社長と猫もふライフ

shacho to nekomofu life

社長と猫もふライフ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784774729725

あらすじ

藤野佑斗は社長の氷室に憧れて証券会社に入ったものの、仕事についていけずにやめることになってしまった。落胆し帰途につこうとした佑斗は面接の時にしか会ったことがなかった氷室に最後の挨拶をしようとしたところ、とんとん拍子に氷室の家で猫のお世話係兼家事をすることになってしまった。喜んで仕事についた佑斗だったが猫のアヌビスは気難しく世話に悩むがそのぶん可愛さも増してきて―。

表題作社長と猫もふライフ

氷室将征 35歳 証券会社社長
藤野佑斗 22歳 攻めの会社を退職し無職

その他の収録作品

  • ワタワタちび猫ライフ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

タイトル通り

やり手社長に憧れて証券会社に就職したものの、性格的に仕事について行けずに半年で退職することになった佑斗(受け)。しかし退職の日、偶然出会った社長・氷室(攻め)に、次の就職先が決まっていないのなら自宅の猫の世話と家事をしてくれないか、と勧誘され…。


という、やり手社長×元社員のペットシッターのお話です。
猫がたくさん出てきて、それは可愛かったのですが、途中で「私は何を読んでるんだろう」と思いました。ペットエッセイか、猫の飼育書読んでる気分でした。
一応攻めも受けも存在しているのですが、ひたすら猫の様子、猫の世話のしかた、受けがネットで調べた猫の習性の描写が続くのです。延々それです。

それが多少なりともうんざりなのに加え、受けがちょいちょい性格悪い。いや、性格の悪い受けだという設定ならいいのです。でもいい子だという設定で、会社の仕事はできなかったけど家事や猫の世話はしっかりできる、猫に好かれるとっても心優しいキャラとして話が進んでいるのに、やたら厚かましかったり、ブラックだったり。
たとえば猫1匹の世話と家事少々で月30万もらってて、それを「猫大好き、一生懸命お世話し続きよう」「この仕事でこんなにもらうなんて多すぎる」と本気で思っているのに、途中で世話をする猫が1匹増えて、それが長毛種だと聞いたらブラッシングが面倒だなと思ったりするところ。他に猫の爪切りをしたあと、爪を切られた猫が怒り倒してどっかに逃げ込んだのですが、受けはそれを大変心配していたのに、攻めから「外でご飯食べないか」って電話がかかってきたら猫のことはまあいいか、とホイホイ出かけるところ。まだ雇い主とペットシッターの関係なのに、子猫が増えたら攻めのネーミングにダメ出しし、自分で決めた名前を「これにします!」と押しつける。そんな感じのエピソードがちょろちょろ出てきて、自分だったらこの受けとお近づきになりたくないな…と思ってしまいます。

攻めも、仕事のできるキャラなのに、元彼に頼まれた「荷物を送って」という要望を再三忘れる。あげく痺れを切らした元彼がマンションに根物を取りに来て受けと鉢合わせする。こういう、「性格いい設定なのに性格悪い」とか「仕事できる設定なのに抜けてる」だとかはちょっと違和感に通じてしまう気がします。

まあ猫は可愛かったし、「猫もふライフ」要素は楽しめるかと。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ