きみはもう噛めない

kimi wa mu kamenai

きみはもう噛めない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×217
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

22

レビュー数
7
得点
174
評価数
45
平均
3.9 / 5
神率
33.3%
著者
あさじまルイ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイオメガバースコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥712(税込)
ISBN
9784799743102

あらすじ

「よっぽど良かったのか 俺の穴」
イギリスの片田舎でその日暮らしを送るβの青年・リアムが出逢ったのは、
Ωとしての機能が故障したオリヴァーだった。
番に捨てられた影響でフェロモンが出ないにも関わらず、
止まらない発情を一年も持て余しているという。
リアムの新たな仕事とは、そんなオリヴァ―を抱くことで――…
抑圧されていたΩの性を爆発させ、淫らにねだり求めるオリヴァー。
強気な態度とは裏腹に、弱い心をひた隠す彼にリアムはだんだんと惹かれてゆき――?
描き下ろしはベイビーも登場vハッピーラブラブHを収録。

表題作きみはもう噛めない

リアム・ドーキンス・β
オリヴァー・ウィリアム・コークウェル・Ω

その他の収録作品

  • きみを超抱きたい(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

"普通"に気がつけてよかった

すごく素敵なお話ではあったのですが、少し私の予想とは違っていたので、萌2評価にさせて頂きました。

生涯ただ1人だった番、その番に"番剥がし"をされて、発情が一年も続くΩのオリヴァー。αの名家に生まれながら自分だけがΩだったことも、苦悩はあっただろうに、さらに番剥がしに合うとは…。
そんなオリヴァーの弟の誘いにのって、オリヴァーの性処理として共に暮らすことになったのがβのリアム。色々経験豊富そうで笑、人当たりの良さが最初遊び人ぽく見えちゃっていたんですが笑、実は愛情深い素敵な人です。

すごく良かったのは、"どーせ俺なんて"的なオリヴァーに対し、"君は普通だ"と、特別扱いや哀れみの目をして接することなくリアムがいてくれたことです。番剥がしにあい、挙句一年も発情が治らない、惨めな自分…そう自分を卑下しながら、八つ当たりなのか、"βのお前が"的にリアムにもあまり好ましくない態度をとるオリヴァー。煽られて抱き潰したりしましたが笑、でも怒りよりも冷静さを保つように大人な対応を取るリアムが、オリヴァーに"君は普通だ"と伝えます。その真意は、オリヴァーが本当に番剥がしにあったαを愛していたことや、兄弟を大切にする姿を感じ、"可哀想なΩ"としてでなく、健気さや純粋さを持つ"恋する子" "兄弟思いの良き兄"として"普通のどこにでもいそうな子"と思って"君は普通だ"と伝えたのかなと思いました。偏見や哀れみは、オリヴァーでなくとも辛いこと。ましてや"腫れもの"扱いのオリヴァーには特にだと思います。次第にオリヴァーに惹かれていくリアムはしっかり気持ちを伝え、2人は身も心も結ばれます。

身も心も結ばれた後、番剥がしをしたαが登場するのですが…すみません、ここが私的には話に厚みがなくて、ちょっと残念でした。オリヴァーと2人きりになった時によりを戻そうと迫り、そこへリアムが駆けつけてαから身を呈して守るのですが、
よりを戻す理由が、他で番った女に子供が出来なかったから、堕胎していたオリヴァーの子供を奪いに来た みたいな感じだったんですよね。心底愛し合っていてオリヴァー揺れるかなとかはありませんでした。オリヴァーと番になったのもαの名家だったからで、でも"他の人と結婚しなきゃならなかった"から番剥がしをした…感じでした。庇うリアムに安易に銃を向けるのもちょっと違うなぁ。もっとドラマチックな展開があるのかと、、、。当て馬的存在なのでリアムやオリヴァーほどの厚みはなくて勿論いいと思いますが、オリヴァーが"番剥がしにあった"ことや、帯にもありましたが"誰かの番"がそのαなので、リアムとオリヴァーの愛を語る上では重要な存在だと思っていたので、そこがちょっと残念でした。

身を呈してオリヴァーを守ったリアムは、
番にはなれないけどそれでも一緒にいたいことを伝え、2人は改めて互いの存在の大きさを感じ、幸せになります。リアムがなぜ、Ωのオリヴァーと共に生きていける自信があったのか、幸せにする揺るがぬ信念を貫けたのか、そこも素敵なところで、お気に入りです(^ ^)それは、リアムの両親が、βとΩの男性の間の子で、常に愛に溢れた家族の中で生きてきたからでした。境遇は、のちの自身の生き方や考え方に大きく影響すると思います。周りから可哀想と思われていたオリヴァーに対し、オリヴァーの秘めた優しさや思いやりを感じて、そこを愛おしく思えたリアムに、すごく納得できました(^-^)リアムが愛を知っていたからだったんですね。種は関係ないといいながら、番うことを良しとすることが多いなかで、惹かれ合う姿に、あぁ2人は本当に種ではない何か特別なものがあるんだなぁと感じました。過去を知ってもなお愛おしいと思える…いや、過去を知ったからこそ愛おしいと思えたのかなと思います。

きみはもう噛めない、これは"誰かの番だから"かもしれないし、''βとΩだから"かもしれないけど、
もしかして、噛めない≒噛む必要がない=番にならなくても愛がそこにあるからそんな証はいらない とも読めるかなと思いました。私の勝手な解釈ですが。揺るがない2人の愛を感じる作品でした( ^ω^ )

4

攻めフェチに激しく同意!

大好きなオメガバースです。
今作は、Ωなら男性でも妊娠できるという設定のお話でした。

α家系の名家に、唯一生まれたΩで長男のオリヴァー。
留学先で番を見つけるも、一方的に解消された後遺症でΩフェロモンが出ないまま1年もヒートが続いている。
そのヒートを収めるために雇われたβのリアム。
2人きりの離れでの生活が始まった…


はじめ、リアムは仕事としてオリヴァーを抱きますが、不安で弱い部分をみせるオリヴァーに惹かれていきます。
そして、オリヴァーもまた、優しいリアムを好きになっていきます。
2人を見守るのは、老犬のレディ。
この子が可愛くて癒されました!

ある日、元番のサンドラがオリヴァーを連れ戻しにやってきますが、コイツはとんでもないやつでした。
しかし、オリヴァーを絶対に渡したくないという強い意志を持って立ち向かうリアムに阻まれます。
この時のリアムは、とてもかっこよかったです!
そして、オリヴァーもリアムを選ぶ。
αではなくβを、運命ではなく自分の意思を尊重するところが好きでした。
そして、弟のノアも兄の幸せを願っていて、別れ際にハグする2人にうるっときました。

作中、リアムがオリヴァーを普通だとよく言っていたのですが、途中でやっとその意図が分かりました。
Ωだからじゃなく、普通の男の子だけどそれでいいんだよ…という意味だったのだと思います。
Ωじゃなく、オリヴァー自身が好きだという…

途中に出てきた一番下の弟の存在が意味ありげでしたが、よくわからないまま終わってしまったのと、やはりオリヴァーの両親が嫌いでした。
最後、子どもが生まれた2人の元に両親から手紙が届き、認め合えたような流れになるのですが、正直納得いきません。
あと、「番剥がし」って、なんだったんでしょうか…?

疑問点が多々ありつつも、2人で暮らすオリヴァーとリアムの姿をみて幸せな気持ちになりましたし、やはりオメガバースはハッピーエンドじゃないと!と改めて思いました。

3

えろだけじゃない

表紙の表情からえろ中心の話なのかなと、購入を悩んでいました。
ただβ×Ωな関係にどうしても惹かれて読んでみたら、切なくてえろだけじゃない作品でした。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

妊娠描写とお腹を切開した傷跡があるので、そういうのが苦手な人は注意が必要だと思います。
あと、あとがきにベイビーも出てきます。

攻めはβのリアム。彼はとても優しくて、好青年な感じです。最初の印象は少しすれて見えましたが、その実とても良い人でした。
どんどんとオリヴァーに惹かれていって、彼を包み込んでいくような愛が素敵でした。

受けはΩのオリヴァー。誘い受けのようなことをしておいて、根は普通の男の子。
過去に囚われている彼ですが、そのことについて深く触れられてはいません。
”番はがし”などの独自?の設定も出てきます。

終始リアムがオリヴァーのことを「普通の男の子」と表現します。ここがすごく素敵でした。
できそこないのΩであることにコンプレックスのあるオリヴァーの心を解かしていきます。

最後は、二人にとって一番良い形でおさまります。
オメガバースの1つの特徴は、Ωが妊娠できることだと思うのですが、それが読めたので大満足でした。
描き下ろしに出てくるベイビーはとても可愛かったです。

2

特別な『普通』

オメガバースの設定は様々あるので、
色々な世界観を楽しめたらいいな〜と
思っており、こちらの作品も『番剥がし』という
聞き慣れないワードが気になり拝読しました。

優しく、穏やかで人当たりは良いがどこか
冷静な一面もあるβのリアム。
そしてα一族に唯一のΩとして生まれ、
番ったαに番を解消されたことで特異な体質に
なってしまい軟禁生活を送るオリヴァー。
その体質、ヒートがおさまらないオリヴァーの
身体を慰めるためリアムはオリヴァーと共に
生活を始め、身体を重ねるうちに次第に…。

β×Ω…

どう足掻いても【番】にはなれない。
『抱ける』けれど、『噛めない』『番えない』。
この根本から覆せない本能の関係をどうしたら
いいのか…
作中、リアムが何度も何度も自分の中で心情を
吐露する度に一緒に歯がゆく、もどかしく
感じていました。
身体を重ねるたびにその気持ちがより重く
のしかかっていくようで。

さらにオリヴァーの元番のアダムが現れ追い討ちを
かけてきますが、高圧的なαは数多くいる中、
ラット中とはいえなかなかなクズαぶり。
2度もオリヴァーを酷い目に遭わせやがってえ〜(怒)!

なので、オリヴァーのアダムへ出した答えには
正直ほっと、スッキリしましたし、特異な体質のΩで
あることを卑下し続けたオリヴァーを
特別視せず『普通』だと包み込んだリアムが
自分はβだから…、と泣きながらも素直に気持ちを
さらけ出して伝えるシーンはじーんときました。

『番剥がし』の解釈にやや戸惑うところも
あったのですが…
βとΩであっても番以上にお互いを求め合って
幸せそうなふたりを見られてよかったです。

2

外国である必要が?だけど、神評価よりの萌!

いままでと違うオメガバの設定があって、なるほどーって思いました。

α家系に生まれたΩが、番をはがされて異常な体質になってしまっていて
それの性奴隷として住み込みwで雇われたβのお話です。

オメガは過去に運命の番とであって、うなじをかまれています。
でも無理やり番を解消する番剥がし という処置をうけてフェロモンはでないけど
つねにヒートの状態に。

そこへ宿なしのβがやってきて、二人は普通の恋人同士になります。
そこへオメガの運命の番のαがΩを取り返しにやってきて、
そこではじめてΩが過去に妊娠していて、その子供がだめたったことを知ります。

ここが個人的にはそうか・・・そうだよね・・・
ヒート中のHで高確率で妊娠するってことは・・そうか・・・。と納得。
そしてやっぱりΩ男性にとっての出産ってすっごい大変なんだなあと思いました。

末の弟とのお話に決着がついてないのと、両親のΩを思う気持ちがさらっと説明されてしまい
そこが回収できてれば神評価だったかも。
絵がすごくきれいで読みやすかったです。

幸せになってよかった!レディサンドラ(犬)も一緒に行けたらいいのに・・・
と思いましたが、そこだけリアリティ?なんだね?と少し寂しい展開。

最後の書き下ろしで幸せに暮らす姿がみれて満足です!

1

一年中ヒート!?

オメガバースでα×Ωは当然のことながら、最近ではΩ×αやβ×Ωなど腐女子の性癖を網羅しつつあったけど、ひっさびさに「番を解消されたΩ」を拝めました!しかも相手はβ。
もぉオメガバース設定の不遇中の不遇♡

α家系に生まれたΩのオリヴァーと、相次いで家族を亡くし孤独にその日暮らしを送るβのリアム。
高校は遠い寮に入れられたオリヴァーはそこで好きになった相手と番になるがのちに”番を剥がされる”。
しかし”番剥がし”が上手くいかず、年中ヒート状態となってしまったがフェロモンは番の為だけに出ている為、他の雄を発情させることが出来ず、ヒート状態のまま屋敷の離れに篭り生活を送っていた。

もぉオリヴァーが不憫で不憫で、めちゃくちゃ切なくなっちゃうけどリアムがそんなオリヴァーを優しく包むのが尊かったです!セックスは激しいけど♡
リアムとオリヴァーがお互い惹かれ合って、二人で新しい生活を始めようと考え出した矢先、オリヴァーの元番が現れるけど、もぉ見事に胸糞悪い男でした!!


オリヴァーの末弟が登場した際、リアムに挑発的な態度(?)をとっていたけどあれは、「兄を兄弟として大切に思っている」ってことでよかったのかな?
オリヴァーが初めてヒートを起こした時に近くにいた末弟のラットを誘発してしまい襲われかけたという事があり、その後二人は会っておらずオリヴァーは心配していたという描写があるが、
勝手に私が「末弟はオリヴァーに好意を寄せている」と勘違いしてしまった為、その後一切末弟が登場しないのがモヤってしまいました。

2

読みやすいオメガバースでした。

高評価が気になっていたんですが「番はがし」って何だろう…と購入。
オメガバース作品はややこしい設定が多いので、個人的にはあまり得意ではないんですが、
映画のような雰囲気のある作品で、悲壮感はあるんですが、結構サラッと読めました。

その日暮らしのβリアムと、番剥がしをされたα名家長男Ωのオリバー。
話が進むにつれ、二人の印象が変わっていくのがなかなか面白い。
異物感丸出しだったオリバーが、満たされて癒され、カワイイ普通の男子の顔をみせ、
ダサい印象のリアムはエロ場面から一気に男らしさを出し、大事な人を守る強さを見せる。

番剥がし…医療行為で無理やり番を解消させる。Ωの負担が大きく、オリバーも番剥がしの副作用。
なんて恐ろしい番剥がし…><
オメガバースには他にもこんな恐ろしい行為があるんですかね…あったらいや~。

オリバーがリアムとの出会いで、必要とされる存在であると教えて貰い、
自分を認めることができ、そして過去を乗り越えて前進する…。
オリバーが拗らせずにリアムの想いを受け入れる場面には安堵しました。

ド下衆の元番α…あの表情の変化とサイコ感が怖かった…><
でも、下衆であるほどに二人の愛が高まるので、もっとイケ~と下衆っぷりを煽ってました。

そして、αの家系…金持ちのα家族の存在が、オメガバースではいつもネックとなりますが、
軟禁生活を送っていたオリバー。みんなが色んな想いを抱えつつ、
オリバーが立ち直れるようにと見守っていたこと、そいてきちんとオリバーがその思いに
気付けたことが何よりも大事なんですよね。

βだから番になれない…そう始まったお話ですが、リアム自身がβとΩの子だというオチでした。

初読み作家さんで、画は好みではないですが、リアムのエロ場面は攻めっぷりがなかなか好みでした~。
何よりも、リアムとオリバーが幸せな家族になれて本当に良かったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ