸の痛みを抱えながら自己完結して「もう会わない」と言った川崎に、今度は藤田が追いかけます。そこでずっと川崎目線だった2人の関係が藤田目線になるのですが、あら不思議。川崎の足りなさが目立つ目立つw
「川崎の言葉足りてねー!こりゃ勘違いするわー!」なのです(つД`)ノ

誤解が解けた後は・・・( ´艸`) ムフフ♡
おこさまスターのラストで「え!?」ってなった方。今度は安心してください♡今回のラストはあんなにスパーン!ではないので期待okです(・∀・)b

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そしてそして描き下ろしもメチャメチャ萌えが詰まってます!
攻め2人のデレがね!!(=゚ω゚)ノ {受け'sが可愛いのは分かったyo!

スターCPとボックスCPで4人揃って飲み会中。
色々迷惑かけてすまなかったと謝るボックスCPに「???」顔の海堂くん。初めて経緯を知り「ヤるとこヤッテたのに〜」のワードで顔を真っ赤にして真っ赤にして真っ赤にして・・・かーわーいーいーーーーーー!!!(叫)
声を大にして叫びたい。いや、叫んだ。どこまでピュアやの・・・(萌)
ボックスCPの後日談なのに海堂くんが全て持っていく可愛さです!!

川崎&藤田「海堂って癒しだよな」
本田「やらねぇぞ!?ヽ(Φ言Φ#)ノ」

このやりとりも萌える。このページの萌え破壊力が凄まじい(^///^)

次回はおこさまスターの続編!!!o(≧▽≦)o
今作でチラチラ本田×海堂出て来て何やら揉めてたのですが、詳しくは触れてないので(今回のメインは川崎と藤田のお話ですし)、次回作でクロスオーバーして明らかになるのだと思います。
まだまだおこさまシリーズ楽しませてくれるようで嬉しすぎる!

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ