君の隣が一番遠い

kimi no tonari ga ichiban tooi

君の隣が一番遠い
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×212
  • 萌4
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
80
評価数
24
平均
3.5 / 5
神率
12.5%
著者
あさじまルイ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
秒で分かるBL
発売日
電子発売日
ISBN
9784799749203

あらすじ

…どうしよう 僕 霈生くんに触りたい
大学を休学中の雨甲斐 霈生。
ベンチですっからかんの財布を眺め途方に暮れていると、
見知らぬ男から突然プロポーズを受ける! 日向 晴陽と
名乗る男はなんと“心が読める"魔女の末裔だという。
まっすぐに愛情を注いでくる、天真爛漫な晴陽に霈生はだんだんと惹かれていく。
しかし、霈生にはどうしても秘密にしておきたい“心の声"があって――…?
描き下ろしは心通いあうイチャらぶエッチ

表題作君の隣が一番遠い

日向晴陽,Webデザイナー,事務
雨甲斐霈生,大学生

その他の収録作品

  • 描きおろし 晴る雨間に陽の差す
  • あとがき
  • カバー裏4コマ、イラスト

レビュー投稿数1

雨が降っても晴れ

初読み作家さん。
心を読めるというお題にちょっと違う角度から解釈や設定も加えていて
マンネリ感なく楽しく読めました。
二面性わんこノンケ×関西弁大学生ゲイ


日向晴陽の秘密
1.時々人の心が読める
2.セックスのときに相手と全ての感覚を共有する
3.これらの能力は全て先祖の魔女に由来する

ある日出会った魔女の髪を持った男は、心の読める人間でした。

突然のプロポーズから始まった二人。
おとなしそうに見えて押しが強い日向は姉の援護射撃も得て
雨甲斐とのデート権を獲得。
真っすぐで純粋な日向に自分は似合わないと思う雨甲斐。
俺とヤれたら付き合ってやる。ヤケになった雨甲斐に見せた日向の思わぬ一面に戸惑うけれど・・・

ファンタジーっぽいけれど舞台は現代です。
心を読めるということにしっかりと軸に置いたお話でした。
雰囲気としては少々暗さも否めませんでしたが、題材的にはそこも踏まえてよかったです。

どちらかとういうと、雨甲斐が過去を乗り越えるお話だったかなという印象。
読める側ではなく、読まれる側の葛藤です。
そこに踏み込むに至って、日向にしかできないかなり強引な心の鍵の開け方をしたので、そこは賛否が別れるかも。
晴れと雨という対比がまたいい演出でした。


エッチは個人的には少なめでしたが、お話には合ってたと思います。
多分このお話でガツガツしてたら、葛藤が誤魔化されちゃうかも。
でもエロいところはしっかりエロかったです!
語尾ハート有。心の感覚と効果音で画面が賑やか。
修正白抜き(紙)

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う