花を撃つ

hana wo utsu

花を撃つ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
2件
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813010395

あらすじ

代々議員を輩出してきた八十島家の息子として、聡一朗は前法務大臣・八十島浩一郎のの後継者たるべく衆議院議員候補として立候補していた。
繊細な心と美しい容姿を持つ聡一朗にとって、議員になることは義務であり、望んでいることではなかった。
そんな時、逃避したら聡一朗を殺すという脅迫状が警視庁に届き、警護課から大鞆が派遣されてくる。
心迷う聡一朗に優しく接する大鞆。最初は24時間密着警護に困惑する聡一朗だったが、大鞆に少しずつ心を許していく。
だが、新たな脅迫状が届き・・・!?
男と男のハード・ロマンス!!

表題作花を撃つ

大鞆斉昭,警視庁から派遣されたSP
八十島聡一朗,前法務大臣の息子2世議員,26歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

あきらめの中で見つけた恋

これは実に淡々としたお話です。
それは主人公が自分の定められた運命を甘んじて受け入れざるを得ない環境にあり、またその為に自由に思うままに生きることができないからかもしれない。
これも政界を舞台にしてその裏に渦巻く陰謀と憎しみに翻弄される主人公達という、外国工作員までが登場し、かなりハードなアクションものになりそうなのだが、あくまでも”人の心”に焦点を当てている点にぶれのない剛しいらを見ることができるのではないだろうか?
ただ、いかんせん地味であり派手さはない。

法務大臣である父八十島が狙撃され怪我をした為に引退、その後を継ぐべく弁護士の卵だった一人息子の聡一朗は選挙戦に出馬することになるが、またその身も危険がある為警視庁のSPがつくことになる。
聡一朗についたのが警視の大鞆(おおとも)で、朝から夜までぴったりと張り付いている。
元来おっとりして出来ることなら平凡な生活を送りたいと願っていた聡一朗だけに選挙戦は大変疲れるものであり、誰にも弱音を吐けない環境の中、全くその立場的には関係のない大鞆にだけ弱音を吐ける。
そして大鞆がだんだん好きになっていくのだが。

期待続きにこたえようと無理する聡一朗の姿を見ているだけに、守ってあげたい庇護欲が、任務以外でも大鞆に芽生えるからこの二人は関係していくのですね。
この聡一朗、ゲイではないようなんですが、これまたあっさりと大鞆に恋を感じるのは自分の思い込みじゃないかな?とは思うのですがね。
だって、ひょっとしたら自分は殺されるかもしれないと考えているわけです。
そうなると考えた時に、彼は一度でいい、恋がしてみたかったとかんがえているわけですから、ひょっとしたらこれはゆるやかなつり橋症候群現象だったのでは?と思うのですよね。
確かに、命の危機は訪れるので、その点間違いはないでしょうが。

八十島の、聡一朗の命を狙う男として苓という男性が登場しますが、彼の生い立ちには同情しますが、ここまでする必要があったのかどうかははなはだ疑問です。
聡一朗が、アーチェリーが得意でその選手でもあるという設定、せっかくなのでもう少し生かして何か話の中に上手く入れられなかったのかな?とも思います。
せっかく表紙もそんなになっているのにね~

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ