ROUGE

rouge

ROUGE
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神30
  • 萌×223
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない6

83

レビュー数
13
得点
280
評価数
73件
平均
3.9 / 5
神率
41.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784796408646

あらすじ

血に濡れた唇がまるでルージュのようで――。
転校生の長門は腕っぷしが強くて曲がったことが大嫌い。
学校で会った美人な藍を女だと思いこんだ長門は、藍に殴られ気絶させられてしまう。
それ以来、藍のことが気になる長門だったが、お前には興味ないと藍は言い放つ。
学校を仕切る派閥のトップの男しか見ていない藍にいらついた長門は、俺だけ見てろよと藍を挑発して――?
後日談を大量描きおろしで収録。

表題作ROUGE

長門梓 高校2年生
加賀藍 高校2年生

同時収録作品愛は出番を待っている

龍太 坊主
榛名 ショップ店員

評価・レビューする

レビュー投稿数13

ごめんなさい

表紙がきれいで気になっていた作品。評価も高かったので手に取ってみました。

うん、ごめんなさい。ツボに入らなかったなあ…。

高校で、しかも校内で、一人の男の子を性的にいたぶるとか、タバコを吸うとか、入れ墨入れてるとか、あり得なくない?
と思ってしまった。こんな高校あるんだろうか…。

でもまあそれはいい。そういう設定だと思って読み進めましたが。

藍がなぜ長門くんに心を開いたのかがよくわかんなかった。
藍にとっての絶対的な王であった大和ではなく、なぜ長門くんだったのか。

そしてなぜ、いつ、長門くんは藍に惚れたのか。友達という感情でもよかったと思うんだよね。それが恋愛感情に育って行った、その過程が分かりづらい。

二人の、相手への恋愛感情が育って行った過程がよくわかんないので、感情移入できなかった。

そこに加えて、大和たちが卒業するときに藍にかけるセリフとか、最後に粋がってる1年生に長門くんが言ったセリフとかニイッって笑うシーンとか。なんかもう「どう?かっこいいでしょ?」感がすごくて萎えちゃった…。

いや、ごめんなさい。
こういう雰囲気がお好続ききな方がいらっしゃるのはよくわかるのですが、ただひたすら「趣味じゃない」なんです。

あと、藍が長門くんとイタすときの乙女感半端ないのもちょっと萎えた…。
美人さんが実は強くてカッコいい、というのに萌えるんであって、あれじゃ女の子と変わんないなあ、と。

タイトルも意味不明だった。
何で『Rouge』なのかな。
藍の過去を鑑みたときに、それは禁句じゃないかと思うのだけれど。

後半の『愛は出番を待っている』
こっちのほうが好きだったかも。
恋人がいるのに浮気ばかり繰り返す龍太(お坊さん)。
そんな龍太に愛想をつかしながらも、どうしても離れられない榛名。
龍太の素敵さが分からないので、榛名の気持ちは理解できないのだけれど、でも、どうしようもない男に惚れちゃった榛名くんが健気で可愛かった。

絵柄はきれいだし、設定も嫌いじゃない。
けど、なんというか「カッコいい男たち」がどうだ!とばかりに描かれていてちょっと萎えちゃった。

ほかの腐姐さまからの評価は高いし、人気の作品なのだとは思うのですが、ごめんなさい、こういう感想もあるってことで。

1

たぶん色気で

何度も読んでしまう作品。
受けの藍がツンですが魅力的で、色気あります。攻の長門が女かと思うほどの端正な顔立ちながら、ケンカは強い。
藍には辛い過去がありますが、それごと全部受け止める力量がある長門も素敵で。

たぶん、全体的に登場人物に色気を感じるから何度も読んでしまうのかなと思います。
色気がある男性大好きなので。

書き下ろしの2人が結ばれるお話はとてもよかったです。このお話があるのとないのとでは、個人的に大違いでした。

同時収録作は、受けがかわいらしかった。攻めの坊主は色気不足で残念でしたが、お話としては悪くなかったと思います。

1

キスシーンが美しい

美人な受の子、ヤンキーストーリーがお好きな方には是非おすすめしたい作品です。高校生にしかない尊さもろさ危なっかしさが詰まった作品でした。
とにかくキスシーンが美しい(///∇///)先生でした。
制服もキャラクター達それぞれにこだわりがあって、読んでいて楽しかったです!
Hシーンは、幸せな気持ちになる丁寧で優しいシーンで、萌えました。受の藍が気持ちを開いていく姿がとにかくかわいい(〃ω〃)買って良かった!

0

男前さに、泣けるBLです。

あ〜どうしよう。わたしすっごい好きですこれ…。
泣けます…。

この作品は予備知識なしで読んだほうが、楽しめるし衝撃も大きいと思うので、まだ読んでないけどこれから読もうと思っている方がもしこのレビュー読んで下さっていたら、ここまでにしておいてくださいね!

心に響いた漫画って、やっぱり語りたいので、ここから先はネタバレしまくりのレビューになります…。笑


超喧嘩強いけど毎朝家の手伝いしてくる真面目ヤンキー長門×
喧嘩強いけど空気読めない、寡黙でミステリアスな美人ヤンキー藍

ヤンキー蔓延る高校に転入して早々、2年のトップに立った長門。
けれど、藍の拳一発でKOされてしまう。油断していたとはいえ、自分を負かした藍のことが気になって仕方ない長門は、来る日も来る日も藍に勝負を申し込み続ける。
けれど藍は、学校の頂点に君臨する男・大和(ヤクザの組長の息子)のことしか見ていなくて…。

藍は大和に、地獄の様な状況から救われた過去があり、藍にとって大和は絶対にして唯一の王様。
そんな藍を、何とかして振り向かせたい長門は…。


もうね。藍が可愛いんですよ…。続き
大和さんのこと心底崇拝してて、大和さんが全て。そんな藍の前に突然現れた長門。周りの人間とは違って自分に構い続ける長門にいつしか少しずつほだされていって。ほとんど表情が変わらない藍が、長門によって、驚いたりムッとしたりしてるのが可愛くて。

藍の過去はかなり壮絶で悲惨。小さい頃から家庭でも辛い目にばかりあってきたみたいで、高校では、その美貌と生き下手なせいで、学校仕切っていた3年生達から強姦されたあげく性玩具にされてしまって。
そんな地獄から救い出してくれた大和は、藍にとっては本当に神様。命だって、捧げられる。

けど、長門と出会って、藍の人生はまた変わったんですよね…。
大和は、藍を地獄から救い出して、そのまま側においてくれた。
けどそれじゃあ、藍はただその場所に居ることしかできなくて、ただ神様を見つめていることしかできなくて。
でも、長門は、そんな藍を引っ張りあげてくれた。光のあたる場所まで。自分の隣へ。

誰かの背中を見つめて、追いかけて、命を捧げるんじゃなくて、
同じ場所に立って、同じ歩幅で歩いて、支えあっていく。
そんな人生を、長門は藍にくれた。

長門が現れなかったら、大和はきっと藍を極道の世界に一緒に連れて行っていたでしょう。そうなってたら藍は幸せにはなれなかったんじゃないかなって思います。
でも、長門と一緒なら、幸せになれる。そんな風に思わせてくれます。

しかし、私がなんと言っても衝撃だったのは、長門ですよ!
挑発的な態度で煽る藍に、顔を引き寄せ迫る長門。これキスするな…!そう思うじゃないですか。お互いの顔ほぼ0距離ですもん!藍、長門のことめっちゃ煽ってましたもん!
なのに、長門は、歯をくいしばって、寸前で止めて。
「欲しいけど 奪いたいんじゃねえんだよ」
そう小さく呟いて、去っていくんですよ。
…こんな攻め、なかなかいなくないですか⁉︎だって大体の攻めって、同意の上じゃなくても、受けの無自覚フェロモンに理性ヤられて強引にイっちゃう!っていうのがパターンじゃないですか。いや、私そういうパターン大好きですよ?大好きですけども!
藍の過去の傷を知っているから、同じようなことはしたくない。傷ついてほしくない。だから散々煽られて寸前までいったのに、堪えた長門が…本当に男前で…。アンタは凄いよ‼︎

そして大和さんがまた良い男なんですよ…。
正直、途中まで、この人は一体、良い人なのか本当は悪い人なのか…本質が見抜けない…と、不安を抱えておりました。藍のことも、ちゃんと思ってくれているのか。利用してるだけなのか。
けど、卒業式の日。自分の言うこと何でも聞けるか?って言う問いに、涙こぼしながら、できます、って言う藍にかけた言葉。
泣けました…私まで涙こぼれてきました…。
何でもない日常が、藍にとってはどれだけ特別なものか。
「お前は極道になるな」
去り際に、3年生の皆さんが藍に微笑みかけて。藍の、「今まで、全部、ありがとうございました」…の言葉に、全て詰まっている気がします。

そして書き下ろしでは、長門と藍がしっかり結ばれます(愛)
藍が可愛すぎます!そして色っぽいです。始めはずっと無表情だった藍が、事が進むにつれて段々ほっぺ赤くして目トロンとさせて…
涙浮かべながらの「すき」はやばいですよ〜‼︎
俺はいかなくていい、って言う藍に、それじゃセックスじゃねえよ、って、優しく藍をイかせる長門…男前すぎます…惚。

長門とキスしながら、ほろほろって涙こぼして、誰かにこんなに大事にされたことなかったよ、って思う藍。こっちまで泣けてきます…。
藍が幸せになれますように…。でも長門なら絶対に幸せにしてくれるような気がします(笑)


『愛は出番を待っている』
『愛の出番がやってくる』
生臭坊主・龍太×品行方正ゲイ・榛名のお話。
他の方々のレビューを拝見した限りだとあまり評判がよろしくないみたいですが、私は普通に好きです。
付き合ってるのに、攻めが女と浮気ってなかなか斬新だなー(笑)と思いつつ、結局攻めの中では浮気したとしても、受けが1番であるなら。ヨシ…!と思ってしまいます。笑
そもそも龍太はノンケで女大好きな遊び人で。そんなのが、男である榛名にハマっちゃうなんて。浮気しちゃって、でも榛名に捨てられるのが怖くて絶対嫌で、必死になっちゃうんだから。そういうシチュって、萌えませんか…。私は萌えました…。笑
当て馬の塩顏イケメン・香取くんにはもっと頑張ってもらって、龍太に危機感を徹底的に植えつけてほしいですね!笑
最後、龍太から並べられる榛名への愛の台詞の数々。たまらんですw


それにしても…。『ROUGE』。とても良い作品に出会えました。
長門と藍のその先はもちろん、大和さんのお話も読みたい…
続編出ないかな♡

4

美人が好きならいいかも

内容しっかりしてるのが好きなひとは、物足りない
スピーディに話がすすむから

高校生ヤンキーカップルとノンケとゲイの話二本立て

高校生ヤンキーカップルの流れは、王道ぽいです
受けちゃんにそっち系の噂(本当の事)がある
前の学校のトップにまわされてて、今の学校の
トップに助けられ、その人の為なら死んでもいいと思ってる。

攻めちゃんは、噂とかどうでもいいし、トップの為ならっていう受けちゃんが気にくわない、自分の物にしたいけど、無理やりはしたくないって感じ。

受けちゃんは、攻めちゃんが自分の事大切にしてくれるから、だんだん惹かれあってゴールインって感じでした

ノンケとゲイカップルの流れは、
浮気してるノンケ(お坊さん)の所に遭遇して、
もう、やめようとか思いながらもやっぱり好きで
っていう葛藤とか
なかなか、一緒に住もうとか重いかな?とか悶々するゲイ
って話です

2

ルージュは良かった

表題作はとても面白かったです。

『ROUGE』
やんちゃなDKの恋模様。喧嘩が強い長門は、恋愛に関しては初心で実はバカ真面目。一方の藍はその容姿と喧嘩の強さゆえに、悲しい過去があった。相反する二人が徐々に近づいていく様がピュアで可愛かったです。大和は藍を手放さないかと思いましたが、あっさり長門に託してカタギの世界に戻してあげてましたね。大和もええ男や。
藍の家庭の事情とかも複雑そうなので、それも気になりました。

『愛は出番を待っている』
ノンケで女好きな生臭坊主と品行方正なゲイの話。
身体の関係から始まる恋愛に対しては抵抗ないし、坊主の話も好きなのですが、これはちょっと…好みじゃありませんでした。榛名を好きな気持ちは本当だと思いますが、この坊主は絶対また浮気するだろうし、最悪いつかは女の元へ行きそうな気がしなくもないです。私的に。

表題作は萌×2ですが、坊主の話がしゅみじゃない寄りの中立だったので萌にしました。

4

ルージュ



面白かった!
絵がちょっと雑かなーって思うけど。

藍が可愛かった。拗ねてる表情とか可愛かった。

新一年もこれからどうなるのか気になる。
大和さんがヤクザになってからの話も気になる。

そんなにごちゃごちゃしてなくて読みやすかったってのもある。
長門中心であっちもこっちも盛り込んでないから良かったんだと思う。
キャラが良いから新一年と大和さんのその後は気になるけど。


もう1つの話しも好きだわ。
他の作品も読んでみたいと思った。

ルージュは雑かなと思ったけどもう1つの話しはそうでもなかった。

1

男前ヤンキー×美人ヤンキー

不良高校に転校してきた長門(攻め)は、その学校を仕切っている3年生・大和の取り巻きである藍(受け)を、初対面で女と間違えた挙句殴り倒される。女と間違えて油断していたとはいえ、一撃でやられたことがショックで、以来藍に何度も勝負を挑む長門だったが…。


いや、これは面白かったです。ヤンキーな高校生ものなんですが、攻めも受けもとてもよかった。単純だけど腕っ節が強く、男前な攻め。凄絶な過去から救ってくれた大和に心酔しながらも、自分をふりまわす攻めにだんだん惹かれていく受け。受けが心酔している一学年上の大和がまたいい男で、こちらの話もまた読みたいなと思ったりしました。

受けのかわいそうな過去、そこから救ってくれた神のような大和、そして強制的に明るいところへ引っ張り出してくれるような攻めに惹かれる一連の流れが、すごくドラマティックなのに淡々とした雰囲気で、不思議な読み心地でした。攻めは将来すごくいい男になりそうな気がします。魚屋さんになるのだろうか…気になる。


同時収録作が1点。ノンケの生臭坊主攻め、ゲイのショップ店長だか店員だかの受け。
こちらも面白かったです。しょっぱ続きなが女と浮気してる現場に受けが居合わせる、という萌えない展開でしたけど、攻めの一番は受けだというのがわかるし、浮気の代償はあったようだし、許せないほどのレベルではありませんでした。まあムカつくし萌えないのは確かですけど。
続編も入っていて、今度は受けに言い寄る男の出現に攻めが焦ってるのがザマアミロで、溜飲が下がりました。

評価としてはこちらが萌×2、表題作が神です。
絵がとても綺麗でした。クセの少ない緒川千世さんという感じの絵柄です。

4

脇キャラ惚れ♡

ヤンキー抗争モノが好きなので、
スタイリッシュな絵柄に定評がある桂さんの新作で読めることを
とても楽しみにしていました!

長門は転校早々、2年のトップを仕留めるも、
女の子と勘違いした藍に顔面パンチを食らい気絶させられる。
その後長門は同級生から、藍についての過去の噂や
彼が信仰している学園トップの”大和さん”の存在を知る。
勝負を挑むも悉く相手にされず、
口を開けば”大和さん”な藍のことが気になる長門は
「俺だけ見てろよ」と言い放ち-

ストーリーに目新しさはないものの
スタイリッシュな絵柄で描かれた不良たちが魅力的。
藍が嫌がりながらも少しずつ、
長門を気にしていく様子もすごく良かった。特に
「欲しいけど 奪いたいんじゃねえんだよ」と言う長門に対し、
藍が熱い息をこぼし、想いを灯すシーンは必見です!

個人的に、大和さんのキャラがとても好みでした。
3年の大和さん(やくざの息子)は
2年の藍に同級の友達がひとりもいないことから、
真っ直ぐで腕っ節の強い長門に白羽の矢を立て
ふたりが近づくように仕向けます(半ば面白がりながら)。
最終続き的に、自分の卒業と共に藍を自身から巣立たせるところが
すごくスマートでカッコ良くて...(惚)
藍を自分から解放したというよりは、長門にバトンタッチした、
という印象を受けました。
重く辛い過去を持つ藍のことを考えて、
彼なりに藍を可愛がっていたことが窺がわれます。

描き下ろしの長門と藍の”ハジメテ”がまたすっごく良い♡
藍の初々しさと色っぽさがたまりません。
この色気は桂さんならでは、ですね。お見逃しなく♪

表題作の他にもうひとつ、坊主モノ(2編)が収録されていました。
こちら、攻めのお坊さんに魅力が感じられず...でしたが、
後半の塩顔男子の投入は良かったです。

評価は迷いましたが、
表題作は萌×2で、坊主モノは中立、間を取っての”萌”です。
次は、『花と純潔』(好き!)のコミックス化が待たれる桂さん。
益々期待しております♪

4

どちらも好きでした

私はどっちも好きでした❗
まずは表題作、藍の過去が痛ましすぎて読んでいて辛い部分もありましたが、大和さんに助けられたり、長門に愛されたりと幸せな展開になっていったので結果オーライ

1

えがったー

表題作よかったです。 
表紙に引かれ手に取りました。
中の絵も表紙どおりで髪型等も含めスタイリッシュできれいでした。

長門が加賀を初見で女と見間違うのは
無理があるように思います "が"
加賀の眠そうな色気と長門の素直さで帳消しされます。

大和さんが 自分の卒業後を見越して
(このときから加賀の処遇は決めてた?)
加賀に2年のツレ作ってやろうとする
やくざとしては激甘すぎる 大人のやさしさに
アラサーの自分が恥ずかしくなる。

書き下ろしがさらによかった。
すっかり女の顔になってただただエロい。

長門が転校してこなかったら
高校に居場所がなく 大和さんも連れて行っただろうし、
ついていくしかなかっただろう。
加賀に長門が出来たことで安心して残していけたんですね。

最後の 分かった気の1年 に対するセリフもほれる。

この二人の続編をぜひみたいです!

B面の作品は良くなかったです。
受けは良い感じなのですが、
坊主の攻めは最悪でした。
(私自身が坊主に嫌悪感があるというのも。。。)
お参りですよ のような受けのお坊さ続きんは好きなのですが、
生臭さの攻め坊主は袈裟まで憎い感じです。

ROUGEで桂さんを知って他の作品を見ましたが、
これを超える作品はありませんでした。
2巻、3巻、、、と二人の続編をお願いします。

3

愛を知って表情豊かになっていく受けに萌え

片恋オペラが面白かった作者様の新刊ということで購入!
しかも大好きな高校生ヤンキー物!!
タイトルのルージュには受けの辛い過去が関係していて、どこか闇の雰囲気がありながらも、最後はラブで終わって良かったです。
最初は無表情だった受けが、攻めに感化されて段々と表情が豊かになって、最後のすき、のシーンはとっても可愛かったです!!
攻めの表情、髪型が他作品を彷彿とさせますが、私は大好きな絵柄です!!
とても綺麗でオシャレ感漂う作風です。
もう1つの坊主攻めのお話は、のっけから女性との浮気シーンから始まったため、説得力ゼロで、感情移入できませんでした。。
1冊表題作だったら良かったのになーと思いました。

6

生臭くない?ヤンキー抗争でした。

ヤンキー抗争が苦手なのですが、絵が好きな桂さん。今回も中性的な美人さんが出て来てドストライクでした。


ヤンキー抗争って本当にあるの??見たこと聞いたことないよ‼とあまりその世界観にハマれないので手を出さないのですが今作は抵抗がなく読めました。
手を出すシーンはあるけど、そこをクローズアップして書かれてないからだと思います。


受けの美人さんの過去は痛いもので読んでいて辛かったですが (レイプ、凌辱が苦手なので)そのことを踏まえて攻めが簡単に受けに手を出さなかったのが好感をもてました。何度も挑発されたりしたのに…よく耐えた!笑

冷めたような視線、態度なのに攻めと絡んでる時は年相応の可愛い顔になるのもきゅんときました!



同時収録はお坊さん×美人さんです。
こっちは表題作がシリアスに対しコメディ寄りでとってもテンポが良かったです。
2話入っているのですが、どちらとも最後の2ページの受けのモノローグが作品にピッタリで可愛い終わり方でした!幸せになってね〜とつい応援したくなるような…


桂さんのコメディで一冊まるっと読んでみたいなぁ、と思い続きました。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ