オレたちの場所はここにある――。

愛の言霊 2

愛の言霊 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
24
評価数
7件
平均
3.4 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784861340116

あらすじ

高校2年で同じクラスになった大谷晋也と立花都は、自然に気が合い、彼女を交えた4人のグループ交際状態にあった。 大谷は彼女といまだキス止まりの関係で、付き合い方に悩んでいた。 そんな大谷の気持ちを察してくれる立花は、大谷にとって、いつしか彼女以上の存在になって…。 「愛の言霊」の原点、高校生時代が登場 4部作で綴る風林火山編など、珠玉のシリーズ完結!

表題作愛の言霊 2

立花都,高校二年生,明るめ
大谷晋也,高校二年生,やや嫉妬深い

評価・レビューする

レビュー投稿数3

背中を向け合って相互で自慰とか!

愛の言霊パート2は高校生編メインですが…。
こちらのほうが好きです。

高校生時代とはいえ、立花と伸也のスタンスは基本、同じ。
友情というには好きすぎるし、恋愛というにはまだ勇気がない…とでもいうのか。
圧巻はAV見ているうちに半勃ちしてベッドで背中向けたまま相互自慰。
恥じらいと自分の気持ち、相手の反応が気になってしかたがない。
AVを理由にしているんだけど、実はお互いが一番気になる。
そこでノリのまんま絡み合わない、っていうのがなんとももどかしく、熱い。

お互いの胸をぺたぺた触りながら「胸ない」とあたりまえのことを言いながら
ちゃんと欲情できてしまうところにお互いのスタンスを感じるw

BLではお約束の挿入が最後までありません!←ここ推奨
そうだよ、突っ込めばいいってもんじゃないんだよ!

2

過去編です。

1巻は大学生編でしたが、こちらは高校時代がメインになっています。
短編が5本+読みきりの6本で、内3本が高校生編、1本が番外の友達CP、残り2本が大学生編になっています。

高校時代はまだ普通の友達同士だった、立花と大谷。
彼女も出来たりしますが、まだまだ友達同士でいるほうが気楽な大谷は、ついつい彼女より立花を優先してしまい、ケンカになってしまいます。まだお子さま、ってことですね。
そんな所も、大学生時代を知っているこちらからすると、可愛いやら成長していないやら、で少しばかり笑えたりも。
立花は……高校時代から大人びていますので、大学生編とあまり変わらないかも?
どちらから読んでも変わらない、かもですが、大学生編を読んで高校生編の初心な二人を楽しむのが一番いいんじゃないかと思います。

余談ですが、こちらの作品は昨年映画化されまして。
出演している役者さんのファンでしたので、観ましたが、中々良い出来だったと思います。
但し、原作とはちょっと違った所もありますが、あまりそこは気にしないで観れる、という方にはそちらもお勧めします。
逆に映画を観てから観る、というのも続きひとつの楽しみ方かもしれません。

1

高校生編

前作から時間が遡って、高校生編です。
付き合う前の、友達同士だった頃の二人。自分のなかに芽生えた感情が「恋」という名前だと分からなかったころの。
大谷には彼女もいる。
紺野さんは、女の子を絡ませるのが上手だなァと思います。完璧に当て馬ですが、自然に物語のなかにいる。
表題作は面白かったです。

ただ、表題作以外の話、外人さんとの遠距離恋愛を描いた『動か不ること山の如し』は好きになれなかった。成田まで迎えに行くでしょ、普通w

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ