解放の扉

解放の扉
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
19
評価数
8件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199003394

あらすじ

「一回でいいから寝てみないか」―大学院生の井坂をそう誘ってきたのは、同じゼミの先輩・羽住。
酔っているのにどこか真剣さの混じる言葉に、井坂は欲望のまま抱いてしまう!!一度きりの行為のはずが、何度も身体を重ねるうちに、次第に溺れていく井坂。
けれど羽住は、なぜか「本気にはならない」とはぐらかすだけ―。
そんなある日、羽住の義兄と名乗る男が現れて。

表題作解放の扉

井坂 大学院生
羽住 大学院生

評価・レビューする

レビュー投稿数5

文章が非常にマズイ。。。

知的な誘い受けというキャラはかなりイイしこの作品の大きな売りでしょう。
でも、いかんせんそれ以外があまりに整理されていない。残念。

「ひそやかに恋は」でも感じたんだが、
桜木先生、よほどいい家庭環境にあったんでしょうか…
「異常な家庭環境」って設定に盛り上がってるようなフシがある。
絵空事すぎるんだよね。
異常な家庭環境は、そりゃいろいろな家族あるからいいんだけど、
ずっこけるほど簡単に書かれちゃってて、羽住の苦しさや重さを共有してやれない。
えぇぇぇー!?と思ったのは、主人公の元同級生(女)のこずえの感覚。
いくら二人を応援したいからって、他人が家庭内で虐待、性的虐待されてました
ってことを第三者にベラベラしゃべるか、フツー?

追い打ちをかけるように文章の書き方がマズイのもなぁ。
「誰」が「何をした」という主語・述語が整理されていなくて、
無駄に長い文が多すぎる。結果、状況がよくわからないカオス状態に。
せっかく北海道を舞台にしているのなら北海道の空気感も欲しかった。

北畠先生の絵は安定感に欠けるところもありますが、横顔なんかは
かなり雰囲続き気あっていいです。というか、北畠先生のイラストなかったら
まったく萌えられなかったかも。

1

誠実な攻めっていいですよね♪

再会もの、年下攻めで美人受け!
いやぁ、こういう良作にたまに出会えるから
欲しい新刊以外にもガツガツ買ってしまうんですよ…。

ビッチな羽住の言動が、
後から「そういう理由があったのか!」と合点がいって、
さっき読み終わったばかりだというのにまた読み返したくなりました!
一度でいいからと迫ってきたのも、
男遊びを止めないのも、
従妹のこずえちゃんを後押しするような真似も…。

後半で羽住の想いを知って、
井坂自身のように私もどわーっと胸が熱くなりました!!

井坂の真っ直ぐな気持ちが、
羽住を過去から本当に解き放ってくれたんだなーと
嬉しくてたまりません。
いいヤツすぎるよ、井坂!!

羽住がただの男好きで、
デリカシーも遠慮もないようなヤツだったら
ここまでじんわり来なかったんですが、
ふとした時に井坂に見せる気配りが切ないというか。
「俺のせいにしちゃえばいい」と言いながら、
井坂に逃げ道をつくってあげて肌を重ねたり。
あんな甘い囁きされたら、抵抗出来ないわーw

心電図の検査でジェルつけられて反応する井坂が可愛かった!
羽住続きがわざとそういう触り方をしたわけなんですが、
普通にされてても敏感な人はヤバいと思うし!

あと、学食の激辛ラーメン、食べてみたい…。
さすがに唐辛子追加はしませんが;








1

ちょっと切なくなる話

 ちょっとギュッとくるような話でした。
 切ない系になるのかな……?

 井坂は、大学院で、小学校で同じ部活だった一つ年上の羽住と再会する。
 大人しかったはずの羽住は、男をとっかえひっかえで、随分と印象が変わってしまっていて……。
 井坂は、最初、戸惑うが、次第に羽住の見せる自然な気の使い方に気付き、家が向かいだったこともあり、一緒にいることが自然になっていく。
 しかし、関わりを持っていくうちに、羽住の過去に何かあったのではないか……? と、思い始めて……

 というような話でした。

 井坂の真面目さがとても好感が持てる話でした。
 井坂だから、羽住も最後は心を開けたんだろうな……って、素直にすとんと落ちてくる様な、そんな話でした。
 読んだ直後よりも、しばらく経ってから、じわじわ来るかなー……。

 一つ、気になることがあるとしたら、羽住の過去が全部、羽住の口からじゃないところで、語られてしまったところかな……と、思うんですが。
 まぁ、羽住がいいんなら、構わないと思います。

1

これはよい誘い受

年下攻が好きで、ワンコな攻が好きで、押せ押せの誘い受が好きな人だったら、きっと楽しめると思います。
イラストも、とてもきれいだったし、お話に合っていたと思います。
満足。

0

誘い受け最高

初読みの作家さんでしたが、面白かったです。

主人公は大学院生(攻め)。
大学院で、中学時代のひとつ年上の野球部の先輩(受け)と再会する。
昔はおとなしかった受けは、ゲイをカミングアウトし、誰とでもセックスする遊び人になっていた。
たまたま住む場所も真向かいになったおかげで、すっかり仲良くなった二人。
で、ある日、受けに誘われて、流されてセックスする主人公。恋愛感情を自覚します。
でも受けは、遊びをやめない。

ラストに向けて、受けの複雑な事情や心理が、少しずつ解きほぐされていきます。
義兄との邂逅シーンは微妙に寒かったけど、それ以外はめっちゃ良かった。
こういう誘い受け好きだ。
じんわり心に染みる良作でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ