天下無敵のオオカミさん!

天下無敵のオオカミさん!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434035630

表題作天下無敵のオオカミさん!

キチク・好き者・節操なしなエリート警視・水瀬高志
女装もこなせる美人なサラリーマン・高城一海

評価・レビューする

レビュー投稿数1

キャラたちが豪華フル出演。

 最近、BL読んでて思うのは、作者さんの中には、やたらといろんなキャラと関連を付けたがる人が、時々、いるってこと。
 まぁ、それだけそのキャラたちに愛着を抱いてるってことだから、全然構わないと思うんですが、関連に気を取られると、肝心な物語が二の次になってしまうので、「うーん」って感じの時もあるんですよね。

 まぁ、これはそこまでそんな感じじゃありませんでした。

 それよりも、個人的に気になったのが、挿絵の一海が(最初に男の人として描いてしまったからだと思いますが)、あんまり「女の人」にも見えないし、かわいくもない……という点。
 いやまぁ、絵がとか、顔が、とかじゃなくて。
 本当に男の人として、最初の挿絵を描いてしまったから、「女の人」にしようとしても、髪型が邪魔をするんですよね……。
 そんな髪型の女の人は、あんまりいないと思うんですけど……っていうのは、今更な話。

 そしてもう一つ、読みながら思ったのは、前から「どうしてこの作者さんの文章はこんなにさくさくと読めてしまうんだろう……?」って思ってたんですが。
 んーな行為以外の文章に、情緒も色気もあまりな続きいからなんですね……。
 説明を一気にセリフでしちゃったりするし、それ以外の地の文章はただ淡々と事実を摘んでいくだけだし……。
 うーん……個人的には、こういう文章はあんまり好きじゃないです。
 最後の犯人に告白を迫るシーンも情感も何もなくなってしまったように感じました。
 一海の言葉だけを並べても、一方的に責められて「はい、そうです」ってあっさり認めちゃったようになってしまうんですよね。本当は、間で一海のセリフを切って、犯人の息づかいとかを入れると、もうちょっと臨場感溢れる文章になって、もっとよくなると思うのになぁー……と。
 まぁ、あくまでも好みの問題ですが。
 ただ、えちのボリュームは相変わらずの多さです(汗)

 で、最後にはいろんな意味で節操のない人たちなので、拠点にしてた一海の家でやり始めちゃって、まぁ、大変なことに……。

 作者さんの書いた作品の登場人物が出てきてるので、それらをすべて読んでおくと、キャラの違い、とかがわかっていいかもしれません。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ