色仕掛けするんなら自分が溺れてんじゃねえよ

イノセントの剥製

innocent no hakusei

イノセントの剥製
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
33
評価数
12
平均
3 / 5
神率
16.7%
著者
有木映子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784047355538

あらすじ

ホストの純は婚約者を捜すために店に通うサラリーマンの磯崎に惹かれている。
そして磯崎の目的は婚約者が純に預けたある物だと気づく。
謎めいた男にますます夢中になった純はそれをネタに身体の関係を迫った。
紳士的な様子を一変させた磯崎に乱暴に抱かれるが、純は手荒に扱われることに快感を覚えて――!? 大人の駆け引きラブ・アフェア。

表題作イノセントの剥製

磯崎、婚約者を捜すために店に通うサラリーマン
純、ホスト

同時収録作品研究室の主

行本、サラリーマン(攻め受けなし)
葛西、学生助手の先輩(攻め受けなし)

その他の収録作品

  • 真夜中のレッドライン
  • ラインオーバー(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

ひんやりビターなアダルトサスペンス

これははっきりと、ネタバレなしで読まれることをオススメ致します。
あらすじを書こうにも、話の流れ全体が少しずつミステリアスな真相に触れていくタイプのものであるため、やはりせっかく読むなら「作者様インタビューに書いてある程度の前情報」くらいの知識で読むのが一番楽しめるように思うのです。

以下は物語のさわり程度のあらすじになります。


◆表題作『イノセントの剥製 前後編』
「婚約者に渡した指輪を返して欲しい」
と、婚約者の女性が金品を貢いでいたホスト“純”の元へ通う“磯崎”。
どことなくミステリアスな雰囲気を持つ磯崎に惹かれていく純ですが、その指輪を巡って事件に巻き込まれることになります。
そして、指輪を渡すことと引き換えに、自分を抱いて欲しいと迫る純でしたが…

あっと驚く大どんでん返し!というような劇的な展開…とまでは行きませんが、淡々とした空気の中、ハッとさせられる驚きのある、アダルトでミステリアスなラブサスペンスといった雰囲気の作品です。
セックス描写はありますが、ここまで恋愛要素は薄め。


◆真夜中のレッドライン
表題作のその後。
2人の関係がグッとエロティックに。
磯崎のS化にゾクゾク♡
優しく紳士的な敬語を使う磯崎が一転、セックス時には強気な命令口調になるんです。
逆に普段勝気な純の方は、S化した磯崎にグズグズにさせられちゃう。
そんな対比がよかった!
最後まで甘さはなく、恋愛的には「大人の駆け引きが始まった」という感じのラスト。

◆研究室の主
出会い最悪の、厳しく美人な学生助手と大学の後輩のお話。不思議なテイストのラブストーリー?でした。
服脱いで寝てる被験体を5年間…
って、一体なんのバイトだったんだろう。
めちゃくちゃ気になるんですが〜〜!
エロに繋がると思いきや繋がらなかったのも、絶妙な不思議感を醸し出していたように思います。

初読み作家様ですが、人物の顔がすごく好みでした!
絵、ストーリー共に温度低めな読感で、落ち着いて読むことが出来ました。
甘さやラブ少なめの、ひんやりビターな一冊です。

4

レビューを読まないことをお勧めします

敢えて今回は「ネタバレ無し」レビューで行きたいなぁ
とか思ったけど無理そうなので・・・

【この作品を楽しむ予定ならレビューは読まないことをお勧めします】



ある日ホストの純の所にリーマン客(磯崎)が来て、純の客であるアヤが磯崎が渡した婚約指輪を他に貢いだお金とともに純に渡したはずなので返して欲しいと頼み込んでくる。
いつも軽くあしらい指輪を返さず磯崎を店に通わせていたが、店側から「羽振りも良くないし悪目立ちしてるから出禁にする」とお達しがあり、最後のチャンスに「指輪を返す代わりに抱いて欲しい」と磯崎に交換条件を出した純。


まぁ、、、、後々「んお??」「のぉぉぉ??」となりました。
予想外な展開とかがお好きな方には向いている作品だと思います。

でも、個人的にはちょっと本人たちの”本心”がわかりずらかったので萌えずらい作品でもありました。

1

難しかった

表紙買いでしたが……正直よくわかりませんでした。
なんせ知識がないもので……きっとこの作品の美味しい部分が「????」で終わっていきました。


本作を読む予定があるならばここから先読まないことをオススメします。

【以下壮大なネタバレ含みます。ご注意ください】








何の知識がないってお役人さんの力関係やら繋がりやらです。
物語後半で一気にそっち方面の言葉が連なってくるのに知識がないためおいてけぼりで読了後調べてもいまいち掴めず。
立場が明らかになってからの駆け引きがキュンキュン所のはずですが萌えられませんでした。

そして磯崎のほだされ感がありすぎで……もっと恋か愛要素を欲しがる自分がいます。
付かず離れずで終わるため純の便利に遊ばれてる感を強く感じてしまい楽しめませんでした。



一方同時収録の『研究室の主』は良かった!面白かった!
先輩がいじらしくって可愛いのなんの。
短めのお話なのでサラッと読んでしまいますが物語は5年ぶんの思いが積み重なっていて。先輩不器用で臆病すぎるだろー!と叫んじゃいます。
とてもいい終わり方をしていますが、それでも二人の続きが読みたいです!!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ