夜に溺れて

yoru ni oborete

夜に溺れて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
28
評価数
8件
平均
3.6 / 5
神率
37.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344805064

あらすじ

大学生の古賀千絃は、過去につらい別れ方をした仁藤諒一にやり直させてほしいと請われ、再び彼と恋人同士になった。
諒一を信じたいと思いながらも、臆病な千絃は諒一に対する警戒心を拭いきれない。
以前と違い、優しく接してくる諒一にも戸惑い、千絃は諒一とぎこちない生活をおくっていた。
そんな中、諒一から『籍を移さないか』と告げられるが、千絃は素直に頷くことができず…。

表題作夜に溺れて

仁藤諒一 専門学校講師
古賀千絃 大学生

その他の収録作品

  • もどかしさの距離
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

相変わらずの2人。

『恋に溺れて』の続編になります。

う~ん、やっぱりこの諒一(攻)がどうしても好きになれないんですよ。
きたざわさんにはホントよくいる大人げない狡い男。イヤもう、設定からして狡いのはまだしも、なんとも大人げなさ過ぎるのが鼻について我慢なりませんでした。

それ以前に、これわざわざ続編出すほどの内容だとも思えないんですけどね。でも、どうせ出すなら前巻で足りなかった部分を補足して欲しかったよ。

とにかく、千絃(受)が諒一のどこがどういいのかがよくわからない。コイツのどこにどんな魅力が?そこが理解できないから、ストーリーに入り込めません。というより、そもそも内容というほどのものがないんだけど。

千絃も『最初は諒一が信じられなかった』と言っていましたが、どうせなら諒一の反省や千絃の心情の変化をもっと丁寧に追って欲しかったな。
(ストーリー展開の)役に立ってるのかどうかよくわからない脇キャラクターや、無駄なHよりも。

まあとりあえず、個人的にきたざわさんの身勝手で大人げない攻が大キライだというのを再認識しただけだったような気がします。

イラストは続き前巻に引き続き、まったく魅力なかったですね。

2

オトナのヤキモチ

「恋に濡れて」の続編です。
相変わらず、読みやすい文章でした。
諒一のことを疑っている部分で少し物足りなさは感じましたが、続編ということで続きが気になって読んでしまいました。

大学生になって、少しだけど友達もできた千絃に、諒一は大人気ないヤキモチを焼く。
でもそれがとってもいい!
以前とキャラが変わったみたいに、エローいやきもちに振り回される千絃。
しかし反対に、千絃も諒一の職場での交友関係が気になる。
諒一の仕事も落ち着き、二人は一見上手く行っているように見える。
だが、千絃が祖父の遺産を相続したのと同時期、諒一は養子縁組を申し出る。
愛情は何も変わらないけど、突然の申し出に戸惑う千絃。
千絃を裏切った事がある為、心の底では諒一を信用できない。
そこへ千絃の従兄弟や諒一を慕う女性の乱入で、二人の仲は邪魔されてばかり。
ぎくしゃくしながらも、結局は甘々な二人です。
冷めた風に装っていても、諒一の千絃への独占欲は子供っぽくてかわいいくらい。
いい歳した大人がヤキモチ焼く姿ってのも、いいですね。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ