メメントスカーレット

memento scarlet

メメントスカーレット
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神71
  • 萌×243
  • 萌17
  • 中立9
  • しゅみじゃない9

43

レビュー数
17
得点
587
評価数
149
平均
4.1 / 5
神率
47.7%
著者
楔ケリ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥720(税抜)  
ISBN
9784801965812

あらすじ

冷酷非道に捜査を進める腕利きの刑事・周カイリ。
とあるクラブで派手に遊んでいる男にドラッグをちらつかせ、
ホテルに連れ込み探り合いのセックス。
思惑がありその男・狩野尾に声をかけたカイリだったが、
狩野尾はある事件をきっかけに辞職した元刑事で、
彼にもカイリに近づいた本当の目的があった。

――刑事部捜査一課 特務室。またの呼び名をゴロツキ。
そこでバディを組まされることになったカイリと狩野尾は
違法薬物 MAZE(メイズ)中毒者による殺人事件を追う。
険悪なふたりの関係の行方、そして事件の結末は――?


闇を抱える一匹狼×敏腕ドSビッチ
事件を追うふたりの刑事のバディBL

切なエロスの名手
楔ケリ、Qpaに 堂 々 降 臨 !

表題作メメントスカーレット

狩野尾鉄雄 元刑事,カイリに誘われる
周カイリ 捜査一課の刑事

その他の収録作品

  • CRANBERRY KISS(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:人物設定

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

サスペンス好きは読んで損なし

初めてこの作者さんの作品を読みましたが読んで良かったです。

相棒を薬物により殺された元刑事 狩野尾×性に奔放だが頭はキレる周。
刑事を辞め犯人を追っていた狩野尾が周の所属する特捜室 通称"ゴロツキ"に入室、周とバディを組むことになります。


薬物により狂ってしまった相棒を為す術なく殺してしまったという過去に縛られた狩野尾や、どことなくミステリアスでセクシーな周の表情が色っぽいです。

サスペンスドラマでよく見るような動き、コアな描写もありドラマや映画を見ているような気分で中身に入り込めました。
ストーリー自体も様々な伏線が張られていたりと、単に推理を楽しむという面でもとても良かったです。
ただ犯人の犯行理由であったりが1度読んだ限りでは分からず、若干の消化不良でした。

それを抜きにしてもとても面白かったので、何度も読めると思います。リピート確実です。
素敵なお話に出会うことが出来ました。


0

事件もの

事件ものですね。BLコミックでは今まで読んだ中では一番しっかり事件が書かれてます。

同僚を射殺して刑事を辞めた狩野尾。それからも単独で事件を追っていましたが。
新しい相棒のカイリ。新しい職場。変わったルールの捜査やチームの面々。

バディ物は好きです。こちらはビッチですが有能で変わり者のバディですね。
でも狩野尾の過去のトラウマや後悔をビシッと叱ってくれます。なかなか相性もいいようで。

BLですからエロも当然あるし、あとがきでもエロと刑事を書きたかったように書いてありますが。

うーん、自分にはエロがそんなに必要だったかな?と思っちゃいました。エロはここぞというときに出して事件や二人の関係や狩野尾の変化をもっと書いてほしかったかな。

0

バディ

個人的に「オメガバースの作家さん」というイメージが強かった楔ケリさん。
あまりオメガバースを得意としていないので手に取る機会がなかったのですが、小野友樹さんがこちらの作品のBLCDに出演されるとのことで、改めて作品内容を見ると「好きな感じ!」ということで慌てて購入しました。
結果、
とっても良かった!

事件ものなので詳しく内容に触れられませんが、物語はテンポ良く進みます。
事件そのものの顛末に物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、本格的サスペンスを求めて読んでいなければ十分な話運びだと思います。
私は二人の関係性にグッと心掴まれたまま楽しく読了させてもらいました。


腕利きの刑事・周カイリ(ビッチな受け)と元刑事・狩野尾(攻め)。
馴れ合わないけれど、少しずつ距離を詰めていく感じが読んでいて堪りません。
カイリのビッチさ加減とある種の包容力が非常に魅力的。
そんなカイリに反発しつつも救われる狩野尾の心の動きにも強く惹き付けられました。
「二人の関係性」にフォーカスするのがBLの肝だと個人的に思っているのですが、その肝を堪能できて大満足。
身体先行で始まり、最後まで心はLOVEに変化していないようにも思いますが、この曖昧な心情の絡みが色っぽくて、白黒つけずグレーなまま進むのもこの二人には似合っているように感じました。
明確なLOVEがなくても信頼や愛に近い何かしらの感情が互いを緩く縛ってこの先も並び立って生きて欲しいな、と。


エロスも十分。
でも、気になったのが狩野尾がパンツを脱がない・・・。
なぜ?
狩野尾自身はメイクラブじゃないと思っているから、裸にならないとか?
パンツを脱いだら心も裸になりそうで怖いから?とか深読みしてしまう。
書き下ろしのお話でシャワーシーンからのセックスはさすがに脱いでいたけど(笑)

1

刑事バディもの

刑事バディものです。サスペンス仕立てで好みの設定のため面白く読みました。
サイコな犯罪者を追う特殊な捜査チーム。
かつて同僚を亡くたトラウマを持つ狩野尾は、、今はフリーで活動しているが、ある日その捜査チームに引き抜かれる。その狩野尾の再生物語。

一方、ビッチの周。チームの一員で優秀だが枕で情報を取ったりする。
狩野尾と組むが、傷ついた狩野尾を体で慰めているうちに、好きになったのかな?

ストーリーは、犯人探しと追い詰めるサスペンスがメインなので、恋の方はおまけみたいな感じ。なぜ受けの周の方が狩野尾を好きになったのかはよく分からない。

また、セリフや細かいところが雰囲気で流されることが多くて、いちいち疑問を感じていると乗れないかも。もう少し緻密だったら星1つアップでした。
例えば、チームのリーダーが前線に行って捨て身の捜査とか、捜査チームでは致命的なんじゃと思ってしまう。

あとは、この作者さんの特徴だと思いますが、ビッチ受けが不遜キャラなことが多く、言葉遣いとかが他人を見下しているようなことがあって、その辺はイマイチ好きになれません。
あとは薬に手を出してしまうところでしょうか。あまりいい気持ちにはなれません。
この辺は、すかしてカッコいいのと紙一重かもですね。



1

ストーリーが自分の好みでした!

刑事モノで、薬物が絡んでるというシリアスなストーリーが気に入って買いました。
刑事の悲しき過去と、それにまつわる事件が読み応え抜群です。
受けの周君は、誘い受けタイプでは1番好きです。
それと、この綺麗な表紙もストーリーのイメージにぴったりでした。

個人的に最高に好きですが、シリアスと痛々しい描写が、苦手な人にはあまりオススメしません。

続編を期待したいです。

1

新しい世界をくれた逸品

サスペンスBLはこの作品が初めてでした。
難しい話なのかな、と思いきや読めば読むほど引き込まれていきました。
何度も読みたくなる作品です。
この本をきっかけに楔先生の作品は読破しました!

なんといっても、先生の描くキス描写がとても好きです。

0

かなりオススメの作品です。

文句無しに面白かったです。

絵も綺麗だし、色っぽかったです。一冊がとても厚くて読み応えもありました。
中弛みとかも無くてスピード感溢れていました。あらすじとか見ないで読んで欲しいです。

そして狩野尾の目付きの変化を見て欲しいです。
カイリが男前でした。身体を使っても相手を支配しています。
特務室の面々も個性派揃いで面白かったので、続編でもっと活躍が見たいと思いました。

楔ケリ先生は狂気の表情を描くのが上手いです。


0

カイリくん最高( ^∀^)

悲しい過去を持つ元刑事×ミステリアスな敏腕刑事でとある事件を追うお話。

コミックスも分厚く読み応えがあり、楽しめました。特に受けのカイリがとってもイイ!!!!
掴み所のない感じだけど狩野尾のことちゃんと気にかけてるし、色気があって凄く好きなキャラクターです。

気になるのは、Mは強い依存性があるのに、狩野尾は大丈夫なのか・・・

続編をぜひ、期待しています。

1

刑事ものとしては素晴らしい

 事件の内容、捜査の過程、緊張感のある現場シーンなどはすごく面白かったです。事件に関わる人物達の心情もよく描かれていますし、サスペンスものとしては十分に読み応えのある作品でした。ただ、BL面で引き込まれたかというと、まだメインの2人の絡みにそこまで萌えられなかったです。

 攻めの狩野尾の性格はとても好みなんですが、受けの周の魅力を理解しきれなかったからかもしれません。快楽主義者という面が強調されるばかりで、弱みや何かしらのギャップを見せることのないキャラだったので、彼がもう少し違う表情を見せてくれればもっと萌えられたのかなと思います。ビッチ受けは構わないけれど、終始へらへら笑いながらセックスに励むのはあまり萌えないかな…。最後までリバになってくれないかなぁ、狩野尾が受けているところを見たいなぁと思いながら読んでしまいました。

 でも、事件だけでなく、キャラ設定や相関図も非常に作り込まれているので、もしシリーズ化されるのであればいろんなキャラの掘り下げができそうですし、是非続きも読みたいですね。周のことも、過去が描かれたり狩野尾に一本取られるような隙を見せてくれたりしたら、もっと魅力を感じ可愛いと思えるようになるかも。個人的にはハッカーの葉加瀬や、被害者だった蘇芳の物語が読みたいです。続編を期待しています。

2

続編期待

まと嘘が好きだったので手に取りました。
周の腰の刺青の理由、周に薬が効かなかった理由(実は口に含んでいないのであればそのトリック)、不破と周・狩野尾の出会い、狩野尾が薬に手を出した理由、蘇芳と境の関係、狩野尾と逢沢の関係、周が二重スパイになる過程、葉加瀬とセンター分けくんの関係などなど‥‥もっと掘り下げてほしい部分が沢山あります。カバー裏だけでは足りません!!
境の最後のセリフも何か後に繋がりそうですし、続編を期待しています!

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ