理想のアレ、探してます

risou no are sagasitemasu

理想のアレ、探してます
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  
ISBN
9784799730560

あらすじ

著名人やセレブの集う、エッチざんまいな秘密の仮面パーティーで、
理想の「アレ」に出会ってしまった実業家の神谷。
相性抜群の「アレ」の持ち主にもう一度この身をまかせて、思い切りエッチしたいっっ。
いつも一緒の無表情秘書・橘にも協力させ、身体が覚えてる「アレ」の持ち主探しが始まるが、
果たして彼の正体とは……!?

表題作理想のアレ、探してます

橘 秘書 他5名
神谷 千里 社長(総受け)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

面白いですよ。

題名通りの内容です。
セレブの極秘乱交パーティーで出会った一夜限りのアレを探すだけのストーリーです。そして1話目で「理想のアレ」の持ち主は予想がつくのでストーリーに期待する作品ではなく、その過程を楽しむ作品です。
王子様がシンデレラを探す為にガラスの靴を街中の女性に履かせた様に千里(ネコ)はヤりまくるわけですが、実に軽いノリ。明らかに違うアレでも「ま、経験しとくか」「とにかく挿れてみないと分からん」そしてその描写は実にアッサリしているのでヤりまくってる割に全然エロくないです。

ストーリーでもない。エロでもない。じゃあどこに焦点を当てているのかと言えば、そのバカバカしさです。明らかにタカツキ先生はそれを狙って描いています。(まぁ、そのくらい題名からして解るのですが…)ですから、この作品はBLギャグマンガとして評価するのが正しいかと思われます。

各話の冒頭で前回のあらすじマンガが1ページあります。あらすじと言っても毎回「アレ」を探してるだけなので内容は一緒なんですが…アメコミ風、浮世絵風、少女マンガ風、名作劇場風、植田まさし風、レゴ風と毎回工夫してくれてます。(いやーやっぱ続き絵巧いな~…。)楽しい演出です。
アホらしいのに真剣なキャラ達のギャップも楽しいし、絵の巧さも相まって楽しい。「バカなのに絵ーウマっ!」みたいな。台詞もボケもかなり飛ばしてくれてます。

でも…でも…なんか物足りないんですよね…。面白いのに…。
なんでだろ……って考えたけど…多分、ツッコミがないからだと思います。「ここ笑うトコだから!」って合図が少ないからボケがスルーされがちなんです。たとえば、千里のオフィスの机の中が「うま◯棒」で埋め尽くされてるのに何もイジられないとか…。勿体ないです。
タカツキ先生の作品で似たような作風の「奥さんの妄想的日常」がありますが「奥さん」の方が笑ったんですよね。全てのボケに全部ツッコんでたわけではないですが、奥クン本人や奥クンのペットのハリネズミ、隣人の横嶋クンがちょいちょいツッコんでくれてたんですよ。あとは明らかにギャグだと見て解る2等身キャラになったり…。この作品、エッチシーンあんまり力入れてないし、それで正解だと思うから、時々は2等身エッチとか、セリフだけエッチでも良かったんじゃないか?…とも思ったり…。

後半で出てきたイヤミなセキュリティロボ笑えた。もっと早く登場させて欲しかったなぁ…。
あとタカツキ作品で楽しい小道具、変な飲み物。
他作品では《ゴーヤ99,9%ジュース》《炭酸コーヒー》等。
今回は《炭酸冷やしあめ》でした。アホや…。(^_^;)

「千里、アホや~。」とツッコミながら読むと、楽しさupするかもしれません。

ギャグセンスは好きなので萌×2にしときます。(^-^)

1

どうしようもなくベタでくだんねぇ(爆笑)

タイトルで見た通りゲイの乱交PTで突かれた理想のアレを求めて変なスーツを着た実業家があちこちの候補?な男たちを食いあさるという、オチまで含め究極なまでにベタな話です。
しかも一話ごとに今までのあらすじを説明してくれる、というベタきわまりない事を毎回毎回変な画風で表してくるという実にしょーもない演出がされてます。
でも、不思議なことにこのベタさが3回目くらいになると苦笑となり、結局嫌にならずに読み切ってしまいました・・・
なに1つ筋の奇をてらわず、それでいて究極におかしい表現方法をちょいちょい使ってくる・・・もしかしたら鬼才かもしれません。

1

頭を使わず読めて面白かった

1冊丸ごと表題作でした。
秘密の仮面パーティで出会った理想の『アレ』の持ち主に出会う為に、秘書の橘にも協力させてパーティのリストを頼りに、『アレ』の持ち主候補と順に寝てみるけど‥
これは、ストーリーがあるのか無いのか解らない?兎に角理想の『アレ』を見つけるまで候補者と寝まくるだけ!単純というか、面白いというか‥絵柄がハッキリしていて綺麗で話も面白いのでエロエロなのにエロを感じませんでした。
話の流れ的に出てくる、図々しいくらいの御都合主義も意に介す事もなく笑えるだけ!(細かい部分も笑えました)2話目から各話の最初のページにある『前回までのご説明』の絵柄が毎回違って、浮世絵風だったり、背景が花が咲き乱れた少女漫画風だったり、四コマ漫画風(多分植田先生風)等とユニークでした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ