禁愛~獣人オメガバース~

kinai

禁愛~獣人オメガバース~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
24
評価数
8
平均
3.3 / 5
神率
12.5%
著者
ともち 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大都社
レーベル
Daito Comics BLシリーズ
発売日
ISBN
9784864952781

あらすじ

<バルド、アレに触れてはいけないよ>だめだ、早く離れないと―…。アルビノのΩには決して触ってはいけないのに、脈打ちはじめた身体はもう誰にも止められない…!?国王を敬愛し、皇太子として忙しい日々を送る獣人のα・バルドは、幼い頃に見かけて以来忘れられなかった真っ白で美しい半獣人・マヤと再会する。奴隷商人から買われたマヤは、神への生け贄として城の敷地内で幽閉されていた。言葉も知らず育ったマヤの純真無垢な表情に心奪われ通いつめるバルドだったが、ある日部屋には充満する甘い匂いと泣きながら身体を震わすマヤがいて…。濡れたアソコを差し出す淫ら姿に、立場も何もかも忘れて本能に飲み込まれる―――!!

表題作禁愛~獣人オメガバース~

バルド、狼獣人で王子・α
マヤ、アルビノの半獣人・Ω

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下:キャラ設定

レビュー投稿数4

耽美風味強めで美味しくいただきました

オメガバースで獣人です。
オメガバより、獣人の方を重視して読んでみたけど、レアリティの序列みたいなものを、獣人の姿で可視化してある分、理不尽なファンタジー世界の設定に安心して入り込めて読みやすかった。
オメガバって、現代設定だと、私の嫌いな俺様攻めが結構な確率で登場しちゃうことがあって萎えることもあるけど、この作品の狼の獣人の王子さまは一途で素敵。
生贄とするために買われてきたアルビノの半獣人。
その姿を一目見て惹かれた狼獣人の王子様。
種族による成長の速さの違いっていうのも性癖だし、逃亡エンドも古の耽美風味で好ましかったです。

1

ラストの闇っぷりに戸惑ってます

ひゃっほぉ~獣人♪
ひゃっほぉ~身分差♪
なんて呑気に読んでたら・・・ちょっとびっくり。

バルドが子供の頃、父親である王様が奴隷商人から買ってきたアルビノのΩ(マヤ)。
なにか引かれるものがあり気にはなっていたが「近づいてはいけない」と王に言われる。
大人になって森の小屋に隔離されているマヤに出逢い、小屋に訪れるようになるバルド。
ある日小屋を訪れるとマヤが発情していて無理やり犯してしまい、我に返った後急いで医者に診せる為城に連れて帰りそこでマヤが「生贄」だと知らされる。

出逢った当初はほぼ言葉がしゃべれなかったけど終盤には言葉は理解できていた・・・かな。
完全なネタバレになっちゃうけど、メリバです。
”かけおち”します。
・・・・がっ!!!!最終ページが・・・。
一言で言うなら「闇」でしたね。
愛し合うものが愛を貫いて駆け落ちした・・・と思いきやマヤの”愛”とバルドの”愛”に違いが・・・。

ハピエン好きには後味がなんとも。。。

1

惜しい・・・

うわ~・・・初めて獣モノで中立評価してしまいました・・・。
設定がめっちゃ好みだったので、正直ギャップ萎えしてしまったのです・・・。

オメガバ設定、獣寄りの獣人と人間ケモミミの獣人がいる世界。
王子のバルド・αと奴隷のアルビノ マヤ・Ω。
マヤに一目ぼれしたバルド、父王から近づいてはいけないよと忠告されますが聞きゃしません。

数年後、青年になったバルドがマヤと小屋で出会い、
ゆっくり恋をしていくつもりが、発情期にあてられて無理をしてしまいマヤを酷く傷つけてしまいます。
体格さもえげつないので、当然ですね。

で、こっそり会っていたことが父王にばれて、
王宮の中で暮らしていけることになったのですが、
バルトは王族なので結婚します。

子供を急ぐ父王により、マヤをいけにえとして儀式をすることに。
身を挺したバルトがマヤと逃避行をはかり、マヤの心の願いはちょっとダークっぽい。

というお話でした。

マヤの知能レベルが子供時分からほとんど変わらず出会うので、
体は大人、頭はこどもの会話と絵柄が多いです。
くずした絵が多く、せっかくのキレイ目な絵柄がもったいないな~。。。と思いました。

オメガバものだけど、運命の番っていう感じじゃなかったです。
番にはするけど。

何が中立かというと、とにかく世界の設定なさすぎです。
せっかくマヤがこども知能なんだからマヤに教えるかたちで世界の説明すればよかったのに
あとがきで設定が明かされます。。。

よって自分のいままでのオメガバ獣人の経験で
きっとこういうことなのね、という思い込みで読まないと置いて行かれます。

ペンデュラム世界なんでしょうね、きっと・・・。
ペンデュラム二次創作、別な国のお話です。っていわれたらしっくりきます。
そう、しっくりきちゃうんです。

新しい世界観なのかなって思っていたので、ちょっと残念に思えました。

アルビノ・カタコト・美人・Ω・奴隷っていう、これでもかという受けの設定が
もったいないな~・・・って思ってしまったんです。
こども要素あってもいいけど、もっとシリアスっぽいほうがいいんじゃないかな。。。
ギャグっぽくてなんかエロさが半減しちゃうんですよね。。。

父王もそこまで極悪に見えないので、
話し合いで解決しそうなものをなぜか力ずくで逃げるという。。。
あんた、結婚相手とやることやってんじゃないの??という、ちょっと、思いやりは?
運命の番設定生きてるのかな・・・

軽く獣人、軽くオメガバというがお好きならいいと思います。

3

ごめんなさい

うーん、なんかよくわかりませんでした。
と言うか、理解したくないという方が近いのかも。
これって、続きがあるんだと思ってました。でも、皆さんのレビューでこれで終わりだと知り、ますます謎で終わってしまいました。
オメガバースだから、明るい話でないのは覚悟してたんですが生け贄として奴隷商人から買ったアルビノを教育も受けさせずに監禁している設定や、幼い頃に聞かされた話としてもそのまま放置していた主人公、しかも、マヤを生け贄にしないためとは言え、花嫁を娶ってやることはやっている主人公バルドもなーんか好きになれないなぁ。
マヤの知能レベルが子供並みなのもなんだかいたたまれない気持ちになるのかも。

そして、ラスト、え?本当に食べた訳じゃないでしょ?!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う